剽窃から新たな創造

    美術家 横尾忠則さん 


     2015年10月17日 東京新聞


 よこお・ただのり 1936年、兵庫県生まれ。グラフィックデザイナーとして活躍後、絵画に軸足を移す。名画を借用したり、過去の自作のモチーフを繰り返して描くことで知られる。

 美術に関して言うと、オリジナルの時代は終わったと思うんですね。たとえば、ピカソはベラスケスとかマネらの名作を剽窃しています。そうして新しい作品を生み出すことで、誰もが知る作品に自分なりの新しい解釈を与えるんです。ピカソの時代にコラージュの技法が生まれますが、それは模写の労力を省いているわけです。こうしたやり方は、美術の世界では方法論として受け入れられている。
 ダリなんて「剽窃しない芸術家は真の伝統的な芸術家ではない」と言っています。子どもの絵は確かに”独創的″だけど、美術的な知識はありませんから、それ自体は社会性も時代性も持たない。それをオリジナルの「作品」とは言い難い。自由に描いているだけですね。でも芸術家は、過去の歴史の文脈に沿って、それをどう解釈して発展、進化させていくかが大切で、その積み重ねが美術の歴史をつくってきたんです。優れた芸術作品は、過去の芸術の遺産を活用して現代につなげている。
 僕がやってることもその延長線上にあるわけです。僕は、自分の作品を描くことはこれまでの美術に対する批評をやっているんだ、と考えています。

 東京五輪のエンブレムが問題になっていますが、一九六四年の前回の五輪エンブレム、日の丸と五輪マークという既存のものを二つくっつけただけです。
 デザインした亀倉雄策さんは、それだけで名作を作った。まさに、剽窃が新しいものを創造したといえるかもしれない。
 剽窃には剽窃の思想があります。単にパロディーではなく、それ自体が批評でないといけない。亀倉さんの作品を見れば、誰でも日の丸だ、五輪マークだって分かるでしょ。だから、そこにパクリを超えたオリジナルが生まれたんですよ。
 五輪のエンブレムって(スポンサーに使用権を与えて利益を生むのが目的で)商業的な問題が絡んでいるから複雑になっている。贋作の問題なんかは別でしょうが、純粋なアート作品で訴訟沙汰というのはあまり聞いたことがないです。美術の世界とは、ちょっと感覚が違うんですね。フランスに有名なポップアーティストでエロという人がいますが、そのエロが僕の作品をそっくりそのまま剽窃しているんです。そこには僕と共通の言語がある。奇妙な気持ちよさみたいなものがあるんですよね。  (聞き手・森本智之)



  酷似といえるかが鍵

    弁護士 福井健策さん 


 ふくい・けんさく 1965年生まれ。神奈川県出身。骨董通り法律事務所代表パートナー。米ニューヨーク州弁護士でもある。著書に「18歳の著作権入門』『著作権とは何か』など多数。

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのエンブレム問題で、佐野研二郎さんの作品自体が著作権を侵害した可能性は低いと思います。
 著作権侵害が成り立つには、三つの条件を満たさなければなりません。一つは訴えの対象となるもの、今回だとベルギーの劇場のロゴが著作物であること、二番目はそれと佐野さんのエンブレムが十分似ていること、そして佐野さん側がベルギーのロゴを見たことがある、つまり偶然の一致で似たのではないこと。この三つがすべて認められて、初めて成立します。
 おそらく、今回は最初の二点で侵害は否定されるでしょう。まず著作物かどうかですが、比較的単純なマークは著作物に当たらないことが多いです。著作権はとても強い権利で、保護される期間も長いし、世界で自動的に守られる。組み合わせがある程度限られた図形に誰かの著作権を認めると、使えない図形ばかりになりかねない。社会の円滑な運営が害されます。
 著作物だと認められると次に類似性が争われますが、単純なマークの場合、一般に著作権侵害になるには酷似に近いレベルであることが必要です。イメージが似ているという程度では足りません。佐野さんの作品は酷似というレベルには達していない。今回のケースで「著作権侵害と考える」知的財産権の専門家は多分、少ないと思います。
 でも、ベルギーでの裁判なので地元有利の判決が出ないとも限らないし、著作権に精通していない裁判官が担当することもある。そういうリスクを嫌うという判断は理解できます。そもそも、ここまで批判されたデザインを使い続けるのは政治的に厳しかったでしょう。心配なのは新エンブレムの公募で、手を挙げるクリエーターがいるかどうかということです。過去の作品をすべて、ネットを介して調べられるような状況ですから。
    
 五輪のエンブレムは世界中の人が注目します。何十億という人が目にしますから、どうしても「あれに似てる」という話が出てくる。リオ五輪のロゴにも盗作疑惑が出ています。開かれた公募と選考を目指しつつ、事前調査などの知的財産権対策を充実させていくほかないでしょう。そして今回の騒動を教訓にして、みんながお祭りとしてもっと楽しめる、そんな五輪を目指した運営にしてほしいと思いますね。(聞き手・小田昌孝)



  「なりたい」からまね

    タレント 清水ミチコさん 


 しみず・みちこ 岐阜県生まれ。矢野顕子、松任谷由実などの物まねで知られる。「趣味の演芸」「清水ミチコ物語」などCD多数。 12月30日に日本武道館で単独ライブかおる。

 東京五輪・パラリンピックのエンブレム問題で私が佐野研二郎さんを批判したら「おまえが言うな」でしょうね(笑い)。デビューして来年で三十年。演芸は空気のようなむので、その場で笑って消えていくけど、残るものは大変ですね。
 私の場合は「パクリ」じゃないんです。商品として利用するんじゃなくて、本当にその人になりたいとしか言いようがなくて(笑い)。物まねされる方たちからは、喜んでいるというのと怒っているというのと両方の反応を漏れ聞いています。でも、やっているときはそういう反応も関係なくなります。山を描きたいと思って描いたときに山の気持ちなんか考えないですよね。自分の気持ちに一生懸命なだけ。自我の薄さかなと思うんですが、自分の歌を聴いてほしいとは思わないんです。私の言葉で、私が書いた曲で、私の声で歌いたいとか、自分を表現したいとはならない。自分に自信がないからかもしれません。
 私がまねしたくなる人は美輪明宏さん、松任谷由実さん、瀬戸内寂聴さんなどで、”霊格”が高い人が得意です。あるいは政治家とか真面目な人みたいに人よりも上に位置している人。最近は、おばかタレントみたいな人が増えてきてお手上げです。昔は芸能界もすごく気取ったというかプライドが高い人がいっぱいいて、まねしたかったむのですが。
    
 自分のことを「バッタモン」と言ったりします。お笑い芸人に「これは本物よ」と歌い上げられてもねえ。お客さんの顔を見ていると、本当の私を知りたいわけじゃなくて、ふざけている私を見たいのではと思います。そういう人たちがいっぱいいるということは、私の芸がガス抜きになるというか、真剣な音楽もいいけど真剣な人をふざけてまねするというのもありなんだなと思わせてくれます。みんなの気持ちを代弁しているのなら幸せなことですよね。
 音楽の世界では、今のアーティストは音感が鋭いけど、ハートは昔の人の方がすごく深い気が。今の人は上手なコピーという気がしてしまうんです。お笑いの世界でも、面白いことを自分で発見するんじゃなくて、面自いとされている人のまねをしている感じの人もいます。私の物まねはそういうまねではないという自信はあります。大物をやゆしたりして危ない橋を渡っているスリルも伴いますが。     (聞き手・大森雅弥)