代替わりへ

 元号と東アジア/中 対「中華」独立を反映

 毎日新聞

 2019年2月27日 東京朝刊

  


 東アジアにおいて、元号は独立の象徴だった。中国に隣接する朝鮮とベトナムでは、時の中華王朝との力関係に応じて独自の元号が作られた。朝鮮で1896年に作られた元号「建陽」は、李氏朝鮮では初の独自元号。清朝の影響力が日清戦争の敗北(95年)で衰える中で登場した。月脚(つきあし)達彦・東京大教授(朝鮮近代史)によると、日本への留学経験のある官僚らの「開化派」が主導した近代化の中で導入されたという。

 しかし翌97年8月の朝鮮政府官報にこんな一節が載る。「其時逆臣専擅用事以致節文多壊」<其(そ)の時の逆臣、専(もっぱ)ら擅(ほしいまま)に用事し、以(もっ)て節文(礼儀)を多壊するを致す>。糟谷(かすや)憲一・一橋大名誉教授(朝鮮史)によると、失脚した開化派などを「従来の制度を壊した逆臣」と指弾し、「建陽」を廃止して、新元号「光武」の成立を宣言する文書だ。元号は国内の権力闘争の影響も受けた。

 この2カ月後、朝鮮の国王・高宗(コジョン)は皇帝に即位し、国号を「大韓帝国」に改めた。糟谷氏は「元号を制定し皇帝になることで、中国や日本、列強と対等であると明示しようとした」と解説する。

 朝鮮では4世紀に独自元号が現れ、新羅が6~7世紀に七つ制定するなど20以上の独自元号があった。7~10世紀に中国東北部から朝鮮半島北部に存在した渤海(ぼっかい)国も、少なくとも10の元号を制定した。だが朝鮮半島は中国中心部との近さから、中国に従属し中国元号を使う冊封(さくほう)体制に入らざるを得ない時期が長かった。独自元号は日本やベトナムに比べ少ない。

 一方で朝鮮は中国の官僚登用制度「科挙」を用いるなど中華文明の受容度が深い。山内弘一・上智大教授(朝鮮王朝史)は「朝鮮の知識人は、科挙があるから純粋な漢文をすいすい書ける。それを基準に外国の文明度を測っていた」と話す。明朝が滅びた後の清朝は、故地・中国東北部の服装導入などで朝廷を一新。朝鮮内部では「野蛮」とみなされ、明朝最後の元号「崇禎」が数百年間も非公式に使われたという。

 月脚氏は朝鮮の独自元号復活について「中華の正統を引き継ぐのは自分たちだという意識も含まれていた」と語る。ただ1910年の日韓併合後は日本の元号を使うよう強いられた。

 戦後の韓国では、君主が前提の元号は遠い存在だ。朝鮮日報東京支局長の李河遠(イハウォン)さん(51)は「韓国では、伝統を守り元号を使う日本人の姿勢を評価する一方、年代を数えるのに不便なものをいまだに使っていると思う人もいる」と話す。

 ベトナム人も「不便」と思うようだ。来日13年になる東京農工大特任助教のグエン・タン・トウンさん(32)は、元号が日本で使われているのに驚いたという。「昔のベトナムにあったことだけ授業で知っていて、発展している日本では、世界共通の西暦を使っていると思っていた」と話す。

 ベトナムでは、10世紀から独自の元号を使い始めた。蓮田(はすだ)隆志・立命館アジア太平洋大准教授(近世ベトナム史)は「ベトナムは中国の冊封体制に入っていたが、自国では『南の中華』を自任して皇帝を名乗っていた。元号は独立した国に必要な要素と考えていたようだ」と説明する。

 だが1884年にフランスの「保護国」となると状況が変わる。蓮田氏によると西暦とアルファベットが、元号と漢字より優先され始めた。公的空間から元号は徐々に消え、1945年にホー・チ・ミンが主導した革命で王朝が倒れるとそのまま使われなくなった。

ちなみに
ことし西暦の2005年は、タイ紀元(=仏暦)で2548年となります。
仏暦=西暦+543年
現在の国王はすでに在位59年になりますが、しかし、ご質問のような国王ごとの年号については寡聞にして存じ上げません。仏教の暦に対して国王が時間の流れを専有するような日本式の年号はおそらくないのではないかと思われます。(2005年の記事)


wikipediaより 参考 サンガの国家制度化
モンクットに続き王になったチュラーロンコーン(ラーマ5世、1853年 - 1910年)はチャクリー改革によって中央集権を確立したが、国の拡大に伴いタイ全土のサンガを管理する必要が出てきた。チュラーロンコーンはサンガ法(1902年)によってそれまで単なる僧の集まりであったサンガを明確に法人化し、すべての僧に所属する寺院へ僧籍を入れさせた。この僧籍への強制入籍は最初は首都近辺で始められ、徐々に遠隔地に浸透した。このサンガ法の実効には20年を要した。1941年には、第一次ピブーンソンクラーン内閣によって仏暦2484年サンガ法に改訂され、さらに、1962年には、サリット内閣によって仏歴2505年サンガ法に改訂された。