産経新聞 THE SANKEI NEWS

  「羽生さんと藤井さん」

    編集長ピックアップ 小川記代子


     2022年7月21日 626号



 「羽生さんと藤井さん」というと、将棋の羽生善治(はぶ・よしはる)さんと藤井聡太さんと思うでしょうが、今回はフィギュアスケートの羽生結弦(はにゅう・ゆづる)さんと藤井聡太さんです。

 羽生さんが19日、一線から退くことを表明しました。競技会には出ず、プロとして活動していくそうです。五輪2連覇を果たしたレジェンドの会見に悲壮感はありませんでした。むしろ晴れやかな表情を見せ、先を「希望に満ちあふれている」と表現しました。

 会見で驚いたのは、「4回転半(ジャンプ)を含めて挑戦を続ける」と語ったことです。〝一線を退く=ほぼ引退〟と思い込んだ私の頭では即座に理解できませんでした。少しして思いました。「違う地平で戦い続けるのだ」と。

 他人との勝負はもちろん大事ですが、羽生さんは場を問わず、自分のフィギュアスケートそのもの、「まだ見ぬ世界」を追求する次元に入ったのでしょう。

 同時に想起したのが、羽生さんの会見の2日前にヒューリック杯棋聖戦で永瀬拓矢王座を下してタイトルを防衛した藤井さんです。

 藤井さんは将棋の深淵をどこまで見られるかに挑んでいます。昨年、棋聖就位式後の会見で「強くなることで今まで見えていなかった景色が見えてくるかなと思う」と語った藤井さんが目指すのは「まだ見ぬ世界」です。好敵手・永瀬王座もともに目指すのでしょう。

 ここまで賭けられるものを持っている方々に敬意を表すと同時に、彼らのその先の「まだ見ぬ世界」を知りたい、伝えたいと切に願います。