映画広告


    為末大さんが見た映画「燃えよ剣」

    一点に懸ける姿魅力 「忘れていたもの思い出せた」


    毎日新聞2021年10月8日 広告

    為末大さん
   

 新選組副長・土方歳三を中心に近藤勇、沖田総司ら新選阻の志士と動乱の時代の人間群像を描いた映画「燃えよ剣」(毎日新聞社など製作委員会)が15日、全国公開される。原作は司馬遼太郎の累計500万部を超えるベストセラー小説。司馬ファンで、世界陸上銅メダリストのアスリート、指導者でもある為末大さんに、映画の魅力と、志を抱き夢と信念を貫く土方らの生きざまについて語ってもらった。  【聞き手・鈴木隆】


----- 映画を見てまず頭に浮かんだのは。

 五輪に出場、参如しようとした者として、言いようのないむなしさを覚えた。自分の人生はもうあまり燃えていないと感じるからだ。五輪ほどの出来事はそうそうない。引退しても、何のためにという目標がなかなかない。つまり、作品の中身と今の状況を思った時、志を持って生きるということがどういうことかを感じた。(土方たちが)うらやましい。現役で原作を読んだ時もそう思ったかもしれない。海外の試合に行く時はスーツケースに半分くらい本を持って行った。この原作もその一つだ。

-----志を持って生きる人を映画で見て。

 大義はないが、誰もやっていないことをやるんだと多摩の奥地から世界に出て行くという感覚。京の都で彼らは次第に研ぎ澄まされていく感じがした。今の自分は、子供ができて家族があって後先顧みずとはいかないから、ドキッとした。忘れていたものを思い出させてくれた。土方の生き方をどう思う。

 僕ならもう少し世の中に適応するが、一度ポジションを決めると変えられない時代でもあった。ただ、不器用さが最後までいくと、美しく潔く、かっこよくもなる。瞬間瞬間を生きていて、未来がどうなるか計算して振る舞うことはなかった。

-----美しさへの憧れが心をくすぐる。

 少なくとも男子はあると思う。命より上位に生き方を置くって、現在では考えにくい。ほとんどの人は世の中の波にうまく乗りたいという感じだから。夢を持って生きる人は減っているのでは。

 世の中にはトレンドがあって少し前までは予測ができたし、もう少しチャンスも広かった。今はチャンスといっても、例えば高度な理論や人工知能とか、宇宙に行くとか言われてもピンとこない。逆に、映画の時代は分かりやすい。今は夢が肌感覚と離れている感じがする。

    夢持ち 生の実感

----- 夢を持つ大切さがピンとこない時代なのか。

 シンプルに言うと、生きることへの実感のために夢を持つ。夢を持って社会を良くするとか、何かに向かってエネルギーを集約する中で生きている実感がある。例えばかけっこで遅い子が一番変わるのは、力の集約点を持つかどうか。子供は大人ほどイメージができないので、どこに向かって力を集約すればいいのか分からない。あれを見て走れ、と言うと、集約される。リレーで急に速く走れるようになるのは、集約点が目の前にあるから。
   
 夢自体に意味があるというより、力の集約点を自分の人生に持つことで、そこに向かうエネルギーが湧いてくる。遠い向こうや宇宙だと集約しにくい。10㍍や20㍍先の距離なら自分にも期待できる。もう一つは、それが重要だと自分で思えるかどうかだ。

 五輪を見ながら、選手の時になぜ全てを捨ててもいいという気持ちになっていたのか、振り返ると分からない。それしかないと思っていた。今考えると、短い間でもそういう瞬間に自分がなれたことは幸せだった。

----- 土方にもそんな瞬間が訪れた。

 そうだ。自分の行動が重要なことだと感じて生き生きしていた。恋愛の話も出てくるが、信じられないほど魅力的だったと思う。一点に力を集約して命を懸けるってかっこいい。

----- 一方、大半の人は土方や五輪選手のように燃えたぎることができない。

 時代と相応して、新選組やあの時代の若者には爆発があった。多くの人は平時は安定していて、時々ふと我に返って何が一番大事だったかと考える瞬間が、1年に1回でもあればいい。土方はどんな人生だったのかとか。燃えすぎるのがいいとも限らないし、時にエッセンスのようにつかむということかもしれないし。この映画を見た時に、そう思う人が増える気がする。みんな人生どこかにそういったものがあるでしょう。

----- この映画、生きる糧が少し見つけられる。

 そうとも言える。別の観点だが、初代局長の芹沢鴨は最強だが、必ずしも勝つわけではない。本当に強い人が勝つとは限らない。東京オリンピックの男子100㍍でもイタリア人が勝って驚いた。予測できないこともある。それは希望とも言える。

    価値観の違い刺激

----- 為末さんと同世代、30代や40代の方にはどう見てほしい。

 もちろん、同世代の人にも見てほしい。理由は二つ。一つは命より上に置いているものがあるということ。もう一つは要は殺し合いじゃないかと。正しいことの基準が今と違っていて価値観も異なる。裏返すと、今の自分たちの価値観も容易に変化しうる。結局は錦の御旗を取るゲームのようにも思えて、権威も移ろいゆくものだと感じた。時代劇って自分の生き方に刺激を与え、現代への問いかけもある。

----- 最後に、改めてこの映画の感想を。

 長生きがいいのが当たり前だと思っていたが、本当にそうだろうかと思った。自分が幸せだと思う時は、老後に孫を見てというのもあるが、一方で、どこかの国のスパイになって5年で死んでしまうが、強烈な5年を経験するのも幸せそうな気もする。現実的ではないがバーチャルみたいで、そう考えるのも面白い。

   

 あらすじ
 江戸時代末期。黒船が来航し、幕府の権力を回復させ外国から日本を守ろうとする佐幕派と、天皇中心の新政権を目指す倒幕派が対立していた。武州多摩の百姓の子、土方歳三は武術の才があり「武士になりたい」という夢を胸に、同郷の近藤勇や沖田総司らと京都に向かう。土方らは会津藩の後ろ盾のもとに「新選組」を結成し、倒幕派の制圧に励む。その一方、土方はお雪と運命的に出会いひかれあう。新選組は池田屋事件でその名をとどろかせるが、薩長同盟の成立で時流は討幕派に傾き、時の将軍・徳川慶喜は大政奉還を宣言する。