読書日記

    歴史の歪曲新聞の役割自覚を

    劇作家・演出家 平田オリザさん


    2019.09.03 毎日新聞夕刊


   
 たしかに以前から、「南京大虐殺はなかった」「関東大震災における朝鮮人虐殺は捏造である」といった言説は巷に存在した。しかしそれらは、本書「TRICK-トリック」にも例としてあげられているような「アポロ11号は本当は月に行っていない」とか「源義経は北海道から大陸に渡ってジンギスカンになった」といった類いの荒唐無稽な陰謀論や都市伝説と同列に扱われてきたはずだった。

 ところが近年、こういった言説がまことしやかに語られ、それを歴史的事実であるかのように信じている人々が増えている。もちろん、最大の元凶はネットだろう。本書が克明に明らかにしてきたように、事実の断片だけを都合よく切り貼りし流布していくことにインターネットは長けている。

 かつて、こういった妄言は流行廃りはあっても放っておけば下火になっていくものだった。しかしいまは、排外主義の潮流に乗って、逆にこういった言説が拡散する一方だ。実際、私も、「帰省をしたら親父がネトウヨになっていました」といった、それこそ都市伝説のような話を、この夏、複数の学生や劇団員から聞いた。

 九月一日は、長く、関東大震災で亡くなられた方たちを追悼し防災の意識を高めるとともに、虐殺された朝鮮人、中国人、日本人たちに思いをはせて、震災の混乱状況の中で、人間の精神がどのように凶暴化するかを深く考え、自らを戒める日だったはずだ。

 いつから、このようなことになってしまったのだろうと考えていたところ、その経緯をきちんと分析している本書に出会った。

 様々な都市伝説は出所を探ることが難しいものも多いが、こと「朝鮮人虐殺否定論」に関しては明確な震源地があった。本書ではまず第一章で「否定論」をいくつかに分類し、その一つ一つに的確な反論を加えていく。そして第二章で、その「震源地」について追究がなされる。

 「震源地」は工藤美代子氏、加藤康男民夫妻が書いた「関東大震災『朝鮮人虐殺』の真実」(産経新聞出版)と「関乗大震災『朝鮮人虐殺』はなかった!」(WAC)という二冊切本だ。

 要約すれば、この二冊に共通するのは、朝鮮人による暴動やテロは実際にあって、当時の自警団は治安維持のためにそれを鎮圧したのだという主張だ。しかし、その根拠となっているのは、一九二三年九月二日から八日までの、後に流言飛語であったと知られるような新聞記事なのだ。この時期の新聞は大混乱に陥っており「朝鮮人の略奪」以外にも、「伊豆大島沈没」「富士山爆発」といった誤報が相次いだ。前掲二書は、その内、朝鮮人の不穏な行動のみを、あたかも事実のように抜き出し、切り貼りしている。もし(そんなことが許されるなら、第二次世界大戦下、大本営発表の元で書かれた多大な戦果の記事を根拠に、「日本は実は勝っていた」と書くことも可能になってしまう。

 しかし、これがいったん書籍として出版されると、一部政治家や著名人が、「歴史学の中にも両論ある」としたり顔で語るようになり、それがさらにネットで拡散された。

 南京大虐殺にしても朝鮮人虐殺にしても、そこで亡くなられた方の数を検証するような議論はあってしかるべきだ。しかし、事実を「なかった」とすることは歴史の歪曲に他ならない。そういった言説には、マスコミも毅然とした態度で臨むべきだろう。

 本当は、今月は別の書籍を紹介するつもりで筆を進めていた。しかし、毎日新聞が嫌韓を煽るような川柳を載せたことに抗議し、急遽、本書を紹介することとした。マスコミ、新聞の役割を強く自覚していただきたいと願う。

 ひらた・おりざ 劇団「青年団」主宰。大阪大COデザインセンター特任教授。著書に「芸術立国論」など。

■TRICK-トリック 「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち(加藤直樹苦・2019年)ころから・1728円
 関東大震災時の朝鮮人虐殺を措いた「九月、東京の路上で」の著者が、虐殺否定論のトリックを暴く。