出口治明の「5000年史」講座


  第2回

  知の大爆発、哲学もキリスト教も仏教もここで生まれた
  紀元前8世紀ごろ~紀元後5世紀ごろ

  出口 治明

出口治明氏 立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。1972年、京都大学法学部卒業後、日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年上場。10年間社長、会長を務める。2018年1月より現職。(写真:山本 厳)

これまでに世界1200都市以上を訪問し、読んだ本は1万冊以上という「知の巨人」、立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長の世界史講座。第2回は紀元前8世紀ごろから紀元後5世紀ごろまでの「知の爆発」。哲学もキリスト教も仏教も、人間の考えることのほぼ全ての原型がここで生まれた。


■目次

「知の大爆発」前史
花開くギリシャと仏教の誕生
中国の儒家と老荘思想
聖書の誕生
宗教が広がり始めた紀元後の世界
インドで「仏像」がつくられる
気候の変動で大国が衰退し小国が台頭
中国・拓跋国家の始まり


「知の大爆発」前史

 ある王様がいます。東の方にも別の王様がいるらしいのですが、どちらが偉いのか、どちらが上なのか分かりません。昔は新聞もテレビもありませんから様子が分からない。ではどうするかというと、一般には使者を送ります。美人を連れていったり、宝貝を山ほど持って相手の王様にプレゼントして「どうだ、俺はこんなに偉いぞ」と見せつけたりするわけです。もらった方は倍返しです。「いや、俺の方がもっと偉いで」と。お互いにプレゼントのやりとりをして、「あっちの方が上だな、やっぱり家来になろう」とか判断するわけです。それを「威信財交易」と呼んでいます。

 中国の周という王朝は、この威信財交易ではぶっちぎって全勝していました。なぜかというと、商(殷)が滅んだときに、青銅器を作る技術を持つ職人を全員囲い込んだのです。ヒッタイト(紀元前17世紀ごろにインド・ヨーロッパ語族のヒッタイトが現在のトルコがあるアナトリア半島に築いた王国)が鉄器職人を囲い込んだのと一緒です。そうすると相手は誰も作れない青銅器を見て「負けた。これは家来になるしかない」となる。周はそうやって周囲を従えていきました。しかも、地方の君侯は漢字が読めないので漢字を刻んだ青銅器をさらにありがたい、貴重なものと思ったのでしょう。

 ところが紀元前771年、西周が滅亡すると、囲われていた金文職人(青銅器に文字を鋳込む職人)が逃げ出します。これもヒッタイトのときと全く同じで、地方の君侯が喜んで金文職人を雇いました。そして、金文職人に周の王様からもらった青銅器に何が書いてあるかを読んでもらうと、300年前の周の祖先のことが青銅器に書いてある。すごい。周皇は貴種だと思い込むわけです。漢字の魔力ですよね。勝手に敬うわけです。同じことが、漢字が流出した東アジア全体にも起こります。中国の方も「そうか、俺を偉いと思っているんだったら悪乗りしてやる。俺は偉いんだぞ!」と。これが中華思想の始まりです。中華とは、周の都の辺りをそう呼んでいたのです。

 当時の地中海は、フェニキア人(ポエニ人)が仕切っていました。ギリシャ人も海へ乗り出しましたが、フェニキア人が我が物顔で商売をやっている。そこでギリシャ人は「自分たちは何者かをきちんと定義しておかないと、フェニキア人にのみ込まれてしまう」と思ったのでしょう。「自分たちはヘラスの子孫である」とギリシャ神話を作っていきました。『イーリアス』や『オデュッセイア』は、ギリシャ人をフェニキア人と区別するためのアイデンティティーを確立したものなのです。

 その頃のインドでは、因果応報思想を持っていたアーリア人と、地元に住んでいたインダス文明をつくったドラヴィダ系の人々の輪廻(りんね)転生の思想が結び付いて、「ウパニシャッド」という哲学が生まれました。

 中国やギリシャやインドでは、紀元前500年前後に「知の大爆発」が起こります。ソクラテスが生まれ、孔子が生まれ、釈迦(しゃか)が生まれ、およそ人間が考えることの全てがこの時代に生まれたといわれています。カール・ヤスパースという哲学者は「枢軸の時代」という形容詞を付けて「紀元前500年に全世界で知が爆発したのは奇跡だ」と延べました。でも奇跡でも何でもありません。学問は社会に余裕がなかったら生まれないんです。

 紀元前500年前後は、ちょうど鉄器が全世界に波及した時代です。その時代に地球が暖かくなります。鬼に金棒でしょう。鉄がある。鍬(くわ)やスコップをつくれる。がんがん農地を開墾すれば米や麦がたくさん収穫できるので豊かになるわけです。人類史上初めての高度成長が始まって生活に余裕が出てきたので、「じゃあ、勉強したいやつには勉強させておこう、ご飯ぐらい食べさせてやるわ」となるわけですね。これが知の爆発の原因です。



花開くギリシャと仏教の誕生

 ギリシャではイオニアの自然哲学者という人々が現れて、万物の根源は何かという問題を考えだします。タレスは「水」と考えました。ピュタゴラスは「数」。ヘラクレイトスは「火」。人間の興味は外界に向いていました。

 ところが、ソクラテスという人物が現れて、「自分は何者だ」と人間の内面に質問を投げかけます。つまり、ソクラテスによる転回ですね。最初は自然科学から始まった哲学は、自分に問いを向けるようになって人文科学を生み出したといっていいでしょう。

 その後、プラトンという大天才が現れて、アテネ郊外にアカデメイアという学校をつくります。弟子のアリストテレスは、リュケイオンという学校をつくりました。プラトンとアリストテレスの2人で人間の考えることのほぼ全ての原型はできあがったといわれています。ホワイトヘッドという哲学者が「西洋の哲学の歴史はプラトンの解釈である」という名言を残しています。


バチカン宮殿に描かれたラファエロの「アテネの学堂」。プラトンやアリストテレスなどギリシャの哲学者や科学者が描かれている
 また、「人間が考え得る喜怒哀楽の全ては3大悲劇詩人の作品の中にある」といわれているソフォクレス、アイスキュロス、エウリピデスもこの時代に生まれています。ヘロドトスという歴史家が生まれたのもギリシャです。まさに文芸の百花繚乱(りょうらん)の時代が訪れたのです。あっという間に一面に花が咲いたような感じです。

 インドでも同様に「62見」が現れました。「見」は見識の意味ですから、すごい学者が62人ぐらいいたという意味です。アジタ・ケーサカンバリンという人は、「万物の全ては地、水、火、風の4元素からできている」と述べました。これはイオニア学派と同じことを考えているんですよね。それからゴータマ・シッダールタとマハーヴィーラという仏教とジャイナ教の始祖が生まれています。

 仏教やジャイナ教のような宗教がどのようにして起こったか説明しましょう。当時のインドはバラモン教で、これはアーリア人の宗教ですから、ウシが大好き。インド・ヨーロッパ語族は神様にウシをささげた後、自分たちで食べていたんですね。ところが当時の本来インドの人々はウシに鋤(すき)を引かせて田畑を耕していましたから、ウシは貴重な財産です。それなのにバラモンがやって来て、ウシをさらっていくので心底怒っていたわけです。嫌だといっても「お前は神様に反抗するのか」といわれたら抵抗できないでしょう。

 ところがそこにゴータマ・シッダールタやマハーヴィーラが現れて、「生き物を殺したらあかん」という宗教を持ち込みました。バラモンがやって来て「ウシを出せ、出さないと祟(たた)るぞ」といっても、「私は仏教徒です。ゴータマ・シッダールタはウシを殺したらあかんといっています。私は自分の宗教に従わなければいけません」という理屈ができるわけです。

 こうして仏教やジャイナ教はブルジョアの圧倒的な支持を得て、バラモン教は都市を追われることになります。今ではウシはインドの聖獣になっていますが、そのもとは仏教やジャイナ教にあったのです。

 インドは、ギリシャや中国と違って文献がほとんど残っていないので、昔のことがよく分かりません。西洋にはパピルスがありましたし、中国は竹簡や木簡に字を書いていましたが、インドは貝葉といって大きいヤシの葉に書いていたんです。ヤシの葉はすぐに腐ります。書いても、書いてもすぐに腐ってしまうんだったら、書き甲斐がない。だから歴史を残そうという発想が生まれなかったんですね。書写材料の差が文献の差になっていると考えたらいいと思います。

 ちなみに書写材料の中で一番強固なのはメソポタミアの粘土板です。粘土板に書いて焼いたら、金づちでたたいてもなかなか割れないし、壊れないので永遠に残ります。



中国の儒家と老荘思想

 中国では、この頃から文書行政が始まりました。なぜ中国でいち早く世界に先がけて大きい国がいくつもできたかといえば、漢字と書写材料があったからです。そのスタートが戦国時代です。文字を書ける人(金文職人)は2つに分かれます。1つは大国の官僚になる。もう1つは、豊かになったのでもう宮仕えしなくても飯は食えるだろうと思う人です。後者が諸子百家になっていきます。そして孔子や老子、墨子などが生まれました。

 中国の伝説も全部この頃に生まれています。当時、気候が温暖になって鉄器が普及していましたから、がんがん木を切って国土を開発していきました。木を切ったら洪水が発生しますよね。中国では昔からある禹(う)の治水伝説が有名ですよね。紀元前2000年ぐらいの話です。またこの禹という賢人が夏(か)という最初の王朝をつくったという伝説もあります。そんなものはうそです。この時代の話をずっと昔の話として、盛ったわけですね。

 中国の思想史の構造は割とシンプルです。孔子の教え、儒家の思想というのは簡単にいえば、現世肯定です。平たくいうと「どんどん成長してお金もうけしましょう、立派になってお父さん、お母さんさんを大事にして先祖を手厚く敬いましょう」という考えです。

 これに対して墨子の教えは、自然破壊を憂えて「小さい国でもいい、清く正しく美しく生きましょう」という考え方です。でも人間はそんなに立派な存在ではないので、墨子のグループは絶対、多数派にはなれません。多数派になれない人は「自分たちで団結しなければ死んでしまう」と秘密結社的になっていくのです。

 それから知識人というのはだいたいひねくれています。「高度成長万歳って何を言ってるねん」「自然破壊はあかんでとか、清く正しく美しく生きようって、何を言ってるねん、人生そんなに甘いものやないで」と。そういうひねくれている人は、胡蝶(こちょう)の夢などという、ひねくれた考えに弱いんです。ですから中国の思想界は、最終的には儒家と老荘思想に分かれていきます。

 中国の本流は法家で法律で優秀な官僚が全国を治めるという考え方です。でもそれだけでは持たないので建前として儒教の「お父さん、お母さん、ご先祖を大事にしましょう」が必要となります。要するに、儒教は体制を擁護する考えで、でもそれだけだと社会が安定しないので、知識人やひねくれた人向けに老荘思想がある。中国の思想界はそういう構造で考えれば分かりやすいと思います。選択肢があるということで、社会が安定するんですね。

 ただ、中国で面白いのは、この孔子のグループから孟子という天才が生まれたことです。孟子は、王朝交代の理論をつくり上げました。前回お話ししましたが、神様は天にいて主権を持っています。そして下界は皇帝に任せているわけです。神様は下界をじっと見ていて皇帝が悪い政治をしたら、けしからんと警告を発すると考えるのです。その警告が飢饉(ききん)とか、大雨とか、天変地異です。「これは悪い政治をしているからや」ということになる。でも実際は、単に気候が変動しているだけですから、それはどうしようもないことです。気候が悪くなればお米も取れないし、麦も取れないので、暴動が起こって王朝がひっくり返ります。しかし、それを孟子は「天が警告しても悔い改めなかったから、天が人民に命じて革命を起こさせたんだ」という理屈をつくり上げたのです。これが易姓革命論です。天命が改(革)まって王様の姓が変(易)わるという意味です。

 孟子は易姓革命を2つの方法で整理します。武力で前の王様の首を切るのが「放伐」。前の王様に迫って王様の位を譲ってもらうのが「禅譲」です。革命を理論化したわけですね。禅譲といっても実際は脅して「譲らんと殺すで」といって譲ってもらうので、中国のほとんどの王朝交代はこの禅譲というパターンを踏むことになります。

 その禅譲にも様式があります。みんなが見ているところに禅譲台という広い舞台をつくって、そこで漢(東漢)の皇帝が曹丕(そうひ)に「立派な素質を持っているから皇帝を譲りたい」というわけですよね。曹丕(そうひ)は「いえいえ、とんでもない」と。これを何回か繰り返して「そこまで言うのならお受けします」と述べる。そういう儀式まで作ってしまうのです。有名な漢魏故事ですね。。

 しかし、よく考えてみたら天の声なんか誰にも分からないし、国が乱れて食べられなくなったら農民が勝手に蜂起を起こして王朝を変えてしまいます。だから中国の王朝交代はほとんどが農民蜂起から始まります。これは実はとても危険な思想で、ある意味では人民主権を認めているわけですね。

 中国文明が世界でぶっちぎって早く進んだのは、書写材料が豊富にあって記録が残っているからです。記録が残っていると、巨人の肩の上に立つことができる。前の人が勉強して到達したところからスタートできます。漢字があり、文献が大量に残ったということが、中国の文明が早く進んだ一番の原因だと思います。



聖書の誕生

 次は聖書です。バビロン捕囚でユダヤ人がカルデア王ネブカドネザル2世(ナブッコ)によってバビロンに連れてこられる。でもカルデア王国(新バビロニア)は、ペルシャのキュロス2世によって滅ぼされます。

 ここで、なぜバビロンに連れてきたかというと、遠いエルサレムに軍隊を置くのはものすごくコストがかかるからです。知識人や有力者など、反乱の核になるような人々を全部連れてきてバビロン近郊に住まわせることが一番安上がりなのです。リーダーがいないと反乱もできないので、それが一番合理的なやり方です。ですからバビロン捕囚というと、ひどいと思うかもしれませんが、昔はみんながやっていたことなんです。

 キュロスは立派な人だったのでユダヤ人に「エルサレムに帰ってもいいよ」と告げます。しかし田舎から都会に来て、バビロンで暮らした方がぜいたくできますから、帰ってもいいよといわれても誰も帰りません。これがユダヤ人のディアスポラ、散在の始まりです。エルサレムから連れてこられて故郷を失って世界中を放浪するようになった、といわれていますが、実態は違うんです。田舎へ帰るのは嫌な人々が都会を渡り歩いた、というのがユダヤ人の歴史です。

 そうすると誰が帰るかというと、お墓を守る神職の人々です。でもほかの人は誰も帰ってこない。このままユダヤ人は消えてしまうのではないかと不安になるでしょう。そこでかつてのギリシャ人と同じように、自らのアイデンティティーを守るために聖書を作り始めるのです。これは寛容なペルシャ人への対抗です。

 普通、一家の歴史を書こうと考えたら、お父さん、お母さんから書いていき、次におじいさん、おばあさんになりますよね。でも、ひいおじいさん、ひいおばあさんになるともうよく分からない。だから記録がない時代は古い資料を継ぎ合わせて適当にでっち上げます。聖書も格好をつけないといけないので、どんどん話を創作していきました。

 一番古いといわれる『創世記』はほとんどバビロンで得た知見がベースになっています。洪水伝説はメソポタミアの伝統ですよね。ノアの洪水。船に乗ってナイル川に流されたモーセはサルゴン伝説の借用ですよね。エデンの園というのはメソポタミアの地名です。全部借りてきたんです。「古いものほど新しい」ということです。そもそも、アダムは何からつくられていますか。神様が土をこねつくったのですが、土をこねて人間をつくるというのは、メソポタミアの神話の基本です。だから創成期が一番新しい。こうして聖書ができたと考えてください。



宗教が広がり始めた紀元後の世界

 紀元後の世界に入ります。

 まずイエス・キリストです。イエスは何をした人かというと実はよく分かっていません。記録がないのです。おそらくユダヤ教の改革者だったのでしょう。イエスの教えといわれているのは、ほとんどパウロが伝えたものです。では、パウロがどんな人かといえば、ユダヤ教の熱心な信者の1人で、キリスト教徒を迫害していました。次のような伝説が残されています。

 パウロがウマに乗ってエルサレムからダマスコ(ダマスカス)に行く途中、世界が光って、ウマから落ちて目が見えなくなった。そのときに天から声が聞こえて「パウロや、なぜ私のかわいい弟子をお前はいじめるのか」というイエスの声が聞こえてきた。目が見えないでもがいているうちに、誰かが目をぬぐってくれた。そうしたら目が見えるようになった。そのぬぐってくれた人がキリスト教の信者だった。これが有名な「パウロの回心」です。実は何かのきっかけで人生が変わる人って、ほとんどいないんですよ。こんな劇的な経験に出合えた人はうらやましいですよね。

 イエスはアラム語で説教をやっていました。一方パウロは、イエスの弟がエルサレムで小さい教団を持っていたので、エルサレムには入れなくて転々と地中海の町を順番に布教して歩いていきました。パウロはユダヤ人ですから最初は、都会が大好きなユダヤ人の間で説教していくわけです。使った言語は大都市ですから、コイネー(公用語)と呼ばれているギリシャ語です。ですから教えをユダヤ人以外でも分かるわけです。一番のポイントは、パウロはユダヤ人に限定せず誰にでも教えを説いたことです。これがキリスト教が広がった秘訣ですね。

 同じ頃にインドでも大乗仏教運動が起こりました。どういう経緯かというと、バラモン教は仏教によって都市を追われて農村に逃げていったのですが、農村では誰も字が読めないし、ウパニシャッドのような高遠な理論は分からない。そこで泥で小さい人形を作って、「これはシヴァ神やで、これはヴィシュヌ神やで。シヴァ神万歳といったら救われるで」と徹底的にシンプルにして簡単な教えに変えたのです。こうして生まれたのがヒンドゥー教です。

 そうすると分かりやすい教えなので、農村から都心に出稼ぎに来た人々によってヒンドゥー教がまた都市に入ってきます。分かりやすい方が勝つので、今度は仏教徒が「これはあかん」と焦り始める。そこでお釈迦様の名前を借りたお経を勝手に書き始めるんですね。ヴィシュヌは姿を変えるので有名ですよね。これを借りて観音菩薩(ぼさつ)をつくりました。観音菩薩は、馬頭観音や千手観音などバリエーションがたくさんありますよね。浄土系の「南無阿弥陀仏と言ったら救われるで」というのは、シヴァ神万歳と一緒です。

 こうしてヒンドゥー教に刺激されて、より分かりやすいシンプルな大乗仏教がつくられていきます。しかし般若系や、華厳系、浄土系、法華系などのお経はどれも著者が分かっていません。名もない仏教徒の過激派が、お釈迦様の名前をかたって勝手に文献を書きまくったのです。これが伝統的な仏教徒からは大乗非仏教と言われている理由ですが、そういう形で大乗仏教が広まっていきました。



インドで「仏像」がつくられる

 中国では始皇帝の後、漢という国ができ、王莽(おうもう)という人が新という国をつくります。これが禅譲の始まりです。王莽は「儒教の秩序を世界に広めようとした現実離れしたひどい政権やったで」といわれています。例えば朝鮮半島に高句麗という国がありますよね。王莽は「地方の政権なのに高いという字を使うなんて生意気だから、下句麗にしてしまえ」などというわけです。

 でもよく考えてみたら、中国を真ん中にして位を決めて東アジアの秩序をつくろうとしたという評価もできないわけではないのです。ですから王莽政権というのは単に時代錯誤だけではなく、東アジアの冊封体制の始まりじゃないかという見方もあります。でもあまりに理想論的な改革を強行したので反乱が相次ぎ漢が復興します。

 同じ頃インドではクシャン朝という王朝が生まれ、カニシカ王の頃に仏像ができたといわれています。インドはインダス川とガンジス川の2つの焦点を持っているという話をしましたが、クシャン朝はインダス川のほとりにあるプルシャプラと、ガンジス川のほとりにあるマトゥラーの両方に首都を持っていました。

 昔はギリシャの彫刻の影響を受けてガンダーラ仏ができたというのが通説でした。しかし、よく調べてみると、インダス川のほとりのプルシャプラでは確かにギリシャの影響を受けて仏像が現れていますが、ほぼ同じ時期にマトゥラーでも仏像が現れています。これはおそらく先ほど話したヒンドゥー教のシヴァ神の像とか、ヴィシュヌ神の像の影響でできたのではないかといわれており、ギリシャの影響を過大視するのはちょっとおかしいのではないかという説が現在は中心になってきています。

 仏教では仏陀(ぶっだ)こと、ゴータマ・シッダールタ、つまりお釈迦様のありがたい法話を広める際、お釈迦様を車輪で表したり、仏足石のように足で表したりしていたのです。でもそれは分かりにくいので、次第に仏像ができていきます。人間って最初は「像をつくるのは恐れ多い」とみんなが考えますが、時代がたつと分かりやすさが勝って像をつくるようになるんですね。キリスト教も一緒です。マリアとかイエスの像がどんどんできていきました。

 イエスの教えはパウロがつくっていくのですが、やっぱり紙に書いておかないと消えてしまうということでイエスが死んでから半世紀後ぐらいに新約聖書が書かれるようになります。「福音書」ですね。マタイとか、ヨハネとか、マルコとか、ルカという福音書が書かれて、イエスの教えが固まるが紀元1世紀の終わり頃ですね。



気候の変動で大国が衰退し小国が台頭

 この頃にローマ帝国では、ギボンという英国の歴史家が「人類の最も幸福な時代」と呼んだ五賢帝の100年が始まります。安定した一番の理由は気候が温暖で人々の移動がなかったことでしょう。

 しかし紀元2世紀の終わり頃、五賢帝の最後の頃から、ユーラシアは寒くなります。寒くなると未開の民族は南下して山にぶつかり東の方と西の方に移動するので、漢とローマという2大帝国が衰えを見せ始めます。五賢帝の最後のマルクス・アウレリウス・アントニヌスは、ウィーンでそういった民族との戦争中に死んでしまいます。同じ頃に中国でも黄巾の乱が起こりました。

 大きい国を維持しようと思ったら軍を動かさなくてはいけない。軍を動かすためには兵糧が必要なので、気候が悪くなって穀物がとれなくなったら大国は維持できません。だから小国に分かれていくのです。中国では、漢が壊れ始めてから隋唐世界帝国ができるまでほぼ400年間、分裂の時代に入ります。

 ローマが弱った頃、ペルシャでは第2の大帝国、サーサーン朝が生まれます。サーサーン朝もピーク時はインドからエジプトまでを支配するので、ペルシャ人というのはやっぱりすさまじい民族です。サーサーン朝はローマと争うようになります。

 どうしてローマ帝国が長い間維持されたかといえば、道が四通していて、市役所や県庁があったからです。未開の民族が500人ぐらいやって来た際には、「こちらの県庁から応援に行け」とか指示ができたからです。しかし、そういった民族がたくさん来るようになると「ローマからもう指示を出していていては間に合わないので、国を4つぐらいに分けて、それぞれに皇帝を置いたらどうか」と考えるんですよね。これが4分割、テトラルキアという、ディオクレティアヌスが考えた分割統治の仕組みです。

 そのうちに、さらに未開の民族がたくさん入ってくる。皇帝は「もう全部は守れない、半分は捨てよう」と考えます。どちらを捨てるかといえば、西です。エジプトから食料を運ぶのに、ローマとコンスタンティノープルのどちらが楽かといえば、コンスタンチノープルの方が近い。それに東の方がもとのギリシャ文明発祥の土地ですから、文化度も高い。だからローマ帝国が西の方を捨てるのは当たり前なんです。コンスタンティノープルへ遷都して当方中心にまとまっていこうと考えます。

 そのときにアンブロジウスというミラノの司教、悪知恵の働くお坊さんが出てきます。ローマ皇帝のテオドシウスに「市役所も県庁も襲われて情報が入ってこなくてお困りでしょう。でも教会のネットワークは生きていますよ」とささやくわけです。教会にきた未開の民族も「ここは神様の家です。壊してもいいですけれど祟(たた)りますよ」などといわれたら壊せない。ですからキリスト教のネットワークは残っています。それをバーター取引してローマ帝国の国教にしたのです。さらにテオドシウスに迫ってギリシャ・ローマの神様の祭りである古代オリンピックを廃止させました。キリスト教はすごく政治力があったのですね。

 そして、6世紀になると、ユスティニアヌスという皇帝がキリスト教の力を借りてもう一度、捨てた西方を取り返しに行こうと考えたときにも、焚書坑儒(書物を燃やすなどの思想弾圧)をやらせています。アカデメイアやリュケイオンを閉鎖させたのです。こうしてギリシャ、ローマの文明は消えていくのですが、学者はみんなサーサーン朝に逃れて全部ペルシャで保存されることになります。



中国・拓跋国家の始まり

 インドでは、4世紀にグプタ帝国ができます。このあたりがインドの古代の1つのピークですね。カーリダーサというインドのシェークスピアといわれる人が生まれたり、ナーランダ僧院という仏教の大学ができたのもこの時代です。

 中国は、五胡十六国時代に入りますが、「未開の民族が入ってきたので中国全体をキープするのは無理だ、北は放棄しよう」という形で、中国は南に移動します。気候が悪くなって、未開の民族が大量に入ってきたときにローマも中国も、半分はあきらめて捨て、豊かな半分を守ったというのが人間の歴史ですよね。それが東ローマ帝国であり、中国の南朝であると。そう考えたら分かりやすいです。

 北の方では、未開の民族が争うわけですが、最終的には北魏という国が華北を統一します。北魏は鮮卑(せんぴ)という異民族。鮮卑の大帝国ができるのです。北魏をつくったのは鮮卑の中の拓跋部(たくばつぶ)という部族です。遊牧民の草原の大帝国は最初がスキタイ、その次が匈奴(きょうど)、その次が鮮卑です。

 中国人なら「自分が皇帝になったのは、前の皇帝が無能力だったので天が怒って気候が悪くなり、自分が後を継いだのだ」という易姓革命の理論が使えます。ところが、鮮卑の拓跋部は異民族なので、その理論は使えません。でも人間はやはり大義名分を欲する。支配の正当性を求めるのです。けんかが強かったというだけではダメなんです。

 そのときに、インドから入ってきた大乗仏教の中の華厳宗の教えがぴったり合うのです。「そうか、皇帝は仏。軍隊や官僚は菩薩なんだな。迷える中国の人(衆生)を救ってやらないとあかんな」と。きれいに説明がつくでしょう。その象徴が雲崗の石窟です。あの仏様は全部北魏の皇帝の写しです。鎮護国家の祈りです。この華厳の教えの仏様を毘盧舎那仏といいます。日本の東大寺の大仏ですね。奈良時代の日本にそのまま移されたものですが、その大本は全て北魏から来ているわけですね。

 それから、もう1つ権力の正統性を確保するための簡単な方法は、「自分は漢民族だ、中国人だ」といって中国人になりきることです。そうすれば易姓革命論が使えるわけです。孝文帝と、その孝文帝の幼小時に権力を握った馮太后(ふうたいごう)は、徹底的な漢化政策を行い「鮮卑の言葉を使ったら死刑にするで」などと、鮮卑の姓も全部中国式に変えてしまいました。

 このように遊牧民の政権は正統性を求めて揺れ動きますが、仏教が中国に根を下ろすのは北魏の時代からです。北魏の最初の都は現在の大同に置かれました。当時の名前は平城です。奈良の都、平城京の「平城」です。

 北魏はこの後、随、唐と流れていきます。北魏も随も唐も全部拓跋国家です。この遊牧民は、女性の地位が大変高く、馮太后や武則天といった人々ががんがん出てきます。武則天は7世紀後半、半世紀にわたって権力を握りました。この女性の世紀の流れが奈良時代の女帝につながっていきました。

 西の方はどうかといえば、いろいろな未開の民族が入ってくるのですが、最終的にはフランク族が勝ち残ります。フランク族はどうやって権力を握ったかというと、当時フン族という匈奴の流れがハンガリー大平原を中心に大帝国をつくっていて、アッティラという王様がいました。このフン族の傭兵隊長として頑張ったのがフランク族で、フン族の大帝国、アッティラの帝国が瓦解した後、権力を握ることになります。

 昔は、476年にオドアケルがイタリア王になって、西ローマ帝国が滅んだと大げさに書かれていましたが、もともとローマ帝国は西方を捨てたので、西ローマ帝国の滅亡というのはほとんど意味がない。ローマ帝国は1つで、その半分を西ローマと呼んでいただけだということも分かってきたので、オドアケルの纂奪(さんだつ)は大した事件ではないというのが今の通説になっています。

■変更履歴
1ページ目「周が滅んだとき」としていたのは、正しくは「商(殷)が滅んだとき」でした。お詫びして訂正します。[2020/02/21 19:10]