出口治明の「5000年史」講座


    第10回
    「戦後」をつくったアメリカと「開国」の精神を忘れた日本
     第1次世界大戦と第2次世界大戦の20世紀前半

     出口 治明

出口治明氏 立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。1972年、京都大学法学部卒業後、日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年上場。10年間社長、会長を務める。2018年1月より現職。(写真:山本 厳)

    2020年5月8日 日経ビジネス



立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長の世界史講座。第10回は2度の世界大戦が勃発した20世紀前半。偶発的に起きた「サラエボ事件」で、誰もやりたくなかった第1次世界大戦が勃発。日露戦争で勝利した日本は“火事場泥棒”のような行動をとってしまった。敗戦で巨額の賠償を負ったドイツはヒトラーを生み、「開国」の精神を忘れた日本は孤立。国際協調と軍縮の機運は消え、第2次世界大戦に突入する。そして、「戦後」の世界をアメリカがつくっていった。

■目次

日本が仕掛けた日露戦争で日米関係悪化へ
第1次世界大戦前夜、戦争は誰もやりたくなかった
アメリカの参戦とスペイン風邪で第1次世界大戦が終結
ヴェルサイユ体制がつくった現在の国際関係の原型
国際協調と軍縮の流れに背を向けた日本の暴走
ヒトラーの「第3帝国」と泥沼に入る日中戦争
第2次世界大戦の勃発と「総力戦」を学ばなかった日本
終戦後のビジョンをつくった上で参戦したルーズベルト
開国を捨て、富国・強兵だけに突っ走った日本の悲劇


日本が仕掛けた日露戦争で日米関係悪化へ

 20世紀はよく考えてみると、世界史の上では本当に戦争の世紀だったと思います。

 まず新興のドイツ帝国が、ベルリンからイスタンブール(古名はビザンチウム)、そしてイラクの首都バグダッドにつながる鉄道を敷設しようという「3B政策」を構想します。鉄道は軍隊の高速移動に適していて、戦車や兵隊を乗せて大軍を運ぶことができます。つまり、ドイツの狙いはその先にあるインドです。ナポレオンがエジプトを占領して大英帝国の力の根源であるインドを狙ったように、ドイツも同じことを考えてくさびを打ち込もうとしたのです。

 これに対する大英帝国の政策が「3C政策」です。1つはエジプトのカイロから南アフリカのケープタウンまでのアフリカ縦断政策です。フランスが西アフリカのセネガルからアフリカ大陸を東に横断しようとしていたのを断ち切るのが狙いでした。もう1つは、カイロとインドのカルカッタ(現在のコルカタ)、ケープタウンとカルカッタを結んで、ドイツのくさびを海で食い止めようという政策です。「3B政策」や「3C政策」という名称は、都市の頭文字を取って後で学者が付けたものですが、大変分かりやすいですよね。要するに、ドイツと大英帝国が世界の覇権を争っていたというのが、20世紀初頭の一番分かりやすい構図です。

 1902年、日英同盟が結ばれます。大英帝国がケープタウンから北に攻めて行ってボーア人の国のトランスヴァール共和国とオレンジ自由国を占領してしまったのは、ダイヤモンドと金が出たからです。当然ボーア人は激怒してゲリラ戦を行い、大英帝国は50万人の大軍が南アフリカにくぎ付けになって人手が足りなくなりました。そこで日清戦争に勝利を収めた日本と同盟を結びます。ロシアとのグレートゲームを争う中で、日本をいわば雇い兵として使おうとしたのです。

 この同盟を結んだことで、日本は安心して日露戦争を起こします。日露戦争については、司馬遼太郎が、南下するロシアに対して、日本が耐えに耐えて乾坤一擲(けんこんいってき)の勝負を挑んだという美しい物語を書いていますが、これは歴史上は逆の話です。

 ロシアは、国内が騒然としていました。1903年にはボリシェヴィキ(ロシア社会民主労働党の多数派)とメンシェヴィキ(同少数派)が分裂し、レーニンがボリシェヴィキの指導者になっています。そんなロシアの状況につけ込み、今だったら満洲の権益を取れるかもしれないと思って日本がロシアにちょっかいを出したというのが史実です。つまり、日露戦争は日本が仕掛けたのです。戦争が始まった後でも、1905年にロシアでは「血の日曜日事件」が起き、それから「戦艦ポチョムキンの反乱」があり、ニコライ2世が国会開設の約束をするというように、大変荒れていました。ロシアは満洲にそれほど構っていられません。

 ただ、司馬遼太郎さんの名誉のために言っておくと、ウソを書こうとしたのではないと思います。執筆当時は冷戦で、ロシアに関するデータも十分ではありませんでした。そのため歴史の細部がよく分からず、確信犯ではなく善意で書いたのだと思います。しかし、あまりにも文章がうまいので、それが史実であるかのように多くの人が錯覚してしまいました。

 話を戻しますが、幸運なことに当時の日本には伊藤博文という元老が生き残っていました。彼は世界の情勢をよく見ていたので、日露戦争が始まるや否や、金子堅太郎という日本の政治家に巨額の資金を持たせてワシントンに送り込みます。金子堅太郎は岩倉使節団のときの留学生でアメリカに長い間暮らし、ハーバード大学を出て無二の親友をつくっていました。その親友がセオドア・ルーズベルトです。アメリカの大統領になっていたわけですね。

 伊藤博文は、ロシアは内乱で弱っているから最初は勝てるかもしれないけれど、国力が違うため、最後はアメリカに仲介を頼む以外に戦争を終らせる方法はないということが分かっていました。終わらせ方を計算した上で日露戦争を始めたのです。

 結果的に伊藤博文の読みが当たって、セオドア・ルーズベルトが仲介して日露戦争は終わります。ただ、もともと無理をして仕掛けた戦争なので、多くの人が死にました。

 政府は国内の世論が反戦になびくのを恐れて「勝った、勝った」と言いまくりました。でも実際は苦戦続きです。ロシアはあと3年でも5年でも戦争を続けられる体力を持っていましたが、日本は陸軍も海軍も兵たんが延び切ってこれ以上戦いを続ける体力がない。そこでルーズベルトが仲介してロシアは南樺太を日本に割譲しました。小村寿太郎という有能な外務大臣が粘り強く交渉を行って、日本には有利な結果となりました。

 ところが国民は怒ります。「日清戦争では当時の予算の2倍ぐらいの賠償金が取れた。日露戦争でもそれぐらい取れると思っていたのに、取れなかった」と思ったのです。日本は戦争を続けられる状況にはなかったのですが、国民はそれを知らされていないので、小村寿太郎が帰ってきたら「日比谷焼き打ち事件」が起きます。新聞も「これだけ死んだのに賠償金も取れないのか」と政府を批判する記事を書く。そうすると逆恨みで「この仲介をしたアメリカはけしからん」と世論が変わっていきました。

 皆さんがセオドア・ルーズベルトだったらどう思いますか。「何という国や。友情からえこひいきを目いっぱいして仲裁したのに逆恨みをするなんて。こんな国は信頼できない」と思いますよね。ここから日米関係はおかしくなっていきます。やはり無理をして仕掛けた日露戦争の戦後処理が、日本の命運を決した分水嶺だと思います。



第1次世界大戦前夜、戦争は誰もやりたくなかった

 1914年、オーストリアの皇位継承者フェルディナント大公夫妻がサラエボでセルビア人に暗殺されます。有名な「サラエボ事件」です。なぜ、フェルディナント大公が民族紛争で荒れているバルカン半島にわざわざ行ったのかというと、これもハプスブルク家の愚かな政策がすべての原因です。フランツ・ヨーゼフ1世という皇帝があまり賢くなかったからです。

 ハプスブルク家は賢帝が出ない不思議な家系なのですが、この人もとんでもない頑固者でした。あまりにも堅苦しいので妻のエリーザベトはずっとヨーロッパを放浪し、2人の間に生まれたルドルフという皇太子は若い女性と心中してしまいます。皇太子が死んでしまったので、甥(おい)にあたるフェルディナント大公を皇位継承者にしたのです。

 フェルディナント大公は、ハンガリーの下級貴族のお嬢さんと恋をして幸せな家庭を築こうとしていたのですが、フランツ・ヨーゼフ1世は頑迷そのものですから、この甥の結婚に「ハプスブルク家にふさわしくない」と介入します。結婚は認めるが、貴賤(きせん)結婚なので子どもに皇位継承権は与えないし、ウィーンの宮廷で2人が並んで座ることも許さない、というのです。

 フランツ・ヨーゼフ1世が舞踏会を催す際には、皇位継承者であるフェルディナント大公の席次は皇帝の次ですが、妻は身分が低いということで、ほかの皇族から離されて末席に座ります。ところが、これはウィーンの頑迷な宮廷世界だけの話で、地方に出かけた際には2人は並んで座ることもできるし、人々から拍手喝采で迎えられます。だからフェルディナント大公は、ウィーンに居たくなくなり、地方に出かけていく。そこで凶弾に倒れたわけです。

 皇位継承者がセルビアの過激な民族主義者に殺されたわけですから、普通に考えればこれはオーストリアとセルビアの戦争です。ドイツもロシアもフランスも何の関係もないはずです。皇位継承者を殺されたオーストリアは激怒して、セルビアに最後通告を送ります。セルビアの後ろ盾になっていたロシアは、セルビアを助けようと思って動員をかけます。少なくとも戦争の準備をするぐらいのことを見せなければ、オーストリアをけん制できませんから。

 そこでロシアの皇帝、ニコライ2世が大臣に聞きます。「全軍を動員したらドイツを刺激するから一部だけ動員すればいいのではないか」と。これに対し大臣は、指揮命令系統がそんなに整ってないことを理由に「部分動員などできません。やるんだったら全軍に動員をかけるしか方法がありません」と返事をしてしまう。皇帝は「できないんだったらしょうがないな」といって動員令を発してしまうのです。愚かですよね。

 ドイツの皇帝もあまり賢くはなく、戦争をする気はない。「ロシアも戦争までの覚悟はないだろう」と思っていたのに、ロシアが全軍動員したのでドイツも動員します。露仏同盟を結んでいるフランスも、「ロシアがやるんだったらうちもやらないとあかんな」と考えて動員する。

 『夢遊病者たち』(みずす書房)という名著がありますが、そこには誰も戦争をしたくないのにずるずると戦争に入っていく様子が描かれています。そんな愚かな話で第1次世界大戦が始まってしまうのです。平和を維持するには、いかに優れた政治家が必要かということがよく分かりますよね。

 日本では、伊藤博文が「朝鮮民族はものすごく誇り高いし、日韓協約を第1次、第2次と結んで内政も外交も日本がコントロールできるようになったのだから、これで十分だ。韓国を併合したらあかん。絶対将来に災いを及ぼす」と考えていました。伊藤博文はやはり先を見ることができた人ですね。

 ところが、その伊藤博文が暗殺されてしまい、歯止めが利かなくなります。「日露戦争にも勝ったことだし」といって1910年に韓国を併合してしまいます。明らかに日本はおかしい道に踏み出していて、「大逆事件」という完全な冤罪(えんざい)をでっち上げて社会主義者を殺してしまうような暗黒時代に少しずつ入っていきます。

 大英帝国はアフリカの植民地を支配するにはノンキャリの官僚が必要だということで、アフリカにインド人を大量に連れてきます。大英帝国によるアフリカ植民地の支配構造は、階層の一番上にロンドンから来たキャリア官僚がいますが、実務や商売は全部インド人に任せていました。

 国外で活躍するインド人は「印僑」と呼ばれています。今でも東アフリカでは印僑が商売で活躍していますよね。これは、大英帝国がインド人を連れてきた名残です。中東も同じです。例えばアラブ首長国連邦(UAE)のドバイでも、インド人が多くの商売を手掛けています。大英帝国は人口が少ないので、自分たちは指示を出すだけで、実務を担当するノンキャリとしてインド人を連れてきたわけです。大英帝国は、そういう面では非常に合理的な国です。日英同盟もそうです。また明治時代の日本は進取の気概にあふれていたので民間には面白い人がたくさんいました。だから中国から革命を志す人が日本にどんどん留学にやってきました。孫文がそうですし、周恩来も1年半日本で勉強しています。懐が深かったのです。

 その中で、梅屋庄吉という日本人の大富豪が孫文と深い友情を結びます。「君は革命を起こせ。自分は事業でもうけたお金で革命を支える」と孫文に伝えます。今の金額にして兆円の単位に上るという人もいますが、映画産業を日本で興してもうけたお金を「辛亥革命」につぎ込みます。

 1911年、ついに中国で革命が成功して孫文が南京で臨時大総統になり中華民国が成立します。しかし、まだ北京には満洲族出身の清朝最後の皇帝、宣統帝(溥儀)がいます。孫文は「宣統帝の退位と引き換えに臨時大総統の座を譲る」と軍閥の袁世凱と取引を行います。しかし、袁世凱はとんでもない人で、今度は自分が皇帝になろうと考えます。その結果、中国では、南京に成立した孫文の政府と北京の軍閥という争いの構図ができあがります。




アメリカの参戦とスペイン風邪で第1次世界大戦が終結

 第1次世界大戦が起こったとき、三国同盟からイタリアが抜けてしまいます。そのため、現在の歴史書では三国同盟ではなく、ドイツとオーストリア=ハンガリー帝国に、ドイツの3B政策で深く結びついていたオスマン朝(トルコ)を加えた中央同盟国という言葉が使われています。この中央同盟国に対して、露仏同盟のロシアとフランスに英仏協商を結んでいた大英帝国が加わった3国対3国で、まずヨーロッパで戦争が始まります。

 日本は何の関係もありませんが、日英同盟を結んでいることを名分に勝手に戦争に加わります。そして中国にあるドイツの植民地を奪っていきます。ヨーロッパで列強が死に物狂いの戦争をやっているので、ちょっとくらいアジアで勝手に振る舞っても誰も気が付かないだろうと考え、色気を出して1915年5月9日に「対華21カ条の要求」を出します。中国に対して、「韓国と同じように日本の言うことを聞け」と要求したのです。相手は袁世凱です。

 ところが、袁世凱はひどい人ですが、さすがに中国人の魂は持っている。ヨーロッパ列強が戦争をしている中で火事場泥棒のような日本の要求は、さすがに頭にくるわけです。袁世凱もそれぐらいの根性はありました。袁世凱は日本の要求を上手にリークします。当然、中国の人々は激怒します。21カ条の要求を受諾した5月9日は「国恥記念日」とされ、反日感情が巻き起こってしまいます。

 第1次世界大戦当時の国家間の力関係を国内総生産(GDP)で比較すると、中央同盟国(ドイツ、オーストリア=ハンガリー帝国、オスマン朝)の合計と、英仏ロシアの合計、そしてアメリカ(単独)はほぼ同じでした。つまり、当時の世界はドイツ組、大英帝国組、アメリカが国力1:1:1で3強の世界でした。

 その中でもドイツは強かった。まずタンネンベルクの戦いでロシアをこてんぱんにやっつけます。フランスもすぐにドイツに負けるだろうと思ったら、意外にしぶとい。そこで大英帝国の海軍大臣だったウィンストン・チャーチルが「ドイツは強いぞ。中央同盟国の中ではオスマン朝が一番弱い。だから一番弱いところをやっつけよう」ということで、イスタンブールの対岸に軍を集結させて、戦争(ガリポリの戦い)を仕掛けます。ところが、幸か不幸かオスマン朝にはムスタファ・ケマル(後のケマル・アタチュルク)という若い英雄がいて、全然勝てないのです。

 大英帝国は目算が狂って焦ります。そしてアラブの指導者に「フサイン=マクマホン往復書簡」と呼ばれる手紙を出し、「オスマン朝に対してアラビア半島で蜂起してくれ。アラブの国をつくってあげるから、共にオスマン朝をやっつけよう」という話を仕掛けるわけです。ここで活躍するのがアラビアのロレンスです。

 1917年、アメリカは「もうこんな戦争を続けていたら、お互いあかんで」と、講和を仲介しようとします。ところが、この申し出を英仏ロシアなどの連合国が蹴り、「ここでドイツをやっつけないとえらいことになるで。もうやめられない」となりました。焦ったドイツは、無制限潜水艦作戦を始めて、連合国の船を徹底的に沈めます。アメリカはこれに怒って参戦するのです。アメリカの参戦で、第1次世界大戦の帰趨(きすう)は決しました。国力は1:1で拮抗していたのに、1:2になるわけですから。

 無制限潜水艦作戦に苦しめられた大英帝国は、「バルフォア宣言」を出してユダヤ人のロスチャイルドに「戦争はお金です。お金を出してくれたらユダヤ人の国をつくってあげます」と約束します。さらにフランスとは「サイクス・ピコ協定」を結んで、「戦争が終わったら、シリアとパレスティナをあげる」と勝手に権益を取り決めてしまいます。これが有名な“三枚舌外交”といわれるものです。

 アラビアのロレンスは、アラブ人と一緒にシリアのダマスカスに入って行きます。学者によれば、アラビア半島やパレスティナ、シリアの地図を精緻に読み込んだら、「この三枚舌は成立する」という人もいるのですが、どう考えても三枚舌ですよね。戦争に困った大英帝国が、みんなにいい顔をしたのです。

 シリアに入ったアラブ人は第1次世界大戦が終わった後、突然「ここはフランスのものだ」と言われて激怒するわけです。激怒したアラブ人をなだめるために、大英帝国は「じゃあ、イラクにアラブ人の国をつくってあげる」といって、イラクを建国します。イラクの人にとっては突然アラブ人が王様としてやって来たわけですから、やはり激怒しますよね。だから今日の中東の混迷の原因は、ほぼ第1次世界大戦にあると思います。

 そして1918年に入るとスペイン風邪がアメリカから広がり始めます。いわゆる、インフルエンザですね。これは恐ろしいパンデミックで、第1次世界大戦の死者の数よりも犠牲者は2~3倍多いといわれています。ここで両軍ともやる気がうせて講和に入るわけです。



ヴェルサイユ体制がつくった現在の国際関係の原型

 第1次世界大戦が終わり、パリで講和会議が開かれ、ヴェルサイユ体制が始まります。ドイツの皇帝ヴィルヘルム2世は、キール軍港で水兵が内乱を起こしたとき、鉄道貨車二十数両に王家の宝物を積んでオランダに亡命したといわれています。パリ講和会議を仕切ったのは、アメリカのウッドロー・ウィルソン大統領と大英帝国のロイド・ジョージ首相、フランスのジョルジュ・クレマンソー首相の3人でした。

 ウィルソンは「国際連盟をつくらないとあかん。こんな戦争をやったらあかん。民族は自決しなければあかん」という、理想家肌で常識的で立派な人でした。でも理想家肌の人は、だいたいにおいてディールに弱いでしょう。

 これに対して、フランスのクレマンソーは筋金入りのドイツ嫌い。このチャンスにドイツを二度と起き上がれないように痛めつけてやろうと待ち構えているわけです。めちゃくちゃディールに強く、理想もへったくれもない。ロイド・ジョージは、やはりイギリス人らしい現実主義者ですから、理想家肌で夢のようなことを話しているウィルソンと、がちがちのリアリストのクレマンソーがいたら、クレマンソー側に付きますよね。

 このような構図で始まったヴェルサイユ体制はどうなったか。国際連盟は発足しますが、提唱したアメリカが入らない。「フランスや大英帝国が好き勝手にやっているようなところに入れるか」という理由でアメリカの上院が否決したのです。

 さらにクレマンソーは欲を出して1320億金マルク(金マルクはドイツ帝国で使用された通貨)という賠償をドイツに課します。これは当時の日本の国家予算の40年分です。今の日本の予算は100兆円ですから、40年分といえば4000兆円。当時のドイツ国民1人に対して、赤ちゃんも含めて1000万円以上の負担です。最終的には、30億金マルクぐらいに減額されましたが、いかにむちゃな要求をしたかということです。

 これに対してドイツ国民は「おかしい」と反発します。アメリカが参戦して劣勢にはなっていたけれど、ドイツ国内には一兵たりとも敵兵は入りませんでした。だから、「ロシアには勝ったし、引き分けかな。でも今はちょっと分が悪いから6:4で悪い条件を課せられるのかな」と思っていたところに1人1000万円です。国民は激怒します。そこにナチスが出てくる素地があって、ヒトラーは「ドイツは負けたのではない。後ろからグサリと刺された。ユダヤ人と国際資本の陰謀で、こんなめちゃくちゃな状況になった」という理屈を展開するのです。

 ウィルソンは「民族はすべて自分の国をつくる権利がある」という民族自決の方針を出します。ところがクレマンソーとロイド・ジョージが手を結んで「ドイツとオーストリアと、それからオスマン朝の領土に住んでいた民族は全部独立できるが、勝った俺たちには関係ない」と、ダブルスタンダードの立場を取ります。当然、インドも独立できません。

 このダブルスタンダードに反対したのが、トルコのムスタファ・ケマルです。トルコでもウィルソンの理想に従って、クルド人やアルメニア人が独立を目指します。しかし、ケマルは軍を率いて実力でクルド人やアルメニア人により建国を阻止して、トルコの一体性を守ります。彼はケマル・アタチュルク(トルコの父)と呼ばれ、英雄になりますが、今日のクルド問題とかアルメニア人の問題も、ここから始まっているのです。

 第1次世界大戦は、現在の世界を考える上でめちゃくちゃ大きな影響を及ぼしているのです。見方によっては第2次世界大戦より影響は大きくて、第1次世界大戦が結果的に第2次世界大戦を引き起こした、といえると思います。

 1919年、ドイツではヴァイマール憲法ができ、サンジェルマン条約でオーストリア・ハンガリー帝国は解体されます。1920年のサンレモ会議で大英帝国はイラクとパレスティナ、フランスはシリアとレバノンを手に入れます。それによってこの地にアラブ人の王国をつくろうとしたファイサルの構想は瓦解し、ファイサルはイラク国王になりました。ここに中東の混迷の種がまかれたのです。

 そして中国の上海。ここにはいろいろな租界がありました。いわば列強の植民地です。租界には実は自由があったので、ここで中国共産党が誕生します。1919年4月、韓国の若き独立運動の志士で、やがて大統領になる李承晩が、やはり上海の租界で臨時政府をつくっています。ある意味では上海は自由な街だったのです。中国にありながら租界があった上海には、こういう自由な雰囲気があったということを覚えておいてください。

 一方、ロシアでは、レーニンがロシア革命を起こし、1922年にスターリンがロシア共産党の書記長になってソヴィエト連邦が成立します。




国際協調と軍縮の流れに背を向けた日本の暴走

 さすがに、第1次世界大戦で世界が荒れた反省もあって、世界は国際協調と軍縮の時代に入ります。米、英、仏、日の4カ国条約など様々な条約ができて、日英同盟は廃棄されます。現在の研究では、アメリカが「日本はとんでもない国だぞ。こんな国と同盟を結んでいいのか」と大英帝国に話したという説もあります。対華21カ条の要求で火事場泥棒を行ったことが、西洋列強の疑惑を招いたのです。

 軍縮の時代に入ったのは、第1次世界大戦で毒ガスや戦車、戦闘機が登場して多くの人が死んだので、「こんなアホなことをやったらあかん」という気持ちが世界中に芽生えたのですね。1925年、ドイツ外相のシュトレーゼマンとフランス外相のブリアンが、「お互いもうけんかはやめようね」といってロカルノ条約を結び、世界は明るい雰囲気に包まれました。しかし、同じ年にヒトラーの著作『我が闘争』が出版されます。

 中国では、孫文の後を継いだ蒋介石が北京の軍閥を倒すために動き始めます。1927年、蒋介石はクーデターを起こして南京に国民政府をつくります。日本は対華21カ条という厚かましい要求を出していましたが、「やはり満洲の権益を自力で取らないとあかん」と思い、山東半島に出兵するなどして中国にちょっかいを出します。

 蒋介石の軍が北京に入るのと入れ違いに、当時の北京に住んでいた張作霖という満洲を根拠にしている大軍閥が列車で満洲へ帰ります。蒋介石には勝てないなと北京を諦めてふるさとへ帰るわけです。

 張作霖には張学良という子どもがいて、アヘンを吸ってはガールフレンドと遊んで戯れていました。日本軍は「この軟弱な張学良だったら簡単に操れて、満洲の利権を取れる」と考え、張作霖が満洲へ帰るときに線路に爆弾を仕掛けて殺してしまいます。これに張学良は激怒します。プレイボーイでも中国人の魂を持っていますから、宿敵の国民党政権と一緒に日本に反抗し始めるわけです。ここから日本はおかしくなっていきます。

 1928年8月、不戦条約(ケロッグ=ブリアン条約)が結ばれ、これによって欧米は戦争をやめようという誓いを行います。国際紛争を解決する手段として軍事力を使わないというものです。この不戦条約が国際協調のピークで、世界は平和に向かうように思われました。今の日本国憲法は、この不戦条約に書かれている文言が基になっています。

 ところが1929年、ニューヨークの株式市場が暴落した「暗黒の木曜日」によって、世界が突然大不況に陥ります。世界恐慌です。各国はそれぞれの植民地を守って自分のグループだけでも生き残ろうとします。ブロック経済の始まりですね。英仏やアメリカがそういう行動を取れば、戦争に負けて植民地を召し上げられたドイツは生きてはいけません。経済不況がドイツでナチスを勢いづかせることになります。

 ドイツに課せられた賠償金の1320億金マルクは358億金マルクに減額され、最後は30億金マルクまで減額されます。30億金マルクまで下げるんだったら、初めから1320億金マルクとか、到底支払い不可能なことを何でしたんだという話ですが、時すでに遅しで、30億金マルクに下げたときには、もうナチスが第1党になっていました。だからクレマンソーの強欲がナチスを生んだのだと思います。

 日本は、国際協調の枠組みから自ら離脱していきます。1930年に開かれたロンドン軍縮会議では、当初、日本側は巡洋艦や駆逐艦などの保有量を対英米比で10:7まで妥協していいという話になっていたのですが、最終的に10:6.975で妥結しました。これはどう考えても10:7ですよね。ところが、10:7と決めたものを10:6.975で妥結したのは天皇の統帥権を侵したものであるという、めちゃくちゃな理由が付けられ、浜口雄幸首相は殺されてしまうのです。そして軍縮会議から脱退してしまいます。

 阿部正弘が開国の際につくった開国・富国・強兵という3大方針の中で、開国、つまり国際協調を捨てるわけです。これがいかに愚かなことだったか。当時、アメリカのGDPは日本の3倍を超えていました。つまり、軍縮会議がなかったら、アメリカは日本の3倍以上の戦艦も空母もつくれるわけです。アメリカは大西洋と太平洋の両方に接していますから、戦艦や空母が10あっても5:5に艦隊の規模は分かれるわけです。日本に7の規模の艦隊があれば、太平洋は日本の方が有利です。

 それなのに「10:7は絶対で6.975はけしからん」といって軍縮会議から離脱してしまったら、国力の差がもろに表に出てアメリカはいくらでも強くなるわけです。

 日本は満洲で柳条湖事件(満州事変の発端となる鉄道爆破事件)などいろいろな事件を起こし、清朝最後の皇帝である溥儀を満洲へ連れていって、1932年に満州国の建国宣言を行います。考えてみたらめちゃくちゃですよね、中国の領土である満洲の軍閥を殺して、事件を起こして占拠して溥儀を皇帝に据えるわけですから。

 さすがに国際連盟もこれは放ってはおけないということで、リットン調査団を派遣してリットン報告書を出させます。でもこの報告書がまた大甘でした。もともと中国の領土なので中国に主権があることは当然なのに、日本にも配慮して「非武装にしよう。中国でも日本でもない自治政府をつくって、日本の権益を尊重しよう」といってくれているわけです。

 日本の権益とは何かといえば、勝手に軍隊を送り出して中国から奪い取ったものでしょう。こんな甘い報告書はないので、「はい、分かりました」と了承しておけば日本にとってこんな幸運はなかったのですが、軍縮会議のときと同様に、この幸運も日本は自ら蹴飛ばすのです。国際連盟からの脱退です。

 このとき、ヒトラーのドイツやムッソリーニのイタリアもリットン報告書に賛成しています。報告書への賛成が42カ国、反対は日本の1カ国だけでした。愚かの一言ですね。




ヒトラーの「第3帝国」と泥沼に入る日中戦争

 アメリカではフランクリン・ルーズベルトが大統領に就任してニューディール政策を始め、不況にピリオドを打ちます。1933年1月、ドイツではナチスが第1党になりましたが、ヴァイマール共和国(1919年7月のヴァイマール憲法制定から、1933年のヒトラー政権の成立までのドイツ共和国)の重鎮は、ヒトラーを操れると思っていました。最初のヒトラー内閣は、ナチスからの入閣は大臣二十数人のうちわずか3人でした。

 ところが、ヒットラーは国会への放火事件を「これは共産党の仕業だ」と広めて、同年3月に非常大権法を強引に成立させて独裁体制を築いてしまいます。そもそも、この放火事件にはヒトラーが深く関与したとされています。ヴァイマール体制では大統領と首相という2つのポストがありました。タンネンベルクの戦いでロシア軍を破ったヒンデンブルクという英雄が大統領に就いていたのですが、1934年8月、ヒンデンブルク大統領が死ぬとヒトラーは大統領を兼務し、非常大権法の下で総統と呼ばれるようになります。これを「第3帝国」と呼んでいるのは、神聖ローマ帝国、ビスマルクのつくったプロイセンの帝国、そして3番目の帝国という意味です。

 ナチス・ドイツの徴兵制は1935年3月から始まります。ヒトラーが政権を取った翌年です。ドイツも国際連盟を脱退します。1936年にはスペインで人民戦線、共産党が入った政権ができます。日本では二・二六事件が起こって軍部の独裁が進んでいきます。

 ヒトラーは、ロカルノ条約を破棄して、非武装地域であったラインラントにドイツ軍を進駐させます。徴兵制を始めてからわずか1年後ですからドイツ軍はまだ弱い。このときに英仏が毅然とした態度を取っていたらちょっとは事情が変わったかもしれませんが、英仏の胸には「30億金マルクの賠償を1320億金マルクと吹っ掛けたからこんなことになったんだな」という反省も一部あったので見逃すわけです。

 日本では広田弘毅という総理大臣が、軍部大臣現役武官制を復活させます。これは、日本軍をつくった山縣有朋が悪知恵を働かせて1900年に制定したものです。「陸軍大臣、海軍大臣は現役でなかったらあかんで」という話です。つまり、軍部が大臣を出さなかったら内閣がつくれません。軍部に内閣を倒す権利を与えるような制度をつくったのです。

 それを山本権兵衛という海軍出身の総理大臣が「こんなアホな制度を残しておいたら日本は軍部の言いなりになるで」ということで、1913年に「別に現役でなくてもいい」と改定しました。山縣有朋の悪知恵を防いだわけです。

 それを広田弘毅が軍部を恐れて復活させてしまったのです。ここで日本の政党政治はほぼ終わりを告げます。



ドイツのヒトラー(写真:ユニフォトプレス)

 スペインでは人民戦線政府が成立した後、フランコという軍人がモロッコで反乱を起こします。これをヒトラーやイタリアの独裁者ムッソリーニが支持して、できたばかりの自分たちの軍隊の力を試そうと思って有名なゲルニカの空爆などをやるわけです。このとき、ヒトラーとムッソリーニが手を結びます。

 中国では、蒋介石に追われた共産党が大長征で延安まで行きますが、この途中で毛沢東が共産党のリーダーになります。

 そして西安事件が起こります。?介石の国民党と結んで日本に抵抗した張学良を覚えていますよね。若いときはひたすらプレイボーイでアヘンを吸って遊んでいましたが、実は根性があります。その張学良が西安で蒋介石を監禁し、こう迫ります。「今、日本が中国に攻めてきている。共産党とけんかしている場合か。一致団結してまず日本を倒す方が先じゃないか」と。

 ここで毛沢東は、周恩来を西安に送ります。周恩来と蒋介石と張学良が話し合って、蒋介石は解放され、第2次国共合作で日本に対抗しようということになりました。

 ただ、蒋介石はものすごく執念深い人で、張学良を許せないと思って監禁します。しかも台湾に逃げたときも、張学良を連れていきます。さすがに有名人を殺したら国際的に自分の評判が悪くなるので、殺さずに台湾でずっと監禁しました。張学良が解放されたのは97歳ぐらいです。その後、100歳ぐらいまで生きたと思いますが、最後に回顧録を残していますよね。めちゃ立派な人です。

 この西安事件が起こったときに、もう1つ世界が仰天したことがありました。イングランドのエドワード8世という王様が、離婚歴のあるアメリカのシンプソン夫人と恋をして、王位を捨てました。それで弟に王位が回ります。その娘がエリザベス女王です。だからエリザベス女王はエドワード8世についてものすごく怒っている。「お父さんと楽しくのんびり暮らせたのに、おじさんが辞めちゃったから王様という厳しい仕事をしなければいけなくなったじゃない」と。イングランドは面白い国ですよね。

 1937年、日本は盧溝橋事件を起こして日中戦争が始まり、泥沼に突入していきます。日中戦争が起こったときの総理大臣は近衛文麿です。1938年1月、近衛文麿は「蒋介石を相手にせず」という有名な声明を出します。戦争している相手を「相手にしない」というのは、どうやって戦争を終わらせるのかという話ですよね。日露戦争を始めるときは伊藤博文が終わらせ方まで考えていました。それに比べ、いかに国としての指導者の能力が落ちているかということです。

 「蒋介石なんか相手にしない」といえば、国内的にはカッコイイかもしれませんよね。でも相手にしないということは、交渉を自ら捨てたということで、中国全土を攻め落とさない限り戦争は終わりません。こんな愚かな話はないですよね。

 1938年、ドイツはオーストリアを併合します。有名なミュンヘン会談が行われて、「チェコのズデーテンが最後の領土要求だ」とヒトラーは述べます。ヒトラーは巧妙に領土を広げてきたのですが、それは民族自決が第1次世界大戦のヴェルサイユ体制の方針だからです。「ドイツだけが何で民族自決が許されないのか」というのが、ヒトラーの建前です。

 ミュンヘン会談はチェンバレンという大英帝国の首相が仕切りました。腰抜けだからヒトラーの野望を助長したともいわれていますが、もともと、ヴェルサイユ体制でドイツだけに過酷な条件を押し付けた。だからドイツにも民族自決を認めたらイコールフッティング(同等の条件)になるので、これでドイツの拡大は終わるだろうと思ったのでしょう。実際、ミュンヘン会談の後、ロンドンに戻ったチェンバレンは「フェアな裁定をやってヨーロッパに平和をもたらした」と国民の喝采を浴びています。しかし、ヒトラーはもっと悪質だったのです。

 1938年11月、「水晶の夜」と名付けられたユダヤ人の迫害が始まります。ヒトラーはボヘミアとモラヴィアを併合しますが、これは民族自決とは関係がありません。いよいよ大英帝国とフランスは「これはあかん」ということに気が付くわけです。第2次世界大戦の始まりです。

 スペインではフランコが人民戦線政府に勝ち、独裁政権を樹立します。そして満洲では、日本とソ連軍が衝突するノモンハン事件が起きます。



第2次世界大戦の勃発と「総力戦」を学ばなかった日本

 ノモンハン事件では、日本軍最強といわれた関東軍がソ連にちょっかいを出したのですが完敗します。なぜ完敗したかというと、日本は火事場泥棒的に第1次世界大戦に参戦しましたが、ヨーロッパでは戦っていません。ヨーロッパの戦場では新しい兵器や戦車、飛行機が登場したところで、第1次世界大戦は初めての総力戦でした。つまり、戦争は国のGDPの戦いだということが分かったのです。

 しかし日本は、ヨーロッパから離れていたので総力戦を十分に学ぶことができませんでした。いまだに、日露戦争の日本海海戦のように大きい戦艦をつくったら勝てるといった発想でした。日本の鉄道は狭軌で線路の幅が狭いのですが、ヨーロッパの鉄道は広軌ですよね。だから、大きな戦車を鉄道に乗せて運べるわけです。ところが日本は孤立して世界の現実を知りませんから、「大きい戦車は鉄道で運べないから軽い方がいい」といって小さい戦車をつくるわけです。

 ドイツは第1次世界大戦に負けて軍隊の規模を10万人に制限され、しかも戦車などの開発も禁止されました。ところがドイツには19世紀後半に参謀総長を務めたモルトケ以来、参謀本部に優秀な軍人が山ほどいます。その彼らが知恵を働かせて、革命政府ができたばかりのソ連に接近し、ソ連軍を鍛えて幹部を養成していたのです。戦車などの技術も教えました。ドイツに鍛えられて強くなったソ連軍とノモンハンで戦ったら話にならないわけです。

 向こうは最新の戦車を持っている。日本の戦車は小さい。だから、ボコボコにされて負けるわけです。それでも、日本軍最強といわれていた関東軍が負けたことが知れ渡ると、格好悪いし士気が落ちるので全部秘密にされました。秘密にしたことで、敗北から学ぶこともできなくなったのです。ここで日本は、軍隊を近代化するチャンスを失いました。

 ヒトラーとムッソリーニは鋼鉄同盟を結びます。1939年5月のことです。加えて、ヒトラーは独ソ不可侵条約を結びます。日本は独ソ不可侵条約が結ばれたとき、あっけにとられます。世界の孤児になり、国際連盟を脱退したドイツやイタリアぐらいしか仲間はいなかったわけですから、情報も入ってこないのです。

 それで「欧州の情勢は複雑怪奇なり」という声明を出して平沼騏一郎内閣が総辞職します。「世界のことは分からない。政治はできへん」といって辞めてしまう。にわかには信じられないような話ですよね。

 ヒトラーはポーランドに侵攻します。ドイツ軍は再軍備を始めてからわずか4年で十分な準備ができていないので、それほど強くはない。それでも相手はポーランドだから勝つのです。このとき、英仏が総力を挙げて攻めていたら、ドイツは終わったかもしれません。英仏はポーランドとの約束に従って宣戦を布告はするのですが、準備もしていませんし、もともとドイツに巨額の賠償を負わせて悪いことをしたという思いがあるから、本気で戦わないわけです。

 ポーランドに侵攻した後、ヒトラーは半年間必死に準備をしてフランスを倒します。フランスが倒されたのを見て、イタリアが参戦します。イタリアはなかなか賢いところがあり、戦争に入るのは一番後で、出ていくのは一番早い。そういう面では、ものすごくリアリズムのある国です。その後、日独伊三国同盟が結ばれるわけですね。

 ヒトラーは、フランスは倒したのですが、大英帝国に進入するに足る十分な海軍を持っていないので、飛行機でがんがん攻めていきます。これが「ブリテンの戦い」と呼ばれる1940年7月から10月まで続いた航空戦で、空爆は1941年5月までひたすら続きました。

 ただ当時は飛行機の航続距離がそれほど長くはないので、フランスからロンドンに飛んで行ってもロンドンの上空を30分ほどしか飛行できません。そのため、ロンドンは爆弾をたくさん落とされても、頑張り続けることができました。

 面白いことにドイツ軍の飛行機を迎撃した大英帝国の空軍のパイロットの半分はポーランド人といわれています。ポーランドの人々が亡命してきて、彼らはここで仕返しをしたわけですね。ここが大英帝国のすごいところで、どこの国の人でもいいから使えるものは徹底的に使うのです。植民地ではインド人を使い、ドイツとの戦いではポーランドの亡命政府を使う。したたかですよね。

 アメリカでは、ルーズベルトが「やはりナチスはけしからん」と考えていました。それで武器貸与法をつくります。要するに、武器をがんがん製造して、ドイツと戦っている国にいくらでも貸してあげる、という法律です。

 おそらくこの段階で、もう第2次世界大戦の帰趨は決まっていたと思います。世界一の経済大国が、連合国にいくらでも武器を供与すると決めたわけですから。




終戦後のビジョンをつくった上で参戦したルーズベルト

 1941年6月、独ソ戦が始まります。ヒトラーは「イングランドはもう向こうから攻めてくる力はないけれど飛行機だけでは倒せない。宿敵ソ連を先に倒してしまえば、もうそれで勝負はつくだろう」とソ連に攻めていくわけです。

 このときに動員した車両の2~3割はフランス軍から分捕ったものです。ドイツは完全な準備をして第2次世界大戦に入ったように多くの人が錯覚していますが、実は徴兵を始めたのが1935年ですから、準備する時間はそれほどありませんでした。それでもなぜ、ドイツが有能だったかというと、優秀な将校がたくさんいたからです。それは実はソ連軍をコーチする中で養われました。

 現在の分析では独ソ戦が始まって、8月にスモレンスクという場所でドイツ軍は足止めを食います。ソ連軍が徹底的に抵抗したからで、ここでドイツの虎の子の部隊の戦車が大幅に失われます。実は独ソ戦の帰趨はスターリングラード(現ヴォルゴラード)ではなくて、今ではこのスモレンスクの戦いだったといわれています。

 11月、アメリカは武器貸与法をソ連にも適用することに決めます。ソ連の車両のほとんどはアメリカ製のジープです。アメリカの軍部の高官がモスクワを訪れて、「ドイツは絶対にこの戦争には勝てないだろう」というリポートを本国に送っています。つまり日本にもう少し外交能力があったら、アメリカが武器貸与法をソ連にも適用した段階でこの世界大戦の帰趨は分かっていたはずです。しかし、外交能力がなく孤立していますから情報が入ってこなくて、その後、太平洋戦争に突入していきます。

 ルーズベルトとチャーチルは8月に大西洋憲章に調印していますが、その前にフランスがドイツに占領されたので、日本は火事場泥棒的にフランスの植民地は「日本が管理してあげますよ」という感じでインドシナに進駐します。これも「対華21カ条」と同じようなやり方ですね。

 これにアメリカが怒って石油を全面禁輸にして日本は干上がるわけです。石油の備蓄は二百数十日分しかありませんから、アメリカから石油が入ってこなくなったら一刻一刻と減っていく。「時がたてばたつほどしんどくなるから、石油の備蓄が1日でも多いときに戦争を仕掛けないとあかん」という倒錯した議論になっていくわけです。

 インドシナから軍隊を引き揚げるか、あるいは引き揚げたふりをしてアメリカの対日石油の全面禁輸を解いてもらったらいいのですが、そのようなことすら考えられないようになっていました。外交能力がものすごく落ちているわけです。

 ルーズベルトは領土不拡大や民族自決、貿易の自由と拡大といった全8カ条からなる大西洋憲章で、既に戦後のビジョンを描いています。ウィルソンの失敗を反省して、ルーズベルトは「今回の第2次世界大戦は金融恐慌から起こったのだからお金の流れをコントロールしなくてはならない。だから国際通貨基金(IMF)と世界銀行をつくる。その次に国際連合をつくる。世界は4人の警察官、自分とチャーチルと蒋介石とスターリンで仕切る」という原案を作っています。

 ただ、チャーチルはスターリンと蒋介石を信頼していなかったので、「4人だったら2対2になりますよ。物事は決まりません」とルーズベルトを説得して、亡命していたフランスのド・ゴールを加えるのです。チャーチル自身はド・ゴールのことが大嫌いだったのですが、ほかに代わりがいませんでした。チャーチルは、やはり先が見えた人で、この5カ国が国連の常任理事国になります。




開国を捨て、富国・強兵だけに突っ走った日本の悲劇

 1942年、ルーズベルトは連合国26カ国に単独不講和の宣言を出させています。周到ですよね。「日本、ドイツ、イタリアの3国がつぶれるまで俺たちはやるんだ。勝手に降りないよな」と念を押したわけです。

 ナチスはヴァンゼー会議で、ユダヤ人絶滅の方にかじを切り替えます。ここから絶滅収容所がつくられていくわけですね。そのころには、もう戦争には勝てないということがうすうす分かっていたのでしょう。

 1942年には、日本軍をアメリカ軍が迎え撃ったミッドウェー海戦がおき、アメリカと大英帝国とカナダが科学者を総動員して原子爆弾を開発するマンハッタン計画が始まります。そして1943年には、ソ連軍がドイツ軍を破ったスターリングラードの戦いやクルスクの大戦車戦があり、ドイツの敗戦が鮮明になります。

 このころ、ムッソリーニが失脚してイタリアは9月に降伏してドイツに宣戦していますから、国としては賢い判断です。ドイツが勝ちそうなときに戦争にぱっと入って、ちょっとおいしい汁を吸って、負けそうになったらいち早く降伏して許してもらう。非常に賢い判断ですね。

 日本は1943年の11月に大東亜会議を開くのですが、これは何かといえば実は1941年のルーズベルトの大西洋憲章に対抗するためのものです。向こうがでかい風呂敷を広げたので、自分たちも負けていられないということで、アジアを欧米列強から解放するのだということを宣言したわけです。しかし、めちゃくちゃ遅いですよね。

 こういうものは、大西洋憲章の翌月ぐらいに出さないと効果がないし、しかもせっかくいろいろな人が集まっていい意見を言ってくれたのに、それを取り入れませんでした。「お前らはうちの植民地だから日本の書いた原稿通りに賛成するだけでいいんだ」というわけです。これも、大西洋憲章とはえらい違いですよね。

 1944年のブレトン・ウッズやダンバートン・オークスの会議でルーズベルトは、IMFや世界銀行をつくることや国連憲章の原案をも決めています。アメリカの爆撃機B-29による空爆が始まります。

 1945年に戦後処理の方法を話し合うヤルタ会談がアメリカ、大英帝国、ソ連によって行われ、沖縄戦があり、トルーマンがアメリカの大統領に就任します。ドイツや日本が降伏する前に、もう国連を発足させるサンフランシスコ会議が開かれているので、ルーズベルトがいかに戦後の見取り図を周到に描いて戦争に踏み切っていたかということがよく分かりますよね。

 1945年5月、ドイツが降伏して7月にポツダム会談が行われ、8月に日本が降伏します。このような流れの中で、なぜトルーマンが日本に原子爆弾を落としたかについては、ルーズベルトの死後、トルーマンはスターリンに会って「とても一緒にはやっていけない」と感じたから、という説があります。ヨーロッパのアメリカ軍はソ連軍に比べれば貧弱で、ソ連がその気になったらヨーロッパ全体を制覇するかもしれない。そのため、ソ連にアメリカの軍事力を見せつけるために原爆を使用した、というのです。「お前ら、欲を出したら原爆を見舞うぞ」というわけです。ソ連との政治戦の中で日本に原子爆弾が落とされた、という見方です。 

 今日は第2次世界大戦の終わりまでお話しました。結局、日本の問題は阿部正弘が描いた富国・強兵・開国というビジョンを貫かなかったことです。日本は資源を持っていないわけですから国を開いて貿易をしないと貧しくなっていく。その開国があって初めて富国があり、強兵がある。この3つは極めて素晴らしい戦略なのですが、日露戦争でなまじ勝ってしまったためにのぼせ上がり、開国を捨てて富国・強兵だけをやろうとしたことが、おそらく日本の失敗の理由です。

 開国を捨てたら情報も入ってきませんから、どんどん世界で孤立する。アメリカやイングランドに留学できないので、留学先はナチス下のドイツしかない。ドイツもユダヤ人を迫害しましたから、優秀な先生はアメリカに逃げてしまっている。アメリカのノーベル賞受賞者が増え始めるのは、ヒトラーのユダヤ人弾圧からですよね。

 これが、世界と仲良くすることを忘れた日本の悲劇だったのではないかと思います。