今週の本棚

   『江藤淳は甦える』=平山周吉・著

   三浦雅士・評

     2毎日新聞2019年7月7日 東京朝刊


『江藤淳は甦える』
 (新潮社・3996円)

全編を貫く母と妻の存在
 江藤淳の自殺に驚いたのは1999年7月。享年66。没後20年である。本書はその江藤淳の評伝。力作かつ労作だ。800頁(ページ)近いが、読ませる。いわば痒(かゆ)い所に手が届くような仕上がりで、なぜと思う瞬間にすっと内側に入り込んで貴重な資料を示し、疑問を氷解させ、再び俯瞰(ふかん)する位置に戻る。巧みだ。

 昭和前半を代表する文芸評論家が小林秀雄ならば、後半を代表するのが江藤淳。慶応大学の学生だった頃、処女作『夏目漱石』で文壇に登場し、あえて俗に語れば、初め埴谷雄高にそそのかされて小林秀雄を徹底的に批判し、後に大岡昇平に諭されて大転換し小林秀雄絶賛に変わる。それだけではない。革新とも思える立場から保守反動に転じ、数次のアメリカ滞在を経てからは逆に戦後のアメリカ占領軍の検閲を暴き、日本人に覚醒を促すという、いわば左右両翼から忌避されるような日本主義者の相貌を呈するようになる。その徹底性によって、三島由紀夫、吉本隆明とも親しく交わっている。

 伝記作者が跡づけてゆくには厄介極まりない対象である。著者はしかし、単行本未収録のエッセイ、インタヴュー、さらには私信をまで駆使して、人間関係の機微を描き、江藤の人生を浮き彫りにしてゆく。人生こそ最大の作品。江藤淳を個人的に知っているものでさえ、ああ、そうだったのかと思うことが少なくないだろう。日比谷高校時代の活動をはじめ、後年の愛人問題など、紹介されたのは初めてではないか。

 著者は編集者として死の数時間前に鎌倉の江藤邸を訪れ、話し、連載原稿を手渡されていたという。したがって江藤を理解しようという思いが余人を上回るのは自然だが、それはしかしファンのそれではない。突き放している。江藤を辛辣(しんらつ)に見る批判者の言を次々に引用し、著者自身ときに手厳しい感想を付す。だが、そうして立ち上がってくる江藤像は生々しく、情を誘う。著者の手腕である。

 むろん、全編を貫く芯がある。4歳半で死別した母・廣子の存在である。そしてまた、それと重なり合うように存在した妻・慶子の存在。江藤が最初のアメリカ滞在で精神分析家エリクソンのアイデンティティ論の影響を強く受けたことはよく知られているが、江藤自身の経歴がそれを必要としていたのだ。

 装丁が暗示的。江藤の肖像を掲げたカバーをはずすと見返しに美女が現われる。27歳で亡くなった母の写真である。後見返しには江藤自筆の遺書が白抜きで印刷されている。菊地信義の装丁。中身を象徴している。

 だが、本書の最大の特長はこれらの細部が思考を刺激することである。母恋の主題は江藤自身が『一族再会』に書いている。折口信夫の『信太妻(しのだづま)の話』などが引かれているが、折口はこれを母系制への郷愁とは見ずに、外婚制成立の痕跡と見ている。同じような主題を探究していたのが民俗学の宮本常一だが、宮本の常民文化研究所に在籍していたのが中世史の網野善彦であり、歴史人口学の速水融である。後年、この速水に注目したのがエマニュエル・トッドであり、核家族、直系家族、父系制共同体家族などの概念操作によって家族システムの研究に画期をもたらした。

 歴史人口学は政治・社会・文化を規定する。もしも江藤が半世紀遅れて、いま小島信夫や大庭みな子そして日本を論じるとすれば、エリクソンではない、おそらくトッドを援用するに違いない。著者が紹介する江藤の家族論、国家論は、そういうことを考えさせずにおかないのである。

 昭和文化史として秀逸。