出口治明の「5000年史」講座


  第5回
  グローバリゼーションが生んだペストの大流行で荒れる世界
  モンゴル世界帝国と英仏100年戦争、暗黒政権・明の13~14世紀

 出口 治明

出口治明氏 立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。1972年、京都大学法学部卒業後、日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年上場。10年間社長、会長を務める。2018年1月より現職。(写真:山本 厳)

立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長の世界史講座。第5回は13~14世紀がテーマ。13世紀は、西洋では「近世初の知的君主」といわれたフェデリーコ2世、アジアではモンゴル世界帝国をつくったクビライ・カアンという、ともに合理的な国家運営を行う近代的なリーダーが誕生した時代だった。ところが14世紀に入ると、優れたリーダーの死後に生まれた権力の空白状態に、気候の寒冷化とペストの大流行が重なり、世界は荒れ始める。中国には明という暗黒政権が生まれ、トルコ人のオスマン朝が東ヨーロッパに誕生する。


■目次

“近世初の知的君主”フェデリーコ2世の時代
チンガス・カンの即位に始まるモンゴル帝国の拡大
銀と紙幣で貨幣経済を広げた合理主義者のクビライ・カアン
クビライの中国統一。日本に攻めてきたのは軍人の失業対策
フランス人を“皆殺し”にした「シチリアの晩鐘」
英仏100年戦争とフィレンツェの銀行家の没落
寒冷化によるペストの大流行と、中国・明の「暗黒政権」
荒れるヨーロッパと「ルネサンス」の予感



“近世初の知的君主”フェデリーコ2世の時代

 13世紀は大変面白い時代です。

 まず、ローマ皇帝フェデリーコ(フリードリヒ)2世 が登場します。お父さんがドイツ王でローマ皇帝のハインリヒ6世。お母さんがノルマンシチリア王国、南イタリアを保有していたノルマン王国の唯一の後継者です。この2人の子どもですから、ほぼ自動的にドイツ、北イタリアとシチリア、南イタリアを支配することになります。ただ、フェデリーコ2世はお父さんもお母さんも早く死んだので、孤児になってしまいました。成人して1212年にはドイツ王になります(第4回参照)。

 1215年にはイングランドの最初の憲法であるマグナ・カルタが成立しています。その頃、イングランドはアンジェー帝国と呼ばれており、フランスの大領土、ノルマンディー、アンジュー、アキテーヌ、いわばフランスの西半分全部とイングランドを持っていたわけです。ところが、当時のイングランド王のジョンはあまり賢くなくて、フランスと争う中で大陸の領土をほとんど取られてしまいました。ジョンは性懲りもなく、取られたものを取り返そうと思い、イングランドにたくさん税金を課して、またフランスに攻めていこうとします。

 領土を失ったのはジョンだけではありません。ジョンに仕えていたイングランドの貴族のほとんどはフランス人で、彼らはノルマンディーやアンジューやアキテーヌから来た人たちです。つまり彼らも自分たちの領土を失ってしまったわけです。しかも、その理由がお粗末な王様の政策に起因するのですから、彼らはがまんできずに決起したのです。

 つまりマグナ・カルタとは、「あんたのようなアホな王様が勝手に戦争して、税金を課すのは許さへんで。うちらの了承を得ないで勝手に税金をかけたらあかんで」というものなのです。マグナ・カルタは今でも有効で、イングランドの憲法の一部を成しています。

 同じ年、ローマ教会に告解部屋ができます。「悩みがあったら聞いたるで」というもので、壁に穴が空いていて、顔を見ずに話ができる小さい部屋です。これは、結果的にものすごく大きい権力をローマ教会に与えることになります。なぜなら、一人ひとりの告白は大したことがなくても、小さい情報が全部ローマに集まったら、ある大きな絵を描けることになる。ローマ教会は情報の収集によって、ものすごく大きい力を持つようになるのです。

 フェデリーコ2世は1224年にナポリ大学をつくります。これはボローニャやパドヴァに次ぐヨーロッパで最も古い大学の1つです。ボローニャやパドヴァでは哲学や神学を教えていましたが、ナポリ大学はおそらく世界で初めての官僚養成学校です。明治政府が東京大学でやろうとしたことをフェデリーコ2世は既にやっていたのです。そしてローマ法を復活させます。フェデリーコ2世は中央集権国家をつくろうとしていたのです。

 フェデリーコ2世は1228年に十字軍を起こしてエルサレムに出向きます。ただ、フェデリーコ2世は文明の十字路であったシチリアで育ち、そこでアラビア語を習得することができたため、当時のアル=カーミルというカイロのアイユーブ朝の君主と直接話し合って、外交交渉でエルサレムを取り戻しました。

 しかし、当時のローマ教会は戦ってイスラム教徒の首を切った人が偉い、という発想ですから戦わなかったフェデリーコ2世を破門します。

 また、ローマ教会は異端の集まりだったカタリ派を撲滅させようと、ドミニコ修道会(1216年創立)を南フランスに送りました。カタリ派は善悪二元論です。全知全能の神様が世界をつくったのに、なぜ世の中には不正や悪がのさばっているのか、という一神教の問題点を「世界は悪い神様といい神様が争っている。悪がのさばっているときは悪い神様の力が強い。けれども最後の審判のときには必ずいい神様が勝つ」と、現世の不条理をタイムラグで説明する教団でした。

 カタリ派の教義はキリスト教の正統教義と激しく対立してローマ教会を厳しく批判します。「イエスはどんな生活をしていたか。何も持たずに世の中を回って教えを説いていたで。今のローマ教皇は何をしているのや。宮殿に住んで、おいしいご飯を食べて、きれいな服を着て、女性をたくさんはべらせているやないか」と。

 痛いところを突かれたローマ教皇は、絶対に許さないと「異端審問制度」をつくります。これはキリスト教の中でもローマ教会だけです。ほかの宗派はこんな制度は持っていませんし、世界のすべての宗教の中でも異端審問制度を持っている宗教は他にはありません。だって嫌だったら出ていけばいいだけの話ですよね。教会側も異端と思ったら追放すればいいだけなのに、それを処罰して、場合によっては死刑に処すというわけですから。

 この制度はローマ教会固有のものですが、こんな制度を考えついた理由は、おそらく教皇領という領土を持ってしまったからだと思います。領土を持つことでローマ教皇は世俗の君主にもなったわけですから、国で罪を犯した人は国で処罰する、と考えます。その連想で異端審問制度を思いついたのではないか。つまり、領土を持った教会という特徴が、この異端審問制度には表れているのかもしれません。

 フェデリーコ2世は1250年に亡くなりますが、19~20世紀にかけて、ブルクハルトという歴史学者がフェデリーコ2世のことを「近世初の知的君主である」と述べています。当時はキリスト教を信じ、神が絶対だという思想がヨーロッパにまん延していたのを、合理的な精神で相対化したおそらく最初の君主だったという指摘です。

 フェデリーコ2世については、塩野七生さんがフェデリーコ2世の生涯に関する本を書いています。その本の最初に、フェデリーコ2世にほぼ400年遅れて生まれたダ・ヴィンチのメモとフェデリーコ2世が自分で書いた文章が並べて置かれています。自然に対する見方がほとんど一緒なのです。いかにフェデリーコ2世が新しい君主だったかということが分かります。




チンギス・カンの即位に始まるモンゴル帝国の拡大

 ヨーロッパでホーエンシュタウフェン朝のフェデリーコ2世という傑物が生まれたこの時代、広大なユーラシア大陸では東西から2つの太陽が昇りつつありました。西方ではホラズム・シャー朝のムハンマドという開明的な君主がセルジューク朝を滅ぼし、ほぼユーラシアの西半分を支配しました。東方ではチンギス・カンが即位していました。ウイグルの滅亡から約350年ぶりにモンゴル高原が統一されたのです。

 両雄相並ばずといいますが、東からも西からも太陽が昇り始めたら、これはもうけんかをして決着をつけるしかないですよね。そこでこの2つの太陽は衝突するのですが、あっけなくモンゴルが大勝します。ホラズム・シャー朝が引いたのです。大相撲に例えると、ぶつかったときにぱっと引けば、相手はばたっと倒れます。ところが、タイミングをちょっと誤れば、引いた瞬間にずずっと押し込まれて、そのまま土俵を割ります。だから、ホラズム・シャー朝があっけなく滅んだのは、大相撲の引くタイミングを誤ったと考えるのが一番分かりやすい。引くタイミングを誤ったので、そのままずずっと押し込まれて、モンゴルの天下になりました。

 モンゴルがユーラシアを支配しているとき、インドでは1206年にアイバクというマムルークがゴール朝から自立してマムルーク朝を建て、上手にモンゴルの攻撃をかわしました。ここで面白いのは、早くも1236年にラズィーヤという女性の君主が出ていることです。

 遊牧民の間では男性でも女性でも血筋がしっかりしていて有能ならば、君主になれるということです。実はイスラム世界では、当時のヨーロッパに比べてはるかに女性の地位が高く、財産の相続権も認められていました。ですからインドのような男尊女卑の厳しい世界でも、女性がスルタンになることができたのです。

 チンギス・カンが死んだ後、クリルタイ(大集会)を経て3男のウゲデイが即位するのですが、ウゲデイは1236年にはるか西方の征服を目指してバトゥを大将にして軍団をヨーロッパに送りだします。バトゥはチンギス・カンの長男ジョチの子どもです。

 この大西征軍はキエフを落とし、ハンガリーの大草原に達するわけですが、ウゲデイが何を考えたかというと、広い世界を次の世代に見せようと考えたわけです。つまりチンギス・カンの孫たちの世代です。大西征軍には次男チャガタイ、ウゲデイ、4男トルイのこどもたちが加わっていました。

 この中でめちゃくちゃ優秀だったのがモンケです。モンケはチンギス・カンの4男のトルイと、ソルコクタニ・ベキというキリスト教徒のお母さんの間に生まれた4人の男子の長男です。モンケは西征の途中にユークリッドの『幾何学原論』を趣味で読んでいたというような賢い人で、広いユーラシアを旅している中で時差の存在に気がつきます。

 また、モンケの兄弟(クビライ、フレグ、アリクブケ)は全員が超優秀でした。モンゴルの王族とキリスト教徒のお母さんですから、ダイバーシティーがありますよね。

 ウゲデイが死んだとき、大西征軍はハンガリーから葬儀に参加するために帰途につきます。ただし、ジョチはウゲデイの子ども、グユクと大げんかをしていたので、モンゴルに帰っても自分が大カアンに選ばれる可能性はないと考え、ヴォルガ川のほとりに残って、ジョチ・ウルスをつくります。昔は日本ではキプチャク・ハン国と呼ばれていましたね。ジョチの国です。

 モンゴルではクリルタイを経てグユクが即位しますが、バトゥがモンゴルに帰ってこないので、「これは反乱のつもりじゃないか」と考え、バトゥを滅ぼそうと西に出発します。しかし、途中でグユクは死んでしまいます。おそらくバトゥが暗殺したのでしょう。

 そうなると、今度はバトゥとモンケは仲がよかったものですから、バトゥの大軍団に守られて、モンケが皇帝になるのです。ここでウゲデイ、グユクと続いてきたウゲデイ・ウルスは粛正されてほぼ消滅してしまいます。

 モンケは非常に優秀ですから、二男のクビライには「中国をやっつけてこい」と指示して、三男のフレグには「もう1回、西へ行くんだ」と指令を出します。ただ、そのときフレグには「ペルシャの地には優れた天文学者や科学者が山ほどいると聞いた。連れて帰ってこい」と命じます。時差に気がついたモンケはより優れた暦を作ろうとしたのです。

 クビライは雲南から南宋を攻めるのですが、極めて慎重な性格でしたから果敢な性格のモンケから見たら、クビライがさぼっているように見えます。それで「南宋なんかイチコロやないか、もう待っておられへん」と、クビライをクビにして自分が最前線に出ていったところ、病原菌に冒されて死んでしまいます。

 フレグの大軍団は既にバグダードを落としてシリアに入り、エジプトまであと一歩というところだったのですが、モンケが死んだことを知って軍を返します。たぶんフレグはお兄さんのクビライが失脚したことを知っていましたから、帰ったら、自分が後を継げると思ったのかもしれません。

 ところが、クビライはさっさと自分の仲間だけを集めて、開平でクリルタイを開き中国でカアンになってしまったので、フレグは途中で帰るのをあきらめて、ペルシャで自立します。これがフレグ・ウルス(1258年~) です。昔はイル・ハン国といわれていました。

 フレグは、マラーガに大天文台をつくります。モンケの命令を覚えていたんですね。マラーガというのはフレグ・ウルスの最初の首都です。このマラーガの天文台で集めたデータがイル・ハン天文表になって、これが中国に流れて、郭守敬やジャマール・ウッディーンが作った授時暦という暦になります。

 これはヨーロッパのグレゴリオ暦よりも300年以上早い優れた暦ですが、この暦を江戸時代に日本に持ってきて、北京と江戸の時差を調整して、渋川春海が日本の暦を作りました。この話は映画にもなりましたよね。だから、江戸時代に渋川春海が暦を作ったのは、実はモンケの発想がきっかけになっているのです。そう考えると、歴史って本当に面白いですね。

 フレグはシリアから戻ってペルシャの地にフレグ・ウルスをつくった後、しばらくして死んでしまいます。しかしフレグは帰るとき、占拠したシリアのダマスカスに守りの部隊を置いて、そこの大将に「帰ったらまた援軍を送るから、ちゃんとシリアを守って勝手によそに攻めていったらあかんで」と言い残しました。

 しかし、シリアに残ったモンゴルの大将は、命令を守りませんでした。「命令違反をしても誰もしかるやつはいない。シリアを守っているだけでは退屈だ。エジプトなんか大したことはない、自分たちの軍団だけで簡単に攻め落としてやるわ」と考えて南下し始めます。

 そのときにエジプトにいたのが、マムルーク朝のバイバルスという将軍です。彼はキプチャク人のマムルークでした。つまりトルコ人です。フレグの残存部隊もキプチャク人を含めてトルコ人が中心ですから、「アイン・ジャールートの戦い」という有名な戦いは、実はトルコ人同士が戦ったわけです。

 同じ騎馬遊牧民が戦ったら、土地の地理を知り尽くしているバイバルスが勝つに決まっていますよね。ここでモンゴルは止められて、バイバルスは大英雄になります。史上無敵といわれたモンゴル軍を破った者はほかにはいません。ですからバイバルスは、サラディンに次ぐアラブの英雄になって、マムルーク朝を強国にしました。




銀と紙幣で貨幣経済を広げた合理主義者のクビライ・カアン

 自分の勢力範囲の中国だけでクーデタを起こしてカアンになったクビライですが、当然本家モンゴルに残っていた人々は「おかしいやないか。今までウゲデイもグユクもモンケも全部モンゴルでクリルタイを開いて選んできたやないか」と反発します。そこで残っていた末弟のアリクブケを押し立てて、カアンにして、アリクブケとクビライという実の兄弟で戦うことになるわけです。これは中国とモンゴルの戦いを意味し、仮にカアンとしての能力は一緒でも中国が勝つに決まっています。GDP(国民総生産)が桁違いですから。

 しかし、クビライは自分の正統性に疑問を持っていたので、1266年に大クリルタイをきちんと開いて正統な大カアンに認めてもらおうと思い、弟のフレグや、チャガタイの孫のアルグ、バトゥの弟のベルケなど、フレグ・ウルス、ギャガタイ・ウルス、ジョチ・ウルス、それに中国という4つの大モンゴルのグループを全部呼んでクリルタイを開き、正式に認めてもらおうとします。

 ところが、クリルタイをやるという伝令が走った頃に、フレグもアルグもベルケも全員病気で死んでしまいます。そうなるとどこも後継者争いで大変ですよね。クビライはここであきらめます。考えてみたら、ロシア、イラン、中国は相当離れています。クビライがある程度気脈を通じていたフレグやアルグ、ベルケが生きていたらよかったのですが、後継者争いが起きたら誰がなるか分からない。そんな中でクリルタイにエネルギーを使っていては無駄です。クビライはそう考えて、中国に大元ウルスという国をつくりました。自分は中国の皇帝で十分だと割り切ったわけです。

 ここがクビライのすごいところだと思うのです。クビライは経済センスが抜群にありましたが、どこで勉強したのか何も分かっていません。実はクビライの前半生、少年時代、青年時代に何をしていたのか何も文献がないのです。

 こんなクビライですが、彼は銀の大循環を始めます。大元ウルスは宗主国ですから、クビライの宮廷には例えばイランのフレグ・ウルスから「新年おめでとうございます」と年賀の使いが来るわけです。

 中国の伝統は朝貢貿易です。何かをもらったら倍返ししなくてはなりません。そこで銀錠という銀の塊を渡します。当時、世界の通貨は銀でしたから、今に例えればトランクいっぱいのドル札を渡したようなものです。うれしいですよね。喜んで銀をもらって帰ります。

 でも、ペルシャのフレグ・ウルスのモンゴル人貴族には銀の使い道が分かりません。そこでオルトクというアラブ人やペルシャ人の商人(商社)に「きちんと利息を付けて返すんやで」と、この銀錠を貸し出します。この銀錠をもらったオルトクは中国に行って、お茶や陶磁器、絹を買い付けます。こうして銀はクビライの下に戻ってきて、それを商業税という形で吸い上げる。このように銀をぐるぐる回すことで、マネーサプライを操作したのです。しかも、クビライは紙幣も造っています。

 商売を盛んにして銀を循環させようと考えたとき、一番邪魔になるのは山賊や海賊です。そこでクビライは山賊や海賊を厳しく取り締まりました。そのおかげでマルコ・ポーロと呼ばれている誰かが、安全に中国を旅行できたのです。要するに、ユーラシア規模の楽市・楽座政策をクビライは実行したのです。

 銀が循環し、銀と紙幣で商売ができるようになると、宋の時代に供給していた銅銭がいらなくなります。もう1回、銅を鋳つぶして固まりにするのにはコストがかかります。どうしようかと考えているとき、周辺国が銅銭を欲しがりました。日本では少し前に平清盛という天才が現れて銅銭を本格的に輸入して、日本に貨幣経済を行き渡らせるようにしたのです。このようにして、人類史上初の大グローバリゼーションがクビライによって完成されました。

 また、クビライは交易をベースに考えていたので、運河を介して天津という港に通じる大都という都を新しくつくり始めます。これは今の北京ですが、中国の都でゼロから新しくつくった都は実は大都が唯一の例です。長安にしろ、洛陽にしろ、昔からあった町を都にしたのです。

 この大都を実質的に設計したのはアラビア人でした。クビライは有能な人間は国籍フリーで使っていました。当時のヨーロッパは、イスラム教徒の首を切ったやつが偉いとローマ教皇が考えていた時代でしたが、クビライは「思想とか宗教は目に見えへん。そんなもので首を切っていたらもったいないやないか。そんなものはどうでもええ。何ができるかを聞いて、できることをやらせたら、国は富むんや」と素晴らしい近代性、合理性を持った英傑でした。

 13世紀は、フェデリーコ2世やクビライのように極めて近代的で合理的な天才が東西に現れた面白い時代です。




クビライの中国統一。日本に攻めてきたのは軍人の失業対策

 クビライといえば、日本とモンゴルとの戦争、文永の役(1274年)と弘安の役(1281年)が有名です。どうして日本にモンゴル帝国が攻めてきたのか、皆さんはもう知っていると思います。クビライはあまり戦争はしたくなかったようです。何度も何度も使節を送ってきています。戦争になったのは、日本が返事をしなかったからでしょう。

 当時、鉄砲が普及しつつあったので、クビライは硫黄が欲しかったのだと思います。九州には硫黄が山のようにあります。硫黄島があり、阿蘇山でも硫黄が取れます。日本は世界に売れる商品がなかったという話をしました。欲しいものがなかったので、それまで誰も来なかった。でも、初めて硫黄が世界商品になったので、クビライが来たのです。ただ、その後、他でも硫黄が発見されたので、日本の硫黄のニーズはそれほど強くはなくなりました。

 1276年、バヤンという将軍がついに南宋を接収して、クビライは中国を統一します。バヤンは27歳ぐらいでフレグ・ウルスから大都にあいさつに来た外交官です。当時は公使か一等書記官ぐらいです。遠くペルシャから来たバヤンにクビライは、「名前を言うてみい。何が好きや」などと聞いたのでしょう。面談というか、宮廷であいさつを交わしたわけです。そのときにバヤンの受け答えが際立っていたので「お前、賢いな。俺の部下にならへんか」と言って、部下にしました。

 そのバヤンが35~36歳のときに総司令官となり、南宋を攻略します。普通なら、中国を統一するという大事業であれば、クビライに従って「開平のクリルタイ」に付いてきた将軍や、自分が慣れ親しんだ部下を総司令官にするところですが、ペルシャから来た30代の若者を総司令官に抜てきする。いかにクビライのセンスが素晴らしいかが分かります。能力のある人間をしっかり使えるということが一番素晴らしいところです。

 クビライはほとんど戦わずして勝ち、南宋を接収しました。そうすると、宋の官僚や軍人は無傷で生き残っていますから、官僚や軍人に仕事を与えなければなりません。そこでクビライは、大出版事業を始めます。南宋の官僚に「中国は偉大な国や。文化を守らなあかん。金はいくらでも出すから文化を守るんや」と言って、孔子の子孫を大事にし、がんがん出版させます。そうして『大字本』、『小字本』という2つの系統ができるのですが、そのうち軽くて持ち運びに適した『小字本』を禅僧が日本に持ち込んで五山文化が生まれるのです。

 では軍人はどうしたかというと、クビライは全アジアに遠征軍を送り、「勝ったらそこを領土にして切り取り放題で住み着いていいで」と指示しました。これはいわば軍人救済の大公共事業ですよね。極端にいえば、勝っても負けてもいいわけです。

 例えばミャンマーは滅びました。軍人はそこに残って支配者になればいいわけですから中国で悪さはしません。負けて死んだら悪さはできないわけです。実際、弘安の役で日本にやって来た船にはくわやスコップなどが大量に積んでありました。つまり、これは勝ち負けというよりも、南宋の軍人の失業対策事業だと考えた方が分かりやすいと思います。そういう意味で、クビライの政策は本当にすごいですね。

 クビライの死後は、もうクリルタイは開かれなくなり、大元ウルスは世襲制の王朝になります。科挙も復活しました。クビライのときは、能力本意で全世界を支配しようと考えていたので、内閣の大臣のポストはアラビア人やソグド人など他民族が中心になるわけです。日本でいえば英語ができないと大臣にしないという話です。ということは10年、20年かけて科挙の受験勉強をしてきた人たちは、試験に受かれば大臣になれたのに、そのポストを全部外国人に取られてしまったという状況が起こります。それを恨んでいたんですね。ここから異民族を嫌う朱子学が生まれます。




フランス人を“皆殺し”にした「シチリアの晩鐘」

 イタリアでは、その後フェデリーコ2世の子どもたちが相次いで若くして死んでしまいます。コンラート4世が急死し、庶子のマンフレディがシチリア王国を統治するのですが、1266年にフランス聖王ルイ9世の弟、シャルル・ダンジュー(アンジュー公シャルル)と戦います。ここでマンフレディも戦死してしまい、シチリア王国はシャルルのものになります。コンラート4世の子ども、コンラーディンもシャルルに敗れて刑死します。
 シャルルの後ろ盾はローマ教皇です。なぜ教皇がフェデリーコ2世の子孫を憎んだかといえば、ホーエンシュタウフェン朝というフェデリーコ2世の一族はドイツ、北イタリア、南イタリア、シチリアを領有しているわけですから、教皇の領土がサンドイッチのように挟まれていました。両方から圧迫を受けるのは誰でも一番嫌ですよね。

 しかもフェデリーコ2世は教皇の言うことを聞かないで、イスラム教徒の首を切らずに話し合いをしたのです。だから教皇はホーエンシュタウフェン家を憎んでいました。そこでシャルルをイタリアに誘ったのです。シャルルは領土をくれるんだなということでシチリアに攻め入ったわけです。ところが、シチリア王となったシャルル・ダンジューは乱暴な支配を行います。

 ここで有名な「シチリアの晩鐘(ばんしょう)」という事件が起こります。シャルルの支配に反発したシチリアの島民が、教会の鐘の音を合図にフランス人を皆殺しにしたという有名な事件です。マンフレディの娘婿だったアラゴン王のペドロ3世が島民の支援に回り、シチリア王国はアラゴン王のものになるわけですが、シチリア王国が一時フランス王家のものになったことを覚えておいてください。これがルネサンスにフランス王がイタリアにちょっかいを出す理屈になるわけです。「もともとシチリアと南イタリアは俺の領土だったで」というわけです。

 フェデリーコ2世が死んだ後、子どもや孫もイタリアに行って死んでしまったので、ドイツではみんなが認めた王様がいなくなります。それを大空位時代(1254~73年)と呼んでいます。

 ドイツの諸侯は考えます。有力で賢い人間を王様にしたらまたイタリアに行ってしまう。だからイタリアに行く根性がないような、あまり賢くない人間を王様にしたら感謝してドイツに残ってくれるのではないかと。そこで、1273年にスイスの小さい領主だったハプスブルグ家のルドルフをドイツ王に推挙します。ここからハプスブルク家の幸運が始まるわけです。

 ドイツ王になったルドルフは、実は結構くしたたかでした。ドイツに全く領土がないので、1278年にボヘミア王を破りオーストリアを自分の領土にして、ハプスブルク家はウィーンをゲットします。

 ただ、ルドルフに放っておかれた上に兵やお金を要求されたスイスの人々は腹が立ち、1291年にスイスの3州が永久同盟を結んでハプスブルク家をスイスから追放します。ここからスイスの永世中立がスタートを切ったのです。

 1285年、フランスにフィリップ4世という有能な王様が生まれます。フィリップ4世は、ローマ教会が全部ローマにお金を送るのを差し止めます。フランス人が教会に寄付したお金はフランスのお金なんだから国内に回すべきだというわけです。いわゆる、キャピタルフライト(資金の逃避)をくい止めたわけです。

 すると、ボニファティウス8世というローマ教皇が1300年に、信者に金を持ってローマに来させようと、“聖年”というアイデアを考え出します。「この年にローマにお参りしたら、めちゃ御利益があって天国に行けるで」と。そうすると人々は、「1300年のうちにローマに行かなくちゃ!」と思ってみんな行くわけです。この「聖年」は最初は50年に1回でしたが、その後25年に1回となって現在でも行われています。いかに効果があったかということが分かりますよね。

 人間は、やはりそういうお祭りが好きなのです。しかし、フィリップ4世が激怒するのも分かりますよね。




英仏100年戦争とフィレンツェの銀行家の没落

 ボニファティウス8世の聖年に激怒したフィリップ4世は、ローマ教会を懲らしめようとまず三部会を創設します。ローマ教皇は一応権威がありますから、戦うためにはみんなの意見を聞いて足元を固めておこうとしたのです。フランス革命の元になった三部会は、いわばこうした不純な動機で始まったわけです。

 三部会は1303年、フィリップ4世の有能なレジスト(政治顧問)だったギヨーム・ド・ノガレをアナーニというローマ郊外の避暑地に派遣して、そこで休んでいたボニファティウス8世を捕まえてしまいます。ボニファティウス8世は激怒のあまり憤死したといわれています。「フランス王の使節ですよ」といわれて出ていったら、捕まって幽閉されたのですから激怒するのも当然でしょう。ひょっとしたら、暗殺されたのかもしれません。

 フィリップ4世は、教皇をローマに置いておくと聖年など勝手なことをするからフランスに連れてきてしまえばいい、と考えて、アヴィニョンに教皇を連れてきます。こうしてアヴィニョン時代が始まります。でも考えてみたら、フィリップ4世ってすごい王様です。教皇の権威をものともせず、いうことを聞かせるためにフランスに連れてきたのですから。これを「アヴィニョン捕囚 」(1309~77年)と呼んでいます。

 それだけではありません。テンプル騎士団を解散させ、財産を没収。幹部を殺してしまいます。テンプル騎士団は聖地をマムルーク朝に追われましたが、膨大な財産を持っていたので、フィリップ4世はそれを狙ったのです。テンプル騎士団の一斉逮捕が1307年10月13日の金曜日の出来事でした。

 テンプル騎士団は火あぶりにされたとき、のろいの言葉を吐いたといわれています。フィリップ4世には3人の男子がいて3人とも順番に王様になるのですが、男の子どもができずにカペー朝はとうとう滅んでしまいました。だから13日の金曜日は縁起が悪いという伝説が生まれたのです。カペー朝の断絶は単なる偶然で、のろいではないと思いますが。

 1328年、フランスではヴァロワ朝が始まります。カペー朝はフィリップ4世の子どもが全員死んでしまったので絶えたのですが、これまで男の子どもが順番に生まれ、350年も続いたというのはカペー朝の奇跡です。その後は、フィリップ4世の弟の子どもがヴァロワ朝を開いたので、血統上は何の問題もありません。

 この頃にはロシアにモスクワ大公国が誕生します。モスクワ大公が当時ロシアを支配していたジョチ・ウルスにゴマをすって領主にしてもらったのが始まりです。

 そして、英仏の百年戦争が始まります。これは、イングラン国王エドワード3世のお母さんがフィリップ4世の娘だったことに始まるものです。フランス側ではフィリップ4世の弟の子どもが跡を継いだので何も問題はないのですが、エドワード3世は、「直系という意味ではこちらが正統だ」という完全な屁理屈(へりくつ)で戦争を始めたのです。エドワード3世にしてみれば、ジョン以来大陸に打って出る根拠がなかったのでちょうどいい屁理屈ができたという話ですね。

 これをけしかけたのが、実はバルディ家とペルッツィ家というフィレンツェの大銀行家でした。エドワード3世が勝つと思っていたのですね。なぜかといえば、イングランドは遠くまで飛ぶ長弓を持っていたウェールズを占領して、新兵器を手に入れていたからです。フランスとイングランドのGDPを比べると、当時は3:1ぐらいでしたが、フィレンツェの銀行家は、新兵器があれば勝てるだろうとエドワード3世に懸けたわけです。その結果、クレシーの戦いでエドワード3世の王太子(黒太子)がフランス軍を破ります。

 しかし、最終的にはイングランドが負けて、フィレンツェの銀行家は全部つぶれてしまいます。借金の取り立てができなかったからです。フィレンツェの大銀行が全部つぶれたことで、権力の空白ができます。つまり、新興の銀行家が参入する余地ができました。それによって台頭したのが、メディチ家です。ラッキーですよね、大銀行がリスクを取ってみんなつぶれてしまったのですから。




寒冷化によるペストの大流行と、中国・明の暗黒政権

 モンゴル世界帝国は14世紀の初めに極盛期を迎えますが、この頃から寒冷化が始まります。寒冷化が始まると、食料が十分に供給されなくなるわけですから、人間の体力が弱ります。人間の体力が弱って一番喜ぶのは病原菌です。その結果、ペストがはやり始めました。

 不幸なことに、それまで東アジアとヨーロッパ、そしてインドはそれぞれ分断されていました。だから、病原菌もそれに対する人間の抗体も違ったわけです。ところがモンゴルはがんがんインドに攻めていってヨーロッパと東アジアは結ばれました。病原菌が、人間を媒介にしてユーラシア全体を自由に行き来できるようになったわけです。これがペストの始まりです。

 1330年代にペストが大発生して、大元ウルスはペストで滅んだといっても決して過言ではありません。ユーラシア大陸全体で人口の3分の1ぐらいが死に絶えました。

 ここで覚えておいてほしいのは、生き残った人はめちゃ強いということです。要するに東アジアの病原菌にも、インドの病原菌にもヨーロッパの病原菌にも負けないで生き残った人は、全ての病原菌に対する抗体を持っている。だから、めちゃくちゃ強い。この強い人たちが後に、コロン(コロンブス)の船でアメリカ大陸に渡り、くしゃみをして病原菌をまき散らしたらどうなりますか? アメリカ大陸の人は全員死んでしまうわけです。だから、モンゴルによるグローバリゼーションというのは病原菌にとってのグローバリゼーションでもあったわけです。

 13世紀は気候がまだ温暖でご飯がいっぱい食べられたのでみんな元気だったのですが、14世紀に寒冷化して栄養が取れなくなるとペストの好機になるわけです。その大混乱の中で、中国では「紅巾の乱」が起こって大元ウルスがモンゴルに撤退して明という政権ができます。中央アジアではモンゴル帝国がペストでがたがたになった後、ティムールという英雄が現れて大帝国をつくることになります。「パクス・モンゴリカ」といわれているグローバリゼーションは、地球の寒冷化とペストによって滅んでしまったと考えてください。

 パクス・モンゴリカが終わっていく中で誕生した中国の明は、大変な暗黒政権でした。明の初代皇帝である朱元璋(しゅ・げんしょう)は貧農の生まれで、学がなくインテリと商人を憎んでいました。宦官(かんがん)にすら文字が読めるかどうかを試すテストをして、読める人間を全部殺しました。文字が読めたら改竄(かいざん)するかもしれないと思ったわけですね。めちゃめちゃですよね。字が読めるかどうかと聞かれて、はいと答えたらみんな首を切られるわけです。

 そして、言いがかりをつけて功臣をすべて粛清します。10万人ともいわれていますが、これは農民や兵隊を殺したのではありません。明をつくった自分の功臣を全員殺しているわけですから、すさまじい。霞ケ関の役人だけで10万人殺したようなイメージです。しかも対外的な交易を禁止します。海禁(鎖国)です。つまり朱元璋は農民を農地に縛り付けようとしていたのです。自分が農民なので、商売を憎みインテリを憎んでいました。鎖国をしてしまえば商売もできません。だから中国で最大の暗黒政権だと思います。貨幣すらなくそうとした政権ですから。

 そうなると倭寇(わこう)と呼ばれる海賊が生まれます。海禁やといわれても、海で生きてきた人は今さら農民や兵隊にはなれません。だから鎖国が倭寇を生んだのです。倭寇の実態は、中国、朝鮮、2本の海民の共和国だったと思います。朱元璋がやったことは、一世一元という、皇位の継承があったときにだけ元号が変わる日本に唯一残っている制度のほか、三跪九叩頭(さんききゅうこうとう)の礼があります。これは、「皇帝の前では3回ひざまずいて9回頭を地べたに付けないといかん」というものです。こういう愚かなことを始めた暗黒政権です。

 前述したように宦官の学問の禁止令も出します。宦官は単なる奴隷だから学問をするだけで首を切る、という話ですから、恐ろしい政権です。孫の建文帝が即位した後、北京の永楽帝が反旗を翻します。「靖難の変」です。何で北京の政権が勝てたかというと、朱元璋が功臣を殺しまくっていたので、お金は山ほどあり兵隊も山ほどいたのに、将軍がいなかったのです。スターリンが赤軍を粛清してナチスドイツに最初負けたのと似ていますよね。




荒れるヨーロッパと「ルネサンス」の予感

 ヨーロッパに話を戻しますが、ペストが大流行して2つの思想が生まれます。1つは、「こんなにたくさんの人が死んでしまうのなら、もっともっと神様に祈らなければならない」というものです。これが「メメント・モリ」(死を思え)という思想です。もう1つは、「こんなに簡単に死ぬのだったら、生きているうちに遊んでおかなければあかん」という真逆の思想です。後者の考えがボッカッチョの『デカメロン』を生むのです。「祈っても死ぬかもしれないから、ご飯を食べた方がええで」というもの。これが、ルネサンスを準備します。

 ドイツでは大空位時代を経て、ハプスブルク家のルドルフがドイツ王になりましたが、ハプスブルク家は最初はおとなしくしていたので諸侯の力が強くなります。ザクセン朝とかザーリアー朝とかホーエンシュタウフェン朝のような強大な王権が生まれないということは、都市国家にとってはものすごくラッキーなことです。ドイツに大きい権力がないことが、リューベックやハンブルクという都市が1358年に結んだ商業同盟を起点とするハンザ同盟を大きくします。

 ハンザ同盟はその最盛期にはロシアからイングランドに至る200余都市を網羅しましたが、そのパワーの源泉は、リューベックの近くのリューネブルクで産した岩塩と、ノルウェーのあたりで山ほど取れたタラでした。塩とタラを結び付けて塩漬けの技術を完成させて保存が利くようにし、それが世界商品になってがんがん売れたというわけです。

 それまでは塩漬けの技術がなかったので、ヨーロッパで魚といえば全部淡水魚でした。今の中国と一緒ですね。海の魚が自由に食べられるようになったのは、ハンザ同盟のおかげです。

 ハンザ同盟が大きくなってくると、生意気だということで、海峡に関所を設けて税金を取ろうとしたデンマークと戦争が起こります。1370年、ハンザ同盟軍がデンマークに勝利したことで、ハンザ同盟が栄えるきっかけになりました。いくらいい商品があっても税金をがっぽり取られたら誰ももうかりません。ここから、ハンザ同盟とデンマーク、北欧諸国の戦いが始まります。

 1377年、ローマ教皇はグレゴリウス11世の時代になって、ようやくアヴィニョンからローマに戻ることができました。

 そして1396年、ニコポリスの戦いが起きます。最初、アナトリア半島で産声を上げたオスマン朝という小さいトルコ人の国が、アナトリア半島ではトルコ人の国がたくさんあってなかなか大きくなれないので、バルカン半島に移ってそこで国づくりを始めます。ヨーロッパサイドにトルコ人の異教徒の国ができ始めたので、ハンガリーの王様が「これは殴らないといかん」と危機感を持ったわけです。そこで、ニコポリスでオスマン朝と戦いましたが完敗します。これを機に、オスマン朝が勢力を拡大し始めます。

 その頃、中央アジアで大帝国をつくったティムールは、インドのデリーを落とした後、その勢いでアナトリア半島に向かいます。やがてここで2つの太陽、オスマン朝とティムール朝の争いが起こるのです。

 14世紀の終わりごろ、ジョヴァンニ・ディ・ビッチという人がローマで小さく営んでいたメディチ銀行をフィレンツェに移します。フィレンツェの大銀行は百年戦争でつぶれていたのでルネサンスのブルーオーシャンだったわけです。スカンディナビアにあるノルウェー、デンマーク、スウェーデンはカルマル同盟を成立させます。これは1国ではハンザ同盟に勝てないから協力してズンド海峡を通るハンザ同盟船から税金を取ろうという試みです。こういう形でハンザ同盟に触発されて北欧諸国が団結していきます。

 以上が、13~14世紀の世界です。特に14世紀は、大局的に捉えると、大流行したペストの影響で次の時代を予見する荒れた時代だったことが分かっていただけると思います。