出口治明の「5000年史」講座


  第9回
  ナポレオン発の「革命」が連鎖し、したたかな大英帝国が躍進
 「国民国家」の概念が広がり、ヨーロッパが覇権を握った19世紀

     出口 治明

出口治明氏 立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。1972年、京都大学法学部卒業後、日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年上場。10年間社長、会長を務める。2018年1月より現職。(写真:山本 厳)



立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長の世界史講座。第9回は19 世紀。フランスではナポレオンという偉大な皇帝が誕生し、したたかなイングランドがインドなどを併合して大英帝国をつくり上げた。ナポレオンが生み出した「国民国家」の概念はヨーロッパ中に広がり「革命」が連鎖。プロイセン(ドイツ)ではビスマルクという外交の天才が登場。アヘン戦争で厳しい状況に追い込まれた中国を尻目に、ヨーロッパが世界の覇権を握った。


■目次

市場経済の法的枠組みを完成させた天才ナポレオン
ナポレオンの没落とウィーン体制
アヘン戦争とアジアのたそがれ
ナポレオンの「自由、平等、友愛」が伝染し「ヨーロッパ革命」へ
開国と明治維新の本当の恩人は阿部正弘
ナポレオン3世との「密約」で始まったイタリアの統一
アメリカの市民戦争で60万人も死者が出た理由
外交の天才、ビスマルクの活躍
日本の朝鮮出兵、日清戦争と義和団事件


市場経済の法的枠組みを完成させた天才ナポレオン
 1820年の世界の国内総生産(GDP)のシェアを見ると、中国(32.9%)とインド(16.0%)でほぼ世界の半分を占めていたことが分かります。そのときのイングランドは5.2%でした。それから50年後の1870年のGDPのシェアを見ると、中国は1820年の半分になり(17.2%)、インド(12.2%)もかなり落ちています。一方、インドを植民地にしているイングランドはシェアを高めます。イングランドの9.1%にインドの12.2%が加わり、世界のGDPの2割ぐらいを占めるようになります。中国を追い越してついに世界一になったのです。

 もう1つ注目すべきはアメリカです。19世紀の初めには1.8%だったGDPのシェアが、1870年には8.9%まで拡大します。イングランドにほぼ匹敵するレベルです。この数字を見るだけで、19世紀はアジアからヨーロッパに覇権が移った世紀だということが分かりますね。それを頭に入れて、今回の話を聞いてください。

 19世紀初頭に、ナポレオンという偉大な皇帝がフランスで誕生します。ヨーロッパの皇帝の歴史でいえば、最初に出てくるのは恐らくカエサル、つまりシーザーです。ローマ帝国をつくった人です。その次は、ルネサンスを準備したフェデリーコ2世でしょう。13世紀のホーエンシュタウフェン朝のドイツの偉大な皇帝です。3人目がナポレオンです。

 ナポレオンは1804年に皇帝に就任すると、まず同年に民法典を作ります。この民法典の歴史的な功績は、初めて所有権を明記したことです。資本主義経済は個人の所有権が認められて初めて機能するわけですから、ナポレオンが近代資本主義、アダム・スミスが述べた市場経済の法的枠組みを完成させたのです。

 ヨーロッパで大国が出現したら必ず潰すように動くのが、イングランドの国策です。ナポレオンが皇帝になった翌年(1805年)、オーストリア、ロシア、プロイセンと第3次対フランス大同盟を結んで、「トラファルガーの海戦」でネルソン提督がフランス海軍を打ち破ります。ナポレオンは海戦では手痛い敗北を喫しますが、同じ年に陸戦で盛り返します。「アウステルリッツの三帝会戦」では、ナポレオンとオーストリアのフランツ1世、ロシアのアレクサンドル1世の3人の皇帝が現場で戦いました。その結果、ナポレオンが大勝します。

 1806年、ナポレオンはプロイセンを蹂躙(じゅうりん)し、ベルリンで大陸封鎖令を出します。イングランドの生命線はヨーロッパ大陸との交易にあったからです。交易を止めてしまえば、イングランドは音を上げるだろうという作戦です。ナポレオンは物事をよく分かっていました。

 ナポレオンはヨーロッパ中で戦争を行いましたが、ほとんどの陸戦では勝利を納めます。なぜフランス軍が強かったかというと、ナポレオンが愛国心を鼓舞して、フランスの兵士に「フランスのために戦うんだ、ヨーロッパに攻めていくのは、領土を得たいからではない。ヨーロッパのほかの国は国王や皇帝がめちゃくちゃな政治を行っている。フランス革命のような自由、平等、友愛の世の中をつくるために攻めていくんだ。ヨーロッパの人々を我々が解放するのだ」と述べていたからです。簡単にいえば、ナポレオンの軍隊が行くところには、自由、平等、友愛という精神がはしかのように広がるわけです。

 ナポレオンに敗れたプロイセンは領土が半分になりましたが、そのときにフィヒテという哲学者がベルリンの学士院で「ドイツ国民に告ぐ」という講演を14回にわたって行います。このタイトルに注目してください。

 今までドイツ国民という言葉を使った人はいなかったのです。人々の意識はプロイセン人でありババリア人でした。つまり、ドイツという想像の共同体、ネーションステートが生まれつつあったのです。ナポレオンがプロイセンをぼこぼこにしてベルリンを占領したことでドイツ国民の意識が燃え上がったのです。ナポレオンが通った後には、みんなが自由、平等、友愛という“伝染病”にかかって、自分たちのネーションステート(国民国家)をつくろうという動きが出てきます。

 ナポレオンの失敗は1808年から始まります。1つにはイベリア半島に攻め込んだときに、スペインがゲリラ戦で抵抗したこと。もう1つは、ナポレオンには当初、子どもが生まれなかったことです。帝国の跡継ぎがいないことがナポレオンの泣きどころだったのです。

 ナポレオンが本当に愛した女性は、最初の皇后であったジョゼフィーヌだけだと思うのですが、子どもが生まれないので離婚して、マリー・ルイズというハプスブルク家の王女をもらいます。彼女は多産の家系だったので、すぐに子どもができました。ローマ王、ナポレオン2世です。

 同じころ、スウェーデンで王室が断絶します。そこで、ナポレオンに国王候補を欲しいと頼んできます。そこでナポレオンの部下だったベルナドットという将軍がスウェーデンに行くことになりました。実はベルナドットはナポレオンの昔の婚約者と結婚していました。ナポレオンは婚約を破棄して、自分の部下にいいなずけを渡した形になっていたのですが、若干の負い目があったのかもしれません。今のスウェーデンの王室はこのフランス人の子孫です。

 そのときにナポレオンは別れの言葉を述べます。ベルナドットに「君がスウェーデンに行ってくれて、これで北欧も安泰だ。終生フランスと仲良くやっていこう」と。ナポレオンはベルリンにいてヨーロッパをほぼ全て仕切ってしまった。北の大国スウェーデンも自分の部下の将軍が治めるわけですから、もうめちゃ安泰ですよね。これに対してベルナドットは「はい、陛下、頑張ります。ただ私はスウェーデンの摂政になるので、スウェーデンの国益を第一に考えなければなりません」と述べてナポレオンの元を去るのです。



ナポレオンの没落とウィーン体制
 当時アラビア半島では、サウード家という豪族がワッハーブ派という過激なイスラム教のグループを奉じて王国をつくっていました。今のサウジアラビア、サウード家が始まったのです。あまりに過激なのでオスマン朝が怒って、エジプトを支配していたムハンマド・アリーというアルバニア人に討伐を命じます。ムハンマド・アリーは戦争に強く、アラビア半島に出兵してワッハーブ王国を滅ぼします。サウード家はいったん、野に下ります。

 南米ではシモン・ボリバルという人がベネズエラで独立宣言を行い、スペインから自立しようとします。シモン・ボリバルもヨーロッパにいて、ナポレオンの自由、平等、友愛という伝染病にかかっていました。ですから南アメリカの独立運動も元をたどればすべて、ナポレオンの影響です。

 1812年、アメリカとイングランドが戦争を始めます。これはなぜかといえば、ナポレオンの大陸封鎖令に対してイングランドも同じく逆封鎖令を出しいたので、アメリカはヨーロッパに物が売れませんでした。それで怒って戦争を始めたのです。このときに『星条旗』という国歌が生まれて、アメリカは真の独立を達成します。ナポレオンの大陸封鎖令はアメリカ大陸まで影響を与えていたわけです。

 大陸封鎖令はイングランドとヨーロッパ大陸の我慢比べでしたが、ロシアがついに我慢ができなくなって、大陸封鎖令から出ようとします。怒ったナポレオンはモスクワに遠征しますが、冬将軍に敗れてロシアから敗退します。ロシア遠征で初めてナポレオンの大陸軍が敗れたわけですが、ヨーロッパの各国は喜んでまた対仏同盟を結び、ナポレオンを倒そうとします。それが1813年の「ライプツィヒの戦い」です。

 このときの連合軍の将軍はベルナドット。でもこれは恩を仇(あだ)で返したというよりも、スウェーデンの国益を考えて、これ以上フランスを大きくしてはいけないと考えたのだと思います。ベルナドットが総司令官になってナポレオンを打ち破り、ナポレオンは1814年に退位してエルバ島に流されます。

 イングランド、オーストリア、ロシア、プロイセンはウィーン会議を開き、ナポレオン後のヨーロッパの在り方を巡って議論しますが、そうこうしているうちにナポレオンはエルバ島を脱して1815年3月にパリに入って復位します。しかし、「ワーテルローの戦い」で連合軍に敗れて同年6月に退位します。この間のことを「百日天下」というのは、皆さんもよくご存じだと思います。

 かわいそうなのは、ナポレオンの後に残された皇太子、ローマ王のナポレオン2世です。母親がオーストリアの皇帝のお嬢さんだったので、ウィーンの宮廷に引き取られます。フランツ1世にとっては孫に当たるわけですから大事に育てます。でも、ナポレオンの悪口を言い聞かせながら大事に育てるわけですね。母親のマリー・ルイズは本当に平凡なお嬢さんでナポレオン2世をかわいがっていましたが、ここでオーストリアの宰相メッテルニヒは、ナポレオン2世からマリー・ルイズを引き離し、イタリアのパルマの統治者に任命します。

 ただ、マリー・ルイズだけでは仕事ができないので、オーストリアの貴族で仕事ができる最高のプレーボーイを部下として付けます。メッテルニヒの思惑通り、マリー・ルイズは誘惑されて、子どもを生んで、ナポレオン2世の元には帰らなくなります。メッテルニヒは大局観こそ持ちませんでしたが、こういう小細工はものすごくできる人でした。

 ところで、ナポレオン2世の元には、フランスからこっそりと何人もの人が忍んで来ます。そして、父親であるナポレオン1世の偉大さを教えるわけです。だからナポレオン2世は自分で勉強して、父親の跡を継ごうと決心します。でも母親はいない。フランツ1世も大事にはしてくれるけれど自由にはさせてくれない。その中でもけなげに立派な軍人になろうとして一所懸命軍事教練をやって、風邪を引いて二十歳になるかならないかのころに死んでしまいます。

 ウィーン会議では、ナポレオンが流刑にされた後のヨーロッパの後始末をどうするかが議論されました。普通に考えたら、プロイセンはナポレオンに戦争を仕掛けて敗れた領土を半分取られているわけです。勝ったのはロシア、プロイセン、イングランド、オーストリアですから、今度はフランスの領土が半分ぐらいになってもおかしくないでしょう。

 ところがフランス代表にタレーランという、とんでもなく有能な策士がいました。お坊さんで有名画家ドラクロワのお父さんです。フランス革命でも活躍し、ナポレオンの下でも活躍したそのタレーランが「何が悪かったかといえば、国王を処刑したことだ。ナポレオンだけが悪いのではなくて、フランス革命が悪かったんだ」と、自分がこれまでやってきたことを棚に上げて、分かりやすいロジックをつくり上げたのです。そうするとヨーロッパの皇帝たちは「確かにそうやな。俺たちは、フランス革命がルイ16世を殺したのをけしからんといってフランスに戦争を仕掛けたんだよな。悪いのはフランス革命だったんだ、そうだ、そうだ」となったのです。

 そこでタレーランが「元に戻せば世の中はすべて丸く収まりますよ」と述べると、みんながパチパチと拍手をして「そうだ、元に戻そう」ということになり、フランス固有の領土は少しも取られなかったのです。軍事力がなくても、誰もが納得する理屈をつくり出せば外交交渉はできるという素晴らしい見本ですね。あるいは、会議を主催したメッテルニヒに大局観がなかった。あんまり賢くなかったということがあるかもしれませんね。

 「ウィーン会議」の結果、ベネチアを含めて共和国は全部潰されました。悪いのは革命≒共和制ですからね。イングランドはネーデルラントからスリランカとケープ植民地(南アフリカ)を分捕ります。ネーデルラントの国王がナポレオンの弟だったからですよね。ネーデルラントにとっては、えらい迷惑な話でしょう。ネーデルラントはナポレオンに占領されて王様を押し付けられただけです。それを口実にして、イングランドはインド洋交易のポイントになるスリランカとケープタウンを獲得する。イングランドは本当に利にさといというか、賢いですね。

 ロシアはフィンランド大公とポーランドの王位を得る、オーストリアは北イタリアを領土にします。つまり「共和国はあかん」というイデオロギーですから、ここでベネチアは潰されるわけです。これもえらい迷惑な話です。プロイセンは元に戻る。フランスのブルボン家は全く領土を減らしていません。面白いですよね。悪いのは革命であって、フランスではないと。だから元に戻せば世の中はよくなるという理屈をつくったわけですね。これがウィーン体制です。

 南北アメリカでは全部独立していきます。アルゼンチン、チリ、メキシコ。これは結局、ナポレオンの自由、平等、友愛という伝染病が南北アメリカにも波及したということです。1823年には「モンロー宣言」が出ていますが、これはヨーロッパに対してアメリカ大陸のことについては口を出すなというのが本当の狙いですよね。その代わりアメリカもヨーロッパのことには口を出しませんからというわけです。このあたりからアメリカは、新大陸の主人は自分だという方針を取るようになっていきます。



アヘン戦争とアジアのたそがれ
 アジアに話を移します。アジアはたそがれています。まずベトナムで阮(グエン)朝というフランスの支援を受けた新しい王朝ができます。それまで北ベトナムは海賊の根拠地になっていましたが、強い権力が確立したら海賊は追い払われます。中国の海賊は他に逃げ場がありません。1810年、最後の海賊、張保が清朝に投降して、16世紀以降、倭寇の一翼を担っていた中国の海民の歴史は終わります。

 イングランドの東インド会社は1819年にシンガポール島を獲得します。また、1824年、アッサムを巡ってミャンマーと開戦し、ここでもイングランド特有のしたたかさを発揮して、一気に潰さず3回戦争をして併合します。1827年ごろにアヘンの密貿易により、中国から初めて銀が流出し始めます。つまり中国が貿易赤字になったわけです。

 それまでの中国は超貿易黒字国で、銀が入ってくる一方でした。18世紀には中国からイングランドへのお茶の輸出量は400倍になっていました。なぜかというと、産業革命を現出したイングランドでは、労働者を長時間働かせるための気付け薬として、砂糖を入れた温かい紅茶をたらふく飲ませていたのです。そうしたら、労働者は瞬間元気になる。みんなが飲んでいるから、貴族にもアフタヌーンティーという習慣が生まれたわけですね。

 この代金は全部、国際通貨である銀で支払っていましたが、イングランドにはもう銀がなくなったので、こっそりアヘンを中国に密輸したのです。アヘンは麻薬ですから、あっという間に需要は増えて、今度は中国から銀が流出し始めます。それまで中国経済は、お茶や絹の輸出で銀を獲得して繁栄していましたが、アヘンの密輸のおかげで銀が流出し深刻な社会問題となります。中国では税を銀納していたので、銀が不足して高騰すると増税と同じ効果になったのです。それで何度もアヘン禁止令を出します。これがアヘン戦争の原因となります。

 中国は林則徐という高級官僚を登用しました。林則徐は英語もドイツ語もフランス語も読めなかったのですが、アヘン密輸を取り締まる欽差大臣に任命されて広東に赴任するときに、北京じゅうにあった洋書を全部買い占めたといわれています。轎車に乗って何カ月もかけて陸路で広東に行くわけです。このとき、学者を連れていって、北京で買った洋書にどんなことが書いてあるのかを、耳学問で教えてもらいます。毎晩勉強していたのです。

 だから広東に着いたころには、イングランドがどんな国かも、アヘンの処理の仕方もすべて分かっていました。それでアヘンを全部没収して焼却してしまいます。イングランドはびっくりするわけです。「これまでの清の役人は、賄賂を渡したらみんな目をつぶってくれた。今度のやつは、賄賂を渡そうとしても全部突き返すし、めちゃ賢い。こんなやつが来たらもうアヘンの密輸なんかできない、えらいことや、どうしよう」と考えて、戦争を仕掛けるわけです。

 さすがにロンドンの議会でも「こんな不名誉な戦争はあるか」と反対意見が続出しますが、やはり背に腹は変えられず、アヘン戦争が起こります。イングランドは林則徐が固く守る広東を素通りし、天津に向かって大砲を撃ち込みます。清の宮廷はびびって、林則徐をクビにする。それで南京条約が結ばれ、中国はイングランドに香港を割譲し、上海など5港を開港します。しかし、肝心のアヘンについては一切触れられませんでした。ということは、今まで通り自由にやっていいということですから、中国はがたがたになります。

 林則徐は左遷されて、新疆ウイグルの総督になります。そのとき、林則徐は友人の魏源という学者に一生遊べるだけのお金を渡し、北京で集めた洋書を全部渡します。「これらの本に書いてあることはめちゃ役に立ったから中国語に直してくれ。いつかきっと誰かの役に立つ。自分は、これからはロシアのことを勉強しないとあかん」と言ってウルムチに去っていきました。

 魏源という学者も偉くてほぼ全部を漢訳します。それが『海国図志』です。幕末の時代に佐久間象山とか吉田松陰とか、志士たちが西洋のことを勉強しようとしてひもといた本です。だからある意味では、明治維新は林則徐の西欧列強に対するリベンジでもあるのですね。林則徐は最後の士大夫といわれていますが、大局観を持った優秀な中国の高級官僚の最後の1人です。

 がたがたになった中国では、洪秀全がキリスト教を独自に解釈した教団「拝上帝会」を結成し、「太平天国」を建国して清朝に反乱を起こします。1845年には、南京条約で開港した上海に、外国人の居住を認める租界が設定され、上海の発展が始まります。イングランドは、パキスタンのパンジャーブ地方でシーク教徒とも開戦。これも2回戦争をやり、その結果、ほぼインド全部を占領することになります。アジアで最後まで残っていたムガール帝国も落日を迎え、アジアのたそがれの時代に入るわけですね。



ナポレオンの「自由、平等、友愛」が伝染し「ヨーロッパ革命」へ
 ヨーロッパではナポレオンの自由、平等、友愛という「はしか」の影響が残っていて、ギリシャが独立宣言をします。これには、イングランドの詩人バイロンやフランスの画家ドラクロワが助けに行っています。オスマン朝は反対しますが、「ナヴォリの海戦」でオスマン朝とエジプトとの海軍に対してイングランドやフランス、ロシアの連合艦隊が勝利を収め、ギリシャが独立します。

 1830年、フランスでは「7月革命」が起こり、反動的なブルボン家が追われオルレアン家出身で“市民王”といわれたルイ・フィリップに王位が移ります。ショパンの『革命のエチュード』の時代ですよね。

 自由、平等、友愛というはしかはめちゃ強力なので、イタリアでは青年イタリアという独立運動を唱える結社ができたほか、ドイツは関税同盟ができてプロイセンがリーダーとなり統一国家を目指すようになります。ケープ植民地ではネーデルラントの人々が血と汗で築いてきたケープタウンがイングランドに取られてしまったので、ボーア人と呼ばれたネーデルラントの入植者の子孫たちは奥地へ奥地へと大キャラバンで移動します。グレート・トレックです。

 奥地にはズールー王国という先住民の王国がありましたが、「血の川の戦い」などをへてズールー王国を滅ぼし、オレンジ自由国とトランスヴァール共和国という2つの共和国をつくってイングランドのくびきから自由になります。イングランドの家来になるよりも、奥地に行って自分たちの国をつくる方を選んだわけですね。そのイングランドでは、ヴィクトリア女王が即位します。

 1848年にはマルクスの共産党宣言が出ていますが、1848年にフランスで「2月革命」が起こって、ただちに広がりオーストリアやベルリンでは「3月革命」が起こります。これが「ヨーロッパ革命」といわれる1848年の革命です。

 この革命でフランスの王政が最終的に終焉(しゅうえん)を迎えたので、この1848年をもってフランス革命が最終的に完成したのです。これ以降フランスは第2帝政を除いてずっと共和政を維持しています。ですからこの1848年によってネーションステート、国民国家が確立したと考える学者もいます。第2共和政となり、世界で初めて男子による普通選挙が行われました。

 ナポレオンの一族はどうなったかというと、ネーデルラントの国王になったナポレオンの弟の子どもにルイ・ナポレオン(ナポレオン3世)という人がいました。この人は夢想家で、何回もフランスでクーデターを起こそうとしては逮捕されていました。ルイ・ナポレオンは不思議な人で、サンシモンが唱えた社会主義を信じ、同時にナポレオンの一族なので、皇帝政を信じていました。皇帝政と社会主義は矛盾するのに、本人は平気だったんですね。また異常なほどの女性好きでした。

 ルイ・ナポレオンはフランスを追われてロンドンで亡命生活をおくっていましたが、第2共和政になって初めて普通選挙が行われることになったので、ロンドンから戻ってきて大統領選に立候補します。そして、選ばれてしまうのです。ナポレオンの名前ですよね。やはりフランス国民も、偉大なナポレオン1世のことを忘れてはいなかったのです。その後、ルイ・ナポレオンはクーデターを起こして、第2帝政が始まります。ナポレオン3世の登場です。

 1848年のヨーロッパ革命で、ヨーロッパ中がもう一度燃え上がり、ハンガリーではコシュートという人が独立宣言を行います。オーストリアのフランツ・ヨーゼフという皇帝は、ロシアに頼んで、ロシア軍を引き入れてハンガリーを鎮圧しています。こういう事例を見ると、東ヨーロッパにソ連軍が入ってきて、ハンガリー動乱とかチェコのプラハの春を圧殺したのは、先例があったということが分かります。これが1848年革命のヨーロッパです。



開国と明治維新の本当の恩人は阿部正弘
 1853年、中国との交易のため太平洋航路を開拓すべくペリーが日本に来ます。開国です。このとき、徳川幕府の老中首座を務めていたのが、阿部正弘という人でした。いわば、総理大臣のような役目です。この人は大変賢く、しかも長崎の出島からの情報でアヘン戦争の結末を知っていましたので、鎖国を続けていると日本は持たないと考えていました。産業革命と国民国家という2大イノベーションに日本は乗り遅れたので、これからは国を開いて世界から学び、交易でもうけて、軍隊も強くしないとえらいことになると考えたのです。「開国・富国・強兵」というグランドデザインを描いて、国を開きました。

 鎖国は、徳川幕府の基本方針で、家光の時代から200年も続けてきました。それをやめるというのですから、大変な勇気が必要だったと思います。阿部正弘という、めちゃ優秀な人物が宰相だったことが日本の幸運でした。この人は、東大や陸軍や海軍のもとをつくっています。幕府の官僚にも、勝海舟に代表される若くて有能な人材を登用しています。それだけではなくて、自身の福山藩では義務教育のもとになる教育も始めています。さらに広くみんなの意見を聞こうとしました。五箇条の御誓文にあった「万機公論に決すべし」も阿部正弘のアイデアです。明治維新の骨格のほとんどすべては阿部正弘が安政の改革で構想しています。彼こそが明治維新の大恩人ですね。

 しかし、司馬遼太郎さんの興味が阿部正弘ではなく坂本龍馬にあったために、阿部正弘はほとんど知られていません。実は、坂本龍馬はほとんど何もしていないようです。もし何かをしていれば、生き残った西郷隆盛や大久保利通、桂小五郎が明治政府を樹立した後、「これは龍馬のおかげやで」と話すと思いませんか。そのような記録は何もありません。

 明治維新の幸運はもう1つありました。この1853年という年は、クリミア戦争が起こった年です。つまり、ヨーロッパ列強の関心がヨーロッパに向いていたのです。もしアジアに目が向いていたら、ペリーの後、イングランドやフランス、ロシアの軍艦がどんどん江戸湾に入ってきたかもしれません。そうしたら幕府も冷静な対応はできなかったかもしれません。ヨーロッパ列強の目がクリミア戦争に向いていた幸運もあって、阿部正弘は1年間じっくり考えて国を開くことができたわけです。

 中には、治外法権を認めたのはけしからんという人もいますが、幕府の体制自体がそもそも治外法権です。幕府の法律が適用されるのは直轄地だけで、薩摩藩のことは島津家が裁いていたのです。日本の封建制そのものが治外法権を前提としていたので、徳川幕府にしてみれば、薩摩藩のことは薩摩藩に任せている。だから、アメリカについてはアメリカに任せるというのはごく当たり前の対応だったのです。ですから徳川幕府が無知だったから不平等条約を結ばされた、というのは後知恵です。最近の歴史学者は、ペリーに対する日本の対応はとてもよく練られていたという評価をしています。よく考えて国を開いています。だからあんまり混乱は起こらなかったわけですね。

 インドでは1857年に初めての第1次独立戦争が起きています。昔はセポイの反乱といわれていました。それから1854年、日米和親条約を結んだ年に、アントニオ・メウッチというイタリア系の発明家が電話を発明します。でも彼はめちゃ貧乏でした。金策に走っても、誰もお金を貸してくれない。そのうちに1876年にアメリカ人のグラハム・ベルがアントニオ・メウッチの電話の技術で、勝手に特許を取ってしまいました。だから長い間、電話はベルが発明したと思われていたのですが、ベルは横取りしただけです。今では名誉は挽回されて、歴史上も電話の発明はメウッチがしたということになっています。特許というのは上手に使わないと大変だということが分かりますよね。

 1858年、イングランドはインド統治法をつくって、最終的にムガール朝が滅び、インドは大英帝国の一部になります。1860年には勝海舟が乗った咸臨丸が太平洋横断を果たしています。

 中国も実は鎖国をしていました。1819年、イングランドはシンガポール島を獲得して開発しようとしますが、いかんせん、労働者がいません。そこで中国人を働かせようと考えます。そして1860年の北京条約で移民を公認させました。労働者をがんがん中国から連れてきてシンガポールなどを開発しようとしたのです。これが今、世界で5000万人、6000万人ともいわれている華僑の始まりです。イングランドは本当にしたたかです。お金(賠償金)も中国から、開発する労働者も中国から持ってきたわけですから。でもそのおかげで、東南アジアの経済は中国人が取り仕切るようになったというわけです。

 明治維新は1868年に起きました。阿部正弘のビジョンは「開国・富国・強兵」でした。これに対して薩長の理念は、尊皇攘夷。尊皇とは、昔に帰るということです。攘夷は、外国人を見たら切りつけるということです。

 しかも薩長は若手が政権を握っていましたから、勝手に攘夷を実践して薩英戦争と下関戦争を引き起こします。その結果、ぼこぼこにされて、大久保利通や伊藤博文は、尊皇攘夷はあかんということを悟るわけですね。「やはり阿部正弘は賢い、開国・富国・強兵しか日本が生きていくことはできない」と。でも尊皇攘夷で幕府を倒すんだと振り上げた拳を下ろさなければ先には進めません。だから、とりあえず幕府を倒したわけですね。これが明治維新の実相です。



ナポレオン3世との「密約」で始まったイタリアの統一
 ナポレオン3世は、前述したように、皇帝政と社会主義が両立すると考えていた人ですが、不動産銀行をつくり、鉄道を敷き、パリを美しくしようと思ってオスマンという人を抜てきしてパリの大改造を始めます。それまでのパリは昔からのぐちゃぐちゃしたところでした。オスマンは広場をつくって、大きな道を通しました。今のパリの美しさはこのオスマンの時代に全部骨格ができあがっています。皆さんがパリに行って、きれいなところだな思うのはすべて、ナポレオン3世とオスマンのおかげです。

 ナポレオン3世はお祭りも大好きでしたから。何度もパリで万博を開催します。そこでフランスワインを高く売り付けてお金もうけをしようと考えます。高く売り付けるためにこれは1級だ、2級だとランク付けしたら何も知らない金持ちは喜んで1級を買うだろうと考えて、格付けを始めました。これが、フランスワインの格付けの始まりです。結構、商売熱心な皇帝ですね。

 また、スエズ運河を開削するために、スエズ運河会社を1858年につくります。ところで、当時サヴォイア家のサルデーニャ王国にカヴールという賢い総理大臣がいました。彼はナポレオン3世の趣味を調べ上げ、ある貴族の女性を呼んで「お金をたくさんあげるから、パリの社交界に遊びにいかないか。それで何か分かったら時々連絡してね」と説得して、パリに送り出します。

 案の定ナポレオン3世はすぐに彼女を好きになって、ガールフレンドの一員に加えてしまいます。だからナポレオン3世の情報はカヴールに筒抜けになるわけです。そこで2人は「ニースを渡すからイタリア独立戦争の邪魔をしないでね」という密約を結びます。そこでカヴールは安心してイタリア統一戦争を仕掛けてオーストリアをやっつけるのです。

 ところが、ナポレオン3世は、カヴールがあまりに早く動いてミラノがある北イタリアのロンバルディアを占領してしまったので、オーストリアと単独和平してしまいます。カヴールははしごを外されたわけです。カヴールは激怒しますが、ロンバルディアだけでとりあえず我慢し、北イタリアは1859年に統一されました。

 この年はダーウィンの『種の起源』が出版された年です。ここで初めて神様が人間をつくったのではないという進化論が日の目を見ました。カヴールは北イタリアを統一してとりあえず矛を収めたのですが、ガリバルディという若者が勝手にシチリアに上陸して、ついでにナポリも征服して、南イタリアをサルデーニャ国王に献上します。住民投票を行ったら、中部イタリアもサルデーニャ王国に編入されることを望んたので、イタリアはナポレオン3世の思惑を離れて統一されてしまいます。

 ドイツではヴィルヘルム1世が即位して、ビスマルクが首相になります。このときにイタリア王国が誕生しているのですが、これまでイタリアの歴史を説明したときに、ローマ教皇は領土を持っているのでイタリアの統一にいつも反対してきたという話をしました。同じような国が5つぐらいあるのがローマ教皇にとって一番都合がいい。ミラノ、ベネチア、フィレンツェ、ローマ、ナポリ。同じぐらいの大きさだったら、自分は教皇として宗教上の権威を持っているので、一番威張ることができます。しかしイタリアが統一されたら、教皇領は真ん中にありますからサンドイッチのように挟まれて、大きい顔はできなくなります。だからローマ教皇はイタリアの統一には今までずっと反対してきたのです。

 でも北イタリアも南イタリアも中部イタリアもすべてイタリア王国になってしまった。そこで、当時のピウス9世という頑固な教皇は、民主主義も民族自決も自由もすべてよくないという「シラブス」という文書を出してバチカン宮殿に引きこもってしまいます。要するに自由とか平等とか友愛というナポレオンの伝染病がすべての元凶で、「民族自決とか、自由・平等とかそんなものはとんでもない。みんな間違っている」というわけです。世界は神様がつくったんだと勝手に宣言して、自らをバチカンの囚人として本当に引きこもってどこにも出なくなってしまいました。困ったものですよね。ピウス9世は引きこもりの元祖です。



アメリカの市民戦争で60万人も死者が出た理由
米国の南北戦争(写真:ユニフォトプレス)
 アメリカでは市民戦争(南北戦争)が始まりますが、実は奴隷の解放は戦争にはほとんど関係がありません。北部では軽工業が誕生しつつあったのですが、自由貿易をやってロンドンと競争したらアメリカの軽工業は全部潰れてしまいます。だから徹底的に保護貿易をして、関税を掛けてアメリカの軽工業を守ろうとしたのです。南部は、映画『風と共に去りぬ』、スカーレット・オハラの世界です。「綿花とか小麦とかをがんがんヨーロッパに売って金もうけしたらええやないか」と考えていました。当然、自由貿易を望みます。市民戦争は、政策が180度異なる自由貿易対保護貿易の戦争だったのです。だからこそ60万人もの市民が死んだのです。第1次世界大戦や第2次世界大戦を含めて、アメリカがこれまでに行った戦争で一番死者が多かったのは、この市民戦争です。いかに大変だったかが分かりますね。

 これに対して日本の明治維新では、死者数は1万3000人ぐらいです。なぜ死者が少なかったかといえば、政策やイデオロギー上の対立がなかったからです。薩長も尊皇攘夷とはいいながら、実は開国・富国・強兵だと腹の中では分かっていたわけですから、両方が戦う対立軸が実はなかったのです。東北で戦争があったのは、「同士をたくさん殺した会津藩は許さへんで」という、いわば怨念の戦いです。対立軸がないので、徹底的には戦えないのです。

 ナポレオン3世は、最後にメキシコに戦争を仕掛けます。オーストリア・ハンガリー帝国はフランツ・ヨーゼフという愚鈍な皇帝の時代です。この皇帝の奥さまが有名なエリーザベト(シシィ)です。この愚鈍な皇帝は、弟のマクシミリアンを大事にしない。弟は邪魔だとばかりに、小さい海辺の城に住まわせている。かわいそうですよね。皇帝の実弟なのに、領土も何もなく小さい城に閉じ込められていました。

 そこにナポレオン3世がささやくわけです。「メキシコの皇帝にしてやるで」と。やる気が出ますよね。実際にメキシコに行って皇帝になります。でもメキシコ人が喜ぶはずがないですよね。フランスがメキシコに戦争を仕掛けたのは、借金を返さないのはけしからんという理由ですが、それは口実でした。ベニート・フアレスという先住民から初めてメキシコの大統領になった人が、メキシコの自主独立を求めて欧米からの借金を踏み倒したからです。ナポレオン3世は、栄光的なレガシーをつくりたかったのです。メキシコを戦争で分捕って、アメリカ大陸にまたフランスの領土を取り戻そうと考えたわけですね。

 その考えに、マクシミリアンが乗ったわけですね。でもメキシコ人の抵抗が強くなって、フアレスが復帰して、メキシコ帝国はあっけなく潰れて、マクシミリアンは銃殺されてしまいます。気の毒ですよね。

 ナポレオン3世がカヴールと密約を結んだことを知っているプロイセンのビスマルクは、ビアリッツで密談をして「ドイツの戦争には口を挟まんといてね」という約束を取り付け、オーストリアと戦争を始めます。プロイセンはオーストリアをぼこぼこにしてしまいます。オーストリアはドイツの領地を失ったので、ハンガリーと2重帝国をつくります。

 この年、ロシアはお金が欲しくて、アラスカをアメリカに売ってしまいます。アラスカは後で金鉱が発見されますから、めちゃアメリカは得をしました。今ロシアがアラスカを持っていたら、えらいことですよね。



外交の天才、ビスマルクの活躍
 スエズ運河が開通した年に「エムス電報事件」が起こります。これは何かというと、スペインで革命が起こってブルボン家が追放されて共和政になるのですが、やはり王政の方がいいということになりました。それまでのスペインの国王はフランスのブルボン家出身でしたが、新しい国王の候補にプロイセンの王族の名前が載ったのです。フランスにしてみたら、スペイン王がプロイセンの王族になったら、またドイツとスペインに挟まれることになります。ナポレオン3世にとっては許し難い。ヴィルヘルム1世も、「そんなことはしない」と明言して、いったん騒ぎは収まります。

 ところがエムスという温泉にヴィルヘルム1世が滞在しているとき、フランスの大使がヴィルヘルム1世を訪ねて「あなたはスペインにもう絶対ちょっかいを出しませんね」と話を蒸し返すわけです。ヴィルヘルム1世は怒りますよね。「俺、既に明言してるやないか。スペインに野望はあらへんでと。おまえ、失礼なやつやな。大使の分際でそんなことを俺にわざわざ確認しにきたのか」と。それでヴィルヘルム1世は、ベルリンのビスマルクに電報を送ります。「ビスマルクや、フランスの大使が静養中の俺のところへやって来てこんなことを言いよったで。追い返したが、しょうもない国やな」と報告したわけです。

 ビスマルクはこの電報を微妙に改ざんしてプレス発表します。要するに、「礼儀作法を知らないフランス人がプロイセンの国王に無礼なことをしたので追い返されて、尻尾を巻いて逃げていった」というように。これに対してフランスの世論は激高して、何の準備もないのにプロイセンに戦争を仕掛けます。ビスマルクはこれを待っていたわけですから、ワナに引っ掛かったなということで、この戦争に圧勝します。

 ナポレオン3世は、放蕩(ほうとう)がたたって当時は歩くのもやっとという状態でした。皇后のウジェニーは、ナポレオン4世という賢い子どもも授かっていたので、歩けないのに女遊びをやめない夫に愛想を尽かし「あなたが戦場に行ったらフランスの将兵が発奮してきっとプロイセンをやっつけますよ。パリは摂政の私と皇太子で守りますから」と、旦那を送り出しました。皇帝は戦死してもいいと思ったのかもしれません。ナポレオン3世は足を引きずりながらセダンに行って、包囲されます。でもナポレオン3世っは必死に戦うのではなく、「どうせ負けるのだったらフランス人の血を流さないで、降伏した方がフランスのためや」と考えてあっさり降伏するのです。血を流すことを全くためらわなかったナポレオン1世とはえらい違いです。

 これで第2帝政は瓦解します。ナポレオン3世はフランスに居場所がないので、家族ともどもロンドンに亡命します。屋敷はコールガールだった昔の英国のガールフレンドが準備してくれました。不思議な人ですね。女性にもてたんですね。

 第2帝政が倒れてドイツ帝国が樹立されます。ヴェルサイユ宮殿でドイツ皇帝の戴冠式を行ったのは、ベルリンをナポレオンに占領されたプロイセンの領土が半減した仕返しですね。これがまた第2次世界大戦でひっくり返るわけですから、怨念は怖いですね。

 ビスマルクは大変賢い人で、この戦争でフランスがドイツを恨んでいるということを十分認識していたので、フランスを孤立させようと考えるわけです。まず1873年にオーストリア、ロシアと結んで三帝同盟をつくります。

 1875年、フランスが開発したスエズ運河会社の株が売りに出ます。フランスは、株の半分をエジプトに渡していたのです。財政が苦しくなったエジプト政府は深く考えずに、「誰か買ってくれませんか」と売りに出しました。これにイングランドが飛び付いて、ロスチャイルド銀行から融資を受けて、スエズ運河を実質的に乗っ取ってしまいます。商売が本当にうまいですよね。

 南アフリカではセシル・ローズという人がダイヤモンドの採掘会社デ・ビアスをつくって、ダイヤモンド王になります。ビスマルクは三帝同盟に加えて、オーストリア、イタリアと三国同盟を結びますが、オーストリアとイタリアはベネチアとロンバルディアを巡って争っています。お互い仇敵(きゅうてき)なのに、ビスマルクの口車に乗ると同盟を結んでしまうのです。ビスマルクは、ロシアともオーストリアともイタリアとも上手に同盟を結んでフランスを孤立させることに成功しました。ビスマルクは本当に外交の天才です。

 アフリカで列強の植民地の争奪戦が始まると、みんながけんかをしていたら駄目ですよね、と言って、ビスマルクがベルリンで会議を主催して上手にまとめてしまいます。本当に、天賦の才の持ち主です。でもビスマルクは大変わがままな人でした。皇帝に提案して皇帝が渋ると怒って田舎に引きこもってしまうのです。自分の領地に帰って、皇帝が折れるまで2カ月も3カ月も帰ってこない。ひどい部下です。ヴィルヘルム1世は名言を残しています。「ビスマルクの下で皇帝を務めることは難儀な仕事である」と。でもすごいのは、こんなわがままな部下でありながら、その能力を認めてずっと使い続けたことがドイツ帝国の幸運です。

 ところがそのヴィルヘルム1世が没し、フリードリヒ3世という子どもも病気ですぐに死んでしまいます。そこで孫のヴィルヘルム2世が即位するのですが、そのころからプロイセンはおかしくなります。ヴィルヘルム2世はヴィルヘルム1世の遺言で「ビスマルクを大事にせんとあかんで」と言われていたのですが、我慢しきれなくなり2年後の1890年にビスマルクをクビにします。ヴィルヘルム2世には高度な外交の考え方が分かりませんから、「オーストリア、イタリアと同盟を結んでいるのに、それに敵対するロシアと何で仲良くするんだ。筋が通らん」と直情的に考えてロシアとの再保障条約を更新しませんでした。ロシアは心配になって1894年、露仏同盟を結びます。これで今度はプロイセンが挟まれたわけです。外交は怖いですよね。



日本の朝鮮出兵、日清戦争と義和団事件
 1896年、第1回オリンピック大会がアテネで開かれます。それから1897年、第1回のシオニスト会議が開かれます。1894年に「ドレフュス事件」というのがパリで起こっていて、ユダヤ人の兵士が無実の罪を着せられたのですが、ここで「やはりユダヤ人の国をつくらないとあかんで」という世論が挙がって、シオニスト会議が行われたのです。

 1898年、レーニンがロシア社会民主労働党をつくります。1899年には南アフリカでボーア戦争が起こります。ボーア人は大英帝国にケープタウンを取られて、血を流して奥地に移動し、オレンジ自由国とトランスヴァール共和国をつくりました。そこで金鉱やダイヤモンド鉱山が発見されたのですが、それをまた大英帝国が取りに行ったことでボーア戦争が勃発しました。このボーア戦争に大英帝国のインド洋における兵力がほとんど投入され、50万人という大軍が南アフリカにくぎ付けにされます。ボーア人は当然恨み骨髄で徹底抗戦します。南アフリカに50万人もの大軍を常駐させるということは、アジアに展開する兵力がなくなります。そこで日英同盟に結び付いていくわけです。

 このボーア戦争でナポレオン3世の息子のナポレオン4世が戦死します。心中は分かりませんが、もう皇帝の時代じゃないということが分かっていて、担がれるのは嫌だということで、死んでも構わないという気持ちで志願したのではないかといわれたりしています。ナポレオン2世も4世も、どちらも気の毒な生涯を送っていますよね。

 最後に日本の朝鮮出兵、日清戦争の話をしておきます。徳川幕府は朝鮮とは国交を結んでいましたから、明治維新の後、対馬藩を介して「新しい明治政府ができたで。日本は王政復古して天皇が日本の主権者になったで」という手紙を送ります。しかし朝鮮は受け取りを拒否しました。なぜなら天皇の「皇」という字は皇帝の「皇」ですから、こんな漢字は中国以外、使ったらあかんでという発想があったからです。冊封体制、朱子学の世界です。

 一方、明治政府はネーションステートを創り上げるためナショナリズムを鼓舞して、天皇を中心に据えた神話をひたすら称揚するわけです。ヤマトタケルとか神功皇后とか和気清麻呂とか。そうすると、何も知らない人は「昔、神功皇后が朝鮮半島を征伐したそうやないか。こんな訳の分からん朝鮮を征伐してしまえ」という話になる。それが征韓論であり朝鮮出兵ですよね。だから、神功皇后の神話を必要以上に持ち上げたことが、不幸を生んでいくきっかけになったのです。ナショナリズムは使い方を誤ると大変ですよね。

 朝鮮への出兵が日清戦争となり、その後、三国干渉が起こる。でもこの日清戦争で「日本は結構使えるやないか」と考えたイングランドが、日英同盟を持ち掛けるわけです。

 清では、西太后という女性が権力を握っていて、明治維新のような革命を起こせなかった中国は遅れていくわけです。その清で1900年に義和団による扶清滅洋(清を助けてヨーロッパを滅ぼす)という、尊皇攘夷そのものの運動が起きます。西太后は愚かにも、この尊皇攘夷の動きにそのまま乗ってしまって、「北京の55日」事件が起こるわけです。義和団事件ですね。

 日本は尊皇攘夷という旗を掲げながらも、大久保利通や伊藤博文が、こんなものは建前で本当にやったらえらいことになるということを分かっていたからこそ、明治維新は無事に済んだんだと思います。王政復古でも尊皇攘夷でもなく、阿部正弘の「開国・富国・強兵」という理念を幕府も薩長も心の中で共有していたことが、明治日本の一番大きい成功要因です。

 加えて、岩倉使節団のように、国がまだできあがっていないのに総理大臣はじめ大臣の約半分が2年も世界に勉強に行って徹底的に学ぶという謙虚さを持っていたことが、明治維新の成功につながったのだと思います。