出口治明の「5000年史」講座


  第6回
  新大陸への到達と、「ヨーロッパ」という世界観の誕生
  ジャンヌ・ダルクが登場し、ザビエルが来日した15~16世紀

 出口 治明

出口治明氏 立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。1972年、京都大学法学部卒業後、日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年上場。10年間社長、会長を務める。2018年1月より現職。(写真:山本 厳)

立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長の世界史講座。第6回は15~16世紀の世界。東アジアでは鎖国状態の中国・明に対して、お茶、絹、陶磁器などの世界商品を求める「北虜南倭」が広がり、大西洋ではコロン(コロンブス)が新大陸に到達する。ヨーロッパではジャンヌ・ダルクが登場。英仏100年戦争が終結し、ローマ帝国が滅亡して、その後、16世紀に入ると宗教改革が広がり、日本にはザビエルが訪れた。勢力を増すオスマン朝に対して東欧諸国も鉄砲で武装。モンゴル高原から草原の道で陸続きだった欧州の境に「壁」ができ、「ヨーロッパ」という世界観が誕生した。


■目次

インド洋に浮かぶ「帝国」と世界商品を狙う「北虜南倭」
鉄砲が騎馬軍団に勝った軍事革命とジャンヌ・ダルク
ローマ帝国の滅亡とハプスブルク家が「結婚」でつかんだ幸運
コロンの新大陸到達と印刷革命
ポルトガルの台頭と「ヨーロッパ」という世界観の誕生
イタリアの混迷とルターの宗教改革
フランス料理の誕生、そしてザビエルの来日
豊臣秀吉の朝鮮出兵は、本当に誇大妄想だったのか?
オスマン朝スレイマン大帝が生み出した「不平等条約」
新大陸を得たスペインを没落させた「血の純潔規定」


インド洋に浮かぶ「帝国」と世界商品を狙う「北虜南倭」

 15世紀の中国で永楽帝が即位します。永楽帝は、明の創始者、太祖・洪武帝、つまり朱元璋(1328~98年)の4番目の男子です。朱元璋は、長男を皇太子にして二男、三男、四男を西安や大同、北平(今の北京)に派遣してモンゴル(北元)から中国を守らせていました。

 朱元璋はとても疑い深い人で、例えば宦官(かんがん)にわざと手紙を見せて読んでみろと言って、宦官が読めたらその場で殺してしまうのです。猜疑心が強いので、字が読める宦官は自分のメッセージを書き直すかもしれないと恐れたのです。そのため、自分の子どもしか信頼できず、子どもを北の守りに置いていました。

 ところが長男が早く死んだので、孫の建文帝が即位したのですが、建文帝にとってはおじさんたちが西安や大同、北京で大きな軍事力を持って君臨していたら嫌ですよね。そのため、おじさんたちを順につぶそうとするのです。それを恐れた北京の四男は先に戦争を仕掛けて、建文帝を殺して自分が三代永楽帝となりました。

 モンゴル世界帝国は中国から今のトルコまで広がっていたわけですが、その後、中国の本土は永楽帝が取り、残ったフレグ・ウルスやチャガタイ・ウルス、ジョチ・ウルスは、ティムールが取りました。

 その頃、バルカン半島ではオスマン朝という、トルコ人の王朝が勃興しつつありましたが、ティムールとバヤズィト1世(オスマン朝)が今のトルコの首都アンカラのあたりで雌雄を決し、ティムールが圧勝します。バヤズィト1世は捕虜になって死んでしまい、ここでオスマン朝はいったん滅びます。 

 その結果、モンゴル世界帝国は東を永楽帝、西をティムールが分捕りました。当然、今度はこの2人が雌雄を決しようとします。1404年にティムールは中国へ出立します。ところがティムールは途中で病死しました。これでモンゴル世界帝国の領土の大半は、ティムール朝と明がとりあえず山分けするという形で固定します。

 永楽帝は、ずっと北京で育った人です。北京をつくったのはクビライです。クビライは大航海によって陸と海を結び付けました。そこで自分も「負けたらあかん」と宦官の鄭和(ていわ)に大艦隊を託してインド洋に送り、朝貢を呼びかけます。これが海に浮かぶ帝国といわれた、鄭和の大艦隊です。どれだけすごいかといえば、艦隊の中心となった宝船は1200トン前後といわれています。学者によって異論がありますが、一番小さく推測しても800トン。大きく推測する人は8000トンと考えています。

 また鄭和艦隊の規模は、何十隻もの船に合計2万7000人を超える人が乗船していたという記録があるので、これはもう海に浮かぶ帝国です。そのため、インド洋の沿岸諸国で争いが起きたら、鄭和艦隊を味方にした方が勝つわけです。ほぼ100年後の1492年にコロン(コロンブス)がアメリカ大陸に到達したときの艦隊が3隻から成り、一番大きい船でも150トン程度、乗組員が88人とのことでしたから、いかに規模が大きいかが分かります。これによってインド洋の海賊は全て滅ぼされてしまいました。

 永楽帝の後、永楽帝の子どもや孫が位を継ぎます。明は永楽帝の子どもや孫の時代までは大丈夫でしたが、その次に即位した正統帝はあまり賢くない皇帝でした。明は、建前は海禁で鎖国。朱元璋が商人や知識人を憎んでいたので、「商売なんかとんでもない」といって海禁を断行したわけです。

 しかし、世界中の人は中国が鎖国したら困るわけです。なぜかといえば、絹やお茶、陶磁器という世界商品を中国は山ほど持っていたからです。これらはみな中国に行かないと買えないので、海禁したらほかに入手する方法がないので、中国に攻め入ってくるわけです。モンゴルから攻めてくるのを北虜といいます。南の方から倭寇(わこう)が攻めてくるのを南倭といっています。要するに、中国は山ほど世界商品を持っているので、鎖国してデパートの扉を閉めたらみんなが困って、「開けろ!」とドアをガンガンなぐっていたのが「北虜南倭」だと考えれば分かりやすいでしょう。

 ちなみに、江戸時代に日本がなぜ鎖国をできたかといえば、世界商品がなかったからです。安土桃山時代に山ほど出た金や銀を掘りつくしたので、「もう日本に行っても金も銀もないわ」というわけです。鎖国したいんだったら放っておこう、というのが、日本が鎖国をできた理由で、やっぱり鎖国も自分勝手にはできないことが分かりますよね。

 正統帝は、永楽帝が5度モンゴルに親征して戦争に勝ったように、モンゴル高原からオイラートの首領エセンが攻めてきたとき、自分も手柄を立てようと思って、押っ取り刀で出掛けていくわけです。ところが、「土木の変」で負けて捕虜になってしまいます。中国の皇帝で捕虜になったのは、これが史上唯一の例です。クーデターで捕虜になった例はたくさんありますが、わざわざ前線に出掛けて行って戦場で捕虜になったのは正統帝だけです。

 エセンは、皇帝を捕虜にしたからには北京はすぐに降伏するだろうと思ったのですが、中国には于謙(うけん)という根性のある総理大臣がいて、正統帝の弟の景泰帝を皇帝に立てて徹底抗戦します。北京は城壁で守られていますからエセンは攻め落とすことができずに、モンゴルに帰ります。それで正統帝の方はというと、捕虜になっても自分は皇帝だと思っていますから、「飯がまずい」とか「もっときれいな服を持ってこい」とか文句を言っている。中国の皇帝を捕虜にした前例もないので、エセンは困って北京へ送り返してしまいます。

 つまり、北京では皇帝が2人となりました。当然、于謙は景泰帝を立てていますから、今さら正統帝に帰ってきてもらっては困る。そこで、正統帝を捕らえて軟禁します。ところが、景泰帝が病気になったときに正統帝を担ぐ人が出てきて、クーデターが起きて正統帝がまた皇帝に返り咲くことになります。




鉄砲が騎馬軍団に勝った軍事革命とジャンヌ・ダルク

 15世紀でもう1つ大きな出来事は、ティムールに敗れて一度滅びたオスマン朝が再び立ち上がったことです。

 ティムールの後、子どものシャー・ルフが、約40年間ティムール帝国で君臨します。ティムール帝国はシャー・ルフが生きている間は安泰だったのですが、シャー・ルフが死んで子どものウルグ・ベクが即位すると、サマルカンドとヘラートという2つの都に分かれて争いを始めます。これは独立するいいチャンスだと考えたイラン方面にいたカラコユンル朝のジャハーン・シャーが自立。その後20年くらいイラク一帯を制覇します。これもトルコ人の政権です。

 ペルシャにジャハーン・シャーによる大帝国ができ上がると、よみがえったオスマン朝と争うことになります。それが1473年の「バシュケントの戦い」です。これがどうして世界史的に意味があるかといえば、オスマン朝はバルカン半島で勢力を伸ばしたので、基本的にキリスト教徒の子どもをもらってきて歩兵に仕立て上げたわけです。有名なイエニチェリ軍団です。その歩兵に鉄砲を持たせました。鉄砲を持った歩兵と今までユーラシアで無敵を誇った騎馬軍団との激突では鉄砲が勝利を収めました。

 ここから何千年にもわたって無敵を誇った騎馬軍団のたそがれが始まります。いくら馬で速く走っても鉄砲には勝てません。このような軍事革命が起こったのがこのバシュケントの戦いです。

 オスマン朝が強大になってきたら、コンスタンティノープルのローマ帝国はどうなるのかという問題が起こります。

 「英仏100年戦争」の前半では、シャルル5世というすごく賢い王様がフランスを仕切って、イングランドを追い返したのですが、そのシャルル5世の子どものシャルル6世が精神に異常をきたします。それを機にフランスの王室が内輪揉めを始めたので、イングランドのヘンリー5世はチャンスと思い、100年戦争を再開します。そして、有名な1415年の「アジャンクールの戦い」でフランス軍を撃破。ブルゴーニュ公と同盟を結んで、パリを占領してしまいます。

 このときに、シャルル6世はパリを明け渡して子どものカトリーヌをヘンリー5世に嫁がせ、シャルル6世の王位はヘンリー5世が継ぐという屈辱的な「トロワ条約」を結んでしまいます。つまりシャルル6世の子ども、後のシャルル7世は、あらゆる位を剥奪(はくだつ)されたのです。

 この条約を結んだ後、ヘンリー5世とカトリーヌの間には一粒種の男子、後のヘンリー6世が誕生します。ヘンリー5世はめちゃ喜びます。自分はイングランド王で、フランス王位の継承権も持っているし、後継ぎも生まれた。これで英仏統一帝国ができると喜んだのも束の間、運命のいたずらで、疫病で死んでしまいます。その直後、シャルル6世も没します。

 これによって、わずか1歳のヘンリー6世が、イングランドとフランスの王様になったわけです。当然政治はできないので、ヘンリー5世の弟が摂政になってフランスを仕切ります。そのときに、フランス側の抵抗拠点だったオルレアンをつぶそうということで大軍をおくるわけですが、そこにジャンヌ・ダルクが現れたのです。

 ジャンヌ・ダルクが現れて、イングランド軍を撃退し、シャルル7世を引っ張ってランスまで連れていって戴冠させます。でも、その後ジャンヌ・ダルクはブルゴーニュ公に捕まって、火あぶりになってしまう。このとき、シャルル7世は助けにいきませんでした。シャルル7世にしてみれば、ジャンヌ・ダルクは名もない田舎の乙女。王様になってしまったので、詳しい報告がなければ分からないわけです。

 その後、ジャンヌ・ダルクは長い間忘れられます。ジャンヌを再発見したのはナポレオンです。フランス革命の後、ヨーロッパ中の国が「フランス革命はとんでもないことだ。ルイ16世を殺しよった」「こんな国はつぶさんと自分たちも大変だ」と大騒ぎになりました。イングランドもプロイセンもオーストリアもロシアも王様がいますからね。だから、ヨーロッパ中の国々が大同盟を結んでフランスをつぶしにやってきました。

 そのときにナポレオンが新聞に書きまくるわけです。「フランスはえらい危機やで。四方八方全部敵や。でもな、昔にもそんなことがあったんや。パリが取られてフランスが滅びそうになったとき、田舎からジャンヌ・ダルクという乙女が現れてフランスを救ったんや」とアジったわけです。

 ナポレオンもコルシカという田舎から来た無名の若者です。だから、ジャンヌ・ダルクを再発見することによって、自分と重ね合わせて、フランスのナショナリズムをあおったわけです。ナポレオンによってジャンヌ・ダルクは救国の英雄になりやがて教会の聖人にもなります。ただし、聖人になったのは1920年。20世紀になってからです。だから、ナポレオンが再発見するまでは誰も知らなかった。




ローマ帝国の滅亡とハプスブルク家が「結婚」でつかんだ幸運

 この頃のイタリアのフィレンツェでは、政敵に一度はフィレンツェを追われたメディチ家の当主コジモが帰ってきて、独裁を始めます。当時のイタリアにはミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェ、教皇領、ナポリ王国という5つの大国があったのですが、フィレンツェのコジモはほかの4大国を「互いの戦争はやめよう」とうまく言いくるめます。これが1454年の有名な「ローディの和」です。

 何でこの年かというと、前年にオスマン朝がコンスタンティノープルを攻略して、ローマ帝国が滅んでいるからです。そして、100年戦争は結局フランスの勝利で終わり、イングランドはカレーのみを残して大陸の領土は全て失いました。

 そうした状況下で、コジモから「仲間割れしている暇はないで。オスマン朝がやって来たらイチコロやで」と言われて、みんなも「そうやなあ」と考えたわけです。その結果、イタリアでは平和が約50年間続きます。この平和な期間があったからこそ、イタリアルネサンスが準備できたのです。

 一方、イングランドはどうなったかというと、不幸なことに、ヘンリー6世も精神を病んでしまいます。ヘンリー6世はランカスター家の出身ですが、そうすると同じくエドワード3世から枝分かれしたヨーク家が「俺たちから王様を出した方がええで」と主張し、王家が2つに分かれて30年間互いに殺し合いをします。

 この30年間の殺し合いで、最後に残ったのが、ランカスター家出身でテューダー朝を開くヘンリー7世です。この人が最後の戦争に勝って王様になった頃には、貴族たちは内戦でもうほとんどヘロヘロになっています。この結果イングランドではヘンリー7世による絶対王制が生まれます。

 ヘンリー7世は不思議な運命を持っている人でした。ヘンリー5世は早く死んだので王妃のカトリーヌは若くして寡婦になります。イングランドに嫁いだわけですから当然イングランドに住んでいたのですが、フランスの王女であり、ヘンリー6世のお母さんですから、まだ若いけれど簡単に再婚なんかしてもらったら困るわけです。子どもが生まれたらややこしくなるでしょう。

 だから、軟禁状態に置かれるのですが、守人であったウェールズ人のオーエン・テューダーという実直な人物がカトリーヌの心をとらえて、2人の間には赤ちゃんが生まれます。その赤ちゃんの孫がヘンリー7世なので、テューダー朝と呼ぶのです。だから、運命って何が起こるか分からないし、だからこそ歴史は面白いのですよね。

 メディチ家では1469年にコジモの孫のロレンツォが家長を継ぎますが、もうこの頃になると、メディチ銀行は衰退しています。ロレンツォはフィレンツェでいろいろな祝祭をやりますが、お金がないので、フィレンツェの公金に手を付けて、公金をガンガン使って豊かにするわけですよね。

 100年戦争に勝利を収めたフランスでは、シャルル7世の子どものルイ11世が1461年に即位しました。この人は生まれつき陰謀好きでした。

 当時のフランスでは、王家の親戚であるブルゴーニュ公家という大権力者がいました。ワインで有名なブルゴーニュだけではなく、結婚でベネルクス、フランドル地域を保有していました。フランドルは毛織物の産地で、当時のヨーロッパでは一番豊かな地域です。ですから、領土はフランス王の方が大きいのですが、国内総生産(GDP)ではおそらく同じくらいでした。

 ブルゴーニュ公家は4代目のシャルルが継ぎました。このシャルルは騎士道精神に憧れて、君主は軍の先頭に立ってガンガン敵をやっつけるべきだという考えの持ち主でした。フランスの2大強国は、片方は陰謀家、片方は騎士道精神の権化のような人が後を継いだのです。

 その結果どうなったか。1477年にシャルルはスイス盟約者団(スイスの原型)との戦争で、あえなくナンシーで戦死してしまいます。まさに、「突進公」と呼ばれていたように、突進して死んだわけです。もちろん、この戦争もスイス盟約者団側でルイ11世が糸を引いていたわけですが、ルイ11世は「獲物が勝手に死んでくれた」とブルゴーニュを占領します。

 ルイ11世はブルゴーニュ公家の領地だったフランドルも占領しようとします。しかし、実はシャルルの一人娘マリアがハプスブルク家のマクシミリアン1世と婚約していました。その結果、ハプスブルク家がフランドルを獲得してしまうのです。

 ここから有名なことわざ、「戦争は他家に任せておけ。幸いなオーストリアよ、汝(なんじ)は結婚せよ」が生まれます。要するに、普通は戦争を行って領土を広げるのが当時の常識だったのですが、ハプスブルク家はブルゴーニュ公の一人娘と結婚していたので、フランドルを丸ごと自分のものにできたわけです。ここからハプスブルク家の幸運が始まります。

 スペインではカスティージャのイサベルとアラゴンのフェルナンドという両王が結婚してスペイン王国が誕生しました。そして1492年に、アルハンブラ宮殿を落としてイスラム教徒を追い払います。

 この2人は、イベリア半島からイスラム教徒を追放する運動、レコンキスタを一所懸命やっていました。「ローマ教会が正しい。異教はけしからん」と思っていたわけですね。だから、スペインからイスラム教徒を追い払ったときに、次はユダヤ人だということで、このレコンキスタの戦費を賄ってくれたユダヤ人をスペインから追放してしまいます。

 ユダヤ人はスペイン王国の金融経済を一手に引き受けていましたから、そんなことをしたら、国が弱くなるのは目に見えています。しかし、この2人は宗教の方が大事だと思っていたので判断を誤ります。国を衰退させたのに、ローマ教皇から「カトリック両王」という称号を与えられて2人はめちゃ喜ぶわけです。しかし、ここからスペインは衰退に向かうのです。




コロン(コロンブス)の新大陸到達と印刷革命

 また、この1492年はコロン、いわゆるコロンブスがバハマ諸島に到達した年です。コロンが、新大陸に到達したことは実は大変なことでした。前回、ペストの大流行の話をしましたが、ペストでも死ななかったヨーロッパ人はめちゃ強い免疫を持った人間です。そのめちゃ強い免疫を持ったコロンの船隊がバハマ諸島に着いて、そこでくしゃみをしたらどうなるか。ユーラシア(旧大陸)のめちゃ強い病原菌が新大陸にまん延したので、新大陸の人々は9割以上死んでしまうわけです。免疫を持たないわけですからね。天然痘やはしかなどの免疫を持たない新大陸の人々は、旧大陸の人が来ただけでみんなバタバタと死んでいきます。

 あまりにもたくさんの人が死んでいくので、領土を得ても耕す人がいないために、アフリカから黒人を連れてくるということになりました。ということは、働き手を奪われたアフリカが衰退するわけです。

 ちなみにコロンの新大陸到達は「コロン交換」と呼ばれ、新大陸と旧大陸でいろいろなものが交換されました。ジャガイモやトウモロコシ、タバコなど食料面では旧大陸が圧倒的に得をしました。もちろんコロン交換は、病原菌も含めてです。では、病原菌の交換では、新大陸と旧大陸では0勝100敗だったかといえばそうではなくて、1勝99敗ぐらいです。新大陸も梅毒を旧大陸に輸出することによって一矢を報いました。しかし、規模が違います。

 ヨーロッパに話を戻します。イタリアはロレンツォが死ぬまではローディの和が保たれていて平和でした。ところが、フランスにシャルル8世という突進公のような王様が即位します。

 この王様は騎士道精神や英雄譚に興味を持っていました。そして、いろいろな歴史をひもといて、もともとイタリアはフランスのものだという誇大妄想に駆られて、イタリアに攻めていくのです。一方、ロレンツォの息子のピエロは父親がやったように、「フランス王と交渉して、帰ってくれと言ってくるわ」と出掛けるのですが、能力も人望もありません。箸にも棒にもかからずフランス軍が迫ってくるので、怒ったフィレンツェの市民はメディチ家を追放したのです。

 ところが、振り子は正反対に振れるので、追放した後、フィレンツェはメディチ家を批判していたお坊さんのサヴォナローラに政治を任せてしまいます。サヴォナローラはめちゃ張り切りますが、元はお坊さんですから「ぜいたくはあかん、美しい絵画や宝石があるからみんなの気持ちがおかしくなるのだ」などと言って、芸術作品を広場に集めては燃やしてしまうのです。

 そこでフィレンツェの市民も気が付くわけです。「ぜいたくはあかんというけれど、質素な生活はもっとしんどいな。それに、朝から晩まで神様に祈れという生活はできっこない。たまには酒も飲みたいな、宴会もしたいな」と思い始めるのです。

 そのタイミングを待っていた時の法王、ボルジア家のアレクサンデル6世が上手に動いて、サヴォナローラを火あぶりにし、フィレンツェはまた普通の状態に戻りました。清く正しく貧しく美しくという政策は、だいたいどこの世界でも失敗しているのです。最初はみんな拍手しますが、それがずっと続いたら耐えられなくなる。人間ってやはり、だらしがない動物だということがよく分かりますね。

 また、1494年に開業して世界に大きな影響を与えたのがアルド印刷所(アルディンプレス)です。アルド・マヌーツィオ、ラテン語ではアルドゥス・マヌティウスという人が、ベネチアにアルド印刷所をつくって印刷を始めます。このときに初めて、現在の大きさの本が生まれ、しかも本にページが付くのです。読みやすいでしょう。だから、印刷はグーテンベルクではなくてアルド印刷所が、ヨーロッパの印刷革命の一番大きいポイントだと、最近では考えられています。




ポルトガルの台頭と「ヨーロッパ」という世界観の誕生

 16世紀に入ります。

 ヨーロッパはしばらくルネサンスの時代ですが、イランの方ではサファヴィー教団のイスマーイールがアクコユンル朝を破って、サファヴィー朝ペルシャを建国します。この大帝国がオスマン朝のセリム1世を刺激して、1514年に「チャルディラーンの戦い」が起きます。ここでまたバシュケントの戦いが再現され、サファヴィー朝の騎馬軍団がオスマン朝の鉄砲と歩兵に敗れて、鉄砲の時代に入ったということが明らかになるわけです。

 ポルトガルでは、アルブケルケというインド総督が、1510年にインドのゴアを占領します。このアルブケルケはものすごく賢い人でした。まず、エジプトのマムルーク朝が何で栄えていたかといえば、インドの産品を紅海経由でエジプトに運んで、そこからベネチアと連合してヨーロッパに物品を流していたからです。マムルーク朝にとってはインドからアラビア半島南端のアデンを通ってアレクサンドリアに流れるルートが生命線でした。

 そのお金もうけのルートに目を付けたのが、アルブケルケです。アルブケルケはインドのディーウ沖でマムルーク朝とインドの連合艦隊と戦って勝利を収め、マラッカ、アデン、ホルムズ海峡というアジアからヨーロッパへの海上ルートの起点を全部、自分の軍艦で押さえてしまいます。ここからポルトガルの時代が始まるのです。

 ヨーロッパでは力をつけたオスマン朝に対抗して、オスマン朝の北部にあったオーストリアやハンガリー、ポーランドという国々も全部鉄砲で武装します。これによって、これまでモンゴル高原からウクライナを通ってハンガリー大平原まで、騎馬軍団が一気に駆け続けてきた草原の道に、オスマン朝、ハンガリー、オーストリア、ポーランドという形で国ができて、そこが全部鉄砲で武装することによって壁ができ、草原の道が閉ざされることになります。ここで初めてヨーロッパは孤立して、「ヨーロッパ」という世界観が出来上がるわけです。鉄砲が、大きく歴史を動かしたのです。

 中央アジアのティムール朝は、分裂した後いろいろな勢力に攻められてガタガタになりました。ティムール朝の後を継いだバーブルという人が、サマルカンドを取り戻そうと何回も攻めるのですが、ついに果たせず「自分は父祖の地であるサマルカンドもヘラートももう取り戻せない、どうやって生きていったらいいだろうか」と考えあぐねたあげく、インドに入ります。これがムガール朝です。ムガールというのはモンゴルという意味です。ですから実態はティムール朝です。つまりティムールの一族が中央アジアを追われてインドにつくった大帝国が、ムガール朝です。第2次ティムール朝と呼んでいる学者もいます。

 このように見てくると、昔のモンゴル世界帝国は5分割されて、明の中国、ムガール朝のインド、サファヴィー朝のペルシャ、ロシア、そしてオスマン朝になります。かつてのモンゴル世界帝国は、16世紀にはアジアの5大帝国に分かれていったと考えたら、理解しやすいと思います。




イタリアの混迷とルターの宗教改革

 16世紀のイタリアは混迷を始めます。イタリアではローマ教皇にロレンツォの次男のレオ10世が就きますが、レオ10世はロレンツォの下で育ったので、祝祭が大好きです。お金を使って楽しいお祭りをやれば、みんなハッピーになるという血を引いていますから、お父さんのように、「別にローマ教皇庁のお金を全部使ってもかまわない」と、ガンガンお金を使い始めます。

 そうすると当然お金がなくなるので、サンピエトロ寺院の建設も進まなくなる。「困ったな、どうしたらお金が入るだろうか」と考えていたところに、ドイツのフッガー商会というお金持ちが現れ、レオ10世に贖宥状(しょくゆうじょう)を出そうとささやくわけです。それを買えば罪が許されるというものです。もちろんフッガー家は欲張りですから「贖宥状を売ってお金は山分けしましょう」といったのです。レオ10世はおっとりしていますから「任せるわ、じゃあ、半分は俺のところに持ってこいよ」とフッガー家に販売を任せました。

 それに対してルターが「聖書には、お札を買ったら罪が許されるなどとどこにも書いてないよ」と怒ります。これが宗教改革の始まりになります。

 当時のフランスではシャルル8世の後をフランソワ1世が継ぐのですが、この王様もまた夢見る人でした。「イタリアは暖かいし芸術も豊かだから、やはりフランスのものにせなあかん」ということで、ミラノに攻めていきます。そしてハプスブルク家のカール5世と大戦争を始めるのです。

 ハプスブルク家は、マクシミリアン1世がブルゴーニュの王女マリアと結婚してフランドルを取り、さらに、マクシミリアンとマリアの子どものフィリップ美王は、スペインのイサベルとフェルナンドの王女フアナと結婚します。そして、カール5世が生まれるのですが、フアナが精神に異常をきたしたので、結局ハプスブルク家はフアナを幽閉して、スペインをも乗っ取ってしまいます。

 フアナは、お母さんのイサベルが死んでスペインを継承したので、スペインへ帰ります。フィリップもついて行かざるを得ない。結婚しているわけですから。でも、フィリップはすぐに死んでしまいました。それで、2人の子どものカール5世が後を継ぎます。

 カール5世は、それほど賢くないドイツ王、ローマ皇帝です。ただ、皇帝なので、ローマ教会を守ろうとは思っている。ヴォルムスの議会で「ローマ教皇に盾突くやつは追放する」と宣言して1521年にルターを追放します。追放というのは軽い刑と思うかもしれませんが、皇帝が見放すということなので、誰がルターを殺しても罪に問われないのです。法の保護を外すということなので大変厳しい刑なのです。

 ところが「カール5世のようなスペインにいるおっさんに好き勝手されたら、ドイツはたまらんで」という諸侯がたくさんいたので、ザクセン選帝侯がルターを保護して、ヴァルトブルク城という自分のお城に住まわせます。ルターは勤勉な人なので、わずか1年の間に、このお城で聖書をドイツ語に訳しました。アルド印刷所によって印刷技術がヨーロッパ中に行き渡っていましたから、みんながルターの聖書を読めるようになりました。

 そうしたらローマ教皇を大事にしろとか、お布施をいっぱい出せとか、贖宥状を買ったらいいよとか、どこにも書いていない。イエスは質素な生活をしていたと書いてあるので、ドイツではみんながルター派になってしまうわけです。




フランス料理の誕生、そしてザビエルの訪日

 メディチ家のロレンツォ直系の系統はどんどん若死にしていって、最後にカトリーヌというお嬢さんが残ります。当時のローマ教皇は、メディチ家のレオ10世のいとこに当たる同じメディチ家のクレメンス7世が継いでいましたが、クレメンス7世はロレンツォの直系のカトリーヌをフランス王家に嫁がせます。

 考えてみたら、フィレンツェという小さい町の商人の大将の娘がフランス王家に嫁ぐわけですから、すごいことです。ところが、カトリーヌは泣き叫んだといいます。そんな野蛮人のいる北の寒いところに行くのは嫌だと。そこで、おじさんが、「心配せんでええ。料理人も全部連れていってええで。もちろん美容師も」などと説得したのです。だから、カトリーヌはメディチ家の宮廷の人たちをほとんど連れて嫁ぐのです。

 フランスへ行ってみたら、食事はテーブルの上に肉や野菜を置いて、ナイフで切り取っては手づかみで食べている。「こんな下品なことではあかんで」ということで、カトリーヌが自分の流儀でナイフ、フォーク、スプーンでご飯を食べるという風習を広めます。カトリーヌが連れていった料理人からフランス料理が始まるのです。

 では、メディチ家はどこから習ったかというと、バグダードの宮廷料理からだといわれています。つまり、アラブ世界の優雅な宮廷料理が、シリアを経由して今のフランス料理の元になっているわけですね。

 この頃、日本では石見銀山が発見されています。石見銀山の銀はすごくて、16世紀後半から17世紀初頭、世界の銀産出量の約3割は日本産でした。だから、世界中の人が日本に来たんですよ。フランシスコ・ザビエルも来ています。


フランシスコ・ザビエル(写真:ユニフォトプレス)
 ローマ教会は司祭や牧師、司教といった自分では働かない寄生階級を持っているでしょう。彼らはお布施で食べているわけです。ルターの宗教改革のせいでドイツ以北の欧州が北欧をも含めて全てプロテスタントになり、お布施が入らなくなりました。イングランドもヘンリー8世がイングランド国教会をつくってしまったので、ヨーロッパの領土は半減しました。領土が半分になったということはお布施も半分。そうなると、やるべきことは2つですよね。生活を切り詰めることと、ほかのところで領土を切り開くことです。

 その頃にコロンが新大陸に到達し、イエズス会が世界に散っていきます。ザビエルが日本に来たのも実は、領土を取り戻し、お布施を求めたというのが主因です。だから、ルターがいなければ、ザビエルは日本に来ていないといっていいのです。




豊臣秀吉の朝鮮出兵は、本当に誇大妄想だったのか?

 倭寇は南京を略奪するぐらい、めちゃ頑張ります。ちなみに倭寇というのは海賊ではありません。これは、中国人や朝鮮人と日本人がミックスした、海で商売をしている民のこと。「海民」とも言いますが、その海民の共和国です。でも、何で北虜南倭が始まったかといえば、先ほどお話ししたとおり、明という世界商品をたくさん持つデパートが店を閉めたからです。

 1567年に、明の徐階という大臣が鎖国を巧妙に解除します。つまり、デパートのドアを開けたわけです。そうしたら、どうなるかはすぐ分かりますよね。北虜南倭はなくなります。商売できるんだったら、誰も別に戦争なんかしたくないでしょう。だから、愚かな政策(海禁)というのは、ものすごくハタ迷惑だということがよく分かりますよね。

 インドはアクバル大帝の時代になって大いに栄えますが、日本は織田信長の後、豊臣秀吉が継いで、秀吉が朝鮮半島に攻めていきます。これは、一般には秀吉の誇大妄想によるもので、中国に攻めていくなんて頭がおかしいという人もいます。しかし、冷静に考えてみたら、この後、明は満州族によって滅びます。満州族の人口や軍事力と、秀吉の軍事力はそんなに差はありません。明が乱れていた中で、本当に誇大妄想だったのかどうかという疑問は残ります。

 秀吉の朝鮮出兵は侵略戦争ですから、もちろん悪いに決まっています。よそに攻めていくということはよくないことに決まっているのですが、本当に100%勝算のない暴挙だったのかどうか。この点については、その後の満州族の軍事力と日本の軍事力を比べたら、実はあまり大差がないので、すごく判断の難しいところです。

 結局この戦争で日本が何を得たのかというと、一番は陶磁器ですね。九州の陶磁器のほとんどは、その頃に秀吉が拉致してきた人々が作ったものです。有田焼をはじめとする九州の陶磁器産業は、朝鮮の人々のおかげです。それから活版印刷の技術も、このときに進んだ技術が日本に入ってきましたから、江戸時代の出版産業の隆盛も実はこの時代の恩恵によるものです。




オスマン朝スレイマン大帝が生み出した「不平等条約」

 ローマ教会はルターやカルヴァンのプロテスタントに押されっぱなしでしたが、ロヨラやザビエルなどパリ大学で7人の若者がイエズス会をつくって反撃に出ます。

 宗教改革でもう1つ大切なことは、ルターは「聖書に帰れ」と言っただけでしたが、カルヴァンは予定説といわれているのですが「天国へ行くか地獄へ行くかは生まれる前に決まっている」という説をとったということです。

 予定説がなぜ革命的に恐ろしいかというと、生まれる前から神様が全てを決めているということは、生まれた後にいくらお布施を積んでも関係ないということになるからです。お賽銭(さいせん)に意味はないというわけです。ですからカルヴァン派はルターを超えた過激派としてローマ教会の主敵になります。

 天国行きか地獄行きかは生まれる前から決まっているんだったら、遊んで暮らそうとは思いませんか? しかし、面白いことにカルヴァンを信奉する人々はめちゃ働くのです。自分は天国行きに決まっているから、働かないと申し訳ないという人がいるのです。それを、マックス・ヴェーバーという人が『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』という名著で、勤勉に働くという概念はここから生まれたと指摘しています。

 もう1つ、大きな出来事はオスマン朝のスレイマン大帝がヨーロッパ諸国に特権として与えた「カピチュレーション」です。

 ヨーロッパではフランスとドイツ・スペイン、つまりフランソワ1世とカール5世がけんかをしています。ハプスブルク家はスペインとドイツを持っていてフランスをサンドイッチにしているので、フランスはハプスブルク家を許せないわけですね。

 ところが、スレイマン大帝はウィーンを包囲するなどしていますから、フランソワ1世にとっては「敵の敵は味方」ということで、宗教なんかどうでもよくてスレイマン大帝と同盟を結ぶのです。生意気なハプスブルク家のカール5世をつぶすために。

 国力も文化も圧倒的に上位にあったオスマン朝のスレイマン大帝は、そのときフランスに対して、「小さい貧しい国だな。じゃあ、治外法権を認めてやろう。フランス人の裁判なんかしたくない。イスタンブールでフランス人が悪いことをしたら、フランスがちゃんと罰したらいい。免税も認めてやろう。どうせたいしたお金はないんだよね」と考えました。これが、カピチュレーションの始まりです。カピチュレーションは不平等条約ですが、実はフランスにとっては恩恵だったのです。

 そうするとイングランドやネーデルラント(オランダ)もスレイマン大帝のところに来て、「同じようなカピチュレーションをください」とお願いするわけです。スレイマン大帝は気前よくみんなに与えました。

 この不平等条約の考え方は、元はオスマン朝がヨーロッパの弱小国に恩恵として与えたものでしたが、ヨーロッパ諸国は「これは使える!」と考え、明治時代にアジア諸国に適用していくわけです。こういうつながりがあるから、歴史ってものすごく面白いわけですね。

 当時のオスマン朝は、めちゃオープンな国柄でした。コンスタンティノープルを落としても、東方教会の本部はそのままいていいとしました。ローマにイスラム教の本部があるような話で、いかにオープンか分かりますよね。スレイマン大帝は、優秀な人は誰でも来ていいという発想でユダヤ人もどんどん受け入れたので、金融業も発達します。

 ただ、泣きどころは海軍でした。オスマン朝はもともと陸軍の国ですから、海軍が弱い。でも、地中海に出ていくには強い海軍がいる。その頃、バルバロス・ハイレッディンという海賊の親分が、今のアルジェリアあたりを本拠にして、ヨーロッパの船を襲っていました。そこでスレイマン大帝は彼に手紙を送ります。

 「俺の子分にならないか、海軍提督にしてやる。今までの生活は一切変えなくていい。キリスト教徒の船を襲ってぶんどったものは、全部おまえらのものにしていい。ただ、プラスアルファをやる。おまえらも年を取って腰が曲がったら海賊はでけへんやろ。海から陸に上がったら、年金を山ほどやって一生楽な生活をさせてやる。どうや、海軍提督にならないか」という内容です。

 ハイレッディンは部下の海賊を集めて議論します。全員賛成します。そりゃそうでしょう。同じことをやってよく、しかもお墨付きを与えられて、「海賊じゃない。オスマン海軍やで」と言えるわけですから。しかも、辞めたら年金をもらえる。乗らない手はありませんよね。ですから、あっという間にオスマン朝の海軍は地中海随一になります。全ての海賊がオスマン朝の海軍になったわけですから。要するに、発展する国や社会は、有能な人をいかに上手に集めるかがよく分かりますよね。




新大陸を得たスペインを没落させた「血の純潔規定」

 スペインは、南アメリカでポトシ銀山を発見します。当時は、石見の銀山とポトシの銀山が世界の経済を支えましたが、ポトシの銀山は4100メートルの高地にあるので、酷使された現地人が800万人死んだといわれています。スペインはネーデルラントとも「ネーデルラント独立戦争」を80年戦うことになり、どんどん没落していきます。

 スペインは新大陸でエンコミエンダ制という制度を認めます。カール5世のところに南アメリカや北アメリカの人がやってきて、こう言ったのです。「私たちは現地でキリスト教を広めます。教会をつくって現地人を教育しますが、お金がありません。お金はいただきませんがその代わりに、現地人を自由に使う権利をください。現地人を使って働かせて、そこで稼いだお金で教会を建てて、彼らをキリスト教徒にします」と。

 この制度を、愚かなカール5世は認めるのですが、よく考えたら、こんなめちゃくちゃな話はないでしょう。現地人を勝手に奴隷にしていいということですから。もちろん、彼らの主たる狙いは、キリスト教の布教にはなく、私利私欲をむさぼることにありました。

 それから、「血の純潔規定」というものをつくります。スペインの公務員になるため、あるいは資格を取るためには、ユダヤ人やイスラム教徒の血が一切入っていない純粋なスペイン人でなければならない、という規定です。ところが、スペインは800年もイスラム教徒が支配する地域だったので、そんな人はほとんどいないのです。心ある人はスペインを見切ってほかのヨーロッパ諸国に移住していきました。

 こんな愚かな規定をつくったら誰が喜ぶかといえば、代書屋、つまり司法書士たちです。高いお金を取って、「あなたは純粋なスペイン人です」という系図をでっち上げるわけです。こんなばかなことをしていたがゆえに、スペインにはあれだけ広大な領土を新大陸に持ちながら、国が衰えていくわけです。

 血の純潔規定はナポレオンが廃止するまで長く続いていきました。カール5世は1558年になくなりますが、その頃にはスペインは早くも国家破産しています。新大陸の黄金があれだけ入ってきているのに、ルター派やフランソワ1世と争い、国内ではこんなことをやって優秀な人を次々に追い出したら、そうなるということですよね。

 この後、ユグノー戦争がフランスで始まり、ヨーロッパは宗教戦争の時代に入ります。