今週の本棚

『敗北者たち 第一次世界大戦はなぜ終わり損ねたのか 1917-1923』

    池内紀・評 ◆ローベルト・ゲルヴァルト著、小原淳訳
    (みすず書房・5616円)


     毎日新聞2019年5月26日 東京朝刊



社会に広がった暴力現象の呪縛

 人間はひとたび一つの観念なりイメージを身につけると、どんなに新しい事実が出てきても、旧のイメージなり観念なりを一向に改めようとはしないものだ。たとえば第一次世界大戦は、時代遅れの専制主義国家に対する民主主義国家の勝利であって、そこから民族自決にもとづく新しい国々が次々と誕生したといったことだ。

 輝かしい民主主義国家の勝利だとすると、なぜわずか二十年ばかりで第二次世界大戦に突入したのか。休戦協定の締結後、ただちに国家間紛争や内戦、革命騒ぎ、民族迫害、追放と亡命、テロがひきもきらず起きたのか。ファシズム、ナチズムという暴力的な体制にいきついたのか。

 日ごろそんな疑問に悩まされている者には、タイトルにそえられた一行が福音のように聞こえる。つまり、「第一次世界大戦はなぜ終わり損ねたのか 1917-1923」であって、ふつういわれる開戦からヴェルサイユ条約までの1914-1919ではなく、ロシア革命の1917とヒトラーのミュンヘン一揆の1923の幅をみないと第一次世界大戦の真相はわからない--。

 読む前から、ひとりそんなことを考えていた。総ページ約550。分厚い本だが、そのうちの4分の1は索引と参考文献であって、手固い実証型の歴史家であることがわかる。8カ国18の文書館をめぐり、参照した新聞類が14、一次史料、二次文献ときたら、それだけで一冊の本ができる。

 少なからず及び腰で読み出したはずだが、プロローグで圧倒されて第一部「敗北」になだれこんだ。その第一章は「春の列車旅行」。ゴリゴリの実証型なら、決して選ばない章名だろう。ちなみに第三部は「帝国の崩壊」と銘打ってあって、その最終章にスミルナ(現トルコのイズミル)、オスマン帝国の時代に繁栄した美しい都市が出てくる。プロローグで語られていたスミルナの惨劇が、深い陰影をおびて再び登場する。これまたお固い実証型なら、決して採らない語り口ではなかろうか。

 「凄まじいレベルの大規模な暴力を中心に据えた本を書いていると、孤独で憂鬱になりがちである」

 著者当人が「凄まじいレベルの大規模な暴力」という。1976年、ベルリン生まれ。現在はアイルランド、ダブリンの近現代ヨーロッパ史の教授。つねによく考えることを自分に課した、エネルギッシュなタイプなのだろう。冒頭にテーマをきちんと明示している。「ヨーロッパの、世界大戦から混沌に満ちた『平和』への暴力的な移行」。平和はカッコつきだ。第一次大戦の勝ち組とされるイギリス、フランスではなく、負け組とされ、きびすを接するようにして崩壊したロシア帝国、ドイツ帝国、オーストリア=ハンガリー帝国、オスマン帝国らの側から語られる。「敗北者たち」の姿に焦点を絞るなかから何が見えてくるだろう?

 ドイツ文学者として私はつねづね両大戦間、ワイマール時代のドイツに手を焼いていた。とくにそこに一貫する暴力志向である。ナチ党員と共産党員が殴り合った。社民党も人民党も殴り合った。父は子を殴り、警官は市民を殴り、市民は市民同士で殴り合った。暴力という理不尽きわまる装置がこれほど社会にゆきわたっていた時代はないだろう。そこからユダヤ人大虐殺と一切の精神性を否定したゲシュタポ(秘密警察)の拷問まで、ほんの一歩なのだ。前代未聞の暴力現象、その呪縛力は、ナチズムの悪をこえて、ひそかな淵源にいたるのではなかろうか。

 入念に実証し、その上で明快に語って断言を恐れない。本書から大切なことを教わった気がする。