特集ワイド

    「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開
    同じ過ちを犯さぬために

     藤原章生


      毎日新聞2018年6月21日 東京夕刊


 今の政治、そして人々の心の有りようが第二次大戦前の1930年代に似ている--。そんな危機感を抱いた映画人の作品が相次いで公開される。もし、自分が当時生きていたら抵抗しただろうか。3本の映画から、国家に翻弄される個人、差別、そして時代の空気を考えた。【藤原章生】

映画「ゲッベルスと私」の一場面=(C)2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH


 ユダヤ人憎悪をあおったナチス・ドイツ宣伝相の秘書だった女性の証言が胸をえぐる。ブルンヒルデ・ポムゼルの独白でつづるモノクロのドキュメンタリー映画「ゲッベルスと私」が8月3日まで東京・神保町の岩波ホールで上映されている。

 106歳まで生きた彼女は撮影時、103歳。よくぞここまで生きたと感嘆させられる、しわと輝く地肌は美しいオブジェのようだ。ナレーションはなく、見る者は彼女の言葉を反すうし、そこに矛盾や利己を見いだす。そして自分たちも彼女と同じではないかと思わされる。

 「彼女は過ちは認めるが、最後まで自分に罪はないと言い続けます。自分はゲッベルスの下でタイプを打っていただけで、ナチスがあれほどのユダヤ人虐殺をしていたのは戦後になって知った、と」。監督の一人、フロリアン・バイゲンザマーさん(45)は「自分が同じ立場だったらどうしたかを、映画づくりで考えたかった」と言う。

 共同監督のクリスティアン・クレーネスさん(56)は彼女が死の直前に語った言葉を教えてくれた。2016年の米大統領選をテレビで見た際の彼女の感想だ。「トランプの演説、叫び方や言葉選びがあの(ナチスの)時代を思わせ、とても不快だった」

 クレーネスさんは話す。「世界が一瞬にして戦争に巻き込まれた30年代と今では、科学技術や情報の広がり方は違う。でも、私たちの中にある『人間としての何か』は変わっていないのでは。右傾化する欧州でも日本でも、その何かが再び表に出てきているのではないか」

 彼女はユダヤ人の友達が殺されるかもしれないとうすうす知りながら、手を差し伸べなかった。「虐殺を知らなかったと主張していますが、ナチスの当局にいたのだから知っていたはず。彼女は見て見ぬふりをして友達の死を黙認したのです。でも、それは今、我々がシリア内戦や難民のニュースを横目で見て、何もしない心理と似ています」


映画「ゲッベルスと私」の一場面=(C)2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH


   史実消す「うそ」許さない

 日本人の多くは原爆投下について米国に憎しみを抱いていなかったという戦後間もないアンケート結果がある。一般に日本人は欧州人に比べ、戦時中の加害、あるいは被害を忘れやすい、という見方を紹介すると、両監督は「それは我々オーストリア人も同じだ」と口をそろえる。

 バイゲンザマーさんの見方はこうだ。「オーストリアはナチスに最初に占領され、戦後はひたすら被害者の立場を宣伝してきました。しかし、ナチス党員になった政治家や市民が時にドイツ人より残酷なユダヤ人狩りをしたのです。ところが戦後、そんな元ナチ党員が政治の中枢を握り、ワルトハイムのように国連事務総長に上り詰めた者もいる。私たちも過去に向き合ってこなかったのです」

 作品では彼女の語りの合間に当時の映像が流れる。骨と皮だけになったユダヤ人の遺体を別のユダヤ人が手押し車から穴へ転げ落とすシーンが衝撃的だ。

 「歴史を知らない今の若い世代こそこうした映像を見るべきです」とクレーネスさん。「今の右翼政治家は大きな声でとんでもないうそをつくほど人気を得る。うそが史実を消すことが私には耐えられない。今は分析や解説より行動の時です。あの時代の映像を見せ続けなくてはいけない。さもないと同じ憎悪、同じ差別が起きてしまいます」

 差別主義者は常に人口の5%はいる、と両監督は見ている。日本でもネットなどでのヘイト発言を好む人が一定数はいる。「5%は無視していてもいいが、今はそれが中間層に広がろうとしている。それを食い止めるのが映画人をはじめ今生きている表現者の責任だと思います」

 渡辺謙一監督(66)も、人々の「心性」が戦前に似てきたという焦燥から、ドキュメンタリー「天皇と軍隊」(15年日本公開)に続き、「国家主義の誘惑」を製作し、7月28日から東京・中野のポレポレ東中野で公開する。

 「『天皇と軍隊』では昭和天皇が戦争責任を取らなかったことが、国民の責任意識をなくしてしまったという考えを込めました。それから数年がたち、今はその無責任さが非常にまずい形で出てきている」と渡辺さん。

 「部下があれほど人倫を外れた事をしながら、麻生太郎財務相が一向に辞任しないというのは少し前の政治では考えられない。以前は政治倫理がまだ健在でした」。それだけに政権が意図的に「無責任な風潮」を広めているとも疑っている。「政治に期待を持たせず、投票率が下がれば組織票がある自分たちの政党は安泰であり、憲法改定や歴史の見直しなど、目的を達成できるということです」

 新作「国家主義--」では改憲に向かって走る安倍政権の歯止めとして、天皇陛下の退位表明があったという見方が強調されている。「昭和天皇は生前退位する機会があったができませんでした。今の天皇の退位には、護憲に加え、父の責任を担う形で生前退位を選んだという面があると私は思います」

 劇映画でも昭和天皇と個人の関係に触れた作品が7月7日から東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開される。瀬々敬久監督(58)の「菊とギロチン」だ。大正末期、当時皇太子だった昭和天皇の暗殺を企て処刑されたアナキストと女相撲の力士を主人公に、個の自由が奪われていくムードを描いている。構想は80年代からあったが「皇太子暗殺計画」に触れるため映画会社に企画が通らず、自主製作で6年がかりで完成させた。

 「舞台は関東大震災後ですが、東日本大震災後の特定秘密保護法や共謀罪の法制化、人々の民族意識の盛り上がりが似ていると感じ、作品に挑みました」

 印象深いのは、日露戦争から戻ったが優遇されない在郷軍人が不満をぶつけるように在日朝鮮人の女力士を拷問し「天皇陛下バンザイ」と言わせるシーンだ。国がおかしな方向に走れば走るほど、庶民の間で弱者差別が広がっていくことを示している。朝鮮人、女性に対する差別がつぶさに描かれるが、差別は人間生来のものではなく、時代の空気が押し広げるものだと思わせる展開になっている。

 そんな差別に抵抗し「個の自由」を追い求めた若いアナキストを主人公に据えた。その理由は「人間がどうしようもなくやってしまう悪からどうしたら逃げられるのかを考えるきっかけになればという思いから」だ。

 政権が醸し出す国家主義や不寛容さ、差別に染まらずに生きるにはどうすればいいのか。一連の作品はそれを考えさせる。