オピニオン


乗客を作り出す努力が必要

原武史・放送大教授

    2022年09月16日05時00分 毎日新聞 

岐路に立つローカル線
原武史氏

 先日、JR北海道の函館本線、長万部-札幌間に乗車した。北海道新幹線の延伸に伴い2030年度で廃止されると事実上決まった同線長万部-小樽間(140・2キロ)がここに含まれる。

 同線は1905年に全通した北海道最古の主要幹線で、長万部―小樽間は今も非電化単線だ。架線柱がなく複線でもないから線路際まで原生林が迫り、石川啄木や小林多喜二が日記や小説に記した時代と同じ車窓の眺めが広がる。もとの地形を大きく変えて通す道路では、こんな体験はできない。

 これから少子高齢化がもっと進めば、ゆったり乗りながら景色を楽しめる鉄道の魅力はますます増す。しかし、管見の限り、JR北海道は同線の魅力を全く宣伝していない。そもそも新幹線開業に合わせて在来線を第三セクター化したり、特急を廃止したりして新幹線でないと移動しづらくしてしまう国は、日本くらいだろう。

 確かに鉄道からバスやバス高速輸送システム(BRT)に転換した方が、停車場所や本数が増えて住民に便利になる面がある。だが地域外からわざわざ乗りに来る客は確実に減る。外国人を含め、地方路線に乗りたい人はいるが、バスやBRTにそこまでの魅力はないからだ。人口がさらに減ればバスなども廃止される。実際に北海道などでは、ローカル線から転換されたバスも次第に廃止されるようになっている。

 かつて、阪急の創業者、小林一三は「乗る人がいなくて赤字になるなら、乗る客を作り出せばよい」と唱えたが、同様の発想は今もある。例えばJR只見線は、もともと大赤字線だった上、11年の豪雨で只見-会津川口間が不通になった。しかし、地元写真家の星賢孝さんが同線の魅力をSNSで発信すると、海外で「世界一ロマンチックな鉄道」と呼ばれてアジア各地から旅行者が集まり、映画化までされた。住民も鉄道と地域の魅力を再発見した。地元福島の市町村と県が一丸となってJR東日本を説得して、ついに来月、奇跡の全面復旧を遂げる。

 東日本大震災で打撃を受けた三陸鉄道も、直後に路線復旧を決断した。被災を逆手にとったアイデアで定期券以外の客を増やし、同じく被災したJR山田線の宮古-釜石駅間の移管まで引き受けた。

 一方、JR各社は路線単位の収支をただ公表(東海を除く)するだけで、赤字ローカル線で客を作り出すための努力をする気配は一向にない。それどころか、ダイヤを改悪して本数をさらに減らし、廃止に向けての流れを作り出そうとしているようにすら見える。

 鉄道には、経済効率に還元されない公共性や象徴性がある。駅がなくなると、当該地域は地図上で認識されにくくなる。地方自治体にとって新幹線とその駅の誘致がいまだに悲願なのも、鉄道が持つ象徴性の表れだろう。

 一度失ってしまった鉄道は、容易に戻らない。函館本線のような明治に開通した鉄道は近代の産業遺産であり、生きた歴史の教科書でもあることを強く訴えたい。【聞き手・鈴木英生】。