論点

    元号を考える

    加藤陽子・東京大教授島田雅彦・作家


     毎日新聞2019年4月3日 東京朝刊


 新元号が「万葉集」を出典とする「令和」に決まった。皇太子さまが新天皇に即位する5月1日から令和が始まる。昭和から平成に入り、日々の暮らしでの元号の使用頻度は減ったが、改元は時代の移り変わりを感じさせる出来事だ。今回の改元の歴史的な意味は。元号を取り巻く状況はどう変わるか。【聞き手・鈴木英生】


時代に即した法制度に 加藤陽子・東京大教授

 昭和から平成への改元は、天皇の崩御によるものだった。今回の譲位による継承は、天皇には自然的身体と政治的身体の二つがあると国民にわからせた点に画期性がある。死が介在しない気安さからか、マスコミも新元号の予想に重点を置いて報じていた。1979年に元号が法制化された際に大学生だった身には隔世の感がある。

 だが、歴史を振り返ってみれば、人々が改元に期待したり、批判したりする姿は今も昔も変わらないのかもしれない。近世期、飢饉や災害が続くと改元を望む落首が現れ、元号への批判もあった。徳川三代将軍に家光が就いた後の元号、寛永について人々は、「寛」の字を分解して「ウサ見ること永シ」(悪い時代が永びく)などと評した。要は、新元号への人々の期待が高かったからこそ、批判もされたわけだ。

 「元号=天皇のもの」ではない発想さえあった。室町時代の1490年ごろ、関東以北では「福徳」という、なんともめでたい「私年号」が使用されていた。飢饉や戦乱が続き、「そろそろ改元があってほしい」「徳政があってほしい」との期待から私年号が広がった。続いて、反政府という文脈で改元が準備された近代の例も見ておこう。戊辰戦争で新政府と対峙した東北地方の諸藩は「大政」という元号に改元する構想を持っていた。また、1884年の一大農民蜂起として知られる秩父事件でも「自由自治」元年が唱えられていた。

 一人の天皇に一つの元号を対応させ、それを追号(崩御後の称号)にも用いる「一世一元制」は近代になって新たに創られた制度だ。慶応から明治へ改元する際、岩倉具視らが一世一元にした背景には、ある意味で冷静な合理主義があった。元号を変えようが変えまいが、災害や飢饉は起こる。よって、何回もの改元は「流弊」であり、廃止すべきだと。ここで注目すべきは、明治元年に一世一元を取った政府の発想に、天皇の権威性を高めるため、といった発想はなかったことだろう。ところが、明治半ばでの皇室典範の整備、その後の戦争へと向かう過程で、元号と一世一元制は、天皇の政治的な権威と不可分なものとされていった。

 よって、アジアの人々や自国民を存亡の危機に陥れた戦争後、元号廃止論が出てきたのは自然な流れだったろう。1950年の参議院文部委員会で委員長の田中耕太郎は、日本国憲法の精神からいって、独立講和を前に元号をやめ「文明諸国共通の年号計算」たる西暦に一本化してはどうかと発議した。改元を規定する旧皇室典範や登極令が廃止された(47年5月)ことで、元号法の制定をみる79年までは、実のところ、元号を裏付ける法的根拠はなく、宮内府(戦後の宮内庁の前身)の発した通牒「従前の例に準じて、事務を処理する」のみで運用されていた。元号廃止が現実のものとなる可能性などもあったのだ。

 79年の元号法制定の流れを草の根から作ったのは後の「日本会議」につながる右派勢力であり、この日本会議は、安倍晋三首相の支持基盤の一つとして今や知られる存在だ。当時の世論調査からは、20~30代の人々の7、8割が皇室に「親しみ」を感じていなかったことがわかる。このような状況では国家や民族に対する国民意識を保てないと危機感を募らせた政財界の一部が右派に連動し、元号法は成立した。

 今回の一連の動きが示したとおり、元号法が政令(内閣による命令)で元号を定めるとしたおかげで、内閣は改元への関与を格段に強められるようになった。また注目すべきは、元号法の付則に「昭和の元号は、本則第一項の規定に基づき定められたものとする」との文言があったことだ。26年に始まった昭和という元号が、79年になって、さかのぼって正統化されたのだ。その意味の重さを思えば、元号法制化が大きな歴史の分水嶺だったと、今になって理解できる。元号法が、旧憲法下で定められた昭和をたやすく再定義し得たのなら、同法自体も、天皇が譲位する時代にふさわしく、今後、改正できるはずだ。



たおやかな「大化の改新」 島田雅彦・作家

 昭和末期から平成初期は冷戦構造の終焉と湾岸戦争に見られる世界史的転換点と重なるが、この時、私は世界標準の時代の変化と、日本ローカルのそれとのギャップを痛感した覚えがある。私は西暦と元号の時間軸を併用してきたが、平成生まれの世代は元号をほとんど意識していないようだ。昭和の頃は「西暦下2桁-25=昭和」という元号への変換を誰もが行っていたが、平成になるとグローバリズムの影響か、西暦ユーザーが優位になり、元号への変換もあまりされなくなった。また、平成は世紀をまたいだため、「90年代生まれ」とか「ゼロ年代」「10年代」という区切りがより一般的だ。

 昭和は異例に長く、前半と後半が実質的に別の時代だったので、終焉時には、誰もが自らの人生と昭和を感慨深く振り返り、その関係を定義しようとした。戦時下の飢え、占領時代の卑屈、高度成長の希望、オイルショックの不安など、記憶は感情的起伏と身体性を伴った。ところが、平成と身体的記憶の関係は希薄で、個人史ともリンクしにくい。

 昭和以前は自由民権運動や大正デモクラシー、太平洋戦争や60年安保など政治的な出来事が世代を区切る目安だったが、昭和末期からは情報資本主義の到来に伴い、体験よりデータ、個別性より一般性、思想よりイメージが重視されだす。アニメなどが世代のアイコンになり、ポップソングや広告が世代の共通認識の尺度になった。世界標準の資本主義の原理が優位になり、ローカルな元号は、おのずと年に数回だけ着る和服のようなものになった。

 平成の31年間、世相の変化はめまぐるしかったが、「昭和1桁生まれ」、「昭和30年代ブーム」のように、「平成10年代文化」といったくくりはされそうもない。だからといって、平成という元号が忘れ去られるわけではない。今の天皇、皇后両陛下は、ご結婚時から戦後の大衆天皇制の主役だったが、即位後は国民の痛みに寄り添う「いやし系天皇、皇后」となった。両陛下の真摯な祈りの姿が平成を象徴しているように思える。

 元号の記憶は、時の天皇の権威やありようによって、強化されたり、薄められたりする。天皇中心の「国体」が前面に出た明治、昭和は元号のプレゼンスが強くなり、「民主」が前面に出た大正、平成では弱まった。次はサイクル的には明治、昭和のような時代になる、と予想する人もいるだろう。孫が祖父を模範にするように、大正期に江戸回帰ブームがあり、昭和に明治が理想化された前例もある。しかし、新時代に維新や高度成長の再来を期しても、時代錯誤、現実逃避だ。

 改元で元号や天皇の存在感が高まるとも思えないが、次の天皇陛下は自身の時代を自由意思でデザインされたらよいと思う。今の陛下と違った形で象徴としての在り方を追求されれば、おのずと新時代のカラーが際立つ。極右による天皇の政治利用を拒む自由も、憲法改悪を認めない自由もある。新皇后陛下も、皇太子妃時代に受けた「人格否定」に対する意趣返しとして「人権回復」を目指されてはいかがかとも思う。

 そもそも日本初の元号、大化が生まれた7世紀、朝鮮半島情勢の緊迫化などで倭国(日本)は唐に属国化されかねなかった。元号は最初から「逆境からの再出発」の意図が秘められていたのだ。以来、大事件や大天災などの際に改元する習わしがあった。2年以下の元号もあり、江戸時代など天皇の権威が軽いと元号も軽かった。明治に「一世一元」となり、元号は果然重くなった。昭和も敗戦時に改元すべきだったが、「一世一元」を守ったがゆえに、二つの時代に引き裂かれたのである。

 目下、東アジア情勢流動化のただ中にある日本は、為政者が全く危機に対応できていない。改元で政治の劣化が防げるとは思わないが、改元を促したのは天皇陛下であり、現状の政治への不満を口にできないお立場から、たおやかな大化の改新を実行されたと解釈すると、何かすがすがしい気分になる。歴史を画す改元の影響力が悪政を改める方向に働くことを願わずにはいられない。


日本のみ残る「一世一元」
 元号は漢の武帝時代が起源とされ、日本、朝鮮半島、ベトナムなど東アジアに広がったが、20世紀に廃止する国が相次いだ。北朝鮮の主体暦や台湾の中華民国暦は紀元に基づく紀年法に分類される。天皇一代に一つの元号を用いる「一世一元」の制度が残るのは日本のみ。元号法の本則は第1項で「元号は、政令で定める」、第2項で「元号は、皇位の継承があった場合に限り改める」と定める。


 ■人物略歴

かとう・ようこ
 1960年生まれ。東京大大学院博士課程修了。専門は日本近代史。著書に「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」(小林秀雄賞)など。編著に「天皇はいかに受け継がれたか」など。

 ■人物略歴

しまだ・まさひこ
 1961年生まれ。東京外国語大卒。83年に「優しいサヨクのための嬉遊曲」でデビュー。ポストモダン世代の旗手として純文学をけん引。近作に「カタストロフ・マニア」など。芥川賞選考委員。