出口治明の「5000年史」講座


  第4回

温暖化が中国を大繁栄に導き、権力の空白が十字軍を生んだ
イスラムの拡大と中世の春をもたらした11~12世紀

 出口 治明

出口治明氏 立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。1972年、京都大学法学部卒業後、日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年上場。10年間社長、会長を務める。2018年1月より現職。(写真:山本 厳)

これまでに世界1200都市以上を訪問し、読んだ本は1万冊以上という「知の巨人」、立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長の世界史講座。第4回は気候が温暖化した11~12世紀。中国では様々な革命が起きて急速に豊かになり、中東では権力の空白が生じて十字軍が誕生。イスラムがインドやアフリカにも広がり、ヨーロッパはイスラム世界からギリシャの古典を再輸入して「中世の春」と呼ばれる時代に。

■目次

唐から宋へ、気候温暖化と革命ラッシュで人口が1億人の大台に
宋を安定させた“ODA”システム
中産階級の育成と富国強兵策
イスラムのインド・アフリカ進出
12世紀ルネサンス
皇帝と教皇の対立と十字軍の誕生
“オールスター”の第3回十字軍
希代の天才、フェデリーコ2世の誕生
朱子学の誕生と平清盛の貨幣経済導入
中世の春と「ノートルダム」



唐から宋へ、気候温暖化と革命ラッシュで人口が1億人の大台に

 中国の長い歴史の中では、唐から宋に移る時代(11世紀初頭)が大革命(構造改革)の転機でしょう。前回、科挙が完成して、全中国から集まった有能な官僚が皇帝独裁制を確立したという政治革命の話をしました。皇帝と、全国から集まった有能な官僚が結び付くと、外戚や貴族の出る幕はなくなります。この時代、日本では外戚の藤原道長が我が世の春を謳歌していたことに比べれば、ものすごく進歩した社会です。

 それから、次に農業革命が起こります。これは気候が温暖になり、暖かくなったときにチャンパ米という早生(わせ)のお米が入ってきて、二期作ができるようになったからです。簡単にいえば、生産性が上がって食料が倍つくれるようになったわけですから、倍の人口を養うことができました。それまでの中国の人口は漢の時代も唐の時代も最大5000万~6000万人でしたが、この時代に1億人の大台に乗ります。

 この頃、お茶が普及してきて、みんながお茶を飲むようになります。すると陶磁器産業が発達します。有名な陶磁器の景徳鎮の名称(景徳)はこの時代の年号です。また、燃料としてコークスも使われるようになって、高温で料理ができるようになりました。中国料理の完成です。いまでも中国料理は高温の油で食材を揚げますよね。

 海運革命も起こりました。ジャンク船は絵で見たことがあると思いますが、船室をたくさんの小さい部屋で仕切ってあるので、穴が空いても簡単には沈みません。海上では羅針盤も実用化されるようになりました。

 中国が海に出ていくことになったので、媽祖(まそ)という福建省の娘が海の神様になってあがめられるようになりました。966年には広州に宋が市舶司を置いています。これは税関で、役所の組織をつくって国が率先して海に乗り出し始めたのです。

 ほかにも唐から宋への間には様々な革命が起こります。長安と、東京(とうけい)とも呼ばれる開封(かいほう)の町を比べてみると、長安は門がありました。この門は夜になると閉じられます。一方、開封は不夜城です。茶館や喫茶店、パブができ、劇場では人々は講談を楽しみました。そこで大人気となった名裁判官の包拯(ホウジョウ)の物語は「大岡越前」の物語の祖型です。大道芸も発達しました。

 いかに開封が夢のように華やかな町であったかということは、中国の国宝中の国宝である『清明上河図』や『東京夢華録』に記録されています。

 こんなにいいことだらけに見える宋の時代ですが、1つまずいことは女性の地位が変化したことです。開封は北京と広州を結ぶ京杭運河の結節点にあった交易の町です。唐の時代、拓跋国家の女性は本当にたくましく、男性顔負けでした。ところが、豊かになったことで「女性は働かんでもええ。家の奥にいて、なよなよしていればええんや」という風潮が生じてくる。要するに、専業主婦という生き方が可能な経済状態になったところに儒教が加わったので、例えば、なよなよ歩くのがセクシーだということで、足を固めて人間の足をハイヒールにする纏足(てんそく)といった風習が起こってきます。宋の時代から女性は家の中に閉じ込められるようになります。これは朱子学の影響が大きいものと考えられています。



宋を安定させた“ODA”システム

 宋の時代が安定したのは、「?淵(せんえん)システム」がうまく働いたからです。北にあったキタイ(契丹)という国では第6代の聖宗(せいそう)という名君が即位していました。中国の歴史でこの聖という字が付いているのは、聖宗と「聖祖」という廟号を持つ清(1616~1912年)の康熙帝(こうきてい)の2人です。康熙帝は説明するまでもなく、中国史上で最も優れた皇帝の1人ですね。いかに契丹の6代皇帝がすごかったかということです。

 この人が大軍を率いて、南下してきます。宋は第3代真宗(しんそう)という坊っちゃんの時代です。真宗は慌てて「長江の南に逃げよう」と言い出します。でも、幸か不幸か、寇準(こうじゅん)という根性がある大臣がいたので、真宗をひっぱたくわけです。「何を言っているんですか、あなたは中国の皇帝ですよ。GDP(国内総生産)はうちの方が上です。負けませんで」と言って、嫌がる真宗の首に縄を付けて、?淵というところまで引っ張っていき、ここで大軍と大軍が対峙します。

 そこでどうしたかというと、寇準と聖宋が交渉して?淵の盟という同盟を結ぶのです。要するに、これは政府間開発援助(ODA)です。銀10万両と絹20万匹を与えるから、平和に暮らそうねという話です。

 これは朱子学では後にお金で平和を買った屈辱的な条約だと曲解されますが、現在のODAと一緒です。豊かな宋がキタイに銀と絹を与え、その銀と絹をもらったキタイはそれで中国の陶磁器や絹を買いあさるわけで、またお金が戻ってくるわけです。こういう優れたシステムで300年間中国は安定するのです。それが「?淵システム」です。

 ところが、真宗は都へ帰って「ああ、怖かった」と思っているわけです。そうすると、茶坊主がそこにしゃしゃり出て「怖い思いをさせた寇準はけしからんから首にしましょう」と進言して首を切ってしまう。そして、「あなたは恥をかいたんだから、恥をそそがなあかん」とおだてて、封禅という儀式をさせる。要するに、山東省まで行って泰山に登らせてお祭りをやるわけです。

 これは始皇帝などが何百年も前からやっていた行事ですが、そんなことをしたって山の神様は喜ばない。それよりも立派な政治をした方がいいのにとみんなが思っていたのですが、こういうアホなことをやったことからも真宗というのはあまり賢くない君主だったということが分かります。

 それでこの前後、もう1つ大きい出来事は、パガン朝という政権がミャンマーにできたことです。新しくできた政権は新しいことをやりたがるもので、新しい仏教はないかということで、スリランカから上座仏教、上座部を採り入れます。

 ミャンマーが上座仏教をスリランカから採り入れたことによって、タイやカンボジアに上座仏教が広がっていきます。「教え」としては上座仏教が一番古いのですが、東南アジアに伝わったのは最後です。最初が大乗仏教、その次がチベット仏教、密教、そして上座仏教です。



中産階級の育成と富国強兵策

 宋はお金で平和をあがなったわけですが、その宋に第6代神宗の時代に王安石という素晴らしい天才政治家が現れます。中国では素晴らしい宰相が何人も生まれていますが、王安石はその中でも誰よりも傑出した能力を持っていたと思います。

 なぜならば、王安石の考えた全ての政策が整合的で何一つ矛盾がない。大きい国の政策をこれほど矛盾なく次から次へと考えられる人はそういないと思います。

 王安石がやろうとしたことは中産階級の育成です。人間は自由競争をさせたら、金もうけが上手な人と苦手な人がいるわけですから、必ず社会は二極化してしまいます。それをきちんと税金を集めて、上手に再分配していくことによって、中産階級が生まれて社会が安定します。

 王安石はまさに中産階級を育成するという明確な目標の下、富国強兵策を採り、科挙を改正しました。それまで上手な詩を作れる人が偉かったのですが、「そんなもの詩文だけでは政府の役に立たへんで。経済とか法律が大事やで」と、儒教の教科書をほとんど全部自分で書き換えます。国家公務員になる人はその教科書で勉強するわけですから、国家公務員はみんな王安石の考えに染まっていきます。

 また、中国には天と地に上位の神様がいて、そのほかにもたくさん神様がいるという発想があります。しかし、山ほどいる神様をお祭りすることは経費の無駄使いになりますよね。だから、小さい政府がいいということで、礼政を改革し、天と地を祭るだけにしてしまいます。

 中国はこうして世界に先駆けて富国強兵策を採ろうになっていこうとするのですが、そこで天候不順が起きたり、王安石に反対する大商人や大豪族が足を引っ張ったり、いろいろな問題が起こります。中産階級を育てる政策は、大商人や大豪族を押さえることになりますからね。そういう人々が第6代神宗のお母さんにがんがんプレゼンをして、「王安石の改革を続けたら大変なことになりますよ」と言うので、お母さんの意志を受けた神宗がついに王安石を首にするのです。

 それが新法、旧法の争いという形になります。旧法党の大将が司馬光という人です。でも、旧法には何のイデオロギーも政策もありません。改革に反対というだけの話です。これによって中国は大発展の機会を失うことになったわけです。しかし王安石が考えた政策は、後にヨーロッパではコルベールがルイ14世の下で重商主義として行うことになります。それよりも何百年も早く中国でこういう人が生まれていたということ自体が、驚きですね。



イスラムのインド・アフリカ進出

 イスラム世界に話を移します。ガズナ朝(962年~)は今のアフガニスタンを根拠に大王町を築いたのですが、そこにマフムードという天才が現れて、初めてインドに本格的な侵入を始めます。ここからインドがイスラム国家になっていく素地が生まれます。このときに南インドではチョーラ朝(846年~)という大帝国が起こっていて、ラージャラージャ1世、あるいはラージェンドラ1世という英傑活が現れ、スリランカやマラッカに遠征して海洋帝国をつくります。インド商人が東南アジアに本格的に出ていくきっかけはチョーラ朝です。

 インドでは北と南で大帝国が生まれつつあるったのですが、ではペルシャの方ではどうだったか。突厥(とっけつ)とウイグルが滅んで、チュルク系の部族が西方に進出していく中でイスラム教徒と出合い、イスラム教を受容した集団がトゥルクマーンと呼ばれるようになったという話をしましたね。そのトゥルクマーンの優秀な男子を養子として譲り受けて、英才教育を施して、マムルーク、いわば奴隷として、イスラム王朝の親衛隊として植え付けていった、という話をしました。そのトゥルクマーンのマムルーク出身のトゥグリル・ベグが大きくした王朝が、セルジューク朝(1038年~)です。「ダンダーンカーンの戦い」でガズナ朝を破ってさらに強盛となり、バグダードに入城してカリフからスルターンに任命されます。

 同じころ、北アフリカではアブー・バクルという人がムラービト朝(1056年~)を開きました。アブー・バクルはすごくチャレンジングな人で、いとこのユースフに占領したモロッコを委ねて、自分はどんどんイスラム世界を広げようとサハラ砂漠を横断して、ガーナ王国を滅ぼし、そこに大帝国を築きます。途中で戦死するのですが、アブー・バクルによって、サブサハラがイスラム圏になります。ですからこの時代はイスラムがインド、アフリカに進出を始め、トルコ人が台頭する時代でもあったのです。

 セルジューク朝は1071年のマラズギルトの戦いで東ローマ皇帝、ロマノス4世を捕虜にする大殊勲をあげます。このことによって、東ローマ軍がアナトリア半島から一掃され、そこにトゥルクマーンが入っていきます。このセルジューク朝の全盛期を現出したのは、ニザーム・アルムルクという王安石に匹敵するような大宰相でした。

 マラズギルトの戦いと全く同じ年に、ノルマン人のロベールが南イタリアのバーリを落とします。それまで東ローマ帝国は前回お話ししたように、マケドニア朝の下で最盛期を迎えていたのですが、東と西に強敵が現れたわけです。セルジューク朝によって東がたたかれ、西の南イタリアもノルマン人、つまりバイキングによって落とされて、要するに東ローマ帝国にしてみれば、東と西にどう猛な野蛮人が襲って来て、えらい目に遭ったというわけです。

 このときから東ローマ帝国は戦い方を変えます。こんな野蛮人と殴り合いしたらしんどいから、お金を使って外交でやっていこうと。そういう意味ではこの1071年という年は、東ローマ帝国の方針が大きく変わったという意味でとても大事な年です。

 1090年、ハサン・サッバーフというイスマーイール派の暗殺教団の元祖といわれた過激なイスラム教徒が山の上に城をつくります。セルジューク朝はニザーム・アルムルクが暗殺されて、その前後からセルジューク朝は内紛が始まります。セルジューク朝が、がたがたになったので十字軍が成立する条件が整ったのです。

 イスラム世界ではスペインのウマイヤ朝が1031年に滅亡し、セルジューク朝の内紛によってバグダードの繁栄はエジプトの方に移るのですが、その象徴がハーキムというスルターンがカイロに知恵の館を建設したことです。前回バグダードの知恵の館の話をしましたが、同じようなものをカイロにつくったということは、カイロに繁栄の中心が移ってきたということです。



12世紀ルネサンス

 ヨーロッパの方ではクヌート(在位1016~1035年)というバイキングのデンマーク人が、イングランドを支配し、北海帝国をつくります。マケドニア朝の東ローマ帝国では前述したようにバシレイオス2世(在位976~1025年)がブルガリア帝国を滅ぼして、絶頂期を築きました。この絶頂期は50年ほど続きました。

 ドイツではザクセン朝が断絶して、ザーリアー朝(1024~1125年)に替わります。ドイツとフランスの関係は不思議で、ドイツはオットー1世以来、何度も大帝国をつくりますが、不思議なことに子どもが生まれない。この後ほぼ100年ごとに王朝が変わっていくのです。しかしフランスのカペー朝は、ドイツに比べて小さな権力としてスタートしましたが、300年にわたって男の子が生まれ続けます。「カペーの奇跡」といわれています。ですからどんどん、どんどん、強くなるのです。

 結局、中世のドイツとフランスは、赤ちゃんが生まれ続けたかどうかによると言っても過言ではありません。そういう意味では君主制の基本はいい子どもが生まれるかどうかという偶然にかかっているということがすごくよく分かります。

 1054年、東西教会が最終的に分裂します。これは1965年に相互破門を解消するまで約900年続きます。東方教会とローマ教会はこのときから違った道を歩み始めるのです。

 ここで1つ話しておきたいことがあります。1064年、アキテーヌ公という南フランスの君主様がスペインのサラゴサに侵入して、そこを略奪して帰ります。ウマイヤ朝が滅んだ後、スペインにはイスラムの都市国家がたくさん分立していたのです。

 当時のスペインは、GDPでは圧倒的に豊かですから、何をやっていたかといえば、唐の玄宗が梨園という専用の楽団をつくって楊貴妃と一緒に毎晩楽しんでいたように、イスラムの君主もそれぞれの都市に楽団をつくって遊んでいたわけです。その楽団の歌姫をキャーンと呼んでいました。

 アキテーヌ公がサラゴサに行くと、美女の集団がいるわけです。喜んでその美女集団をさらってくるわけですが、このキャーンが上手に歌を歌ってくれる。当然、喜ばない人はいませんから、アキテーヌの宮廷ではみんながキャーンの歌声を聞くようになって、ここからトゥルバドゥールという吟遊詩人が生まれてくるわけです。

 1066年、ノルマンコンクエストでフランスに住みついたノルマン人がイングランドを征服します。ウィリアム征服王ですね。この頃、大陸では「叙任権闘争」といってローマ皇帝であるドイツ王とローマ教皇が争い始めるわけですが、この思想的根拠になったのが三位一体という教説で、神と聖霊とイエスは三位一体というのを援用して「世界は祈る人、戦う人、耕す人でできている」という思想をローマ教会が流し始めます。

 これは、「耕す人を守るのは戦う人やで。野蛮人が来たら守ってやるから、きちんと税金を払うんやで。祈る人はみんなの魂を救済してもらうんだから、お布施を払うんやで」という農民を収奪する思想です。本当は耕す人が全てを生産しているのですが、一応説明はつきますよね。

 分かりやすいので、この3身分思想は広まっていくのですが、するとどうなるか。「祈る人の大将は祈る人が選んだらええやないか。戦う人の大将は戦う人が選んだらええやないか。聖書にも『カエサルのものはカエサルに、神のものは神のものに』と書いてあるやないか。今までローマ皇帝、ドイツ王が司教を選んでいたのはおかしいやないか」という思想に発展するわけです。

 これが叙任権闘争です。要するに、ローマ教皇がローマ皇帝の意のままに首を切られるのは嫌なので自分たちで自立しようという争いです。その象徴が「カノッサ事件」で、ローマ教皇が皇帝に勝ったように言われていますが、その後、実際にはローマ皇帝の仕返しを受けて、グレゴリウス7世はローマを追われひどい目に遭いました。ローマ教皇もちょっとずつドイツ王(ローマ皇帝)から自立を始めるわけです。

 1085年にはカスティーリャ王のアルフォンソ6世がトレドを掌握するわけですが、トレドはマドリードの郊外にある古都ですね。ここには大図書館がありました。アルフォンソ6世は知りたがり屋だったので、こんなにアラビア語の本があるので読んでみたいと思ったわけです。ここにトレド翻訳学派が生まれます。これによって、それまでヨーロッパではキリスト教に迫害されて消えていたプラトンやアリストテレスの古代ローマ、ギリシャの書物がヨーロッパに返ってきて、12世紀ルネサンスが始まるわけです。



皇帝と教皇の対立と十字軍の誕生

 征服王ウィリアム1世はノルマンコンクエストでイングランドを領地にしたのち、土地台帳を作ります。これが有名な「ドゥームズデイブック」です。これを分析したら、180人の領主のうち、アングロサクソンの名前を持っているのはたったの6%で、あとの94%は全部フランス人でした。フランス人というよりもフランスから来たノルマン人なので、フランス語を話すバイキングがイングランドを乗っ取ったということです。

 ですから、イングランドはよくアングロサクソンの国といわれていますが、それより前はデーン人に征服され、その後はノルマン人に征服されたので、実は支配層にはアングロサクソンのDNはおそらくほとんど残っていません。アングロサクソンの人々は主として農民です。

 ちなみに牛を意味する英語にはビーフがあり、カウがあり、オックスですよね。支配階級のフランス人にとって牛は食べ物だったので、ビーフというフランス語が英語に入り、アングロサクソンにとって牛は飼って、耕して、領主に献上するものだったので、オックスとかカウという英語が残ったといわれています。

 またこの頃にはボローニャ大学ができ、それから、ムラービト朝のユースフがスペインを征服します。スペインはイスラム王朝によって再統一されたのですね。それから、バーリを落としたノルマン人の首領、ロベルトの弟であるルッジーロがシチリアを征服します。

 バイキングはものすごく戦争に強い。フランスのノルマンディーを治めてから、そこの君主がイングランドを領土にして、次にフランスのノルマンディーの小さい村にいた領主が子だくさんで「うちの小さい領地ではご飯を食べられへんで」というわけで、グリエルモやロベルトが「じゃあ、どこかへ出稼ぎに行ってきますわ」と言って、南イタリアに橋頭堡(きょうとうほ)を築き、弟たちをみんな呼び寄せる。「ここは飯が食えるで、みんなでおいで」と。そのロベルトの弟のルッジェーロがシチリアを征服するわけですから、ノルマン人とかトルコ人というのはたくましいのです。

 当時のローマ教皇ウルバヌス2世という人がクレルモンで名演説をして、十字軍を始めようとするのですが、これは、たまたま東ローマ帝国からセルジューク朝に圧迫されているので「傭兵(ようへい)を送ってほしい」という使いが来たのをウルバヌス2世がラッキーと思ったということです。

 要するに、気候が暖かくなると子どももたくさん生まれるので、先ほどのグリエルモやロベルト兄弟のようにヨーロッパでは人口が増えて、長男はお父さんから領地をもらえますが、次男、三男はずっと部屋住みのままで、領地をもらえない。面白くないじゃないですか。不満がたまっている。

 そこでウルバヌス2世は「東の方に行ったら、豊かな土地がいっぱいあるで」と。しかも、「エルサレムは異邦人の下にあるで。取り返さないとあかん。ご飯もおいしいし、美人もたくさんいるで。東方に遠征に行かへんか。万が一、途中で死んでも天国へ行けるように保証したるで」と。いわゆる免罪符ですね。正式には贖宥状といいますが、これを初めて出したのです。

 そうすると、次男、三男で部屋住みの人は乗ってみようかと思いますよね。これが十字軍です。当方の人にとっては、フランク(ヨーロッパ)の侵略です。

 ラッキーなことに、その時期セルジューク朝が分裂していたので、エルサレムが陥落して、十字軍国家をつくることができたのです。

 ところが、1127年にセルジューク朝のザンギーという優秀な臣下がイラクのモスルを拠点にして、シリアやパレスチナの統一を始めます。イスラム国家が統一に向かったら、もともと東方の方がはるかに文明も進んでいて、レベルも高いわけですから、十字軍国家にとっては大変なことになるわけです。お互いに争いをやっていたから漁夫の利でエルサレムを落とせたけれど、イスラム勢力がまとまったら大変なことになるということはすぐに分かりますよね。

 1115年にフィレンツェではコムーネと呼ばれる市民の自治団体が成立します。都市国家ですね。イタリアではコムーネを舞台にザーリアー朝の次にローマ皇帝を継いだギベリンとゲルフの争いがおきます。ギベリンというのはホーエンシュタウフェン家の城塞の名前ですので、ホーエンシュタウフェンに賛成する人がいわゆる皇帝派です。このシュタウフェン朝の一番のライバルがヴェルフ家という名家でこれがなまってゲルフといわれて、俗に教皇派といわれています。要するにギベリンとゲルフの争いというのは、皇帝対教皇の争いではなく、シュタウフェン家に付くか、反対側に付くかという争いだと理解をしておいてください。

 1122年「ヴォルムス協約」によって叙任権闘争は終了します。司教の任命権は教皇に、ただし、司教の領土の授封権は皇帝にという形になりました。これは引き分けのように思われますが、それまでは皇帝が全部取り仕切っていたので、ドイツ王、皇帝サイドの敗北です。

 このことによって、ヨーロッパは楕円形の世界、皇帝と教皇がそれぞれ権力を分け合うような世界になります。それまでは皇帝が圧倒的に強かった。司教の任命も全部していた。でも、この協約で教皇権が強くなってきたわけです。これは、前述したように「3身分思想」(祈る人、戦う人、耕す人)が普及したおかげだと思います。



“オールスター”の第3回十字軍

 ドイツではホーエンシュタウフェン朝(1138年~)が始まり、フリードリヒ1世という君主が登極するのですが、この人はホーエンシュタウフェン朝を開いたコンラート3世の甥(おい)です。コンラート3世には立派な息子がいたのですが、有能な甥を指名するのです。なかなかできることではありません。このことによって、シュタウフェン朝は全盛期を迎えます。このフリードリヒ1世が有名なバルバロッサ、赤ひげ王です。


第3回十字軍に出発するフリードリヒ1世(バルバロッサ)(写真:FALKENSTEINFOTO / Alamy Stock Photo)
 また、ヨーロッパではプランタジネット朝(1154年~)が始まります。これは先ほどアキテーヌ公がスペインに行って、キャーンを拉致してきて、そこから吟遊詩人が生まれたという話をしました。このアキテーヌ公国の相続人がアリエノールです。

 彼女はアキテーヌで育っているので、吟遊詩人の話を聞いて、ロマンスや、あるいは、英雄の物語にあこがれる夢見る女性に育つわけです。アキテーヌ公はフランス王よりもはるかに大きい領土を持っていましたから、フランス王、ルイ7世はアリエノールと結婚することによって大領土を持つことを望みました。2人は十字軍に行きます。第2回十字軍です。

 ところで、ルイ7世は元はお坊さんでした。お兄さんの皇太子が死んでしまったために修道院から召し出されて、アリエノールと結婚したのです。こんな君主と、騎士道の物語を聞いて育ったお姫様がうまくいくはずがありません。結局、男の子が生まれないので離婚します。あろうことか、アリエノールはその後、フランスのアンジュー伯のヘンリーと再婚します。ヘンリーはノルマン王家の相続者である王女マチルドの子どもだったので、ノルマン王家を継いで第5代のイングランド王、ヘンリー2世になります。

 ここにアンジュー帝国、つまりフランスのノルマンディーとアンジューとアキテーヌ、アリエノールの領地とイングランドを結んだ大帝国ができるわけです。アリエノールは史上初めて、英国の王妃であり、フランスの王妃でもあったという2つの王冠をかぶった女性になります。この2人から生まれた子どもが、リチャード1世(獅子心王)やあの悪名高い弟のジョンなどです。

 幸か不幸か、アリエノールに去られたルイ7世は再婚します。今度は男の子が生まれます。何とか王家はつながったわけです。めちゃ有名で賢いお嫁さんに去られた後、平凡な結婚から生まれたのがフィリップ2世、オーギュスト(尊厳王)です。フランス王家では最も有名な名君となった人物です。

 ヘンリー2世とアリエノールの結婚から生まれたリチャード1世は、アリエノールに猫かわいがりされました。騎士道精神やロマンスに憧れるお母さんに育てられたリチャード1世はどんな男の子になるかといえば、ひたすら戦を好み、英雄のように武勲を立てようという子どもに育ちます。そのころ、パレスチナではイスラムの英雄サラディンが現れて、エルサレムを奪回していました。これに対して、第3回十字軍が組まれました。第3回十字軍は、バルバロッサと呼ばれたフリードリヒ1世とリチャード1世、そしてフィリップ2世が参加するというオールスター十字軍になります。独英仏の君主が全員参加したので。

 ところが、バルバロッサは陸路を進んだのですがアナトリアで溺れ死にます。フィリップ2世は賢かったので、パレスチナに着いた瞬間「こんなの勝てるはずないやんか」と、すぐにフランスに帰り、リチャード1世がいない間にアンジュー帝国の領土をちょっとずつ取っていこうと考えます。リチャード1世はというと、騎士道精神にあふれていますから「サラディンと戦うんや」と言って、ずっと踏みとどまるわけです。それが不幸の元になります。ここで英仏の立場が入れ替わります。

 亡くなったバルバロッサは、ハインリヒ6世という有能な後継者を残していたので、ドイツはびくともしませんでした。ハインリヒ6世は能力が高かっただけではなく、ノルマンシチリア王国の女性相続人であるコスタンツァと結婚します。結婚によってシチリア王国、南イタリアを取ってしまおうということです。賢い戦略ですよね。

 そのときにコスタンツァは40歳を超えていました。だから、赤ちゃんが生まれるとはとても思えなかった。ハインリヒ6世は30歳ぐらいです。ところが、彼女は妊娠するんですね。この子どもは、広大な領土を受け継ぐ大変な運命を背負った子どもだということはすぐに分かりますよね。お父さんからドイツと北イタリアとローマ皇帝位を受け継ぐ。お母さんからシチリアと南イタリアを受け継ぐ。ローマ教皇領をサンドイッチにできる、空前の大帝国ができるわけです。

 ですから、お母さんはイェージという町の広場にテントを作り、そこの町の貴族全員を集めて、みんなの見ている前で赤ちゃんを産みました。こっそり赤ちゃんを産んだら、差し替えかと疑われるからです。この赤ちゃんがフェデリーコ(フリードリヒ)2世です。



希代の天才、フェデリーコ2世の誕生

 無事に男の子が生まれ、ハインリヒ6世は向かうところ敵なしの状況です。ハインリヒ6世は権力に物をいわせて、大軍団をシチリアのメッシーナに集結させて、「自分はローマ皇帝だから、東ローマ皇帝がいるのはけしからん」とコンスタンティノープルを攻め落とそうと考えていたといわれています。しかし大軍団を集結しているときに赤痢にかかってあっけなく死んでしまいます。残された子どもは4歳です。

 ローマ教皇にとってはこんな幸運はありませんよね。サンドイッチのように挟まれようとしていたところを、大権力を持っていたローマ皇帝が突然死んでしまって、幼子はまだ4歳ですから。しかも、そのときの教皇はインノケンティウス3世という、若くて、大変権力欲のあるローマ教皇でした。このときから「ローマ教皇はペトロ(イエスの十二使徒の1人で聖人)の代理人ではなくて神であるイエスの代理人だ」と言いだすわけです。そんなことを言ったら、皇帝からぼこぼこにされるのですが、皇帝は死んでしまっているわけです。

 残されたお母さん(王妃)の4歳の子ども、フェデリーコ2世はどうしたでしょうか。パレルモの宮廷で暮らしていたのですが、お母さんはシチリアのノルマン人でありながらドイツ人の皇帝と結婚したので、お父さんが死んでしまったらこの親子は今度はシチリアのノルマン貴族にいじめられるようになります。

 お母さんはいてもたってもいられない。どうしたらこの4歳の子どもを守ることができるかと考えて、インノケンティウス3世に「領土は全部差し上げるのでこの子どもを助けてください」と頼み込みます。お母さんはそこまでやって、精根尽きて死んでしまいます。フェデリーコ2世は4歳で孤児になってしまいました。

 では本当にインノケンティウス3世が面倒を見てくれたかといえば、ローマでぜいたくをしている教皇が、遠いパレルモの子どもの面倒を親身になって見るはずがありません。家庭教師を送るぐらいです。

 フェデリーコ2世は孤児として育ちます。1人でパレルモの町を放浪したりします。時々は貴族の人質になったりするのですが、教皇が守ると言っている上に、正統な王権を有していますから、誰も手出しはできません。でも誰も構ってくれないので、この子どもは自立してとても賢くなります。信長のようですね。

 当時のパレルモはアラブ人やユダヤ人、ノルマン人、ドイツ人など世界中の人が商売をやっていたヨーロッパ最大の都市の1つだったので、フェデリーコ2世はアラビア語も話せるようになり、商売のことも分かる希代の天才になっていきます。成人した後が楽しみですね。



朱子学の誕生と平清盛の貨幣経済導入

 再び中国に話を移します。中国ではキタイが北の方を取り仕切っていましたが、完顔阿骨打(わんやんあぐだ)という英雄が女真族に現れて、金(1115年~)を建国します。そのときに宋の宮廷は今までキタイにやられていたわけですから、金と同盟してキタイをサンドイッチにしたら、ひょっとしたらこれまで取り戻せなかった燕雲十六州を取り戻せるかもしれないと、海路で満州に行って金と同盟を結びます。「海上の盟」ですね。金はあっという間にキタイを滅ぼします。

 追われたキタイは西方に逃げて、カラキタイという国をつくるのですが、宋はキタイの残党と組んで今度は金をけん制しようとします。皆さんが金だったら激怒しますよね。同盟を結んでくれといわれて、同盟を結びキタイを滅ぼした。宋の方は軍をよこすといったのにぐずぐずしていて来ないから独力でキタイをやっつけたのに、その残党と組んで、今度は金に刃向かおうとしているわけですから。

 そこで金は宋の都・開封を落とし、長江の北半分を全部金の領土にします。それが靖康の変(1126年)です。

 このときに宗室一族が南に逃げて、南宋を興します。ここで岳飛(がくひ)と秦檜(しんかい)の物語が生まれます。

 岳飛という気性の激しい将軍は「金と戦って失われた華北を取り戻しましょう」と言って、民衆の喝采を受けます。ところが、秦檜という宰相は「軍事力を考えたらとても金には勝てへん。?淵システムのODAでやる方がいい」と。どちらが国民の人気を博すかというと、どんな世界でも強硬論が勝つのです。そこで秦檜は岳飛がいたらODAはできないと思い、岳飛を暗殺して和議を結ぶのですが、それをけしからんと思っている学者がいました。朱熹(しゅき)が開いた朱子学者たちです。

 朱子学には、儒教を体系化した「理気二元論」という理念があります。儒教はそもそも、ほかの宗教と比べれたら少々内容が貧弱でした。「家を治め、地域を治め、国を治め、祖先は大事にせなあかん」という処世訓のような話が中心です。仏教が持っていた「東方には浄瑠璃世界があって、薬師如来が仕切っているとか、西方には極楽浄土があって、阿弥陀如来が仕切っている」といった宇宙論のようなものはありませんでした。

 朱熹はそこで理気二元論という、宇宙の根本には理があり、それが気を生み、万物をつくるという概念を完成させました。つまり西洋の哲学に負けないような体系を仏教のロジックも借りながら創り上げた、つまり儒教を体系化したという点で、ものすごく立派な学者です。

 しかし、朱子学は同時に悲憤慷慨(こうがい)の哲学でもありました。本来の中国の主である漢民族は、華北を金に取られて、南に逼塞(ひっそく)していると。つまり、中国の主人は遊牧民ではなく漢民族だという、正統論、イデオロギーを歴史に持ち込んだのです。そうやって朱子学は歴史にイデオロギーを持ち込み、南宋を正統政権にしようとしたことからいろいろな不幸のもとを生むことになっていくのです。

 ちなみに日本では1967年に平清盛が全権を掌握します。清盛の時代まではずっと日本の経済は横ばいで、ほとんど成長しませんでした。しかし清盛は大天才で、そのような状況に宋から宋銭を本格的に輸入して、マネーを流通させて日本に貨幣経済を持ち込みました。どうして中国からお金を輸入することができたのかというと、中国は進んでいてこの当時から紙幣を使いだしたからです。清盛はこの他にも、我が国初の武家政権を誕生させるなど、例えてみればジョブズのような創業の人でした。



中世の春と「ノートルダム」

 この200年をまとめれば気候が温暖化し、ユーラシアの全域で人口が増加しました。特に東方では唐宋革命によって生産力が増大し、?淵システムによって東アジアは安定します。

 イスラムはインドやアフリカに広がります。トルコ人とノルマン人がローマ軍を打ち破ったことにより、東ローマ帝国は軍事力優先から外交優先に切り替えるわけですね。ローマ帝国の最盛期は終わりを告げました。

 十字軍は、イスラム権力の空白に乗じて初めて成功することができたのです。十字軍で一番もうけたのはヴェネツィアです。軍隊を運ぶにも物資を運ぶにもヴァネツィアの船に頼るしかなかったので、十字軍のおかげでヴァネツィアとかジェノヴァというイタリアの海の共和国が栄えたのです。彼らは中世の終わり頃から海に乗り出したのですが、背景には地理的条件がありました。地中海の地図を見ればすぐに分かりますが、イタリア半島は突き出しているでしょう。だから貿易に便利なので、最初はアマルフィ、それからピサ、それからジェノヴァ、ヴェネツィアという4つの海の共和国が地中海貿易で勃興し始めたのです。

 それから中世の春といわれていますが、人口が急増した中で赤ちゃんがどんどん産まれます。赤ちゃんがたくさん産まれるようになると、お母さんは偉いという信仰が生まれます。だって子どもを産むのは女性ですからね。それがキリスト教と相まってマリア信仰になります。

 我らがマリア、フランス語で言えばノートルダムですね。1163年、パリでノートルダム寺院の建設が始まりますが、フランスの大寺院の半分以上が「ノートルダム」です。この時期にマリア信仰が盛り上がり、当時の建築はゴシックといわれ、天にも昇るような大聖堂が造られるようになりました。それができたのは、暖かくなって生産力が向上したからですよね。

 12世紀、ルネサンスが起こるのはトレドの翻訳学派のおかげで、プラトンやアリストテレスがヨーロッパに里帰りしました。気候が暖かくなり、赤ちゃんが生まれ、お母さんは偉いということで、それがマリア信仰に結び付きました。マリア信仰というのはローマ教会にとっては都合がいいわけですから、どんどん教会を造ったらいいぞということで、3身分思想と相まってローマ教皇の権限が強くなるベースをつくったわけですね。天を突くゴシックの大聖堂ができたというのが11世紀、12世紀のヨーロッパの大きい流れです。