「明仁天皇がもたらした政治と制度の変化は、皮肉と逆説に満ちたものだった」

英紙東京支局長が母国で語った平成の天皇論「明仁天皇と日本の悲しみ」


     2021年5月5日COURRIER JAPON

戦後の天皇イメージは、昭和、平成、令和と日本国内で大きく変遷してきた。では、海外からこうした変遷はどう見えているのだろうか。「東京五輪中止スクープ」記事などで話題の英「タイムズ」紙東京支局長リチャード・ロイド・パリーが、立憲君主制の発祥の地である母国で講演した「平成の天皇論」とは?


東京の皇居には、宮殿らしさがない。そこにあるのは公園だ。池と樹木からなるこんもりとした森に、数棟の簡素で上品な近代的な建築物と庁舎の区画があり、そのあいだを結ぶ道が見え隠れする。

ここにかつて、9ホールのゴルフ場があったこともある。1920年代、裕仁皇太子が訪英をきっかけにゴルフ好きになり、造らせたのだ。

だが、この話には後日談がある。何年も経ってから、裕仁天皇がゴルフ場に咲く珍しい花を見かけ、そこを元の自然に戻すことを思いついたという。
皇居の面積は、約1.13平方キロメートル。それが史上最大の都市の中心部にある。

30年に及ぶ日本経済の停滞のあとでも、ここはいまだ世界最高級の不動産物件のひとつだ。1980年代のバブル絶頂期には、皇居の土地だけで米国カリフォルニア州全体の価値があるなどと言われていた。

もっとも、そんな比較をしても意味がないのは言うまでもない。この土地が売りに出されることは、絶対にないからだ。開発されることもない。大半の人はそこを歩くことすらないだろう。

そんなプライスレスで何もない場所に、そこを住まいとする人のイメージを重ねたくなる人もいるに違いない。皇居は「場所」というより「空間」なのだ。



「空っぽな中心」の住人

それは憲法上、天皇が日本国の象徴でありながら、戦前に帯びていた神性や権力を喪失しているのと似ている。

天皇と同じで、皇居の機能自体はほとんど取るに足らないが、実際にはそれを凌駕する力があり、周辺の都市部に隠然たる力を発する場となっている。

たとえ機能としては無意味でも、それは絶対的に無意味ではないというわけだ。堀や運河は皇居を中心に渦巻き状に広がり、やがて隅田川に流れ出す。その一部は埋められてはいるが、いまでも地図を見ればそれは一目瞭然だ。

皇居を少し離れたところで周回する鉄道路線が、山手線だ。航空機の飛行ルートも、地下鉄の路線も、高速道路も慎重に経路が定められ、皇居の土地の上にも下にも入り込まないようにする配慮がある。

フランス人記号学者ロラン・バルトは、1970年にこんなことを書いた。

「私が話題にしている都市(東京)は貴重な逆説を示す。たしかに東京にも中心はあるのだが、その中心は空っぽなのだ。禁域として超然と佇むこの場所のまわりに、東京の都市全体が円を描いて広がる。

つまり二大現代都市のひとつは、城壁とお堀と屋根と木々から成る、このおぼろげとした円環のまわりに築かれているのだ。

その中心そのものは、もはや雲散霧消した概念だが、それでもなおそこにとどまり、なんらかの力を放射するわけではなく、ただ都市のすべての動きを空っぽな中心として支える」




天皇イメージを変えた明仁天皇

2019年4月、この空っぽな場所の主要な住人が変わった。1989年の裕仁天皇の崩御以来の出来事だ。

戦時中に在位していた裕仁天皇は、国外では反感をもたれ、国内でも公然とではないが、どこか釈然としない思いを抱かれた人物だった(平成への代替りが近づいた年、過激派が皇居を狙って自家製の迫撃弾を撃ちこみ、人ではなく、リスやカラスのあいだに着弾した事件もあった)。

2019年、徳仁天皇の即位の礼では、その種の出来事がいっさいなかった。意識調査を見ても皇室の人気は戦後で最高の水準にある。

天皇即位の礼、安倍首相の「万歳」三唱が暴発した銃の如く静寂を破る

その功績は、30年間皇位にあり、2019年4月に譲位して上皇となった第125代の明仁天皇にある。

裕仁天皇の在位期間は昭和時代と呼ばれるが、その昭和の戦後期では、天皇をめぐる政治的な対立があった。左派が天皇を激しく批判したのに対し、極右の一部が天皇を文字どおり崇拝していたからだ。

平成という在位期間中にそれを変えたのが、明仁天皇だった。明仁天皇がもたらした政治と制度の変化は、皮肉と逆説に満ちたものだった。



「中道左派」の天皇?


古代から連綿と続く皇族が、慎み深い中流階級の一族に作り替えられたのだ。自分を担ぎ出して右派の復権を企てる保守の超国家主義者からは距離を置いた。

日本と東アジア諸国との歴史的関係、戦争被害に対する責任の問題にも取り組んだ。

立憲君主の天皇は政治への関与を禁じられていたが、戦後日本で主流だったある政治潮流の代表者のひとりとなった。

その政治潮流とは、21世紀に入ってからは主流と言えなくなっているが、真面目で熱心な中道左派の平和主義だ。その根っこにあったのが、民主主義や1947年施行の「平和」憲法の理想を守る情熱だった。


明仁天皇のことを急進派、あるいは社会主義者だと言ったら大きな語弊があるだろう。だが、日本の左派が危機と衰退を迎えていたときに、この国の革新勢力の指導者のなかで最も有名で、最も一貫していて、最も決然としていて、最も効果を挙げたのが、この世襲の君主だった。

明仁天皇ほど、恵まれない人の権利の擁護において効果を挙げた人はいない。20世紀半ばの日本の戦争から厳しい教訓を引き出し、その後に続いた平和と民主主義と繁栄の時代がいかに脆いものになりうるのかを語ることでも同様だった。

特筆すべきは、これらすべてが間接的に成し遂げられたことだ。アメリカの占領者が作った戦後憲法で、天皇は「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」と定められている。天皇に許されるのは「憲法の定める国事行為のみ」で、天皇は「国政に関する権能を有しない」。

これは他の立憲君主制の国に比べ、政治発言をはるかに厳しく制限されることを意味する。明仁天皇は律儀に、この一線を越えなかった。その代わりに、コミュニケーションに一種の暗号を使った。一見他愛なく率直にとれる発言に意味を込めて響かせたのだ。(続く)
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・




「気遣いこそ、明仁天皇の宮廷を特徴づけるものだった」
英紙東京支局長が感じた「天皇の家族に共通の雰囲気」


君主の多くがそうであるように、歳月の経過とともに明仁天皇と美智子皇后は、独特の流儀で知られるようになった。

英王室のハンドバッグやコーギー犬、強烈なジントニックが英国民にお馴染みなのと同じだ。

明仁天皇といえばダブルのスーツ、美智子皇后といえば古風な帽子だ。二人の公の場での立ち居振る舞いは、相手への深い気遣いと真心のこもった礼儀正しいものだった。

加えて明仁天皇には情熱を捧げるものがあった。テニスとチェロ、そして何よりもハゼという小さな魚の分類法についての科学的研究だ。

研究者としての実力は正真正銘だ。ハゼの肩胛骨を丹念に比較し、ハゼ科魚類の分類に労を惜しまなかった。研究にのめり込んだ天皇が皇居内で魚の骨を楽しそうにつまむ図は、ほとんどモンティ・パイソン(英国を代表するコメディーグループ)的と言っていいほど人の心を惹きつける。

だが、近現代の君主で、明仁天皇ほど心労が大きかった人も少ない。心労の種となったのは、皇室のいまとこれから、世代間の対立、それから直近の家族でとりわけ女性が精神の不調や不幸感に悩まされたことだった。



日本の「戦後処理」の象徴

明仁天皇の人生に一貫してあるテーマが、戦争だ。戦争はむごたらしいものであり、二度と繰り返してはいけないという責務の念があった。

生まれたのは1933年。満州への軍事侵攻をめぐって日本が国際連盟を脱退した年だ。終戦を迎えたのは、特別待遇だった疎開先でのことだった。

敗戦後の首都に戻ると、そこは空襲の焼け跡になっていた。1948年の15歳の誕生日には、東条英機と6名の戦争犯罪者が、巣鴨拘置所内でアメリカ人の死刑執行人によって絞首刑に処された。


学習院という名門校で一般の学生と同じ高等教育を受けた初めての皇太子でもあった。英語の家庭教師だったアメリカ人クエーカー教徒のエリザベス・ヴァイニングから「ジミー」というニックネームをつけられた。後にヴァイニングはこう述懐している。

「この頃の殿下の御興味はほとんど魚類だけに限られていたので、私はもっと御興味の対象を拡げなければと思った」

若い皇太子がこのアメリカ人の平和主義者から感化を受けることになったと恨んだのが右派の知識人だった。後にある右派の知識人は、この家庭教師のせいで明仁皇太子の精神と知性に「菌」がついたと苦言を呈した。

父親の裕仁天皇が、戦争の司令官や戦略家だったことは一度もない。だが、現代の研究では、裕仁天皇が太平洋戦争に反対とは程遠い立場であり、反対していたのは負け戦だけだったことが明らかにされている。

だが、日本では降伏の当日から、裕仁天皇の免罪を求める必死の努力があった。裕仁天皇は平和主義者として描かれ、降伏を決断することで不幸な人民を滅亡の淵から救ったとされた。

戦後は絞首刑に処されることもなければ、退位することもなかった。その後の在位期間では、表向きには立憲君主を演じたが、その裏でときおり閣僚人事に疑義を示したり、共産主義者に対する「備え」を促したりしたこともあった。

一方、その息子は、戦後処理の規定を遵守したばかりか、その形を定めて体現するのに貢献したのだった。



戦後日本の「中流階級」も象徴

決定的瞬間となったのが、1959年の正田美智子氏との結婚だった。カトリックの教育を受けた、製粉会社社長の美しい娘だ。このカップルが、消費生活を楽しむ快活な中流階級のイメージを体現することになった。

エプロン姿の皇太子妃がキッチンで台所道具に囲まれて立つ写真、皇太子妃が夫と手をつなぎスケートで滑る写真、浜辺で幼い子供たちと遊ぶ写真が撮影された。

明仁天皇といえば目立たない形で政治に関与してきたことが注目されがちだが、壮麗さや尊大さとは無縁の世襲君主像を打ち出したことは、それを上回る功績だった。

戦前の天皇は、魔法を使ったかのような高みにあらせられるお方だとされ、「雲の上」の人にたとえられていた。大日本帝国の臣民が裕仁天皇の姿を見たのは、写真やニュース映画で軍服を着て白馬に乗っているところだけだった。

1945年8月15日、日本の降伏を伝えた有名な放送のとき、大日本帝国の臣民のほとんどが裕仁天皇の声を初めて聴いた。ラジオの周囲に集まった人の多くは、語られた言葉の大意しかとらえられなかった。文語体の演説だったことに加え、天皇の話し方も相俟って日常言語とはかけ離れて聞こえたのだ。



明仁天皇の家族に共通する雰囲気


明仁天皇の家族の立ち居振る舞いを説明するのは難しい。それは気軽で親しみやすい、いわゆる通常の意味での「チャーミング」からは遠くかけ離れている。

私自身は、皇族が誕生日や海外渡航時に定期的に催す記者会見の場だけでしか接したことがない。

そんな記者会見のひとつで、私は特派員仲間とともに列に並び、徳仁皇太子と雅子妃に挨拶したことがある。

一瞬の握手を通じて得た印象がいくつかあった。まず気づかされたのが、ふたりの身長差だった(雅子妃のほうが数インチ高い。これは公の場では目立たないようにされている)。

それから、なぜかはわからないが、その場にいた私たちは全員、声をひそめなければならないと感じたのだ。皇族は、優しくて、善意が感じられる不思議な雰囲気を身にまとうかのように見えた。

徳仁皇太子と雅子妃は、明仁天皇と美智子皇后と似て、非常にいい人だという印象だった。相手がそれなりに楽しく時間を過ごせているのかを、必死というか、ほとんど神経質と言えるほど気にかけているのだ。どこかぎこちなく、よそよそしいのは、肩書きや優越感から生まれるものではない。それは気遣いと謙遜の心から出てくるものだ。



なぜ明仁天皇はそれほど気遣ったのか


気遣いこそ、明仁天皇の宮廷を特徴づけるものだった。

皇室像を作り替えようとする個人的動機が何だったかはうかがいしれない。皇室像を作り替えること自体が目的でなかったことだけは確かだ。それは皇室の存立のためだった。自分たちの立場の弱さを鋭く意識したものだった。

かつて英国のフィリップ殿下は、英王室について「私たちは週のどの日も選挙を戦っている」と語ったが、明仁天皇の努力は、その数倍も精力的であり、一貫していた。

日本で、共和主義を目指す運動は組織されておらず、メディアで君主制に代わる制度についての議論が交わされることもない。そんな国でも、それほどまでの努力を続けたのだ。

皇居内で働いた経験のある人物が私にこう語ったことがある。

「国民の1割は、どんなことが起きても血統を重んじて皇室を支持する人たちです。7?8割は、皇族がその役割に勤勉、献身的、熱心に取り組んでいれば、程度の差こそあれ皇室を支持します。

皇室の制度は、圧倒的多数が支持しないと不安定になります。だから皇室は自分たちの存在意義を示していかなければなりません。

それは自覚的に取り組まれていることであり、その目的を達成する手段として一所懸命に活動されているのです」(続く)
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・



「皇族には、他国の王族が享受するような特権はほとんどない」
英紙東京支局長が総括する平成の天皇の「アキヒトイズム」


皇室報道は楽ではない。それは日本人ジャーナリストでも、外国人ジャーナリストでも変わらない。

裕仁天皇が1975年にアメリカ人記者の謁見を認めたのが唯一の例外であり、その類のことはそれ以後、一度もない。

記者会見での質問は事前提出方式であり、回答には台本がある。メディア対応は、皇族の生活のすべての側面と同じで、宮内庁が管理している。

宮内庁は保守的な機関であり、能力は凡庸なのに、偉そうに振る舞う能力だけがとりわけ発達した役人が多い。

もっとも宮内庁の上級職には、外務省など他省庁からの公務員が就いたりするので、そうした人のなかには、賢明で心の広い、礼儀正しい男性もいる(これらの職に就くのは決まって男性だ)。

私は2007年に、数週間かけて、そのうちの数名と長時間かけて話すことができた。彼らは皇室と一定の距離を保った客観的な観察者とは言えない。だが、彼らの話は、天皇と皇后の一風変わった暮らしを活写するものだった。



英「タイムズ」紙も読む天皇夫妻

明仁天皇と美智子皇后の一日は午前6時ごろの起床から始まった。テレビのニュースを見て、それから皇居内の庭園のひとつを散策する。

かつて皇居にあった宮殿は、米軍の空爆で破壊された。現在の建物は1960年代末に建てられたものだ。住人に似て洗練と品格が感じられる建物だが、ヨーロッパの宮殿のような豪華絢爛なところはいっさいない。

明仁天皇は歩いて建物の間を行き来し、雨の日には車も使った。グレーの1991年式の「ホンダ・インテグラ」を自分で運転する。皇居内の道は公道ではなく、往来もない。それでも制限速度内の走行、シートベルト着用、運転免許の更新を心がけてきたという。

宮殿は天皇が訪問客と会う場だ。総理大臣や閣僚による内奏、外国の指導者や王族との会見・引見、新任の駐日外国大使の挨拶、勲章や褒章の受章者の拝謁などが催される。

装束に着替え、宮中で皇祖である天照大御神に拝礼することも年に32回ほどあった。

夜はレセプションや晩餐会があり、一日の終わりに自然や動物のテレビ番組やビデオを見ることもある。14年前、この話を聞いたときはVHSを使っているとのことだった。

その当時、皇居にはDVDプレーヤーもインターネット回線もなかった。私が話を聞いた宮内庁の上級職員は、仕事用のメールのアカウントを持っておらず、デスクにはコンピュータもなかった。

当時、侍従長だった渡邉允(まこと)との連絡時には、電話を秘書に取り次いでもらっていた。渡邉より少しだけ若い男性の宮内庁職員は、個人用のメールアカウントを持っていたが、自宅でアクセスするだけだった。

とはいえ天皇夫妻は活字の熱心な読者だ。日本の新聞や雑誌のほかに、航空便によって数日遅れで皇居に届く、私が勤める英「タイムズ」紙にも目を通しているとのことだった。



ハリー王子夫妻宅の改修費より少ない予算

海に近い質素な御用邸と山にある御用邸のほかに、皇族には贅沢な静養の場がない。

天皇と内廷にある皇族の日常の費用には年間3億2400万円の予算があるが、このお金の使途はすべて記録される(ちなみに3億2400万円といえば英国のハリー王子夫妻が居住前の改修費としてフロッグモア・コテージに投じた費用を少しだけ下回る額だ)。
。<続く>
残り: 1952文字 / 全文 : 3576文字 この記事は有料です。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・



「明仁天皇は安倍首相が落としたバトンを拾った」
英紙東京支局長が振り返る平成の天皇の「戦争との向き合い方」


1990年の即位の儀式は、一見したところ、守旧派の勝利だった。19世紀に作り上げられた神道の伝統に則って儀式が執りおこなわれたからだ。

だが、明仁天皇が自ら練った即位後朝見の儀での発言で、その勝利はすっかりひっくり返された。天皇は「皆さんとともに」日本国憲法を守ると語ったのだ。このときの「皆さん」は、一般の人民を意味していた。

明仁皇太子が皇位を継承した頃の日本は、豊かさでは世界第2位だった。アジアでは最も裕福な国であり、かつて暴政を敷いた国々に対し、潤沢な開発援助をおこなっていた。

車やエレクトロニクス製品など日本産の一般消費者向け製品だけでなく、日本の産業技術や経営手法が海外に広まっていった。

平成は、日本の食やウイスキー、ファッション、建築、映画、テレビドラマ、小説、マンガ、ゲーム、ポップス、アート、写真といった文化的な産品が世界中に広まった時代だった。



日本の「戦後処理」は失敗した

私の祖父の世代の多くは、日本人を「残忍」な民族だとみなして疑うことがなかったが、そのような観念は、いまの西側諸国では完全に払拭されている。

いまの日本といえば、スタイリッシュで洗練され、クリエイティブでクールといったポジティブなイメージになった。

だが、東アジア諸国では、日本に対するイメージは、いまも正負の両方が併存している状態だ。中国や韓国にも、ラーメンやマンガ、ユニクロ、村上春樹が大好きで、飛行機で東京や福岡に行き、買い物や食事を楽しむ人は多い。



日本はいま最高にクールなのに自国文化の売り方を知らない

ただ、そういう人でも、いまの日本人が、数世代前の自分たちの家族を殺したり、レイプしたり、強制労働させたりした1930~40年代の日本人と基本的には同じだとみなすことに異論がない。

かつての敵国に自分たちの反省を納得してもらうという課題において、ドイツは見事に成功したが、日本は失敗したのだ。

そのことと大きく関わるのが、日本に皇室が残ったことだった。日本は1945~52年の占領期に根本的かつ不可逆的に変わったが、それでも戦前からの継続性は強く残った。
残り: 2693文字 / 全文 : 3938文字
この記事は有料です。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・



「まるで残酷な定めのように、次の世代でも不幸は繰り返された」
英紙東京支局長が考える「平成の皇后・皇太子妃」の苦悩の理由


さほど形式張っていない場で明仁天皇の政治が光ることもあった。
学校での国旗掲揚と国歌斉唱に関する東京都の決定について、園遊会で「強制になるということでないことが望ましい」と発言したのだ。

極右勢力を苛立たせた発言として記憶に残るのは、日韓共催W杯の前年、2001年の天皇誕生日の記者会見だった。日本のメディアが従順に事前提出した質問のひとつに「韓国に対し、陛下が持っておられる関心、思いなどをお聞かせください」というものがあった。

明仁天皇の答えは、衒学的で、つまらないもののように思えた。朝鮮半島の音楽や技術が日本にもたらされたことを、とりとめもなく冗漫に語ったので、それに続く話に込められた意味を見落としかねなかったほどだ。天皇はこう言ったのだ。

「私自身としては、桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています。武寧王は日本との関係が深く、この時以来、日本に五経博士が代々招へいされるようになりました。また、武寧王の子、聖明王は、日本に仏教を伝えたことで知られております」



「天皇主義者」でない天皇に不快感を示す天皇主義者

続日本紀は、古代の天皇の年代記だ。桓武天皇と武寧王は、それぞれ日本と韓国の古代の君主だ。冗長な歴史の話に潜められていたのは、日本民族の唯一性と純血の神話を信じる人たちへの批判だった。

日本は単に隣国から多くのものを借りただけでない。75代前の明仁天皇の直接の先祖は韓国の人だったというわけだ。天皇は次のように結んだ。

「しかし、残念なことに、韓国との交流は、このような交流ばかりではありませんでした。このことを、私どもは忘れてはならないと思います」
この「お言葉」は韓国の新聞の一面を飾ったが、日本のジャーナリストは、これをどうとらえればいいのかわからず、ほとんど無視するも同然だった。だが、この「お言葉」を向けられた人たちは、その言葉の意味を完全に理解していた。

日本と韓国の確執はなぜ消えない?─米経済紙がいまさら聞けない8つの疑問を解説

神社本庁などの団体は、それまで天皇の権威の復活を何年も訴えていた。

ところが、突然、天皇が政治「利用」されていると憤り、天皇が憲法に定められた象徴としての役割を厳格に守ることを求めるようになったのだ。

彼らは天皇が天皇主義者でない事実に気づいて不快感を覚えた。だが、その不快感が直接に表明されることはなかった。天皇を崇拝する者は、定義上、自分の崇拝対象を批判できないのだ。

だから、天皇にいちばん近い人物、すなわちその妻が標的になった。



美智子妃いじめ

美智子妃いじめのゴシップのキャンペーンは、主として悪意のある雑誌記事の形で出た。それは結婚直後から始まったものだった。

美智子妃と姑の良子皇后との関係が悪かったのだ。良子皇后は、由緒ある貴族の家系の出身で貫禄があり、実業家の娘の美智子妃を見下していた。

残り: 1289文字 / 全文 : 2900文字
この記事は有料です。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


「日本の戦後75年の成功の歴史における最大の失敗のひとつ」
英紙東京支局長が論じる平成の天皇が成し遂げられなかった「偉業」

2004年、こうした出来事の裏側にあった家庭内のドラマが突如、明らかにされた。雅子妃は前年末から突然、公の場に姿を見せなくなっていたが、宮内庁の説明では、これは「ストレス」と「疲れ」によるものとのことだった。

だが、実際には、雅子妃の心身が不調になっていた。徳仁皇太子は、ほとんど台本がないかのような記者会見で、雅子妃が抱える悲しみと不満を直接的に語った。その怒りは露わだった。世継ぎを産めないせいで、婚約の条件だった自由と外国旅行の生活が拒まれたのだ。

「雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」

当時、徳仁皇太子の不満の原因は宮内庁とその職員にあるかのように思えた。だが、この件に関していろいろ話を聞いてみると、怒りの矛先は父親だったという。




英国王室とは違う日本の皇室の「弊害」

皇太子夫妻が求めたのは、自分たちに約束されたもの、すなわち皇族として「キャリア」を築くチャンスだった。単に一連の義務を果たすことではなかったのだ。

一方、明仁天皇は皇統の継続を、それよりもはるかに優先順位が高いとみなしていた。愛子親王の誕生後、皇位継承の危機は、もはや無視できなかった。

愛子親王や未来の皇族の女子が、女性天皇として皇位を継承できるように法律を改正しようという気運が高まっていた。

英王室の騒動から考える「なぜ眞子さまと小室氏の結婚を絶対に許すべきなのか」

だが、2006年、秋篠宮妃が折よく男子を出産した。悠仁親王だ。危機は一世代、先送りされた。世界最古の王族の未来は、いまひとりの14歳の少年の肩にかかっているのだ。

女性の皇位継承に反対する人たちは、神話的な初代天皇のY染色体を残すため云々という正当化をするが、そんな話は馬鹿げている。そんな話を聞いたら、皇室制度自体を馬鹿げたものだと片付けたくなるだろう。

だが、この件は、それよりはるかに重要であり、はるかに不穏なものだ。英国の王室が嘆かわしいのは、おもにそれが人を社会階級に分断し、社会を蝕むからだ。一方、日本の皇室がもたらす弊害は、それとは別種のものだ。

たしかに明仁天皇は、理想の皇室を作りあげたように見える。日本の皇室は謙虚であり、スノッブなところがなく、お金もさほどかからず、高学歴で、軍との関係もない。
残り: 1888文字 / 全文 : 3060文字
この記事は有料です。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・