第五福竜丸米で伝える
  米国人がアニメ、大学教材に
  被ばく乗員の苦悩描く

    毎日新聞2019年7月3日 東京夕刊


映画「西から昇った太陽」で、核実験のキノコ雲を双眼鏡で見る乗組員=第五福竜丸展示館提供

 太平洋ビキニ環礁の米核実験で被ばくした静岡県焼津市のマグロ漁船「第五福竜丸」のドキュメンタリーアニメ映画が、今夏から米国の大学で教材として使われる。製作した米国人のキース・レイミンク監督(40)は「アメリカではほとんど知られていない戦後の核実験の被害を、若い世代が知るきっかけにしたい」として、今後も米国内で使ってもらえるよう働きかける。【田中理知】


 操業していた第五福竜丸の西側で実験が行われたことから、映画のタイトルは「西から昇った太陽」(Day of the Western Sunrise)。惨事をイラストやコンピューターグラフィックス(CG)で紙芝居風に表現し、その後の乗組員の苦悩や葛藤も描き出している。約4年かけ、75分間の作品にした。

 レイミンクさんによると、映画が完成した昨年、「学校教育に取り入れてほしい」と地元のペンシルベニア州のピッツバーグ大学などに持ち込んだところ、同大とオハイオ州立大の東アジアを学ぶ授業で使われることが決まった。今夏から両大学で上映し、学生で議論して日本の戦後史への理解を深めてもらう。

 レイミンクさんはニューヨーク大で映画とテレビ製作の学士号を取得し、2013年に映画会社を設立した。本の一節で第五福竜丸の被ばくを知ったのはそのころだ。インターネットなどで調べるうち、生還した乗組員に健康被害が出たり、差別を受けたりしている事実に胸を痛めた。「知らなかった。米国では広島や長崎への原爆投下は知られているが、その後の米国による核実験はあまり知られていない。伝えていくべきだ」。それが映画化の動機だという。


見崎進さん(左)の話を聞くレイミンクさん(右)=第五福竜丸展示館提供

 東京都立第五福竜丸展示館(江東区)の紹介で、14年12月に来日し、東京や静岡県内で元乗組員の大石又七さん、映画完成後の今年2月に亡くなった見崎進さんらに通訳を介して話を聞き、映画に取り入れている。

 レイミンクさんは今夏、「他の大学にも教材を広めたい」と全米を回って講演活動をするという。「学校教育に取り入れることで若い世代に核兵器の恐ろしさを伝えていきたい。世の中にとってより良い決断が何なのか考えられる大人になってほしい」と話す。

 映画のDVDは、第五福竜丸展示館が1回1万円(100人以上の会場で上映なら2万円)で貸し出している。問い合わせは同館(電話03・3521・8494)。

 ■ことば

第五福竜丸
 静岡県焼津漁港の遠洋マグロ漁船。1954年3月1日、米国が太平洋のマーシャル諸島ビキニ環礁で実施した水爆実験で、爆心地から東約160キロの海上で操業中に被ばくした。乗組員23人が放射性物質を含んだ「死の灰」を浴び、半年後に久保山愛吉さん(当時40歳)が死亡した。