大世界史


   ビリギャルの世界史的意義

    地上 彰 佐藤 優


    2015年10月20日 文春新書1045

   
10 ビリギャルの世界史的意義
   歴史を動かす人口問題 
   アフリカの人口爆発
   現代版黄禍論
   ビリギャルが話題になる日本の惨状

   植民地統治と教育

池上 近代教育の始まりを考えてみますと、「帝国」の存在と密接に関わっています。たとえば、大英帝国は、植民地経営のための優秀な官僚を育成するために、現地に高等教育棟関をつくりました。バグダッド大学やハルツム大学は、そのようにして設立されたものです。

 これに対し、フランスは、現地の優秀な人材をフランス本国に呼び寄せて、本国の大学で教育しました。

 そして今日、イギリスに統治されたところには、大学があり、フランスに統治されたところには、優秀な人材はいても、良い大学がありません。

 ちなみに植民地統治に関して最も酷かったのは、ポルトガルです。人材育成も、インフラ整備も何もやっていない。

 しかも、一九七四年にポルトガル本国で革命が起きた際に、突然、植民地を手放したために、アンゴラも、モザンビークも、東チモールも、一挙に大混乱に陥りました。マカオに至っては、中国人民解放軍に対し、「植民地統治を維持できないので早く釆てください」と頼むような有様でした。

佐藤 外務省に入ってイギリス留学中に、陸軍語学学校付属のバーで、モザンビークからの留学生の集団を見かけたことがあります。バーテンダーが意地悪く、「ジントニック」を注文すると、「文字に書け」と言って紙を出す。すると、彼らは、書けなくて悲しい顔
をしている。だから私が「お前、意地の悪いことをするな。酒くらい飲ませでやれ」と言うと、「いや、規則だから」。「じやあ、おれが代わりに書く。代筆は規則で認められているからな」と。

 その時は、イギリス人の底意地の悪さを心底感じました。モザンビークの留学生は、何とか書こうとして、ジンのラベルを写すのですが、どこまでが字か絵かわからないから、絵まで筆写するのです。

池上 それは切ない。

佐藤 それをイギリス人が横目で見てへラヘラ笑っている。明治初期の日本の留学生も、イギリスでおそらく同じような扱いを受けたのだろう、と想像しました。

池上 モザンビークの人たちは、本当に気の毒なのです。宗主国の言語を覚えても、ポルトガル語だからあまり汎用性がない。ですから、「どうせ植民地になるのなら、イギリスの植民地になりたかった」と言っています。

佐藤 「帝国」は、プランテーション経営で収奪するにしても、現地の人間をきちんと教育しなければいけない。

池上 その点は、イギリスは、巧みでした。「帝国」としての日本も、それを見習ったわけです。そうして、台湾に台北帝国大学、ソウルに京城帝国大学をつくりました。

佐藤 それ以外にも、上海の東亜同文書院や満州のハルビン学院もありました。ただし、沖縄には高等教育機関をつくらなかった。大学だけでなく、高校もです。それには、おそらく優秀だった初期の沖縄からの留学生の振る舞いが関係しています。

 初期留学生の伊波普献や東恩納寛惇などは、日本に反発し、より決定的なことには、当時、最も優秀な学生だった謝花昇を留学させたところ、反日運動を始めて、沖縄県知事の奈良原繁と衝突したのです。こういう経緯もあって、中央政府が「沖縄人に教育を受けさせると、様な人間にならない」と判断したのでしょう。

池上 そうして日本は、沖縄に関しては、イギリス式ではなく、フランス式を採用したわけですね。

佐藤 そうです。すると、沖縄人としては、高等教育を受けるために、台北や上海に留学することになります。

 たとえば、芥川賞作家の大城立裕さんは、東亜同文書院に行きました。沖縄に高等教育機関がなかったからです。師範学校を専門学校に昇格させていますが、戦争末期のことです。

 その点、アメリカは、沖縄統治にあたって教育を重視しました。戦後すぐに英語学校を設置し、その後、ミシガン州立大学から顧問団を呼び、琉球大学を創設します。

 沖縄のエリート層がアメリカに対し、比較的、好印象を抱いているのは、日本が高等教育機関をつくらなかったのに対し、アメリカが占領初期から、地場エリートの養成を考えたことが大きい。優秀な学生をアメリカにも留学させ、ミシガン大学を起点に、成績優秀者はさらに別の大学に行かせるなどして、沖縄のエリートのネットワークをつくったのです。大田昌秀元知事なども、このアメリカ留学世代です。

 それを見ていた日本政府は、「これでは沖縄のエリートがアメリカ化される」と焦りました。そこで、文部省の指示で、東京大学にも、早稲田大学にも、慶応大学にも、「沖縄枠」がつくられました。一種の日本版アファーマティブアクションです。仲井眞前知事も、この枠によって東大に入学しています。

 日本復帰後は、医学部を例外として、沖縄枠は廃止されたのですが、その結果、本土の大学への入学者が減少し、地場エリートは、沖縄内の大学で再生産されていく構造になっています。現在の沖縄県庁職員の半数程度は琉球大学出身で、他の沖縄の大学出身者を含めると、かなりの割合に達するはずです。

池上 こうした教育政策が、意外に大きく作用して、今日、本土と沖縄の溝が広がることにつながっているのかもしれませんね。

佐藤 そうなんです。復帰後も、もう少しアファーマティブアクションを継続していれば、おそらく今の状況とは、かなり違っていたはずです。

 大日本帝国は滅びましたが、現代の日本も、均質な国民国家ではなく、沖縄という外部領域をもつ 「帝国」であるという視点が必要です。せめて「帝国」にふさわしいアファーマティブアクションを沖縄に対して行うべきなのです。中国の少数民族弾圧の話がよく言われますが、その中国にしても、少数民族に対する教育上の優遇策を取っているのですから。