日中戦争誤認と不信で拡大
   虚溝橋80年「偶発」前提中国が史観変更 

    2017.07.11 読売新聞

    歴史家の秦郁彦 84


 日中戦争研究の第一人者。大蔵省勤務を経て、米プリンストン大大学院客員教授、拓殖大、千葉大、日大教授などを歴任。著書に『日中戦争史』『慮溝橋事件の研究』など。

 日中戦争の発火点になった慮溝橋事件国(1937年7月7日)から80年。泥沼化した戦況から抜け出せないまま、中国からの撤兵を拒否した日本は、米国との対立を深め、4年後、対米英職に突入する。そして敗北した。日中戦争とは何だったのか、歴史家の秦郁彦さんに聞いた。(聞き手 笹森春樹)

  ----- 虚構橋事件をどうとらえていますか。

 「日本側はともあれ、中国側のイメージが変わってきた点に注目したい。50年目にあたる1986年に、慮溝橋の現場で戦った中国軍の大隊長(金振申)の証言が公開されました。それまで中国側は、国民党政権の史観を継承し、日本軍の計画的陰謀と主張してきたのですが、それが否定され、中国軍兵士による偶発的発砲であることが明らかになりました。つまり、局地の小紛争として収拾できたのに、相互の誤認と不信によって、全面戦争へ拡大してしまったのです」

  ----- 慮溝橋事件の実情が知れると、五分五分の責任論になりかねません。それ故に、中国としては、公定史観を見直す政治的必要性が生じたのでは。

 「そう思います。だから私は、80周年に、新しい公定史観を打ち出すかなと注視していました。すると、一昨年の政治局会議で習近平主席が提議し、今年1月発行の国定教科書の記述で、戦争の呼称をそれまでの『8年抗戦』から『14年抗戦』に改めたのです」

 「つまり、抗日戦争の起点を、37年ではなく、教科書ではほとんど無視してきた31年の満州事変(9・18事変)に変えたわけです。中国共産党が国民党(台湾)史観の継承から脱し、自前の国定史観を確立しようとしていることが読み取れます」

  ----- 日本でも、満州事変から終戦までを15年戦争と呼ぶ人が少なくありませんね。

 「もう10年以上前になりますが、15年戦争論者の一人が中国の学会で、中国も同調するよう説いたら、賛成者が多かったと、うれしそうに語っていました。ただし、正確には13年11か月なので、中国の研究者は15年ではなく、14年戦争と言い換えたのでしょう」

 「ともあれ、満州事変は、関東軍による自作自演の鉄道爆破から始まったことがよく知られており、弁護の余地がないだけに、中国が日本を責める新たなカードにするかもしれません」

  ----- 天皇陛下が戦後70年の2015年の年頭に際し、「満州事変に始まる戦争の歴史を十分に学ぶことが大切」と述べられていますね。

 「満州事変への関心が薄れかけていただけに、私も陛下のさりげない感想に接して、はっとしました。関連して想起したのは、昭和天皇の明察です。慮溝橋事件の10日前、一触即発の日中関係を憂慮し、中国国民政府へ思いきった譲歩をするため、前例のない御前会議を開こうとした故事のことです」

 「このときの焦点は、蒋介石を中心とする中国の統一を認め、華北分離工作を停止することにありました。昭和天皇は、衆望を担って首相に就いたぼかりの近衛文麿、華北工作の中止を唱えていた外相の広田弘毅、参謀本部作戦部長の石原莞爾らの知略をまとめ上げれば、避戦の見込みがあるかもしれない、と判断したのでしょう」

 「しかし、内大臣の湯浅倉平、元老の西園寺公望まで伝えた段階で、慮溝橋事件が発生し、不発に終わります。日中戦争を回避する最後の機会を逃したのは惜んまれますが、昭和天皇の勘の良さには感銘します」

  ----- 問題は満州事変の成功体験に味をしめ、華北を第二の満州国にともくろんだ対中強硬派の策動ですね。

 「現場の支那駐屯軍は不拡大方針ですが、関東軍や中央の強硬分子は、事あれかしの一撃論に傾きました。参謀本部作戦課長の武藤章は、事件の第一報に『面白いことが始まったね』と反応し、上司で不拡大論の石原を突き上げ、3個師団の派兵を承知させます。近衛首相も広田外相も優柔不断。石原が『南京に飛んで蒋介石と話し合ってくれ』と要望しても、動きませんでした」

 「蒋介石も、日本政府や軍部への不信感を強め、ドイツの和平仲介を断り、徹底抗戦を決意します」

 「日中ともに全面戦争を望まないままに、ずるずると泥沼の長期戦にはまり込みました。宣戦布告もなかった支那事変は、1941年に対米英の大東亜戦争に吸収され、支戦場ながら、終戦まで100万の日本軍がくぎ付けになります」

  ----- 図らずも国民政府は、第2次大戦の戦勝国に列しますが、直後から、国民政府と共産党の内戦が再発。49年に中華人民共和国が成立し、共産党が漁夫の利を得た形になりますね。

 「毛沢東主席は、訪中した日本の政治家や元軍人が、謝罪を口にすると、『日本軍が国民政府軍と戦って撃破してくれたお陰です。むしろ、感謝したい』と答えています。共産党にとっては国民政府打倒が最優先でしたから、毛発言は本音でしょう」

  ----- これからの日中関係についての展望は。

 「文化大革命後の中国は、混迷と停滞が半永久的に続くのではないかと思わせましたが、その予想は外れました。90年代以降の中国は、高度成長路線をひた走り、今や米国と並ぶ世界のスーパーパワー(超大国)になりました。この奇跡的な現実を、先入観抜きに評価すべきでしょう。体制は違いますが、自己改革による成熟に期待しっつ、つかず離れずのクールな友好関係を維持したいものです」



拡大中国旧陸車を想起
15年戦争と呼ぶにしろ、14年戦争と呼ぶにしろ、満州事変から昭和の戦争は始まった。満州事変から慮溝橋事件までの間、日本陸軍が進めた華北分離工作は、華北をも奪おうとしている、との中国の警戒心を高めた。慮溝橋事件が偶発的に起きたにせよ、起こるべくして起きたといえよう。「弱い支那」は、一撃を加えれば屈服するはずだという一撃論といい、日本は中国をなめていた。それから80年後の中国は、強大な国家に変貌し、こわもての相貌すら見せる。強引な海洋進出を見ると、昔の陸軍を見る気がする。       (笹森)