出口治明の「5000年史」講座


   第8回
   産業革命は“偶然の産物”で、フランス革命は“米国発”だった
   「自由と平等」と「国民国家」という概念が生まれた18世紀

     出口 治明

出口治明氏 立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。1972年、京都大学法学部卒業後、日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年上場。10年間社長、会長を務める。2018年1月より現職。(写真:山本 厳)

立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長の世界史講座。第8回は18世紀の世界。欧州ではスペインやポーランド、オーストリアの王位継承問題をきっかけに列強の権力争いが広がり、アジアではオスマン朝(トルコ)、サファヴィー朝(イラン)、ムガール朝(インド)の3大帝国が衰退していった。英国では産業革命が起き、アメリカの独立戦争をきっかけにフランスにも「自由と平等」という概念が広がり、フランス革命が勃発して「国民国家」が誕生する。

■目次

北方戦争とスペイン継承戦争で幕を開けた18世紀
英エリザベス女王の先祖はドイツ出身
オスマン朝、サファヴィー朝、ムガール朝……アジア3大帝国の落日
「ポーランド継承戦争」が浮き彫りにしたヨーロッパの権力構図
マリア・テレジアの執念が起こした「外交革命」
イングランドの産業革命はインドがきっかけだった
「分割して統治せよ」というイングランドのしたたかな戦略
「代表なくして課税なし」、税金問題が革命を起こす
新聞がフランス革命を勝利に導き「国民国家」が誕生する
フランス革命が生んだ「保守 vs 革新」のイデオロギー


北方戦争とスペイン継承戦争で幕を開けた18世紀
 18世紀に入ります。後継ぎのいないスペインの王様カルロス2世が死にそうになって、フランスのルイ14世がスペインの王位を狙っています。ルイ14世の王妃はスペインの王女なので、継承権はあるのです。みんながマドリードに注目している間に、ロシアとポーランドが中心になってスウェーデンに戦争を仕掛けました。北方戦争です。スウェーデンのカール12世という王様は18歳。即位したばかりです。こんな若造だったら圧勝できると思って戦争を仕掛けたところ、カール12世は実は戦争の天才で「ナルヴァの戦い」でロシア軍は負けてしまいます。

 ところが、カール12世はやっぱり若かったのです。ロシア軍を大敗させたので「次はポーランドやな」といって、ポーランドに転戦したのです。ポーランドではなく、そのままモスクワに直行してロシアの息の根を止めてからポーランドに行けばよかったかもしれないという学者もいるのですが、そうはしませんでした。

 カール12世はポーランド王に自分のいうことをよく聞くスタニスワフ1世を即位させたものの、方々でゲリラ戦が起こって、ポーランドの平定に5年も費やしてしまいました。ということは、ロシアのピョートル大帝は5年間の時間を稼げたので、この間にロシア軍を立て直します。歴史に「if(イフ)」はないのですが、1つの決断で運命が大きく分かれるということですね。

 マドリードではカルロス2世が死んで、ルイ14世の孫であるフェリペ5世が相続ましたが、早速スペイン継承戦争(1701年)がはじまりました。オーストリアのハプスブルク家やイングランドが反対派の急先鋒(せんぽう)で、戦いは12年も続きます。ベルリンにいたブランデンブルク選帝侯フリードリヒ1世は「スペインまで何でかなきゃらなんのか」と兵隊を出し渋ります。

 ハプスブルク家のレオポルト1世は、フリードリヒ1世を何かの餌で釣ろうと思い「プロイセンの王様にしたるで」と言ったのです。フリードリヒ1世はそれまではブランデンブルク選帝侯爵であり、プロイセン公爵です。いずれも王号よりは下です。彼はこれに飛び付いて、さっさとプロイセンの首都ケーニヒスベルクに行って、王様になってしまいました。ここにプロイセン王国が誕生したのです。これも、あまり賢くない皇帝が、助っ人が欲しいが故に王号を付与してしまったことに全ての原因があるのです。

 イングランドでは、アンというメアリー2世の妹が次の王様になることが決まっていました。しかし、アンはものすごく太っていて病気持ち。結婚していましたが、赤ちゃんが生まれる可能性はほとんどありませんでした。

 そこでイングランドの議会は、1701年に王位継承法をつくります。その際、議会としてはローマ教会の信者は嫌なので、「ジェームズ1世の外孫であるハノーファー選帝侯妃のソフィーの子孫にのみ王位が継承される。ただし、ローマ教会の信者は駄目」と定めたのです。これにより、ソフィーの子孫でローマ教会信者でなかったら誰でも王位継承権を有するることになりました。

 その後、ソフィーの子孫は増え続けます。今、エリザベス女王の王位継承権を持っている人は1000人を超えています。ですから、ある意味イングランドの王室はとても強靱(きょうじん)です。これだけいたら絶対断絶しません。もちろん男性でも女性でもいいんです。

 スウェーデンのカール12世は1707年、ついにロシア遠征に踏み切りますが、ナルヴァの戦いに勝ってからもう5年もたっていますから、ピョートル1世の方も軍隊を立て直して待ち構えている。それで、1709年の「ポルタヴァの戦い」でスウェーデンは敗れて、カール12世はオスマン朝に亡命します。そして今度はオスマン朝の客人となってロシアと戦うのです。それが1711年の「プルートの戦い」で、ここではオスマン朝が圧勝しました。

 この戦いでピョートル大帝は捕虜になる寸前までいくのですが、ピョートル大帝が「黒海の北にあるロシアが占拠したアゾフという土地を全部返しますから、命だけは助けてください」というので、オスマン朝は鷹揚(おうよう)にも助けてしまうのです。2回も窮地を脱したピョートル大帝は、とても幸運な人です。




英エリザベス女王の先祖はドイツ出身
 1714年、イングランドのアン女王が死去し、ステュアート朝が断絶して、ハノーファーのジョージ1世がイングランドの王位に就きます。しかしジョージ1世はドイツ人ですから英語は一言も話せなかったし、ハノーファーの方が居心地がいいので、頻繁にドイツに帰っていました。

 しかし議会は喜んだのです。「英語ができない方が都合ええやないか。でけへん方が政治に口出しせえへんで」と。こういう発想が平気でできるイングランドという国は本当にしぶといですね。こうして、ハノーファーのジョージ1世から現在のエリザベス2世まで続いているのです。この一族はほとんどドイツ人同士で結婚を繰り返したので、血液の9割以上はドイツ人だといわれています。だから王様も輸入していいのです。うまく育てて、うまく国が統治できれば。これが大英帝国、連合王国の強さだと思います。

 フランスではルイ15世が即位し、長期間統治しました。極めて凡庸な君主で、好きなことはガールフレンドをつくるぐらいでした。ルイ14世が戦争をしまくってつくった借金は全部そのまま残っているので、次のルイ16世はかわいそうですね。フランス革命の伏線は、ルイ14世が戦争でお金を使いまくったこと。その後を継いだルイ15世が凡庸だったことに尽きると思います。

 
 1718年、カール12世はスウェーデンに帰って、デンマークやノルウェーと戦争を引き続き行うのですが、同年に最前線で死亡します。いくら戦争の天才でも、ロシアやポーランド、デンマーク、ノルウェーと18年も戦争を続けていたら、人口が少ない国ですからみんながくたびれますよね。1721年には「ニスタットの和約」が結ばれて、北方戦争は終わります。これはスウェーデンの死亡診断書といわれていて、スウェーデンは大陸やロシア近辺に持っていた領土を全部失いました。この結果、ロシアがバルト3国を入手して、ピョートルが皇帝を称します。もはや誰もロシア帝国の誕生に異を挟みませんでした。

 スペイン継承戦争の方は「ユトレヒト条約」(1713年)で終わっていますが、スペインは、オーストリアにベルギー、ミラノ、ナポリを渡して、サヴォイア公国がシチリア王国を手に入れます。

 後にイタリア王家となるサヴォイア公はなかなか賢くて、「近くにあるサルデーニャ島と交換してくれませんか」と列強に申し入れます。列強はシチリアの方が人口が多く、豊かですから喜んで交換します。これで1720年にサルデーニャ王国ができます。サヴォイア公にとってはサルデーニャは近いので統治がしやすい。だから長期的な視野に立って交換したのです。このサルデーニャ王国が後にイタリアを統一するわけですよね。

 このころ、イングランドでは、スペイン継承戦争のために乱発された国債が引き金となって、最初のバブルといわれている「南海泡沫事件」が起こります。その後始末で名を上げたウォルポールが首相になって議院内閣制が始まります。




オスマン朝、サファヴィー朝、ムガール朝……アジア3大帝国の落日
 アジアの3大帝国では、中国を除いた3つの帝国が落日を迎えます。まず、オスマン朝はアフメト3世の時代。先ほどお話ししたプルートの戦いでピョートル大帝を助けた優しい人です。チューリップ時代と呼ばれていますが、アフメト3世は花が大好きで、ネーデルラントからチューリップを輸入して街中を飾っていた楽しい時代でした(1703?1730年)。衰退していく前の秋日和のような時代です。

 インドでは、狂信的な王様でヒンドゥー教徒を迫害していたアウラングゼーブが死去し(1707年)、その後は無理がたたってガタガタになります。

 中国の清は最盛期を迎えており、康熙帝(こうきてい)の軍がチベットの首都ラサに進軍して、チベット全土を領土にします。サファヴィー朝はアフガニスタンのマフムードが1722年、「世界の半分」といわれるほど栄えた首都イスファハーンを占領して略奪します。その結果、アジアの三大帝国の中ではまず、ペルシャのサファヴィー朝が脱落していきます。

 清では雍正帝(ようせいてい)という康熙帝の子供が即位。この人は中国の3大ワーカホリックといわれているほどめちゃくちゃまじめに仕事をした皇帝で、どんなに頑張ったかというと、奏摺(そうしゅう)といわれているのですが、約1200人の地方官と毎日メールをやり取りしていたのです。雍正帝は、地方の1200人の知事や市長から届く報告文書を全部読んで、朱を入れるのです。「これはあかん」「こんなことをしたら首やぞ」「これはよくやった」などと。だから、睡眠時間が3時間になったともいわれています。すごいですよね。それほど頑張った人です。

 中国ではこの頃、地丁銀制、つまり人頭税を廃止して、土地や資産をベースに銀で税金を納めるようになります。中国は陶磁器やお茶、絹を世界中に売って、その代金を銀で得ていたので銀がどんどんたまっていきました。そこで税金も全て、銀をベースにしようということになったわけです。

 人頭税を廃止すると、中国の人口が1億人から3億人に急増しました。人頭税だと人間の数で税金を払わないといけないから、みんな子どもなどの人数を隠していたわけですね。でも「もう人頭税ではなくて、土地や資産に課税されるのだったら正直に報告しよう」ということになり、人口が急増したわけです。税金というのは、いかに社会を変えるものかが分かりますね。

 ペルシャでは、アフシャール族という部族にナーディル・シャーという軍人がいました。この人がサファヴィー朝の皇帝を助けて、イスファハーンを奪還します(1729年)。でも、実力で自分が皇帝を担いで都を回復したわけですから、ちょうど織田信長が足利義昭を助けて京都に入ったような話です。信長は足利義昭をしばらくはケアしていますが、そのうちに面倒くさくなったら放逐していますよね。

 同じように、ナーディルは7年後にはサファヴィー朝を滅ぼしてアフシャール朝を開きます。この人は軍事の天才だったので、インドまで遠征してデリーを占領してしまいます。ムガール朝はペルシャ軍に都を奪われるほど衰退してしまったわけです。

 ナーディル・シャーは「最後の征服者」と呼ばれています。1747年、ナーディルが暗殺されると、彼の武将だったアフマド・シャー・ドッラーニーという将軍がアフガニスタンで自立してドッラーニー朝をつくります。




「ポーランド継承戦争」が浮き彫りにしたヨーロッパの権力構図
 次はポーランド継承戦争です。スウェーデン王のカール12世が死んだ後、もともとのポーランドの王位はザクセン選帝侯が持っていましたから、ザクセンのアウグスト2世がポーランド王に復位していました。ところがアウグスト2世の死後、カール12世が擁立したスタニスワフ1世が再びポーランドの王様に返り咲きます。

 なぜスタニスワフ1世が復位できたかというと、フランスのルイ15世の妃がスタニスワフ1世の娘だったからです。つまり、フランスがバックアップし、フランスとポーランドが結んで、ポーランドの王位を獲得したわけです。しかしそうなると、ザクセンはもちろん、ロシアも怒ります。スウェーデンをやっつけたのはロシアですからね。

 それから、フランスのブルボン朝に対しては、ドイツのハプスブルク家は必ず反対の陣営に加わります。ポーランド継承戦争は、フランスのブルボン朝とイタリアのサルデーニャ対ザクセンとオーストリア(ハプスブルク家)、ロシアの戦争になります。

 サルデーニャがなぜフランス側に付いたかというと、サヴォイア公の本拠地だったサヴォイアはフランスのすぐ横にあります。今のニースのあたりです。イタリアを統一するためには、自分たちがイタリアに戦争を仕掛けている間に後ろからフランスに攻め込まれたら大変です。ですから、サルデーニャはずっとフランスに「仲良くしましょうね」とこびるわけです。

 ポーランド継承戦争で何が起きたかを見ていくと、ヨーロッパ諸国の力関係が分かりやすいですよね。

 ポーランド継承戦争は2年間続きましたが、ウィーンの和議(1735年)で、スタニスワフ1世には「王様の称号はあげますが、1代限りですよ。ロレーヌというところを統治してください。これも1代限りです。ポーランドはザクセンに戻しますよ」ということになりました。ロレーヌ侯爵は領地を取られてかわいそうですね。

 でもそのとき、メディチ家が治めていたフィレンツェでは、ジャン・ガストーネという最後の大公が死にかけていました。子どももいない。それでロレーヌ公には「ジャン・ガストーネはもうじき死ぬからトスカーナをあげますよ。いいですね」という話で全部が丸く納まったわけです。

 1737年、予想通りジャン・ガストーネが死んだので、ロレーヌ公のフランツ・シュテファンがトスカーナ大公になりました。領地のやりとりって結構いい加減で面白いですよね。

 メディチ家にはもう1人、アンナ・マリア・ルイーザという女性が残っていました。彼女1人では、大国が取り決めたウィーンの和議に文句は言えません。ただ1つ、彼女はいいことをしました。新しいトスカーナ大公に対して「メディチ家が集めた宝物は全部トスカーナ政府に差し上げます。ただし、その宝物が公開されフィレンツェにとどまることを条件として」という遺言を残したのです。だからウフィツィ美術館が生まれ、フィレンツェに美術品が残ったのです。

 1740年、そのハプスブルク家でマリア・テレジアが即位します。同じ年にプロイセンではフリードリヒ2世という、結構こすっからい王様が即位して、ハプスブルク家領のシレジアに侵入。シレジアは、ポーランドとドイツとオーストリアの国境にあります。フリードリヒ2世は、マリア・テレジアが女性だったので見くびって、シレジアを横取りしちゃったわけです。ここでオーストリア継承戦争が起こります。

 このプロイセンの動きに乗じて、ザクセンやバイエルンなどドイツのほかの諸侯も「この際領土をみんなで分捕ってやろう」と考えてハプスブルク家に戦争を仕掛けてきます。当然、フランスのブルボン家は、ハプスブルク家を目の敵にしていますからプロイセンに味方します。これに対して、あまりフランスが大きくなってしまったら困るのはイングランドです。そこでイングランドがハプスブルク家と連合を組むと、それにネーデルラントも味方します。このあたりはパワーバランスというか、権力均衡の絵に描いたような戦争ですね。




マリア・テレジアの執念が起こした「外交革命」
 結局8年間も戦争したのに何も変わらず、骨折り損のくたびれもうけで、現状を追認することになります。それが1748年のアーヘンの和約です。ところが、プロイセンがシレジアを領有し続けることにマリア・テレジアは激怒します。「8年頑張って、自分の領土は全部守ったけれど、シレジアは取られたまま。第一、私を女と見くびって、即位のときに侵入してきたフリードリヒ2世は金輪際、許すものか」というわけです。

 そして、「もともとこうなったのはフランスがいつもハプスブルク家に盾突くからで、フランスと同盟を結んだら、プロイセンはいちころじゃないか」と考えました。そこでカウニッツという宰相を使って、凡庸なルイ15世に近づきます。

 ルイ15世はガールフレンド、ポンパドゥール夫人の言いなりになっていました。それでカウニッツを介してマリア・テレジアはポンパドゥール夫人に「女の私を見くびって突然攻めてきた卑怯(ひきょう)な男をあなたは許せますか」と訴えます。夫人は「ひどい男ね。きちんとルイ15世に伝えておくわ。私はうちの王様を手のひらの上で転がせるから」と応えます。ちょうど、フランスもイングランドに近づくプロイセンに不信感を抱き始めていたころでした。

 それで両国はベルサイユ条約を結び、フランス・オーストリア同盟をが成立します。これは外交革命といわれました。オーストリアとフランスという不?戴天の敵が結び付いたわけですから、ヨーロッパ中が仰天したのです。その同盟の帰結として、マリー・アントワネットはフランス王家に嫁ぐことになったのです。

 そこで7年戦争が始まります。当時のロシア皇帝はエリザヴェータという女性でした。マリア・テレジアはエリザヴェータにも同じ話をします。「女をばかにするなんて許せない」ということで、今度はオーストリアとロシアとフランスが手を組んでプロイセンに戦争を仕掛けます。イングランドはもちろん弱いプロイセン側に付きます。これが7年戦争です。マリア・テレジアの執念は怖いですね。

 1760年、ロシア軍はベルリンを占領します。フランスとハプスブルク家とロシアに囲まれて、プロイセンの運命は風前のともしびになって、フリードリヒ2世は1761年には自殺を考えます。その時にエリザヴェータが急死して、ピョートル3世という、ドイツびいきの弱い後継者がロシアの皇帝になります。

 エリザヴェータは独身だったので、姉の子であるピョートル3世を後継者にしていたのですが、ドイツからサンクトペテルブルグに連れてきて初めて会見したとき、がっかりしたと伝えられています。それでエリザヴェータは「この子には無理だ。でも、ほかに血を引く男子はいないから、早く結婚させてその孫に位を譲ろう」と思うわけです。

 そこでエリザヴェータは早世した婚約者の妹の娘のエカチェリーナ2世を連れてきて、孫が産まれるとすぐに孫(パーヴェル1世)を取り上げてピョートル3世を早く首にして、この孫に位を譲ろうと思っているさなかに急死してしまいます。それでピョートル3世が即位するわけです。

 ピョートル3世はドイツ人で、しかもロシアの風習が大嫌い。「自分の母国であるドイツと戦争するなんてとんでもない」ということで、軍を引いてしまいます。ロシア軍は激怒すると思いませんか。苦しい戦いをやってベルリンを占領したのに、賠償金も何も取らずに新しく皇帝になったピョートル3世が勝手に平和だと言って、軍を返してしまったわけですから。「仲間は犬死にか」と激怒しますよね。

 それをじっと見ていたのがピョートル3世の妻、エカチェリーナ2世です。彼女はめちゃ賢く、ロシア語を勉強して、すぐにロシア人の心をとらえます。そして、クーデターの先頭にたってピョートル3世を幽閉して、エカチェリーナ2世として即位します。考えてみたら、エカチェリーナ2世にはロシア人の血はまったくな流れていないんですよね。それでもロシアを見事に治めます。

 ロシア軍が引いて7年戦争は終り、パリ条約が結ばれるのですが、結局シレジアはハプスブルク家には戻らず、マリア・テレジアはここでも苦汁をなめることになります。また、この外交革命で、今までフランスを不?戴天の敵といっていたハプスブルク家が、自家の利害のためにフランスと結んだことから、結果としてドイツ人の心が少しずつプロイセンの方に移っていくことになります。

 フランスはオーストリアと組んでイングランドと戦いました。イングランドはこの7年戦争の間は「プロイセンは遠いので兵隊を送れません。その代わりに植民地で敵をやっつけます」といって、ひたすらインドと北米に全兵力を集中して、フランスの権益をたたいていったわけです。

 7年戦争は、フランス・オーストリア・ロシア対プロイセン・イングランドの争いなのですが、イングランドはお金をプロイセンに渡すだけで、全力を尽くしてインドと北米で勢力を広げ、「プラッシーの戦い」(1757年)でフランス軍を破ってインドを手中に収め、北米ではフランスの領土(今のカナダ)をほとんど分捕ってしまいました。やはりイングランドは極めて実利的で賢い国ですね。ひたすら国益のみを追求する姿勢は本当に参考になりますね。




イングランドの産業革命はインドがきっかけだった
 次は産業革命に移ります。イングランドはネーデルラントとの争いの結果、モルッカ諸島など東南アジアをあきらめて、インドで我慢しようと決めたということを前回、お話ししました。それで、インドを改めて詳しくチェックしてみたらかなりのお金持ちだったのです。インドは中国とヨーロッパの交易の中間地ですから、インドに寄稿した船は水や食料だけではなく服を買っていたわけです。だって海で仕事をしていたら服はずたずたになるでしょう。だからインドは綿織物で栄えていたのです。イングランドはそれを見て「綿織物はもうかるのか、うちも作ろう」と思ったわけです。

 ちょうどその頃、イングランドは木を切り倒してしまって、もう燃料にする木がほとんどなくなっていました。燃やすものがなかったら冬を越せませんから、石炭を掘り始めます。ところが、湿地帯なので、少し掘ったら水がたくさん出てくるので人手でくみ出していたのですが、みんながくたくたに疲れます。

 どうしようかと考えていたときに、ニューコメンという人が蒸気機関を発明したのです。蒸気機関の概念そのものは紀元前後、キリストが生まれたころのアレクサンドリアで生まれたとされています。ニューコメンはお湯を沸かしたときにふたが飛ぶ力を使ったら排水ポンプができるじゃないかと考えて、蒸気機関を作ったのですね。

 でも、それは水をくみ出すという上下運動ですね。その後、ワットいう人が1769年に上下のピストン運動から円運動に変えるような改良を行ったので、広く機械に使えるようになったわけです。これが産業革命のスタートで、綿織物が機械でつくれるようになりました。


18世紀の英国の産業革命(写真:ユニフォトプレス)
 かわいそうなのはインドです。人力では機械に勝てるはずがないですよね。例えば、手で縫うよりもミシンの方が10倍以上速いでしょう。ですからインドの綿織物産業は衰退して、逆に綿織物の輸入国になります。そうなると、その輸入代金を払わなくてはなりません。それでお茶やアヘンなどの輸出作物を作れといわれるわけです。お金を稼ぐために、仕方なくそういうものにシフトすると、今度は米や麦といった食料生産にも事欠くようになり、それをまた輸入しなくてはならなくなります。

 だから、インドは産業革命によって両腕を切り落とされたともいわれいるのです。今までは食料もたくさん作れた。綿織物もたくさん作ってもうけていたのに、両方とも作れなくなって、イングランドの植民地になっていくわけです。かわいそうですが、歴史にはそんな事例もたくさんあるのです。

 産業革命も考えてみたら偶然ですよね。インドに着目した。木がなくなった。石炭を掘ったら水が出た。そんな偶然の積み重ねから産業革命が起こりました。でも、これで圧倒的にイングランドは強くなるわけですね。




分割して統治せよ」というイングランドのしたたかな戦略
 この頃、中国は乾隆帝の時代です。乾隆帝はぜいたくを極めた皇帝でお金も山ほどありました。6回も中国各地を大名旅行で回ります。その道中、「何かうまいものが食べたいな」というわけです。そうしたら、忖度(そんたく)する人も山ほどいたので、「満漢全席」という満洲族と漢族のよりすぐったごちそうを全て集めるという中国のごちそうの原点がここで完成します。

 そのときは、世界中から珍しいものを探すのですが、ラッキーだったのが日本です。干しアワビなどの俵物を長崎から輸出することができたからです。フカヒレもそうです。満漢全席が誕生した背景には、乾隆帝のぜいたく三昧と、金山、銀山が枯渇して外国に売るものがなくなった日本の事情があったのです。

 1757年に中国は広東を開港し、1759年には新疆ウイグルを領土にして、人口が2億人を突破します。

 7年戦争でインドからフランスを追い出したイングランドは、東インド会社を介してどんどんインドを攻めていきます。1767年、マイソールという国と南インドを争って戦端を開きます。この戦争は4回もやっています。その次、1775年にはデカン高原をめぐって、マラーター同盟と戦端を開く。これも3回やりました。イングランドがインドを領土にしていくプロセスを見ると、1回の戦争ではなくどれも3回、4回と争っています。

 なぜかというと、武器は圧倒的にイングランドの方が上で、近代的な大砲がありますから、ちょっと戦争をやると最初は勝ちます。でも相手も必死に抵抗する。しかも、兵隊の数が多い。だから、ちょっと勝ったところで、まず1次戦争をやめるんですよ。そうしたら相手の方は負けたわけですから誰の責任かなどと、中で争い始めます。だいたい何でも負けたら誰かの責任を追及するでしょう。仕事でも失敗したら大変ですよね。お前が悪いんだとか、誰が悪いんだとか、責任を追及されます。

 仲間割れが生じたら、イングランドは弱い方に肩入れするんです。そしてまた戦争を始める。それで勝つとまたやめて、相手が仲間割れを起こしたら、弱い方に肩入れして、最後は全部やっつけてしまう。ずるいというか、賢いというか。全力を挙げたら1回で勝てるかもしれないけれど、こちらにも大きな被害が出るから、ちょっとたたいたらすぐにやめて被害を最小限に抑え、敵が仲間割れを起こしたときに、またちょっかいを出す。そういうことを何回か繰り返して、最終的に相手を全部滅ぼしていくのです。

 「分割して統治せよ」という言葉を聞いたことがあると思いますが、イングランドのお家芸で、めっちゃうまいんですね。だから、何回も戦争をやります。

 中国は1790年に、人口が3億人を超えます。これは申告を隠していただけではなくて、16世紀後半に南アメリカからトウモロコシ、ジャガイモ、サツマイモなどがたくさん入ってきたので人口が増えた。つまり、南米のおかげ、コロン(コロンブス)交換のおかげですよね。

 1793年にはイングランドのマカートニーという使節が乾隆帝に接見して、「交易をもっとさせてください。広東だけではお茶も絹も十分に手に入りません」と誓願した有名な会見が行われているのですが、このときに乾隆帝は「会ってやるだけでも感謝しろ。中国には山ほどお前たちが欲しいものはあるが、お前たちの国で中国が欲しいものが何かあるか? 何もないだろう。そんな国が対等の立場で貿易したいなんて、バカも休み休み言え」と言って追い返しているわけですね。だから、この時期に至っても、まだそれぐらい中国とヨーロッパの間には格差があったということだと思います。

 乾隆帝もルイ14世と一緒で、長い統治の間に堕落していきました。乾隆帝が死んだ後、側近の和?(へしぇん)という、かわいがられた茶坊主が失脚しますが、彼の家を調べたら国庫10年分ほどの個人資産を蓄えていたといわれます。いかにひどいことをしていたかですけれど、金額が桁外れでしょう。中国のわいろがすごいといっても、昔の伝統に比べれば大したことはないのかもしれませんね。




「代表なくして課税なし」、税金問題が革命を起こす
 アメリカはどうして独立したかという話ですが、先ほどの7年戦争を思い出してください。イングランドはヨーロッパ戦線には兵隊を送らず、ちょっとお金を送っただけで、ひたすらインドと北アメリカで戦争をして、カナダを手に入れましたよね。ということは、イングランドはアメリカで大金を使っているわけです。そのお金を回収せなあかん。自分たちが勝手にアメリカに戦争に出向いて行ったのに、ロンドンの議会は「戦争したのはアメリカだよな。このお金はアメリカ人に払わせたらどうだ」ということで、砂糖法とか印紙法とかタウンゼント諸法で、植民地の課税をがんがん強化しようとするわけです。

 でも、アメリカ人にしてみれば、ロンドンの議会に1人も代表を出していません。アメリカで戦争したのはロンドン議会が勝手に決めたことだ。アメリカ人も徴兵されて、自分たちの土地も荒らされていますよね。その代金を全部俺たちに払えとは、「何という国だ。こんな国の植民地のままでいるのは許されない」と怒ったわけです。

 これが有名な「代表なくして課税なし」です。意見も言えないのに、金だけ集めるというのは許さないというのがアメリカ独立のもともとの根源ですよね。

 こうしてアメリカ独立戦争が始まります。この独立戦争ではアメリカ植民地とイングランドが戦うわけですが、イングランドは7年戦争で北米にあったフランスの植民地を根こそぎ分捕ったのでフランス人は怒っています。「俺たちがヨーロッパで必死に戦っている間に、ヨーロッパには一兵も送らず、俺たちの植民地を奪った。イングランドをたたかなあかん」と思っていますよね。そのイングランドとアメリカ植民地が戦争を始めたということで、ラファイエット将軍をはじめとしてフランスの多くの義勇兵が植民地軍に加わってイングランドと戦います。一種の仕返しですね。

 アメリカは勝ちます。そして独立しました。フランス人の貴族や将兵はアメリカの独立戦争を戦って勝利を収めたわけですから、気分が高揚していますよね。それだけではなく、人間は生まれながらにして平等だと。植民地の人間も平等だと。何もロンドンの支配に服する必要はないというアメリカ独立宣言の自由平等の精神をフランスに持ち帰るわけです。

 そのときフランスはというと、ルイ16世の時代で、ルイ14世、ルイ15世のむちゃな政治がたたって、国家の借金が大変な金額になっていました。しかも絶対王制です。アメリカで自由平等のはしかにかかった人がフランスに帰ってきたら、フランスの旧体制はひどいと思うのは当然です。

 ロシアのエカチェリーナ2世は極めて有能な君主で、1774年のキュチュク・カイナルジ条約で黒海の北岸をロシアが全部獲得して、黒海の自由航行権をオスマン朝に認めさせます。つまり、クリミア半島はエカチェリーナ2世がまずゲットしたのです。

 ロシアにとっては南方の暖かい港を得ることが国家戦略上、とても重要だったので、黒海はすごく戦略的な意味があったわけですよね。だから、エカチェリーナ2世はピョートル1世に次いで大帝といわれるのです。ロシアにはこの2人しか「グレート」の名前が付く皇帝はいないのですが、ピョートル1世はサンクトペテルブルクという港を開き、エカチェリーナ2世はクリミア半島を手に入れて黒海への道を切り開いたということで歴史上高く評価されているのです。




新聞がフランス革命を勝利に導き「国民国家」が誕生する
 フランスは財政赤字が税収の9倍になっていました。日本の税収は約60兆円、9倍と言えば540兆円。日本の借金は1000兆円を超えていますから、この時代だったら日本でも革命が起こっていたかもしれませんね。

 フランスでは、特権階級である貴族やお坊さんは税金を払わなくてもよかったのです。でも、借金が増えてどうしようもなくなったので、特権階級にも課税しようとルイ16世は3部会を開きます。第1身分(聖職者)が14万人、第2身分(貴族)が40万人、第3身分(平民)が2600万人ですが、この第2身分である貴族の中にも第3身分の平民の中にもアメリカで戦って、「自由」「平等」という“はしか”にかかった人がたくさんいました。

 その結果、議会を開いて別々に審議するはずが、みんなが合流してフランス革命が始まるわけです。だから、もともとは税金から革命が起こったという意味では、アメリカもフランスも一緒です。しかも伝播(でんぱ)するわけですから、はしかがアメリカからパリに飛び火して、自由、平等、友愛のフランス革命が始まりました。

 革命が始まってどんどん過激化し、ついにルイ16世が処刑されます。そうなると、ヨーロッパの国はどこも君主制ですから、イングランドもスペインもオーストリアもプロイセンもロシアも「フランス革命をつぶさなあかん」と思うわけです。「王様を殺すような政府などとんでもない。放っておいたら、自分たちの国に飛び火するかもしれない。こんな過激なフランス政府はつぶして、亡命中のブルボン家の王族を元に戻さないといけない」と考えて、ヨーロッパ中の国がフランスに攻め入ります。

 そうなると、フランスは大変しんどい局面になります。政府の主が次々と入れ替わり、様々な過激なことが起こりました。でも、大ざっぱにいうと、最後にナポレオンが出てきます。

 フランス革命が何で起こったかといえば、1つは新聞であり印刷です。フランス革命のありとあらゆる派閥は新聞をがんがん発行して、政敵を攻撃していたのです。ナポレオンも新聞を使います。「英仏百年戦争でブルゴーニュ公家と結んだヘンリー5世がパリを占拠して、北フランスを全部イングランドとブルゴーニュ連合軍が占拠して、フランスは南半分に追いやられ、まさに滅びようとしたとき、地方の田舎からジャンヌ・ダルクという乙女が現れて、フランスを救ったことがあったよね」ということを新聞で書き始めます。

 それまでジャンヌ・ダルクの存在を知っていたフランス人はほとんどいませんでした。ナポレオンは、「ジャンヌ・ダルクという田舎から来た無名の乙女によってフランスは救われた。フランス人はいざというときは頑張ったら何でもできるんだ」ということを新聞で書きまくります。

 言いたいことはとてもよく分かりますよね。「ネーションステート(国民国家)」が誕生したのです。ここで初めて、フランスという国家とフランス人という概念が生まれたのです。それまでフランスの人は誰も自分のことを「フランス人」とは思っていませんでした。自分はブルゴーニュ人だとか、自分はオルレアンの生まれだとか、自分はプロヴァンス人だと思っていたのです。

 ナポレオンは新聞を使って、フランス人よ、立ち上がれと、あおりにあおりまくります。するとフランスの人々は「そうか、今、大変な危機のときに、コルシカという田舎から現れた若者が国を救おうと必死に呼び掛けているんだ」と思うわけです。つまり、ナポレオンはジャンヌ・ダルクに自分自身のイメージを投影させたのです。

 これによってフランスは強くなるのです。「俺たちはフランス国民だ」と、フランスを守ろうということになるわけです。これが国民国家の誕生です。

 これに対してヨーロッパ列強の軍隊は全部傭兵(ようへい)ですよね。お金で雇われた兵隊です。しかも、それを率いているのは王様です。王様の兵隊ですよね。でも、フランスは国民兵です。この国民兵の力でやがてナポレオンはヨーロッパを席巻するのです。

 要するに近代国家は、イングランドの産業革命とフランス革命によってつくられました。それが、現在に至るまでの近代国家のベースになっているわけです。日本はおろかな鎖国をしていたので、この2つの大きい流れに乗り遅れました。産業革命も国民国家も乗り遅れたことが、日本の衰退の始まりです。




フランス革命が生んだ「保守 vs 革新」のイデオロギー
 ただ、フランス革命は自由、平等、友愛という理念を前面に打ち出し過ぎましたので、それ以外のことも全て頭(理性)で考えました。例えば、1日が24時間というのは計算しにくいと考えて、1日を10時間にしました。1時間60分というのも計算しにくいから、1時間100分にしました。1分も100秒です(十進化時間)。この「革命暦」が1805年まで続いたのですから、すごいですよね。

 でも、このフランス革命に対して、イングランドのエドマンド・バークというおじさんが異を唱えます。バークは、平たくいうと、人間はアホだと考えたわけです。「アホな人間が頭で考えたものなんか使いにくいで」というわけです。要するに人間はそんなに賢くないのだから、今までやってきたことは不都合がない限り認めておけばいいと。つまり、人間の頭を信じない。自由、平等、友愛とか、そんな理念は信じないというのです。

 バークによって近代的な保守主義が始まります。保守とは何かというと、今あるものはとりあえず置いておいて、都合が悪くなったら変えればいいという考え方ですよね。これが保守の根源です。

 これに対する革新というのは、フランス革命の理念がその典型ですが、人間は勉強したら賢くなるんだから、何度でもきちんと考えた方がいいという考えです。きちんと考えたら1日24時間より10時間の方が計算しやすいじゃないかと考えるわけです。だから、革新というのはどちらかといえば、特に困っていないことでも、理性で考えて全部直していこうという考え方です。これが本来の“保守 vs 革新”です。

 フランス革命は人類の歴史の上で本当に影響が大きい。例えば右翼、左翼という言葉もフランス革命のときの議会で、保守的な人が右の方に座っていた、革新的な人が左の方に座っていたのを議長席から見て、右翼、左翼と呼ぶようになったことが淵源です。また、メートル法もウランス革命の産物で、我々の生活にものすごく影響を与えているのです。保守と革新というイデオロギー、それから何よりも国民国家。

 僕たちはみんな日本人だと思っていますよね。でも、江戸時代には日本人という概念はなかったのです。だって薩摩の人は、殿様は島津様だと、俺は島津の人間だと思っていたわけで、誰にも日本人などという発想はないんですよね。何で現在の我々が日本人だと思うかというと、メディアが発達して、みんなが新聞を読んで、「我々日本人は」というからですよね。

 実はネーションステート=国民国家は想像の共同体なのです。だって、知らない人がみんな日本人だと思っているわけでしょう。それは我々の頭の中で同じ日本人という想像の共同体ができているからです。これが国民国家の強さなのですが、これを生み出したのがフランス革命です。

 ナポレオンはエジプトに遠征します。これもナポレオンは敵対するヨーロッパの国々の中で一番しぶといのはイングランドだということを見切っていたわけです。プロイセンやオーストリアやロシアも強敵だが勝てると思っていたわけですね。でも、イングランドはしぶとい。イングランドの心臓部分、富の源泉は何かといえば、インドだということが分かっていたのです。

 「イングランドはインドから富を吸い上げている。だから、インドから追い出さないとあかん」ということで、ナポレオンは実はアフガニスタンのドゥッラーニー朝や、南インドのマイソールに手紙も使者も送って「今こそイングランドを追い出そう」と呼びかけています。自分はエジプトを占拠して、エジプトからインドに行くからという大戦略を練っていたんですね。

 だから、これは決して荒唐無稽な話ではなくて、考えに考えてエジプトを攻めに行っているので、やはりナポレオンは素晴らしい能力を持っていたことに間違いはありません。