出口治明の「5000年史」講座


  第7回
  欧州各国の君主たちが“火事場泥棒”に明け暮れた100年
  東インド会社が活躍し、世界初の中央銀行が誕生した17世紀

     出口 治明

出口治明氏 立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。1972年、京都大学法学部卒業後、日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年上場。10年間社長、会長を務める。2018年1月より現職。(写真:山本 厳)

立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長の世界史講座。第7回は17 世紀の世界。ヨーロッパでは新教徒とローマ教会の激しい対立に乗じて各国が火事場泥棒的に勢力拡大を画策し、各地で長期にわたって戦争が続く。ネーデルラントト(オランダ)が衰退する一方、インドの小さな島、ボンベイ(ムンバイ)を得たイングランド(英国)の幸運が始まり、世界初の中央銀行が誕生する。中国は大清グルンが中国を再統一し、インドではムガール帝国が衰退に向かう。


■目次

外交権と軍事権を持つネーデルラントの東インド会社
新教徒の弾圧で勃発した「30年戦争」
30年戦争の終結と三王国戦争(清教徒革命)
ホンタイジによる大清グルンの成立と中国の再統一
幻の「黒いタージ・マハル」とムガール朝の衰退
クロムウェルの航海条例と第1次英蘭戦争
第3次英蘭戦争とイングランドの幸運のはじまり
ネーデルラントの衰退と世界初の中央銀行の誕生
「トラを素手で絞め殺した」康熙帝の時代に大清グルンは最盛期へ


外交権と軍事権を持つネーデルラントの東インド会社
 17世紀はどんな時代かというと、アジアの4大帝国の最盛期です。

 1602年にネーデルラント(オランダ)が東インド会社をつくります。これは世界初の株式会社で、イングランドも東インド会社をつくったのですが、株式会社になるのはネーデルラントより少し後です。

 この東インド会社は面白い特徴を持っています。それは株式会社であるだけではなく、軍事権と外交権を持っていることです。つまりネーデルラントは初めからモルッカ諸島のコショウをゲットしようと考えていたのです。

 舞台のインドネシア(モルッカ諸島)はものすごく遠い。その当時、東南アジアである国と戦争しようと考えたときに、本国にお伺いを立てていたら相手から戦争を仕掛けられた場合、適切に対応できないので滅んでしまいますよね。だから株式会社でありながら国家と同じような外交権、軍事権を持つ会社をつくったのです。それが、ネーデルラントのすごいところです。イングランドもすぐにまねをしました。

 イングランドではエリザベス女王が亡くなった後、スコットランドのジェイムズ1世が位を継ぎました。これは同君連合です。簡単にいうと、イングランドとスコットランドは別の国ですが、たまたま王が一緒だというものです。100年ほど同君連合をやった後、1707年に2国が統合してグレートブリテン王国になります。この2つの“国”には、このような深い歴史があります。

 東インド会社は結局モルッカ諸島の香料貿易を1605年から約200年間、ほぼ独占することになります。ネーデルラントの東インド会社はインド洋でポルトガルを打ち破って以降、世界で一番もうかる貿易を独占することになるのです。

 ネーデルラントはスペインから独立しようとほぼ100年間戦って、1609年に休戦条約を結び、ここで事実上スペインから独立して自由になります。スペインの覇権はネーデルラントに移りました。だからヨーロッパでは17世紀はネーデルラントの世紀なのです。

 フランスではブルボン朝を開いたアンリ4世が暗殺されて、その子どものルイ13世が9歳で即位しますが、9歳の子どもに政治ができるわけではありません。そこで実母でメディチ家から入った2人目の王妃マリー・ド・メディシスが摂政として7年ほど、フランスの政権を握ります。

 ロシアでは、ポーランドにモスクワを占領された前世紀末からがたがたが続いていました。その中でミハイル・ロマノフが王位に就き、ロマノフ朝が始まります。ミハイル・ロマノフは病弱で精神的にも幼いところがあったので、やり手のお父さんが「息子は言うことを聞くだろう」と亡命先のポーランドから戻って、政治に口を出すようになります。

 ネーデルラントでは、ジーゲン侯ヨハンが陸軍士官学校をつくります。それまでは傭兵(ようへい)が中心でしたが、自分で軍隊を持とうと思ったら軍を統率する幹部が必要です。これが近代的な陸軍の始まりになります。




新教徒の弾圧で勃発した「30年戦争」
 ハプスブルグ家ではフェルディナント2世がボヘミア王になります。ハプスブルグ家は名門ですが、客観的に見ると賢い君主が生まれない不思議な家系です。ボヘミアは、14世紀末から15世紀初頭に活躍した宗教改革者のフス以来、新教徒の根城です。フェルディナント2世はローマ教会を何よりも大事にしていましたから「新教はあかんで」と言い出したので、当然戦争になります。これが発端となり「30年戦争」(1618~48年)が始まります。最初はボヘミアとドイツの新教国プファルツとの戦争で、フェルディナント2世の皇帝軍が勝ちます。

 スコットランドからやってきた新しい君主、ステュアート朝ジェイムズ1世は王権神授説を信奉していました。「王権は絶対だ」という考えです。それでイングランドに住んでいたピューリタン、すなわちカルヴァン派のピルグリム・ファーザーズは「もうロンドンはあかん。反動政府やで。新天地を開こう」と決意し、1620年にアメリカに出発します。彼らは新しい土地に落ち着いてすぐに大学をつくり始めました。それが1636年にハーバード大学です。まず幹部の養成を、というわけです。

 ノルウェーで銀鉱山が発見され、デンマーク王兼ノルウェー王のクリスチャン4世が、「お金がたくさん入ったので領土を広げてやろう」と考えて1625年にドイツに侵入します。「ドイツの新教徒が困っているから俺が助けてやろう」ということを口実に、30年戦争に介入したのです。ハプスブルク家と戦っていた新教徒の協力を得ますが、結局うまくいきませんでした。これが30年戦争の第2幕です。

 その頃イングランドでは、チャールズ1世というさらに頭の固い王様が誕生します。ステュアート朝の2代目です。あまりに議会を無視するので、法律家のクックが中心となって、古来イギリスの臣民に認められてきた権利を守ることを求めた「権利の請願」を行いますが、これも無視されます。

 ヨーロッパ大陸の方では、今度はスウェーデンのグスタフ・アドルフという名君が「デンマークが負けてドイツの新教徒は弱っているじゃないか。ちょうど徴兵制を敷いて強い軍隊をつくったので、新教徒を助けてやろう」と、1630年にドイツに戦争を仕掛けます。第3幕です。スウェーデンは、軍隊は強いかもしれませんが人口も少なく、お金もそんなにあるようには見えない。ではなぜ、ドイツに戦争を仕掛けたのかというと、実はフランスが後押ししていたのです。

 当時、ルイ13世の信任を得てフランスの政権を握っていたのが『三銃士』で出てくるリシュリュー枢機卿です。リシュリューは冷徹な政治家です。本来、フランスはローマ教会に従っているのでハプスブルク家を支援しなければいけないところですが、国益を考えるとフランスの主敵はハプスブルク家であるとリシュリューは考えていました。フランスは、ハプスブルク家のスペインとドイツにサンドイッチにされているわけですからね。

 そのためスウェーデンがドイツに介入するのなら、これはいいチャンスだと資金を用意したのです。スウェーデンとフランスは皇帝群に圧勝します。ところが、グスタフ・アドルフは頑張りすぎてか、死してしまいます。

 残されたのは6歳のクリスティーナ女王。スウェーデンはがたがたになるかと思ったらオクセンシェルナという名宰相がドイツの新教諸侯と同盟を結で、国内を掌握しびくともしませんでした。それでスウェーデン戦争はあと5年続くことになります。

 ローマはガリレオの時代です。ウルバヌス8世という教皇がベルニーニという有名な建築家を使ってローマを美しく飾り立てます。バチカンの広場には素晴らしい列柱がありますが、あれはベルニーニが造ったものです。ウルバヌス8世は新教徒であるカルヴァン派やルター派と戦っていました。そのため、「やはりローマはローマ教会の総本山。きれいでかっこよくなかったら人は感動しない。ローマは反宗教改革のショーウインドーであるべきだからお金をかけて立派にしよう。来た人みんなが『すごい町だ、これでは教えもきっと立派に違いない』と思うような町にしよう」と考えたわけです。

 人間ってそんな単純な生き物ですよね。美しい建物を見たらきっと住んでいるのは立派な人だろう、などと思ってしまう。ですから今のローマの美しい町の骨格は、ウルバヌス8世がつくったと考えてもいいのです。

 1635年、ドイツがだいぶ弱ってきたところで、今度はフランスが戦争を仕掛けます。もちろん冷徹な政治家、リシュリューが主導したのです。第4幕で、これによって30年戦争が大国同士の争いになります。

 要するに、30年戦争は、ハプスブルク家のフェルディナント2世という愚かな皇帝が、ルター派やカルヴァン派を弾圧したことが、もともとの始まりでした。最初はプファルツ選帝侯というドイツの新教側の親分とけんかをします。これは退けたのですが、その後デンマークやスウェーデン、そしてフランスが次々と「ハプスブルク家が弱っているから絶好の機会だ」と考えてドイツに攻め入ったことから戦争が長く続いたのです。




30年戦争の終結と三国戦争(清教徒革命) 
 イングランドでは1642年、ついに議会とチャールズ1世が戦争を始めます。三国戦争の始まりです。チャールズ1世は王権神授説の信奉者ですから、議会の言うことを聞かない。それで議会の勢力が強いロンドンは嫌だということで、北方のノッティンガムに宮廷を移して内乱を起こしたのです。

 フランスではルイ13世が没して、5歳のルイ14世が即位します。リシュリューも死んでいましたが、リシュリューのすごいところはマザランという後継者をつくっていたことです。マザランはイタリアのお坊さんです。フランスには縁もゆかりもなかったのですが、リシュリューとイタリア戦役で出会い、リシュリューはマザランの聡明(そうめい)さを見込んで自分の後継者にしたのです。

 しかし、フランスの大貴族は「リシュリューはお坊さんだが辣腕だから仕方なく従った。でも、リシュリューの後継者もお坊さんで、しかもイタリア人。俺たちをなめているのか」と思ったわけです。それで「フロンドの乱」という反乱を起こします。

 一時ルイ14世もパリを追われるのですが、マザランも辣腕ですから、貴族を倒して立派な政治を行います。リシュリューとマザランという2人の優れたお坊さんが立派な政治をしてお金をためたので、成人になったルイ14世が無尽蔵のお金を使って好き放題をすることができたわけです。いろいろなことを実行しようと思ったら、やはりお金が必要です。きちんと財政を再建して立派な政治を行う人がいないと何もできない、ということがよく分かります。

 30年戦争は、新教徒側もローマ教会側も疲弊して、ウェストファリアの2つの町で講和会議が始まり、カルヴァン派が承認されて1648年に終結します。

 イングランドでは内乱で敗北したチャールズ1世が1649年に処刑されて、政治家でかつ軍人のクロムウェルによる史上唯一の共和制が生まれます。クロムウェルは護国卿という地位に就きます。これを、アイルランドも巻き込まれていたので、三国戦争と呼んでいます。清教徒革命(ピューリタン革命)と呼ばれていました。




ホンタイジによる大清グルンの成立と中国の再統一
 17世紀の中国では、満洲(現中国東北部)でヌルハチが清を建国し、後を継いだホンタイジが国号を大清グルンに変えます。ホンタイジはダヤン・カアンというチンギス・カアンの直系の人の子孫を正妃にして、そこで大元ウルスの玉璽(ぎょくじ)を贈られるわけです。大清グルンは盛期には4重帝国といわれていて、皇帝は1人なのですが、満洲族に対しては「俺が大将やで」、中国人に対しては「俺が皇帝やで」、モンゴル人に対しては「俺がチンギス・カアン以来のカアンやで」、チベットの人に対しては「俺がダライ・ラマの大旦那やで」、という形で権力を誇示しました。

 1636年、ホンタイジは朝鮮を服属させます。明とは戦争をしていたので物資が入ってきませんが、朝鮮は中国と交易を継続していたので、ホンタイジにとっては朝鮮が対中交易の生命線でした。満洲族は朝鮮を通じていろいろな物資を得ていたわけです。

 明は1644年、李自成によって滅ぼされます。清軍がなかなか中国へ入れなかったのは、呉三桂という明の大将軍が万里の長城の山海関を守っていたからです。呉三桂はかわいいガールフレンドを北京に残していました。戦争には連れて行けません。ところが李自成がそのガールフレンドを拉致してしまったといううわさを聞いたので、呉三桂は何を血迷ったか、山海関の門を開けて清軍と一緒に北京に直行するのです。そのときの皇帝はホンタイジの子どもの順治帝です。6歳で即位したので、実権は皇族の摂政ドルゴンが握っていました。

 人間ってアホな動物ですよね。たぶん呉三桂にとってはガールフレンドの方が大事だったのでしょう。うがった見方をすれば、もう明の命運は尽きたので、清と組んで恩を売って自分が王様になってやろうと思ったのだと思います。呉三桂のおかげで清軍は北京に簡単に入れました。北の要衝を守っていた明の将軍が一緒に北京に行きましょうというのですから、こんなに楽なことはないですね。

 この頃にチベットのポタラ宮が完成しています。オイラトのグーシハーンがダライ・ラマ5世を擁立し、チベットを取り込んでいます。この頃、清の皇帝は北京に入って中国を再統一した順治帝が亡くなって、8歳の康熙帝(こうきてい)が即位します。北京に入ったばかりで、国も荒れている大変なときに、8歳で皇帝が務まるのかという話になりますが、務まるのです。なぜかというと、ホンタイジの妃であるホルチン部出身の孝荘文皇后がにらみを利かせて、文句を言う人間を許さなかったからです。

 ホルチン部はモンゴル族です。モンゴルは女性が大変強い国ですし、チンギス・カアン一族の血を引いているのでめちゃくちゃ強い肝っ玉母さん。ですから、康熙帝の幼少期は肝っ玉母さんがびしっと押さえていて周囲は何も言えなかった。歴史を細かく見ていくと、表には出ませんが女性の力がとても強い。大変なときには女性がけっこう仕切っているということがよく分かりますよね。




幻の「黒いタージ・マハル」とムガール朝の衰退
 インドでは、ムガール朝第5代のシャー・ジャハーンの時代(在位1627~58年)です。タージ・マハルを造ったシャー・ジャハーンには男子が何人かいたのですが、素直で優秀な長男を殺してイスラム教に凝り固まった狂信的なアウラングゼーブが1658年に即位します。

 実は、シャー・ジャハーンはタージ・マハルをもう1つ造るつもりでした。今あるのは愛妻であったムムターズ・マハルのもので、シャー・ジャハーンはその対岸にタージ・マハルとうり二つの真っ黒な大理石でできた黒いタージ・マハルを造るつもりだったのです。白と黒ですね。川を挟んで、死んだ後もいつでも愛妻とあいさつできるように、お金も資材も全部準備してあったのです。

 ところがアウラングゼーブがシャー・ジャハーンの長男の皇太子を殺して、シャー・ジャハーンも幽閉してしまう。「お父さんのお墓、第2タージ・マハルを造るために、お父さんがためていたお金は自分が全部もらう。このお金でヒンドゥー教徒を全部やっつけて、イスラム世界をつくるんだ。お父さんの棺桶(かんおけ)はタージ・マハルのお母さんの横に置いてあげる」というわけです。

 タージ・マハルに行くと、もともと設計されていませんから妻の棺桶が中央にあって、その横に小さい棺桶があります。シャー・ジャハーンの棺桶です。

 アウラングゼーブの名誉のために言っておけば、アウラングゼーブのお墓は実に質素です。四畳半ぐらい。だから「そんなお墓にお金を使うなんてアホやで」という考えは、首尾一貫していたと思うのです。

 そして異教徒に対して戦争を始めるのですが、これがムガール朝の命取りになるのです。アクバル以降、ムガール朝は「ジズヤ」という異教徒に対する人頭税を廃止して、みんなでインドをよくしていこうと話していました。ところがアウラングゼーブはジズヤは復活するし、「イスラム教徒でない人は二流市民だ」と述べて戦争を仕掛けたので、蓄えられた富が全部戦争に使われて、ここからムガール朝は下降線をたどり始めます。




クロムウェルの航海条例と第1次英蘭戦争
 イングランドのクロムウェルはとても優秀な人間で、ネーデルラントが世界を仕切っていることは許さないと考えます。自分が共和国の頭領になると、まずネーデルラントとけんかを始めます。それが有名な航海条例です。ネーデルラントはコショウなどをロンドンに運んでは大もうけをしていたのですが、クロムウェルはイングランドへ輸入ができるのをイングランドの船舶だけと限定したのです。ネーデルラントの船はアムステルダムかロッテルダムでイングランドの積み荷を積み替えなければイングランドに輸出できなくなります。

 もちろん、積み替えにはコストがかかるので、クロムウェルはこれによってネーデルラントの力を弱めようとしたのです。その結果、第1次英蘭戦争(1652年)が始まります。

 1654年、スウェーデンのクリスティーナ女王が突然退位して、ローマに行ってローマ教会に改宗します。クリスティーナの気持ちも少しは分かりますよね。6歳でお父さんが死んでしまって、訳も分からないうちに女王になってしまって、やり手の大臣に操られて、そして大きくなったら新教徒の親分となってしまったわけですから、逃げ出したくなるのは何となく分かりますよね。

 クリスティーナは知的好奇心の強い人で、あの有名なデカルトに大金を払って家庭教師に呼んでいます。しかもクリスティーナは結構美貌だったらしく、横着だったといわれるデカルトも、のこのことストックホルムに出掛けていきます。ところがクリスティーナは若いころからめちゃ早起きで、4時ごろに起きて勉強する。デカルトも4時ごろにたたき起こされるわけです。それで風邪をひいて死んでしまいます。

 ロシアのロマノフ朝がウクライナを併合したのでポーランドと戦争になりますが、それを見ていたスウェーデンもポーランドに攻め入ります。双方から攻められたポーランドはたまったものではありません。中世に大きい領土を誇ったポーランドはがたがたになります。これを歴史上「大洪水」と呼んでいます。面白い命名ですね。ロシア軍とスウェーデン軍が入ってきてポーランド中が大洪水になってがたがたになってしまった。ここから北ヨーロッパでは、ロシアとスウェーデンが覇権を争うようになるわけです。

 1652年、ネーデルラントの東インド会社はインド洋の覇権を獲得した最後に喜望峰(ケープタウン)に入植します。これからまた英蘭の因縁の争いが延々と続くわけですが、南アフリカはもともとネーデルラントの東インド会社がつくった国なんです。

 クロムウェルが没すると、息子は気が弱い人だったので、「イングランドを自分はとても背負えへんわ」ということで自ら護国卿というポストを返上します。それでチャールズ1世の子どものチャールズ2世が亡命先から帰ってきます。かわいそうなのはクロムウェルで、王政復古したらクロムウェルのお墓が掘り起こされて、クロムウェルの頭蓋骨が英国の議会の屋根に長期にわたってさらされるという仕打ちを受けています。国王を殺したのでしょうがないといえばしょうがないのですが、クロムウェルのやったことは国益にはかなっているのですよね。ネーデルラントを主敵とみなし、アイルランド王国を占領しているわけですから。




第3次英蘭戦争とイングランドの幸運のはじまり
 チャールズ2世はポルトガルのキャサリンと結婚します。キャサリンの持参金の中に、インドのボンベイという小さい島が入っていました。チャールズ2世は「こんな島をもらってもしょうがない。年貢も何も取れへんわ」ということで、イングランドの東インド会社に貸し付けます。東インド会社は小島をもらってさてどうしようかと考えていたときに、その対岸に港があるのでそれをゲットします。これがボンベイ(現ムンバイ)の発祥で、ここからイングランドはインドに橋頭堡(きょうとうほ)を築いていくのです。もともとはポルトガル王室からの持参金だったのです。


17世紀の東インド会社の船(写真:ユニフォトプレス)
 イングランドは対ネーデルラントの方針についてはクロムウェルを引き継いで、第2次航海条例を出してまた英蘭戦争が起こります。17世紀はネーデルラントが世界の覇権国で、そこにイングランドが戦争を何度も仕掛けてネーデルラントの覇権を奪いにいった世紀でした。

 それで1672年、第3次英蘭戦争が起こるのですが、このときには第2次英蘭戦争でも大活躍したデ・ロイテル提督という山本五十六のような素晴らしい海軍大将がネーデルラントにいて、イングランド海軍を散々痛めつけます。イングランドは英蘭戦争を通じて、東南アジアをあきらめます。もともとイングランドが欲しかったのはモルッカ諸島であり、東南アジアの香辛料貿易でした。

 でも、3回も戦争を仕掛けたのにネーデルラントの東インド会社がつくりあげたインドネシアを中心とした権益圏を奪うことができなかった。これは「もうあかん」ということで東南アジアをあきらめて、ボンベイもあるということでインドに集中することにしました。これがイングランドの幸運の始まりになります。あきらめは大事だということですね。選択と集中です。

 この頃、フランスではマザランが死んでルイ14世の親政が始まっていました。ルイ14世はたんまりとお金を持っています。しかもマザランが死んで口うるさいことを言う人がいなくなったので、「イングランドに攻められているネーデルラントをこの機会に奪ってしまおう」と戦争を仕掛けます。ネーデルラントの提督ウィレム3世はフランス軍に対抗するために、水門を開いて国土を水浸しにします。フランス軍は攻めていったものの、前方一面は海です。「これはあかん」ということで和約します。

 ウィレム3世は第3次英蘭戦争の真っただ中で、必死の思いでイングランドと戦っていました。そんなときに突然背後から侵入してきたルイ14世に対しては金輪際許すものかと思うでしょう。ルイ14世はお金が有り余っていますから、「戦争も仕掛けるが宮殿も造らないとあかん」ということでベルサイユを造り始めるわけですね。これも全部、国庫を豊かにしたリシュリューとマザランのおかげです。




ネーデルラントの衰退と世界初の中央銀行の誕生
 ロシアでは、ピョートル1世が1682年に即位します。後のピョートル大帝ですが、お兄さんのイヴァン5世と共同で国を統治していました。政治は異母姉のソフィアが摂政として実権を握っていました。

 イングランドではチャールズ2世が死去します。チャールズ2世の治世はほとんど議会が政治を行っていたので、チャールズ2世はガールフレンドと楽しく遊んでいました。でも不幸なことに結婚したキャサリンには子どもが生まれなかったので、弟が後を継ぐわけです。ニューヨークの語源になったヨーク公です。これがジェームズ2世で、この人はがちがちの王権神授説の信奉者でした。

 ちなみに、チャールズ2世はたくさんのガールフレンドに10人以上も子どもを産ませています。でも、その子どもたちは王位には就けないい。でも、かわいいガールフレンドの子どもたちですから、みんな貴族にします。現在イングランドにいる貴族の大半は、チャールズ2世のガールフレンドの一族だといわれるくらいです。皆さんが知っているところでは、故ダイアナ妃。ダイアナ妃はチャールズ2世とガールフレンドの間に生まれた子どもの血を引いているのです。

 フランスでは名君、アンリ4世が「ナントの勅令」(1598年)で宗教の自由を認めました。しかし、太陽王と称されたルイ14世はやりたい放題です。わがままな君主にありがちですが、「自分はローマ教会の信者だ、新教はあかん」と言ってナントの勅令を廃止(1685年)します。それによってユグノー(カルヴァン派)が逃げ出しました。

 カルヴァン派の人々は勤勉で優秀な人たちで、1つは銀行などの金融業や商業に従事していました。その人たちはロンドンに逃げました。もう1つは職人です。優秀な時計職人たちがいましたが、その機械工の人々はスイスに逃げました。そこからスイスの時計産業が有名になるのです。ルイ14世のおかげでスイスの幸運が始まるのです。

 イングランドではジェームズ2世があまりにも反動的だったため、しびれをきらした議会が追い払います。血が流れなかったので名誉革命(1688年)と呼ばれています。ジェームズ2世の長女のメアリーは、フランスとの戦いで名を挙げたネーデルラントの提督ウィレム3世と結婚していました。ジェームズ2世の後にウィレム3世夫妻がロンドンにやって来ます。妻のメアリーはジェームズ2世の長女なので国王になれますが、ウィレム3世はネーデルラントの提督でイングランド王家の血は一滴も流れていません。

 しかしここでウィレム3世はごねました。「妻をイングランドの国王にしてやるから、自分も王様にしてほしい」というわけです。妻のメアリーも「本当の国王は私なんだけれど、夫も国王になりたいと言っているから2人とも国王にしてくれないか」と。イングランドの議会は合理主義の固まりですから、別に1人でも2人でもいいと考えました。頑固なジェームズ2世を追い出せば後は議会の自由になるのだからそれでいい、ということでオーケーを出します。

 ウィレム3世は喜んでロンドンに来ますが、ウィレム3世の気持ちになってみてください。本当の国王は妻のメアリー2世です。自分は無理をいって王冠をもらったという気持ちがありますよね。するとどうなりますか。人気を取るためにロンドンで大盤振る舞いをして、「ウィリアム3世(英語読み)はいい国王だな」と思ってもらおうとするのです。そしてそのお金を自分が提督をやっているネーデルラントから持ってくる。同君連合ですからね。これによってネーデルラントは徐々に衰退していきます。

 つまり、分かりやすくいえば、金融商業の中心地アムステルダムで税金をがんがんかけて集めたお金をロンドンに持っていって配るわけです。すると、アムステルダムの商人や金融業者も、アムステルダムで税金を取られるのが嫌だから自然とロンドンへ移住するようになります。こうして名誉革命によって、ネーデルラントはどんどん衰退していくのです。

 そのときに「プファルツ戦争」が始まります。ルイ14世がドイツのプファルツも領土にしたいと思って攻めていくのですが、ここでイングランドがプファルツの側に立ちます。ウィリアム3世は火事場泥棒のルイ14世を憎んでいましたから。ここから英仏第2次百年戦争が始まります。

 フランスのやることは全部、イングランドが反対します。ところがウィリアム3世は婿養子ですから、イングランドの議会にルイ14世と戦争をするための増税をお願いする根性がない。婿養子が来たばかりで税金を取りますといったら、「お前何を考えているんだ。来たばかりじゃないか。身のほどを知れ」といわれそうでしょう。

 そこでウィリアム3世はネーデルラントでやっていたように、国債を発行して戦費を調達します。でもイングランド議会はしっかりしていますから、その国債をきちんと管理・償還できるようにイングランド銀行をつくりました。ここで初めて中央銀行が生まれたわけです。国債を管理することは中央銀行の本質的な役割ですからね。

 近代的な国債や中央銀行の制度は、このウィリアム3世のルイ14世に対する怨念から始まったプファルツ戦争がスタートになっているのです。




「トラを素手で絞め殺した」康熙帝時代に大清グルンは最盛期へ
 ロシアのピョートル1世はアゾフ海に進出して黒海に通じる要所を占拠します。そしてヨーロッパを旅します。

 この頃、イランのサファヴィー朝ではアッバース1世という君主が生まれて、アフガニスタンの都市カンダハールを確保して大帝国をつくります。そうなるとインドのアウラングゼーブはもう南に行くしかなくなります。サファヴィー朝は1598年にイランのイスファハーンに遷都していました。この都にアッバース1世がアルメニア商人を集めて富にあふれた美しい町をつくったので、ここを訪ねたフランスの商人が「世界の半分」という形容詞を残しています。世界の富の半分がイスファハーンにあるということです。今でも世界遺産になっている夢のようにきれいな町ですけれど、それはこの時代に骨格がつくられたのです。

 中国では、呉三桂のほか、清に下った明の将軍が3人いました。その3人は南の方の雲南や広州のあたりに3つの王国を築いていました。それを三藩といいます。3つの藩です。ところが康熙帝は三藩を大事にしなくなったので三藩が反乱を起こします。まだ16~17歳の康熙帝がびびって妥協するだろうと三藩は考えたのですが、康熙帝はこれを断固討伐します。優れたリーダーの素質を発揮して、8年かけて三藩を徹底的に潰します。ここか大清グルンは最盛期に向かいます。

 康熙帝は大変賢い人で、子どもの頃、大臣が好き勝手をやっている間、モンゴル相撲に一所懸命取り組んでいました。そのときはまだ10歳ちょっとですが、政治に興味がないふりをして大臣を安心させ、じっと大臣の様子を見ていたのです。

 そして15歳ぐらいのときに「優勝決定戦に出ますから見に来てください」と康熙帝は相撲大会に大臣を招きます。そして大臣が「かわいい坊だな、ちょろいものだ、相撲に夢中になっている。よっしゃ、じゃあ、優勝したら褒美でもやるか」と部下も連れずにのこのこと見に行ったところを、相撲仲間と捕まえて即刻、首にしました。そこで親政を始めるのです。若いときに相撲をやっていたおかげで、康熙帝には狩りに出掛けているときにトラに出合って素手で絞め殺したという伝説が残っています。頭脳明晰(めいせき)で体力抜群の素晴らしい皇帝です。

 インドのアウラングゼーブは異教寺院や学校を壊し、人頭税を再度課したので、インド中でヒンドゥー教徒の反乱が起こり、インドはがたがたになります。でも、イングランドは本当に幸運ですよね。東南アジアをあきらめてインドに集中しようと考えたときに、狂信的な皇帝が現れて勝手にがたがたにしてくれたのですから。運というか偶然は恐ろしいですね。

 康熙帝はロシアと国境を定めた「ネルチンスク条約」を結びます。これは中国が初めて外国と結んだ条約です。なぜロシアが中国に出てきたかというと、ロシアの輸出商品は当時、琥珀(こはく)と毛皮ぐらいしかなかったのですが、アメリカの五大湖のあたりから毛皮がどんどんヨーロッパに輸出されるようになってきたのでロシアの毛皮は値下がりし、外貨を稼げなくなったからです。それで困って、より金持ちの中国に買ってもらおうというのが、中国に進出してきた原因です。

 ところが、このネルチンスク条約は、相手が康熙帝で、しかもイエズス会の知恵もついていたためロシアに不利というか、中国に圧倒的に有利な条約になりました。当然、ロマノフ朝では、「こんな不利な条約を結んで中国にやられたのは誰の責任だ。ソフィアじゃないか」ということで、摂政のソフィアを追放しました。そこでやっと、ピョートルが日の目を見ることになるのです。やり手のお姉さんに操られていたピョートル1世が、康熙帝のおかげでじゃま者がいなくなり、表舞台に立つ。歴史はつながっているということがよく分かります。

 トルコのオスマン朝はこれまで領土を広げる一方だったのですが、1699年の「カルロヴィッツの和約」で初めて領土を削られて、ハンガリーがハプスブルク家のものになります。以降、オスマン朝は少しずつ衰退に向かいます。

 イングランドの東インド会社は、インドのベンガルで小さい村を3カ所購入しました。これがカルカッタ(今のコルカタ)のもとになります。インドではアウラングゼーブ帝が異教徒退治に血道を上げていますから、そういう隙を突いて、少しずつ領土を増やしていくのです。イングランドはボンベイにしてもカルカッタにしても、小さい村や対岸の港を偶然買ったことから、橋頭堡を築いていきます。

 ハプスブルク家は、オスマン朝と戦って東の方では少し勝ったのですが、スペインではたいへんなことになっていました。スペインのハプスブルク家は自分の家柄を誇って同族結婚を繰り返していたのです。もともと同じ一族ですが、スペインのハプスブルク家の配偶者をオーストリアからもらったりしていました。

 そうすると同族結婚で血が濃いので、スペインの君主、カルロス2世(在位1665~1700年)は生まれたときから病弱で子どもができなくなりました。ですから、スペインのハプスブルク家が断絶することは分かっていました。

 フランスは、スペインとドイツに挟まれていて、ハプスブルク家を不倶戴天(ふぐたいてん)の敵とみなしていました。しかし、ルイ14世の正妃はスペインのハプスブルク家の女性です。ルイ14世の子どもは早く死んだのですが、孫はスペインの王位継承権を持っているのです。あつかましいルイ14世は、この孫をスペインの王位に就けようと狙っているわけです。でもそんなことはみんなも分かる。フランスはそうでなくてもヨーロッパで一番大きい国でしょう。しかも、リシュリュー、マゼランの時代にお金を山ほどためている。

 ルイ14世は侵略が大好きな君主です。そんなルイ14世がスペインを獲得したらどうなるか。スペインは植民地も広大です。フランスとスペインが一緒になったら、えらいことになるということで、当然ながらイングランドのウィリアム3世を中心として列強が絶対に反対に回るだろうとみんな分かっているわけです。「スペイン継承戦争」といわれる戦争が始まることは、目に見えていたのです。だから、ヨーロッパ中の目がスペインに向いていました。スペイン王のカルロス2世はいつ死ぬのだろうか。死んだらどうなるだろうかと。

 その頃、スウェーデンではカール12世という17歳の若いプリンスが王位に就きました。スウェーデンは30年戦争をフランスとともに戦って勝利を収めましたし、当時はヨーロッパ大陸にも領土を持っていてバルト海で一番の強国でした。そのときに、デンマークとポーランドとロシアは、ヨーロッパ列強の目がスペインに向いている間にみんなで攻めていってスウェーデンの領土を分け合おう、ということを考えて北方戦争を始めます。

 ところが、とんだ誤算だったのは、このカール12世という17歳の新王は戦争の天才だったのです。ですから「ナルヴァの戦い」でピョートル1世はあえなく破れます。これから22年にわたる大戦争がスウェーデンとロシアの間で起こります。

 これが17世紀の100年です。昔は国家という概念はなくて全部が君侯の領土でした。そのため、君主やそのお付きの大臣にしてみれば相手が弱ったら、この際ちょっかいを出して領土を広げてやろうという、火事場泥棒のような厚意が横行していたのです。人間は全然変わっていないというか、考えることは単純だということがよく分かりますね。