出口治明の「5000年史」講座


  第1回

  人類の歴史は「食欲」から始まった
  グレートジャーニー~中国・秦の始皇帝

  出口 治明

出口治明氏 立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。1972年、京都大学法学部卒業後、日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年上場。10年間社長、会長を務める。2018年1月より現職。(写真:山本 厳)

これまでに世界1200都市以上を訪問し、読んだ本は1万冊以上という「知の巨人」、立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長による世界史講座。歴史に親しんでこなかったビジネスパーソンでも楽しめるように、5000年史を動画とテキストでお届けする。第1回は、20万年ほど前にアフリカで誕生した人類が全世界へと旅をしながら文明を生み出していく様子を、秦の始皇帝の時代(B.C.221年~)までダイナミックに解説する。

■目次

グレートジャーニーの原動力は「ビフテキを食べたい!」
世界初の帝国、共通語も博物館も図書館も作る
武器と鉄器生産技術の確立
B.C.1200年のカタストロフィ
「サボりたい」から生まれたイノベーション
史上空前の世界帝国と人類初のグローバリゼーション
アレクサンドロス大王とクレオパトラ
ローマを共和国から大帝国に変えたカエサル
中国を統一した大天才、始皇帝




 昔は歴史を学ぶといえば、「西洋史」「東洋史」といった具合に地域ごとに分かれていたと思います。僕がなぜ、「5000年史」という言葉を使っているかといえば、歴史は全部つながっているからです。地域ごとにばらばらに学んでも意味がないと思っています。

 人間の歴史というのは1つしかありません。この地球に住んでいた人間の歴史なので、それを文字が記録され始めた頃をだいたいの起点として、「5000年史」という表現で、西で起こったことも、東で起こったことも、全部まとめて理解した方が分かりやすいと思うのです。「5000年史」や「全世界史」という言葉を使っているんですが、細かい固有名詞はそんなに大事ではありません。皆さんに理解していただきたいのは、大きな流れです。「人間ってこういう大きい流れの中で生きてきたんやな」ということを分かっていただければ、すごくありがたいと思います。

 それでは、講義を始めます。


グレートジャーニーの原動力は「ビフテキを食べたい!」

 人間はいつごろ生まれたかといえば、20万年くらい前にアフリカで生まれたということになっています。これはいろいろな遺伝子分析や化石などから考えて、ほぼ間違いがないといわれています。そして一部の人がアラビア半島沿いにユーラシアの方に旅を始めたのが10万年ぐらい前です。グレートジャーニーといわれていますが、どうして旅を始めたかというと、ビフテキが食べたくなったからなんです。10万年も東アフリカにいたら、近くにあるおいしいものはだいたい食べちゃった。うっすらとアラビア半島が見えているので、一部の人は「あっちに行ったらおいしいウシやウマがいるかもしれない」と思ってユーラシアに全世界に散らばって行ったんですね。

 何でビフテキを求めて行ったことが分かるかというと、地層を掘っていくとメガファウナと呼ばれている大型草食獣の骨が、ある時代に激減して同時にホモ・サピエンスの骨が出始める。誰が考えてもこいつらが食べたんだなということが分かるわけです。人間ってやっぱりご飯が大事で、おいしいものを求めて全世界に散っていったというのが人間の歴史です。

 人間は20万年前に生まれてから19万年ぐらいは世界中を放浪していたのですが、1万年ぐらい前に定住を始めます。「食べ物やいろいろなものを探して世界中を放浪するのはもうやめた」と。ここにとどまって周囲を支配しようと考えだしました。

 植物を支配するのが農耕。動物を支配するのが牧畜。金属を支配するのが冶金ですね。そのうちに自然界の真理や原理も支配したいと神を創造します。定住が始まってからしばらくして、いろいろな人間の形をした土偶が作られるのですが、用途がわからないので多分拝んでいたのだと思います。定住によってそれまで存在しなかった農耕や牧畜を作り出す、つまりドメスティケーションというのがホモ・サピエンスの歴史の中では大きい契機になります。

 もう1つ大きい出来事が言語の発明です。これがいつごろ起こったかは実はよく分かってないのです。グレートジャーニーとほぼ同じ頃だという人もいるのですが、言語はコミュニケーションの手段ではなくて、思考のツールとして生み出されたというのが今の通説です。つまり言葉を使って考えることを始めたということです。B.C.4000年ごろ。メソポタミアで初めて文字が生まれました。ここからホモ・サピエンスの狭義の意味での歴史が始まります。

 文字はどうやって生まれたか。例えば、誰かがウマを借りに来たのでウマを貸します。ウマを貸したことを何か覚えておかないといけないので、粘土のボウルを壺(つぼ)に入れて「ウマ1頭貸した」と。今度は麦を借りに来る人がいる。「麦も貸した」と。同じ壺に入れたらこんがらがるので違う壺に入れておきます。でも取引が増えてくると壺も増えてしまうので、「じゃあ、ボウルに印を付けたら壺1つでいい」と、麦が「◯」とかウマが「△」だとか付けていく。このトークンの印から文字が始まり、取引が増えるたびに記号が複雑になっていって、文字が進化したといわれています。こうして世界最古の文明がメソポタミアのシュメールで始まりました。

 その次にエジプトに文明が起こります。メソポタミアとエジプトは陸路で行けますから、お互いに刺激しあって文明が起こったのですが、後から起こったエジプトの方が早く統一国家ができます。ピラミッドができたりするんですね。なぜかというと河川の違いです。エジプトを流れるナイル川は真っ平でゆったり流れているので物資の輸送も貯蔵するのも楽。蛮族がきてもすぐに分かります。ところがチグリス川もユーフラテス川も、ナイル川に比べれば急流です。蛮族も侵入しやすい。メソポタミアの方が先に文明が始まったのに大きい王国ができなかったのは、そのような地理的要素が大きかったからです。

 ピラミッドができた頃、第3の文明としてインダス川流域でも文明が起こりました。昔は、四大文明はばらばらに起こったと考えられてきましたが、そうではありません。シュメールとインダスは海路を通じて交易をしていたことが分かっていますから、刺激し合ってインダス文明も始まったと考えられています。インダス文明特有の印章などがバーレーンなどのアラビア半島の港とか、イラクで出土していることが証拠です。



世界初の帝国、共通語も博物館も図書館もつくる

 エジプトより500年から800年ぐらい遅れ、メソポタミアでは、アッカド王サルゴンが初めて統一国家をつくり、世界初の帝国が誕生しました。歴史上で使われる帝国の定義にはいろいろありますが、ここではシンプルに「いろいろな言語を話す人を1つの国が治める」ということにしておきましょう。これが意味するものは、国を治めるための共通語が必要だということです。アッカド語が世界初の共通語(リンガ・フランカ)になりました。

 粘土板には、サルゴンの宮廷にはインダス川から持ち込んだ水牛が飼われていたという記録があります。大帝国の皇帝は周囲の世界を全部統一したらもうすることがない。だから「動物も植物も全部集めてやろう、昔の人間も全部子分にしよう」と動植物園や博物館、図書館をつくります。サルゴンから始まった世界帝国・世界帝王の理念の流れがルーヴル美術館であり大英博物館なのです。人間の考えることは昔も今も一緒です。

 その後、ナラム・シンという大王様が現れますが、ナラム・シンは生きている時に「俺は神やで」といった最初の王様です。全て集め尽くすと最後はそうなるんですね。王様は神であるという概念もこの時代のアッカド帝国に始まっています。

 エジプトは古王国という統一国家の時代が500年ぐらい続き、またいろいろ争乱の時代があって、次に中王国ができます。この中王国というのは日本の歴史ではあまり教えられていないのですが、実は歴史上では大変重要です。最近の学問で、地中海文明は中王国の影響をものすごく受けていることが分かってきたのです。

 例えば、地中海文明の始まりはクレタ文明(ミノア文明)ですね。クレタ文明を象徴するのは何かというとラビリンス(迷宮)ですが、中王国の王様を葬る葬祭殿は中庭が迷宮になっているのです。

 象徴的なものではホメロスの『イーリアス』という物語。そこにはトロイア勢の応援に来たエチオピアのメムノンという強い王様が登場するのですが、このモデルが中王国の王様のアメンエムハト3世らしいのです。何もないところにぱっと文明なんか起きるはずはなくて、全部つながっていると考えたら当たり前のことですよね。

 そして、だいぶ遅れてこの頃(B.C.2000年ごろ)、中国でも文明が始まり、二里頭という文化が栄え始めました。出現した青銅器などからこれが伝説の中国最古の王朝「夏」ではないかといわれています。しかし文字がないので確認できません。



武器と鉄器生産技術の確立

 メソポタミアはチグリス川とユーフラテス川の間に肥沃な地域があって周囲に山があります。山にもいろいろな人が住んでいて、山上からバビロンとかを見て「何かぜいたくしているらしいからちょっと取ってこよう」と人々が押し寄せて来るのです。だから王朝が長く続かないのですが、サルゴンが最初に大帝国をつった次に、ウル・ナンムという王様がウル第三王朝という統一国家をつくり、『ハンムラビ法典』で有名なハンムラビ王が再々統一します。

 ハンムラビの統一国家は20年ぐらいしか続きませんでしたが、ハンムラビの時代には、エジプトに侵入したヒクソスというグループによってチャリオット(戦闘用馬車)が誕生します。これが最初の軍事革命です。チャリオットはユーラシアの平原地帯で生まれたものらしいのですが、ウマと車を結びつけた2人乗りの戦車です。1人がウマを御して1人が弓を射たり、やりを投げたりするのです。

 これまで人間が武器を持って戦っていたのに、そこを猛スピードの車がやって来て弓や槍(やり)が飛んできたら勝てないですよね。このチャリオットを使ったヒクソスは当然戦争に強く、中王国はヒクソスによって滅ぼされてしまいました。

 同じ頃にインダス文明が1000年ぐらい栄えた後に滅んでいます。気候の変化だといわれています。産業革命が起きるまで、人類の主要な産業は農業ですから気候の変化はてきめんに効くのです。

 B.C.2000年ごろの大事な話は、アナトリアでの鉄器生産技術の確立です。初めてインド・ヨーロッパ語族が歴史に登場し、その中のヒッタイト人がヒッタイトという国をつくります。それまでメソポタミアで文明を営んできたのはセム部族、セム人といわれているグループです。エジプトは、ハム語族、ハム人です。

 インド・ヨーロッパ語族は後から出てきたのですが、中央ユーラシアから西方に移動してメソポタミアに入ろうと思うと、ウル・ナンム王とかハンムラビ王とか強い人々がいる。そういうところは避けてさらに西に行き、現在のトルコのアナトリア半島あたりで落ち着いたのです。幸運なことにその地域には鉄がありました。鉄によってヒッタイトは強くなります。

 少し遅れて別のインド・ヨーロッパ語族がメソポタミアを避けてギリシャに入り、ミケーネ文明をつくります。この人々がクレタ文明を滅ぼしたのではないかといわれています。ヒッタイトやミケーネの文明が起こったのはB.C.1600年ぐらいのことです。インド・ヨーロッパ語族は結構けんかが好きで軍事色が強いのです。

 その頃エジプトにはヒクソスを追った3つ目の王国、新王国が誕生します。治績には見るべきものはないのですが、黄金のマスクで有名になったツタンカーメンとか、ラムセス2世とか、ピラミッド以外のすごい大神殿は、だいたい新王国の時代にできています。

 B.C.1500年ぐらいから、メソポタミアが乱れます。例えばバビロニアはハンムラビ王の頃からメソポタミアの中心でしたが、カッシート人がバビロニアを治めたりします。それからヒッタイトは内乱を起こしてミタンニという新しい王国ができたりします。

 エジプトにとってはラッキーなことで、ライバルであるメソポタミアがけんかをしている間に強くなることができたのです。この時代にルクソールの神殿とかばかでかい建物がたくさんできて、エジプトの新王国は最盛期を迎えました。

 歴史を見ていると、運ってとても大事ですよね。強国ができても、お隣にものすごく強い国ができれば、けん制し合ってどちらも大きくなれません。その意味では、エジプトの新王国がものすごく大きくなったのは、たまたまメソポタミアが乱れていたからだと考えたら分かりやすいと思います。



B.C.1200年のカタストロフィ

 この間、現在の中国では黄河文明が起こり、漢字という世界で一番美しい文字が出現しました。四大文明の中で中国がこんなに遅れた理由は、メソポタミアから遠いからです。メソポタミアとエジプトは近いのですぐに影響を受けました。インダス川にも海伝いに行って1000年ぐらいで影響を与えることができました。シュメール文明が今から5500年ほど前、インダス文明が4500年ほど前です。ところが、中国はとても遠いので西アジアの影響が陸伝いに伝わるのに時間がかかり、それがさらに1000年以上かかったと考えれば分かりやすいと思います。

 では黄河文明がなぜ西アジアの影響を受けているのかというと、チャリオットを持っていたり、宦官(かんがん)という風習を受け継いだりしているからです。宦官というのはどう考えても農民の風習ではありません。強い雄にたくさん子供をつくらせたいから、弱い雄を去勢する西アジアの遊牧民の風習から来ているものですよね。

 B.C.1274年、混乱を治めて再び強くなったその後で、ヒッタイトとエジプト新王国がカデシュというところで戦います。これは世界で初めて条約が結ばれた大戦争でした。

 エジプトには「カデシュでめちゃ勝ちしたで」という浮き彫りが山ほどあります。戦争はだいたい両者とも勝った、勝ったと宣伝するのですが、この戦いはどうもヒッタイトが勝ったようです。カデシュはシリアにありますが、ヒッタイトが戦後、シリアを領地にしていますから。

 でも両者とも「やっぱり戦争ってしんどいな」ということに気づいて平和条約を結びます。この条約は記録上残っている最古の平和条約です。レプリカが国連本部に置かれています。やっぱり人間もちょっとは賢くなって、殴り合いだけじゃなく、外交交渉でお互いに平和を獲得したということです。

 そしてB.C.1200年ごろ、「B.C.1200年のカタストロフィ」といわれている有名な現象が起きました。海の民と呼ばれている人々が西アジア一帯に現れて荒らし回って、西アジアの文明国がほぼ全部姿を消します。はっきりした原因は解明されていませんが、アイスランドのヘクラ火山の大爆発で気候がおかしくなり人々が大移動を始めたなどといわれています。昔は国境とかがありませんから、寒くなったり地震が起こったりしたらみんな逃げ出すのです。

 大移動で何十万人も見知らぬ人々が入ってきたら国は持たないでしょう。ヒッタイトが滅び、ミケーネが滅び、エジプトの新王国も滅びはしませんでしたが衰退してしまいました。メソポタミアとエジプトにあったほとんどの文明国全部がガタガタになってしまったのです。カッシートも滅び、アッシリアも弱体化しました。

 強い人がいなくなるとどうなるでしょう。小さい民族が頑張る余地が出てきますね。それがフェニキア人であり、アラム人でありヘブライ人です。カタストロフィーのおかげです。

 「B.C.1200年のカタストロフィ」にはもう一つ歴史的に重要な意味があります。それはヒッタイトが持っていた鉄です。高度な鉄器を作る技術はヒッタイトが独占していましたが、ヒッタイトが滅びた後、鉄工職人が方々に散っていくわけです。これによって鉄器時代が幕開けしました。



「サボりたい」から生まれたイノベーション

 フェニキア人はアルファベットを作ったことで有名です。アルファベットは、もとは原カナン文字、パレスティナやシナイ半島で生まれています。なぜかというと、当時の文明国はエジプトとメソポタミアで、メソポタミアはくさび形文字、エジプトはそれに影響を受けたヒエログリフ、象形文字を使っていました。バビロンに生まれた賢い子供は、くさび形文字を覚えたら、年収1000万円で書記として王様の近くできれいな仕事をできるわけです。当時の仕事って兵隊か農民ですから、それに比べたら涼しいところで字を書いているって楽でしょう。

 エジプトで生まれた賢い子供も、象形文字を覚えたらやっぱり楽な仕事をしているわけです。両文明の交差するシナイ半島はというと、両方覚えなければ年収1000万円にならない。そうするとシナイ半島やパレスティナの人々は「こんなややこしいもの2つも覚えるなんて嫌だ」と。どうしたら楽ができるかを考えて、アルファベットを生むのです。

 イノベーションというのはサボりたいという気持ちから生まれるんですね。まじめな人はイノベーションを生まない。楽をしたいという気持ちが人類史上、イノベーションを生んできたのです。

 中国でもその頃、「牧野の戦い」という有名な戦いがあり、商(日本では殷とも呼ばれています)という国から周という国に王朝の交代が起こります。これは「商周革命」と呼ばれていますが、神様の名前が変わります。商のときは先祖神である帝だったのですが、周になると天になります。周は長く続いたので、今でも天下とかいうでしょう。天の下です。これは周の神様の下に我々が住んでいるという意味です。

 商は祭政一致体制で、戦争をするときも最初はお互い神様にまず祈ってから戦争をするというシステムだったのですが、周の時には祭政分離が行われ、さらに語順が変わります。商の時代は辛という名前の王様なら「帝辛」でしたが、周以降は「武帝」「始皇帝」のように被修飾語が修飾語の前に立つようになります。商周革命は大革命だったといわれています。

 B.C.1500年ぐらいにアーリア人という、インド・ヨーロッパ語族がインドに入ってきます。昔はアーリア人がインダス文明を滅ぼしたといわれていましたけれど、数百年のタイムラグがあるのでインダス文明は気候変動で滅んで、その後アーリア人が入ってきたと今では考えられています。


史上空前の世界帝国と人類初のグローバリゼーション

 カタストロフィの後、小さい国の人々が頑張っていたのですが、エジプトまで遠征しメソポタミアとエジプトを初めて統一したアッシリアによって、史上空前の世界帝国がつくられます。アッシュールバニパルという王様は有名ですよね。しかしメソポタミアとエジプトはあまりにも遠い。1つの国家をつくっても統治技術が発達していなくて官僚もばらばらですから、ものすごく強くてカリスマ性のある王様がいる間はみんなおとなしくしているのですが、その王様が死んだらあっという間に瓦解するのです。

 アッシリアが瓦解した後、カルデアという国のネブカドネザルという王様がバビロニアを統一します。新バビロニア王国です。バビロン捕囚という有名な物語がありますね。

 ここで「ダビデやソロモンというイスラエルの王様の話は?」と思われるかもしれませんが、実はいくら掘ってもB.C.1000年ごろのダビデ、ソロモンの時代のエルサレムの人口は1000人を超えないのです。現在の学問ではダビデやソロモンが実在したこと自体を疑う見解が圧倒的です。

 アッシリアの後にアカイメネス朝というペルシャ人の大帝国が誕生し、ダレイオス1世という王様が現れます。人類初のグローバリゼーションはこの王様によって始まったと考えられています。

 アッシリアが簡単に滅んだ理由は、統治技術が十分ではなかったからでした。大帝国を維持するために一番大事なのは情報です。昔は電話もパソコンもメールもありませんから、広い国の中で反乱が起こっても分からないわけです。放っておいたら反乱が大きくなって、気が付いたら首都の近郊に大軍が迫っている。これが昔の姿でした。

 しかしダレイオス1世はそれでは大帝国は維持できないなと考えて、道を整備します。「王の道」といわれています。駅伝の制度をつくって、ウマが疲れたところに宿駅を設けて、そこに代わりの伝令やウマを置いておいて、広い大帝国の中で何かが起こったらすぐに自分の耳に入るようにしました。情報ルートを整備することによって大帝国を維持しようとしたのです。

 ほかに、ダレイオス1世はリンガ・フランカをアラム語に変えて、アッカド語に次ぐ第2のリンガ・フランカをつくりました。アラム語というのは、シリアのダマスカスを中心に地中海の港で陸揚げされたものをメソポタミアまで運ぶ隊商をやっていたアラム人の言葉です。普通に考えたら、ペルシャ人が世界帝国をつくったわけですから、リンガ・フランカは自分たちのペルシャ語にしますよね。でも帝国内で一番多く使われているアラム語にした。合理的ですよね。ここがダイオレス1世のすごいところです。大帝国の統治技術の原型はほとんどダレイオス1世がつくっています。
 それからサトラップという知事。地元の有力者を「俺の言うことを聞くなら今まで通りお前の地位をキープしてやる」と。自分の部下に差し替えたらやっぱり文句を言うでしょう。だから地方の君侯はほとんど全員、そのままの地位を認めます。しかし、今までは反攻していたわけですから100%信頼してもいけないので、監察官をつくりました。これも大帝国を統治するための技術ですね。また、貨幣を統一し、カナートという地下水道を造って灌漑(かんがい)を全土に広げていきました。

 ダレイオス1世の時代に大帝国を統治する技術のほとんどが出来上がって、ギリシャ人もどんどんやって来ますので、ヘレニズムはダレイオス1世の時代に始まっています。その後、ペルシャ戦争が起こりますが、これは大帝国の一地方の反乱です。ヘロドトスが『歴史』に盛って書いたので、何か自由なギリシャ対専制のペルシャのようなステレオタイプな見方がありますが、帝国の西方にいたギリシャ人が反抗したので、ダレイオス1世がたたきに行ったらギリシャはすごく狭いところで大軍を使えない。それで窮鼠(きゅうそ)猫をかむでかまれてしまったという話です。そんな不便なところにいる人間を必死にたたいてもしょうがないから、あとは外交戦で十分だと考えて兵を引いたのです。



アレクサンドロス大王とクレオパトラ

 実は、当時のペルシャの仮想敵国はどこかというと、北方ユーラシアの大草原で初めての大帝国を開いたスキタイでした。ダレイオスは今のイスタンブールまで出掛けていってボスポラス海峡に橋を架け、大軍を中央ユーラシア、今のロシアに向けて出立させます。

 スキタイはとても勝てないということで焦土戦術を採って、国土を焼け野原にしてどんどん後退していきました。これはナポレオン1世やヒトラーに対してロシア(ソ連)がやったことと同じことですよね。ところがナポレオン1世やヒトラーと違って、ダレイオス1世は軍を返すのです。「2?3発殴ったから、しばらくは痛みを忘れないので、当面悪さはしないだろう」と。ダレイオス1世の伝記が残っていないのはとても残念ですが、実績を見ると世界帝国をつくりグローバリゼーションを始めた大帝国にふさわしい、大変賢い人だったのではないかと思います。

 この、ダレイオス1世のつくった世界帝国を、王の道を上手に使いながら簒奪(さんだつ)したのがアレクサンドロス大王です。アレクサンドロス大王は大帝国をつくったのではなく、ダレイオスの帝国のインフラを使いながらそこを乗っ取ったと考えると分かりやすいと思います。アレクサンドロス大王はアカイメネス朝を滅ぼした後、「俺の言語が世界言語だ」ということで、コイネーと呼ばれている口語のギリシャ語をアッカド語、アラム語に続く第3のリンガ・フランカとします。そこはちょっとダレイオス1世とは違うんですね。でもアラム語はずっと続いていて、後にイエス・キリストが説教をしていた言葉もアラム語でした。

 アレクサンドロス大王の死後、後継争いが生じます。アレクサンドロス大王の大帝国は、シリアからユーラシアに至る部分を取ったセレウコス、ギリシャを取ったアンティゴノス、それからエジプトを取ったプトレマイオス、大きく言えばアレクサンドロス大王の大帝国はこの3つに分割されます。ただ、お葬式をやる人が衣鉢を継ぐ人だということで、プトレマイオスはアレクサンドロス大王の遺骸を奪ってお葬式を行い「自分が1番の後継者だ」と言おうとします。

 アレクサンドロス大王には妹がいました。名前をクレオパトラといいます。プトレマイオスはクレオパトラに求婚します。アレクサンドロス大王の葬式をやった、実の妹ももらった、後継者にふさわしいでしょう。秀吉のようですね。葬式をつかさどり、信長の姪にあたる淀君をもらった。
 ところが、ギリシャにいるアンティゴノスがそれを許すはずはない。クレオパトラは殺されます。ただ、代々この王朝は王女の名前にクレオパトラを付けます。シーザーの恋人であったクレオパトラは7世にあたります。

 自分こそが後継者と思っているプトレマイオスがやったことは、ムセイオンと呼ばれている大図書館、大博物館をつくることでした。これも、サルゴンやアッシュールバニパル以来の世界帝国は大図書館や大博物館をつくるという伝統を引き継いでいます。ですからアレクサンドリアが文明の中心になるわけです。世界中の本を集め、特に貴重な本は別の棚を設けて大事にしていました。その棚に集められた本をクラシックと呼び、そこからクラシックス、古典という名前が生まれているのですが、もとはムセイオンからです。



ローマを共和国から大帝国に変えたカエサル

 その頃、ローマが少しずつ大きくなってきて、地中海の女王カルタゴとの間で「ポエニ戦争」を戦い、そして地中海の覇権を握って地中海の主になっていきます。アレクサンドロス大王の死後100~200年ぐらいです。

 ローマには、その後カエサルという天才が現れます。当時のローマはずっと共和制でした。ということは市民皆兵で市民が全員、参政権を持っているので直接民主制のようなものです。イタリア半島にいる間はそれでよかったんですが、地中海を越えてアフリカのカルタゴまで取ってしまったので、国土がものすごく広くなってしまった。

 そこでカエサルは「直接民主制ではもう持たへん」と、官僚をつくって職業軍人を置いて、帝国をつくることを考えます。カエサルは暗殺されますが、その後を継いだオクタウィアヌスがカエサルのグランドデザインを実現して、ローマは共和制から大帝国になっていくのです。

 その前に一幕あって、カエサルはまずポンペイウス、クラッツスの3人の有力な政治家で三頭政治を行うのですが、ポンペイウスを追ってエジプトに行き、そこでエジプトの女王であったクレオパトラ7世と恋に落ちて子どもをつくります。カエサリオンというエジプト最後の王様です。

 カエサルの死後、オクタウィアヌス、アントニウス、レピドゥスによる第2回三頭政治が行われます。カエサルの部下であったアントニウスはクレオパトラ7世と恋をして、オクタウィアヌスと戦うのですが、ここでオクタウィアヌスが勝利を収めたことで、エジプトはローマの領土になります。カエサリオンは殺されます。エジプトはすごく豊かな地域。オクタウィアヌスがエジプトという穀倉を自分の領土にしたこと、属州にしたことでローマ帝国はさらに強くなるのです。パンとサーカスという有名な言葉がありますよね。ローマの皇帝はパンを配り、サーカスのような催しをして市民の忠誠心をつなぎとめた。それができたのは豊かなエジプトを得たたからこそで、そのスタートはカエサルとクレオパトラ7世の恋にあったわけです。

 インドの話をしますが、アレクサンドロス大王はペルシャの国境であったインダス川まで行きます。今まで西の方からこれほどの大軍団が来たことがなかったので、インド人はみんなびっくりするわけです。アレクサンドロス大王は兵を返すのですが、「外敵が来たら大変だから、うちらもまとまらないとあかんな」ということで、チャンドラグプタという人がマウリヤ朝を開きます。アレクサンドロス大王の侵入が契機です。

 しかし、マウリヤ朝は長く続きません。3代アショーカ王の時代に最盛期を迎えますが、王の死後弱体化してすぐに滅んでいきます。インドは、北は平原、中央にとデカン高原、海岸沿いには山脈と、地理的に複雑なため、アレクサンドロス大王による刺激や、アショーカ王のようなカリスマがいなかったら統治できないのです。インドになかなか大帝国が生まれないのは、地理的上限が制約になっているのです。

 付け加えるとインドは南北に長い。ということは気候帯が違います。横長の大帝国は気候帯が一緒だからつくりやすいのですが、インドは縦長だから難しい。ですから最初に文明が起こったインダス川のほとり(パンジャーブ地方)とガンジス川のほとりという常に2つの楕円の焦点をもって国をつくっていくことになります。



中国を統一した大天才、始皇帝

 次は中国です。中国は商が800年ぐらい続きますが、B.C.221年、ローマが起こってきた頃、始皇帝という天才が現れて中国を統一します。ダレイオスと同じように始皇帝というのはすさまじい天才で、まず皇帝という新しい称号をつくります。それから郡県制。簡単にいえば中央から官僚を派遣して、全土を治めるということで、これはすごいことです。

 ダレイオス1世はサトラップでしたが、始皇帝は違いました。中央から知事を送ります。なぜそれができたかというと、漢字と紙の存在です。伝言ゲームだと2~3人ぐらい回るだけで最初の人が言ったことと違ってきますよね。ところが漢字と紙があれば、書いたことがそのままどこまでも伝達されます。

 紙は蔡倫が2世紀に発明したのではないか、と思われるかもしれませんが、始皇帝のころから紙の原型がありました。竹簡や木簡もありました。つまり、書写材料、漢字と書く材料がそろっているので、文書行政ができたということが中国のすごさです。

 始皇帝以来、封建制はなくなりますが、このグランドデザインは今でも生きていると思います。

 中国と同じ広さのアメリカ本土には時差が5つあります。中国は北京時間1つです。中央集権国家ですよね。それが何でできるかといえば、始皇帝の時代に「中国のような広い国は、優秀な官僚が文書行政できちんと国を治めないとあかん」という国家のグランドデザインができたからです。文字を統一して度量衡も統一する。1キロは1キロでないと、商売ができません。それから車軌の統一というのもすごい。車の幅をそろえることで、泥道に鉄道を引いたようなわだちができて物資の流通が楽になるんですね。貨幣の統一は二世皇帝の時代です。

 このような大改正は、西方の大帝国の統治技術はダレイオス1世が始め、東方のグランドデザインは始皇帝が完成させたと考えたら分かりやすいと思います。

 始皇帝が死んだ後、項羽と劉邦の戦いがあって、漢帝国が生まれ、7代武帝のときに、『史記』なろいろいろな記録が作られました。武帝は漢では一番有名な皇帝ですから、誰を意識するかというと始皇帝です。自分の前にいた偉い人ですよね。秦皇漢武という言葉が残っています。

 しかし始皇帝の頃の歴史書は残っていません。武帝が『史記』を書かせるということは、つまり武帝を持ち上げて始皇帝をおとしめるということです。だから「始皇帝は宰相・呂不韋の子供やで」とか「始皇帝のお父さんが趙姫をもらったときに、もう赤ちゃんがいたんやで」と始皇帝をおとしめたわけです。武帝が自分を持ち上げようとした反動だと考えれば、分かりやすいと思います。それが長年、始皇帝の評価になっていたと考えてください。

 項羽と劉邦が争った時代、中央ユーラシアにはスキタイの次の匈奴(きょうど)という遊牧民の大帝国がありました。漢の劉邦は匈奴に囲まれて「ごめんなさい。反抗しませんからお金とか穀物を送りますから許してください」と言って、事実上、匈奴に臣従していたのですが、武帝の頃になると国庫も豊かになってきたので、匈奴に戦争を仕掛けます。そのときに衛青(えいせい)とか、霍去病(かくきょへい)とかいう将軍が活躍して、ここで匈奴との主従関係が一時期逆転するんです。ですから漢の時代は武帝の時代が最盛期といわれています。