出口治明の「5000年史」講座


  第3回

 武則天と持統天皇、東アジアは「女性の世紀」
 フランク王国と隋・唐世界帝国の500年

 出口 治明

出口治明氏 立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。1972年、京都大学法学部卒業後、日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年上場。10年間社長、会長を務める。2018年1月より現職。(写真:山本 厳)

これまでに世界1200都市以上を訪問し、読んだ本は1万冊以上という「知の巨人」、立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長の世界史講座。第3回は6世紀から10世紀までの500年間。西欧ではフランク王国が誕生し、ローマ教会が東ローマから独立。中国では、隋・唐の世界帝国が統治した時代だ。日本では持統天皇が「日本」という国家の基礎をつくる一方、西方ユーラシアではイスラム教が西進してギリシャ、ローマの多神教の世界が姿を消す「一神教革命」が成就した。


■目次

ヨーロッパの“焚書坑儒”と日本への仏教伝来
イスラム教の誕生と「コーランか剣か」の真実
イスラム教の拡大がもたらした「一神教革命」
唐の成立と朝鮮のクーデター、日本の「大化の改新」
武則天と持統天皇、東アジアの「女性の世紀」
フランク王国の栄華とローマ教会の自立
バイキングは海賊ではなく商人だった
拓跋帝国とフランク王国の終焉


ヨーロッパの“焚書坑儒”と日本への仏教伝来

 今回は6世紀の世界から話を始めます。

 東ローマ帝国にユスティニアヌスというちょっと困った皇帝が現れます。前回お話ししたように諸部族が入ってきて中国は南に逃げました。ローマは貧しい西を捨てて東に逃げたので、東ローマ帝国はまとまりつつあったわけです。ところがユスティニアヌスは誇大妄想狂のような人だったので、もう1回、西半分を取り戻そうとしたのです。

 まず手始めにアテネにあったアカデメイアとリュケイオン、プラトンとアリストテレスがつくった大学をつぶしました。「もう『聖書』以外のことはローマ帝国内では教えへんで」と。そうするとキリスト教徒は喜びますから、ユスティニアヌスには大帝と「大」を付けて呼びます。ローマ帝国で「大」が付く皇帝は、コンスタンティヌス、テオドシウス、ユスティニアヌスの3人ですが、全員キリスト協会にごまをすった人です。

 簡単にいうと、ここでヨーロッパにおける焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)が完成します。アカデメイアとリュケイオンの先生たちはどうしたかというと、ペルシャに逃げました。当時のペルシャはサーサーン朝という王朝で、世界帝国の伝統を受け継いでいました。ジュンディーシャープールという町にすばらしい大学や図書館を持っていました。先生たちは創始者の本を全部持ってペルシャに逃げ、この地でギリシャ、ローマの古典が守られていったのです。

 現在、プラトンの著作のほとんど全てと、アリストテレスの著作も3分の1ぐらい残っているといわれています。今、私たちが『プラトン全集』とか『アリストテレス全集』を読むことができるのは、アカデメイアとリュケイオンが800年ぐらい続いたからです。ほかの思想家は自分の大学を持てなかったので原典の多くが散逸しました。

 ユスティニアヌスは西方に群を出し、20~30年かけてほぼ西ローマ帝の旧領を回復したのですが、未開の民族に荒らされたところを回復したので、お金がかかり兵隊も必要でローマ帝国はがたがたになります。当時、ペルシャではホスロー1世という名君が即位していました。東方の国境もきなくさくなります。

 日本ではこの時期、538年に聖明王が百済から来て仏教が伝来したといわれています。仏教はどうやって伝えられたかというと、仏教は教えではなく最新の技術体系であると考えてください。仏教を信じようと思ったらお寺を造ったり仏像を作ったり、鈴や木魚などの法具を作ったりしなくてはいけない。お経も作らなくてはいけない。これは1つの技術体系なんです。

 しかし、どこの国でも最新の技術体系は教えませんよね。日本はアメリカから戦闘機を買っています。しかも日米安保条約を結んでいるのに、戦闘機の心臓部分は全部ブラックボックスで日本は見ることができません。それほど技術体系は大事なんです。

 では、何で百済が日本にそういう技術体系を教えてくれたのでしょうか。実は当時の百済は、高句麗や新羅に押され、国が滅ぶかどうかの瀬戸際にありました。538年というのは百済が新羅に攻められて南に逃げながら2回目の遷都をした年です。「もう何でも教えてやるから、なんとか助っ人(兵隊)を送ってよ」というのが本当の姿です。

 僕はいつも「日本史はない」と話しているのですけれど、日本史だけを勉強していたら「538年に仏教が伝わった」で終わります。しかし、そういう貴重なものが何で日本に伝えられたかということは、朝鮮半島の状況を見なければ分からないですよね。

 仏教は日本だけではなく、朝鮮半島にもベトナムにも伝えられています。新しい教えが来たら、古い教えとの間に必ず争いが起こります。日本でいえば蘇我氏と物部氏の戦い(丁未の乱)がそうです。しかし、どの国でも仏教を受け入れる方が圧勝しています。ゼネコンが喜ぶからです。仏教を受け入れるといったら、「よし、お寺、造ってやるわ」「仏像、受注きたわ」と、いっぱい仕事がくるからです。物部氏に付いたら仕事がきますか? 経済的合理性を考えたら勝負の結果はすぐに分かりますよね。

 中国では、581年についに隋が建国され南北が統一されます。これは暖かくなったからだと考えてください。暖かくなれば穀物がたくさん収穫できて兵糧が確保できる。大軍を動かせるんです。逆に寒いと食べるだけで精いっぱいで大軍を動かせない。だから分裂の時代になるのです。

 ところで、隋という大帝国ができると、周辺諸国は「えらいでかいのができたな!」とびっくりするわけです。特に朝鮮半島や日本のような国は、分裂していた南北双方に朝貢してバランスを取っていたりしたので、隋に対してかわいいポチになるのか、やっぱりある程度頑張って自立するのかという選択を迫られることになります。

 日本も遅れて600年に初めて遣隋使を出して様子を見に行きました。そこであまりの大帝国に仰天して、「えらいこっちゃな。こりゃ、国内を固めなあかん」となりました。それで冠位十二階や十七条憲法の原型をつくります。日本では長らく聖徳太子がつくったといわれてきましたが、たぶん蘇我馬子だと思います。恐らく聖徳太子という人はいなかったのではないでしょうか。いたのは、皇族の厩戸王(うまやとおう)という人でした。



イスラム教の誕生と「コーランか剣か」の真実

 東ローマ帝国は、ユスティニアヌスが愚かな戦争を仕掛けたので、がたがたになって、7世紀になると国が滅亡するかどうかの瀬戸際になります。そこで、カルタゴの提督の息子だったヘラクレイオスという人がコンスタンティノープルまで行き、皇帝になって立て直そうとします。その頃、ササン朝では名君が2代続いてホスロー2世という皇帝が生まれていました。

 ホスロー2世は「ローマの方はがたがたになっている、これは、ええチャンスやな」と考えました。サーサーン朝ペルシャはアカイメネス朝の血統を引くといっていたわけですから、昔と同じようにエジプトまで領土にしようと思って、シリア、エジプトを占領します。シリア、エジプトを取られたヘラクレイオスは国内を立て直して628年に奪回します。ということで、ヘラクレイオスとホスローは20~30年もの間、大戦争をしていたわけです。横綱が2人いて、長い間がっぷり四つに組んでいたら両方ともくたくたになりますよね。

 そのとき、アラビア半島で彗星(すいせい)のように出てきたのがムハンマドです。ムハンマドは普通の商人でしたけれど、40歳ぐらいの頃、ヒラー山の洞窟で座禅を組んで瞑想(めいそう)中に、神の言葉を聞きました。それが『クルアーン』(コーラン)です。ムハンマドは布教を始めるのですが、当時のマッカ(メッカ)は多神教の町でした。いじめられて町を追われてしまいます。そこで北の方に行き、マディーナ(メディナ)という町で首長になって、イスラム教を広め、マッカを逆に征服して、アラビア半島でウンマといわれるイスラム共同体を始めます。

 ムハンマドが死んだ後は、戦友のアブー・バクルやウマルという優れたリーダーがサーサ-ン朝ペルシャとローマを倒して、あっという間に大帝国をつくりました。つまり、横綱がくたくたになっているところに元気のいい前頭筆頭みたいな者が現れて、2人の横綱をあっという間に押し出してしまった、というイメージです。

 イスラム教は商人の宗教ですからとても賢い合理的なところがあります。兵隊たちは戦争に勝って気分が高揚していますから、町に入ってきたら「ちょっとよこせ」とおいしそうなご飯を奪ったり、きれいなお姉さんに「デートしよう」と誘いをかけたり、乱暴ろうぜきをはたらくのが目に見えています。だからイスラーム軍は兵隊を町に入れずに、郊外にキャンプをつくって、そこに兵隊を住まわせたのです。それが軍営都市で「ミスル」と呼びます。バスラとかクーファとかフスタート(後のカイロ)、カイラワーンと次々にミスルをつくっていきます。

 日本では「コーランか剣か」とかいう言葉がよく聞かれます。「イスラム教を信じるのかあるいは戦うのか」と解釈されていますが、実はそうではありません。「言うことを聞いたら今までのままやで。税金はちょっとまけてやるで。その代わり言うことを聞かなかったら皆殺しにするで」ということです。要するに税金を払って降伏するか、とことんやるかということです。皆さんはどちらを選びますか。今までより税金がちょっと安くなって今まで通りの生活が保証されるのだったら、わざわざ殴り合いなんか嫌ですよね。それに名前こそ違いますが、イスラム教はキリスト教やユダヤ教と神様は一緒ですから、全然問題ありません。これが、イスラム帝国が急拡大した理由です



イスラム教の拡大がもたらした「一神教革命」

 ムハンマドの後は、戦友のアブー・バクル、ウマル、ウスマーンと順にカリフ(イスラムの最高権威者の称号)を継ぎましたが、4代のカリフにはアリーというムハンマドのいとこでもある娘婿がなりました。そのときに、シリアの総督だったムアーウィヤがアリーに反乱を起こします。

 ムハンマドも3代のカリフも全部、マディーナという小さな町の普通の塀もないような民家に住んでいたため、3代カリフのウスマーンは、やってきた兵隊と議論している最中に、簡単に殺されてしまうんです。ですからムアーウィヤは、「もう大帝国になったんだから大きい町に引っ越して、宮殿に住んで護衛も付けて官僚組織も軍隊も整えなければ、国は維持できない」と考えていました。カエサルの考え方に近いですね。

 しかし、アリーにはムハンマド一族の血が濃く流れているわけですから、そういう発想ができない。「いや、やっぱりみんな平等だから、国が大きくなったからといって、ローマとかペルシャ帝国のような大宮殿に住むのはムハンマドの精神に反する」とか、うぶなことを言っているわけです。それで戦争になったのです。

 ところが決着がつかないので和議を結び、アリーがカリフで、ムアーウィアはシリア総督のままとなりました。するとハワーリジュ派という過激なグループが怒る。「正統なカリフが、地方で反乱したおじさんと和議を結ぶなんてあり得ない。カリフもカリフや、シリア総督もシリア総督や、こんなもん、どっちもいらん」と考えて双方に暗殺者を送るわけです。アリーは1人モスクで祈ったりしているわけですから、あっという間に殺されますが、ムアーウィヤの方はシリアの大宮殿にいるので、暗殺者の方が殺されます。

 こうしてムアーウィヤがカリフ位を継ぎウマイヤ朝を開いてイスラムは大帝国を築きます。ムアーウィヤはまるで、カエサルとアウグストゥスを足したような人です。

 ムアーウィヤが大帝国をつくったとき、アリーにはハサンとフサインという2人の子供がいました。長男のハサンはわりとクールだったので「もうムアーウィヤが治めてくれたらええ」と遊んで暮らします。ところが次男のフサインは悶々(もんもん)としていたわけです。殺されたお父さんの言うことが正しいのか、それともムアーウィヤが正しいのか。

 そのときにイランの東方のクーファという軍営都市からフサインのところに「アリーの考えが正しいのであなたを親分と認めて、ゼロからまき直しましょう、クーファに来てください」という使いが来るのです。それでフサインはお兄さんと相談するわけですが、お兄さんはもう「時代が違うで」と、あいかわらず遊んでいる。

 フサインは自分の一族を連れて、数十人でクーファを目指して旅に出ます。それを知ったウマイヤ朝の2代皇帝ヤズィードは軍隊を派遣します。大帝国の軍隊と、旅をしている50人では話にならない。カルバラーの戦いというのが行われて、そこで女性と子供は助かるのですけれど、それ以外の大人は全員殺されます。

 このときにスンナ(スンニ)派とシーア派とに分かれるのです。シーア派というのはムハンマドとアリー、フサインの血統を大事にするグループで、スンナ派という多数派はムハンマドの言行録、ムハンマドの行動通りにやればいいというグループ。これはリーダーの争いで教義の争いではないんですね。シーア派はイランではめちゃくちゃ強いのですが、フサインの奥さんの1人がサーサーン朝ペルシャの王女なのです。

 そうするとフサインの子供たちはムハンマドの血を引いているだけではなく、アカイメネス朝ペルシャから延々と続くペルシャの王族の血を引いているわけです。こんな尊い人ってあんまりいないでしょう。だからシーア派ではこのフサインの血を引く人々をイマームと呼んで、イマームしかこの世のリーダーはいないという形になっています。

 ですから、ヨーロッパの宗教戦争のようにスンナ派とシーア派が血で血を洗う戦いをやったことはほとんどないのです。もちろん戦ったケースはあります。でもそれはだいたい誰かにそそのかされているケースです。そう考えるとイスラム教の基本が分かりやすいと思います。

 イスラム帝国のウマイヤ朝はスペインまで占領してしまい、アフリカも領土としているので、地中海はすべてキリスト教とイスラム教に囲まれました。どっちも一神教ですよね。神様も一緒です。このことによってギリシャ、ローマの多神教の世界が姿を消します。イスラム教の大征服をもって、一神教革命が西方ユーラシアでは完成したといわれています。多神教の豊かな世界が姿を消したわけです。

 まあ、多神教が豊かというとキリスト教徒から「そんなもん偏見やで」と叱られるかもしれませんが。



唐の成立と朝鮮のクーデター、日本の「大化の改新」

 中国では、隋の2代皇帝、煬帝が大運河を開削して高句麗を攻めますが、うまくいかずにわずか2代で滅んでしまい、唐が成立します。

 唐は2代皇帝、太宗の時代に豊かになります。皆さんは歴史の本では煬帝というのはものすごくひどい暗君で、これに引き換え唐の太宗、李世民は中国で史上最高の名君だという話を聞かれたことがあると思います。でも2人を比べてみると、隋の煬帝と唐を建国した李淵はいとこです。どちらも拓跋(たくばつ)国家の血を引くので、北魏、隋、唐というのは全部兄弟国家です。

 煬帝も太宗もお兄さんの皇太子を殺して皇帝になったという経緯も一緒で、そしてどちらも高句麗を攻めて失敗しています。煬帝は大運河を完成させましたが、李世民も突厥(とっけつ、モンゴルのトルコ系遊牧民が建てた大帝国)を破って初めてのカアン位(天可汗)に就いていますから、どちらも功績があって2人にはそんなに差はないんです。

 もうお分かりですね。前回お話しした易姓革命の考え方が、ここにも表れています。前の皇帝が非道だから天が怒っていい皇帝に代わったというわけです。だから中国ではだいたい王朝が滅んだ場合、最後の皇帝は極悪人になります。ですから、そのあたりは易姓革命の理論によって潤色された部分と、事績は別だと見極める目が必要だと思います。

 663年に「白村江の戦い」が起こりますが、その前史を述べると、まず朝鮮半島の3つの国で唐のポチになるかどうかで争いが起こります。隋の煬帝を何とか退けた高句麗では、「頑張れば何とかなるで、ポチはやめよう」というグループがクーデターを起こして政権を握ります。百済も高句麗と組んで、唐に対抗しようというグループが権力を握ります。つまり、唐にどう対処するかで朝鮮の3つの国でクーデタが起こったのです。

 そうすると残った新羅は2つの国に挟まれるわけですね。もう選択肢はないので、唐に助けを求めることになります。そこで唐は大軍を出して百済を滅ぼします。やがて高句麗も滅びます。

 唐と新羅の連合軍が朝鮮半島を席巻するわけですが、この一連のクーデター騒ぎの中で、日本でも「大化の改新」といわれていたの645年のクーデターが起こっているわけですね。これも中臣鎌足と中大兄皇子が、蘇我入鹿の横暴を憎んで殺したという単純な話ではなく、たぶん唐に付くのか、唐に対してどういう方針を取るのかという路線争いだと思います。大化の改新はなかったというのが現在の定説で、今は学問上の世界では「大化の改新」という言葉は使われなくなり、「乙巳の変」といわれています。

 それまで、兵隊を出して朝鮮半島から鉄や情報をもらっていた傭兵(ようへい)国家日本は、国が分かれてけんかをしている朝鮮にとっては、助っ人として大きな価値があったわけです。しかし、大帝国ができたら傭兵なんかうっとうしいだけです。百済と組んで白村江でてんぱんに負けたということは、日本の傭兵戦略が破綻したということですよね。

 この後、日本はパニックに陥って、マッカーサーのような郭務?(かく・むそう)という将軍が兵隊を連れてやってくるのですが、日本にとって幸運なことはこの後、唐と新羅が戦争を始めたことです。もし新羅が唐の言うことを聞いていたら、日本は占領されていたかもしれないような瀬戸際で唐と新羅がけんかを始めたので、日本は時間稼ぎができたわけですよね。めちゃラッキーです。

 でも新羅は結構賢くて、唐とけんかをしながら唐の年号を使い続けるのです。暦というのは皇帝が決めるものですから、唐の年号を使い続けるということは、唐に臣従しているということを示しながら「朝鮮半島はうちが仕切りまっせ」ということで同時にけんかをしている。でも日本はこれで救われました。



武則天と持統天皇、東アジアの「女性の世紀」

 中国の7世紀前半は太宗(李世民)というしっかりした皇帝が、唐のかじ取りを約四半世紀にわたって行いました。これは「貞観の治」といわれて、中国で最も栄えた4つの時代のうち、2つ目の時代です。

 その後、唐は高宗という3代皇帝が継ぎます。面白いことに、名君の子供というのはだいたい出来がよくない。太宗も、それからもう1人の名君、中国の清朝、満州族の康熙帝もやはり皇太子選びに失敗して、選んだ皇太子を自分で廃しています。お父さんが賢すぎると子供はしんどいですよね。

 ただ、高宗にとってラッキーだったのは、お父さんの太宗の死後、複数いたお父さんのガールフレンドの中の武則天という賢くてかわいい少女に恋をして娶(めと)ったことです。皇后がいたのですが離縁して、655年に武則天を皇后にします。この後50年にわたって大唐世界帝国を武則天が仕切ってくれたのです。今でいえばヒラリー・クリントンが50年、大統領をやっているような感じだと思ってください。

 武則天は美人なだけではなく、めちゃくちゃ切れ者だったのです。世界帝国を女性が50年も仕切っていたら、周辺の国でも「私が仕切ってやろう」と思う優秀な女性が現れます。新羅でも日本でも女帝が生まれます。幸運にも日本には持統天皇という、日本の歴代天皇の中でも特に優秀だといわれている人が生まれたのです。

 中国の言葉で、「継体持統」という熟語があります。これは国を継ぎ血統を保持するという言葉で、一族の血をずっと継いでいくという意味です。奈良時代に淡海三船(おうみのみふね)という人が、それまでの全ての天皇におくりなを付けたとされています。万世一系の天皇という、天皇家の血筋が続いていくことを示す極めて大事な言葉を2人の天皇に割り振っています。その1人が507年に若狭から来た継体天皇、そしてもう1人が持統天皇です。

 さらに幸運なことに持統天皇には藤原不比等というめちゃくちゃよくできる官僚が付いていました。この2人は唐と新羅がけんかをしている間に日本の体制を立て直そうと努力をして、唐にばかにされないような立派な国を造ることを目的に「日本」という国号や「天皇」という称号をつくりました。

 ちなみに、「天皇」「天后」というのは、武則天がつくった言葉です。何で武則天がこんな言葉をつくったかといえば、中国では皇帝と皇后では月とすっぽんぐらい偉さが違うのです。ですから天皇、天后という新しい称号をつくって対等にしたのです。

 この称号をつくった後は、おひな様のように2人が並んで決裁するわけです。当然、高宗はいつも黙って横を向いていて、武則天ががんがん決めていくわけです。でも武則天は下級貴族の生まれですから、大貴族たちはみんな怒っているわけです。「何かちょっとかわいいし、賢いと思って、えらい出しゃばっているな」と。

 武則天には宮中に味方がいないので、隋の文帝が始めた科挙(中国の官吏採用試験制度)を大々的に始め、全国から英才を集めて自分の子分にするのです。この英才が玄宗の時代に総理大臣になっていて、開元の治という第2の黄金時代をつくるのです。ですから、唐の足元を固めたのはこの武則天です。

 武則天は大雲経寺を造ったり、高宗に奉先寺大仏を造らせたりするのですが、これは全部、奈良時代にコピーされて国分寺や東大寺の大仏に姿を変えていきます。ただ中国ではその後、儒教、特に朱子学が権力を握っていきます。儒教は男尊女卑ですから、武則天のやったことは全部忘れられて、武則天とその後の韋皇后は出しゃばったということで、武韋の禍(ぶいのか)という形で歴史的には断罪されました。我が国の称徳天皇と道鏡が断罪されたのと、ほとんど同じ構図です。

 しかし、文献を丁寧に読んでいくと、中国では悪い政治を行ったらだいたい農民反乱が起こりますが、武則天の時代には農民反乱はゼロです。いかに立派な政治をしたかという証拠ですよね。これは、拓跋部が男女同権の部族で女性の地位が高かったことが背景にあると思います。

 こういう時代背景を見たら、奈良時代の女性天皇が男性天皇のつなぎというのは、まったくうそであることが分かります。奈良時代の天皇は実は女性が上皇となって、ずっと政治を行っていました。実は飛鳥時代、奈良時代の天武天皇も文武天皇も聖武天皇もみんな病弱です。一言でいえば、“あかんたれ(根性なし)”です。だから持統や元明、元正、孝謙(称徳)という立派な上皇と光明子という政治的センスに優れた聖武の皇后が政治を行っていたのです。

 孝謙(称徳)天皇は、道鏡というお坊さんのボーイフレンドをつくって遊んでいたというように、醜聞にまみれました。今の学者の研究では道鏡と孝謙(称徳)天皇の間には、ほぼ男女関係はなかったという説になっています。こんなでたらめが歴史に残ったのはその後、権力を奪った男性が女性をおとしめるために、そういう神話を捏造(ねつぞう)したからです。中国と一緒ですよね。

 話を戻しますが、持統天皇は武則天がつくった「天皇」「天后」から「天皇」という称号を持ってきます。そして、中国に見せるために『日本書(紀)』という歴史書をつくり、平城京という都をつくり、律令もつくりました。これらは全部、中国に見せるためです。「負けへんで、うちらもきちんとした国やで」と示したのです。

 ほかに持統天皇は神話も作ります。日本の神話って不思議でしょう。世界各国の神話は神様が自分の子供に世界を譲るのです。しかし天照大神は孫に位を譲っています。考えてみたら変でしょう。なぜか。

 持統天皇は子供の草壁皇子が早く死んで、孫の文武天皇に位を譲ったからですね。それまでの天皇は必ずしも直系ではありませんでした。皇族の中の有力者が天皇に就き、きちんと成人した大人が天皇に就くというルールがありました。文武天皇は15歳で天皇になっています。だから大宝律令で上皇は天皇と同じ権利を持つと不平等に書かせて、持統がずっと政治を行っていたんですね。

 奈良の都は、唐の対抗軸という視点がないと理解できないと思います。一言でいえば、明治時代に日本の西欧化を進めた鹿鳴館政策のようなものですが、このときに日本の大本が全部つくられています。日本という国号、天皇という称号、平城京という都、『日本書(紀)』という歴史。そういう意味では日本の生みの親は持統天皇ですよね。日本の天皇家は、女性の天照大神から始まっています。

 それを考えると、なぜ女性天皇はあかんとか、女系はあかんとかいう議論をしているのかが、よく分かりません。第一、日本国憲法は、天皇の地位は主権を持つ国民の総意に基づくと明定していますので、天皇制の歴史的事実の究明は学者に任せておいて、象徴としての天皇は国民の総意で自由に決めていいはずですよね。世論調査の結果によると大体7割前後が女性天皇、女系天皇を容認しているので、既に国民の総意は十分に示されていますよね。



フランク王国の栄華とローマ教会の自立

 8世紀になり、イスラム帝国では750年にアッバース朝がウマイヤ朝を滅ぼします。同じ時期に「安史の乱」が起こって唐はがたがたになります。

 このときに「タラスの戦い」で唐とアラブ軍が戦って、その前後に紙がアラブに伝わったといわれています。このことは人類にとってめちゃくちゃ幸運でした。というのはアラブ人はものすごい知りたがり屋だったからです。ですからアラブ軍はジュンディーシャープールの大学、図書館を接収したとき、本が山ほどあるので小躍りして喜んだわけです。知りたがり屋のアラブ人が紙をゲットしたらどうなると思いますか。ここから大翻訳運動が始まります。つまりギリシャ、ローマの古典をみんなが読めるようにアラビア語に訳していくのです。これがプラトンやアリストテレスが世界に広まった理由です。

 アッバース朝のマンスールという2代目のカリフが、バグダードの建設を始めます。マンスールは初めから100万都市を考えていましたが、何もないところに100万都市をつくったらどうなるでしょうか。ものすごい有効需要が起こります。多くの木材が必要です。バグダードあたりは砂漠ですから、そうすると東アフリカの奥地から木をどんどん切って運びます。アフリカの方では「木が山ほど売れた。こんなにもうかるなんてありがたい」と。世界一の大帝国が大公共事業をがんがん始めたわけですから、世界中の景気がよくなったわけです。

 一方、西欧のフランク王国ではカロリング朝がメロヴィング朝を倒しますが、メロヴィング朝は海の獣、“海獣”と人間の女性が結婚して生まれた一族という伝説があります。王様になる一族は、だいたいみんなそういう伝説を持っていますよね。チンギス・カアンの一族は、蒼(あお)きオオカミと白いメジカから生まれた子供が先祖です。まあ、それがどうして人間なのかはよく分からないところではありますが。でも何かありがたい。海から現れた立派な半獣半神の海獣と人間の女性が結ばれて、メロヴィング朝の祖先が生まれた。「やっぱり王様は違うな」ということでしょう。

 ところがカロリング朝のご先祖のカール・マルテルは、庶子です。血統そのものがあまりありがたくはないということですから、カール・マルテルを持ち上げる必要があります。それで例えば「トゥール・ポワティエの戦い」で、イスラム軍に勝って名声を高めたと盛ったわけです。

 751年に東ローマ帝国のイタリア総督府(ラヴェンナ)がランゴバルド族に滅ぼされてイタリア半島からローマ軍が消えました。当時の東ローマ帝国はイスラム軍にずっと押されていました。それでローマ皇帝は「神様は一緒やんか、同じ神様やのに何でイスラム軍ばかり勝つんや」と考えてモーゼを思い出したのです。

 イスラムは偶像を全部否定していますよね。ところがコンスタンティノープルの教会にはマリアやイエスを描いた美しいイコンがたくさんある。「偶像や、偶像を拝んでいるのを神様が怒ったんや」と。それで偶像を破壊します。イコノクラスムですね。本音は教会が持っているお金を没収することにあったと思いますが、半分は本気だったと思います。東ローマ帝国がこうしてもめていたので、ローマ教皇は独立のチャンスと思ったんですね。

 カロリング王家の方は実力で皇帝になったけれど権威がない。「お前の先祖は庶子じゃないか」と、カール・マルテルの子、ピピン3世はいわれていたわけです。そこでローマ教皇と利害が結び付くわけです。ローマ教皇は「俺がお墨付きを与えてやるで、カロリング家こそが正統な王様や、その代わりにちょっと軍を出して俺を守ってくれ」というわけです。それでフランク王国はイタリアに軍隊を派遣してランゴバルド族を蹴散らして、ローマ教皇に「ぜいたくするためには領土も必要でしょう」ということで、教皇領を寄進します。これが「ピピンの寄進」ですね。

 800年、ローマ教皇はシャルルマーニュ(カール大帝)に「ローマ皇帝にしたるで」と告げます。これが、ピピン3世の子、シュルルマーニュの戴冠です。でも、うまくいかないんですよね。ローマ教皇にとってみれば、理想の皇帝はきちんと武力で守ってくれて、自分の言うことをよく聞いてくれる皇帝ですよね。そして、ピピン3世は言うことを聞いた。なぜか。権威が欲しかったからです。

 でも子供や孫の時代になったら、もう生まれた時から皇帝ですから「何でローマ教皇の言うことを聞かなあかんのか」ということになる。そうなると「うるさいローマ教皇の首は俺がすげ替えるで」ということになるので、東ローマ皇帝と同じになってしまうのです。そうした矛盾はあるのですが、ここで東ローマ帝国からローマ教会が自立したと考えていいと思います。

 シャルルマーニュがどうしてヨーロッパ中で大きい顔ができたかといえば、アヴェール族やザクセン族などの外敵を打ち破ったからですが、他にも理由があります。イスラム帝国は東ローマ帝国と戦争をしています。その向こうにフランク王国があるわけですから、敵の敵は味方、ということでイスラム帝国と交易をやって、バグダードの膨大な有効需要で潤ったからです。だから「ムハンマドなくしてシャルルマーニュなし」ということわざが残っているのは、「イスラム帝国の繁栄があってこそフランク王国も大きい顔ができたんやで」という意味ですよね。世界はつながっているということです。

 ギリシャ、ローマの古典のアラビア語への大翻訳事業は、830年に即位したマアムーンというカリフの時代にピークを迎えます。マアムーンは「知恵の館」を設立してそこでアリストテレスの本をアラビア語に翻訳させるのですが、「一番いい出来の翻訳者には本の重さと同じだけのダイヤモンドをやるで」とか告げるわけです。これならみんな頑張ると思いませんか? ものすごいインセンティブです。だからここでギリシャ、ローマの文献の多くがアラビア語に直されて保存されたのです。



バイキングは海賊ではなく商人だった

 スキタイ、匈奴、鮮卑、柔然、突厥と続いていた中央ユーラシア草原の大帝国ですが、744年に突厥は同じトルコ系のウイグルに滅ぼされ、ウイグルは100年後ぐらいにキルギスに滅ぼされました。このキルギスですが、ウイグルを滅ぼした瞬間に力を使い果たして、大帝国をつくることができませんでした。壊すだけ壊して、新しいものをつくる余力がなくなってしまい、モンゴル高原に力の空白が生まれます。

 そこでキタイやモンゴル族が出てくるのですが、そのときにキルギスに負けた突厥やウイグルのトルコ人は西の方に移動します。20の大集団に分かれたといわれていますが、追われてどんどん西方に向かいました。西方はイスラム圏ですから、おのずとイスラム教を受容していきました。そのグループをトゥルクマーンと称しています。この人々はもともと子供の頃から馬に乗る人々ですから、とてもけんかが強いのです。

 874年に誕生したイスラム国家のサーマーン朝にはトゥルクマーンがたくさん押し寄せてくるので、そこに出掛けていって「おたくは男の子が10人いますよね、1人か2人、養子にくれませんか、お金は山ほど積みます」といって、子供を買ってくる人が現れます。ちゃんとチェックして賢そうで健康で強そうな男の子ばかりを買うのです。そしてこの子たちにイスラム教を教え、武術を教え、読み書きを教えて、立派な大人にしてから、この人たちを王様に売り始めるのです。「親衛隊としてどうですか、めちゃくちゃ優秀でっせ」と。

 まあ、けんかの強い秘書軍団ですね。これをマムルークと呼んでいます。マムルークは、もとは奴隷の意味ですが、実際は超優秀なトルコ人の子供たちです。ですからその後、マムルーク出身者がたくさん王朝をつくることになりました。

 そしてこの頃からヨーロッパも暖かくなって、バイキングが活動を始めます。バイキングとは今のスカンディナビア半島で生きていた人だと考えてほしいのですが、暖かくなってご飯が作れるようになると、自然に子供がたくさんできます。でも冬になるとご飯がなくなるので、舟にタラやニシンなどの魚をいっぱい積んで、イングランドやフランスに貿易に出掛けます。「麦と交換してください」と。だから、バイキングは本来は海賊ではなくて、海の商人です。

 魚1箱と麦3箱といった具合に交換するのですが、イングランドやフランスには悪い商人がいて、中には砂で上だけに小麦がぱらぱらと置いてあることもある。そうすると、バイキングは武力がないとまともな商売ができないと考えて、海賊になるのです。そういう意味でバイキングは、イングランドに上陸したり、パリを攻撃したりするのですが、海賊行為で得られた富はだいたい1割あるかないか。あとの9割は商売によるものです。だからバイキングは海賊ではないと思ってください。海の民なのです。

 イスラム圏では、878年に(12代)アリーの息子、フサインの血を引くシーア派のイマームの最後の子供がお隠れ(ガイバ)になった年です。たぶん死んだか殺されたのだと思いますが、シーア派の教義では「この世の中が悪に満ちているのでしばらくお隠れになっている。最後の審判のときに復活されて、我々を救ってくれる」という教えになっています。だからイマームはもう隠れてしまって世の中に出てこない。

 そうすると徳を積んだお坊さんが代理として現世を仕切るのです。今のイラン・イスラム共和国が大統領の上にハメネイ師というお坊さんがいて、全権を握っているのはよく理解できますよね。シーア派の教義、そのままなのです。



拓跋国家とフランク王国の終焉

 10世紀の初めに唐が、そしてヨーロッパのフランク王国も、ほぼ同じ頃に滅びます。未開の民族の大移動の中で東では拓跋部が生き残り隋、唐をつくり、西ではフランク族が生き残って王朝を維持していましたが、やはり400~500年ぐらいたつと耐用年数が切れて滅んでいくのです。こうして10世紀には、未開の民族から勝ち上がった王朝が東でも西でも同じように滅びます。

 そして中国では960年に宋が建国されます。このときに武則天が活用した科挙が全国的に広がりました。試験の最後は殿試(でんし)といって、皇帝が国家公務員試験の合格者を面接して、「お前が1番、2番、3番」と順序づけます。するとどうなるか。皇帝からじかに面談を受けて、国の将来、任すで、公務員試験、お前が1番やったと告げられたら、うれしいと思いませんか。もともと有能な試験で選ばれた人ですから、皇帝に忠勤を励みますよね。2番、3番もそうです。

 だから中国はこの時代から外戚(皇后や皇太后の一族)や貴族は姿を消します。皇帝が国家公務員試験をして最後の順番は皇帝が付けてくれるわけですから、とても近代的です。中国は群を抜いて世界の先端を歩んでいました。何でこんなことができたのかといえば、既に10世紀の時代に中国では紙や印刷技術が発達して、全国どこでも市役所に行けば参考書がうずたかく積まれていて、それを読めば誰でも試験を受けられたからです。だから中国は宋の時代から実力一本勝負になってしまうんですね。

 中国を除く世界で公務員試験が実施できるようになるのは、これから600年、700年後まで待たないといけません。

 今回、お話しした500年は、ものすごく簡単に総括すれば、未開の民族との争いを制した拓跋国家とフランク王国が、500年にわたって栄えて滅んでいくという時代です。一神教革命が完成した。それから突厥、ウイグルが西方に移動したので、この人々からセルジューク朝、カラコユンル朝、アクコユンル朝、マムルーク朝、オスマン朝といった大王朝がたくさんできることになった。トルコ人はすごいですね。

 そしてローマ教会が東ローマ帝国からやっと自立した。バイキングが活躍した。それから紙が西方に伝えられてバグダードを中心に大翻訳運動が起こり、ギリシャ、ローマの古典がアラビア語に訳されてやがてスペイン経由でヨーロッパに帰っていくベースができた。そういう500年だと考えれば分かりやすいと思います。