田中優子の江戸から見ると
   仏壇から見える日本

    田中優子

    毎日新聞2019年10月30日 東京夕刊


 バンコクを車で移動中、多くの人が手にマリーゴールドの花束を持っているのを見た。仕事帰りに寺に花を供えに行くのだという。寺の近くには花市場もあり、道路の両側にぎっしりと花屋が並ぶ。タイでは多くの人が出家の経験もする。日本人の卒業生の中にも、出家した人がいた。しかしそれは僧侶になることではなく、人生の一時期に僧の体験をすることなのだ。それだけ信仰が深い。

 ふと気になって、通訳の人に「おたくに仏壇がありますか?」と質問した。あるという。3段になっていて、仏陀が上段にいて、その下段に眷属が並んでいるのだという。亡くなった家族の写真は仏壇ではなく別のところに置き、さらにそれとは別に国王の写真も飾っているという。

 日本の仏壇の中には何があるだろうか。私の家の仏壇には釈迦も眷属もいない。亡くなった家族の位牌と写真だけである。日本の仏壇は古代に、仏像仏画、舎利、経典などを安置するために作られたが、それは寺院の中にあるものだった。中世以降、武士団の惣領家が持仏堂や仏間を建てるようになり、その中に仏像を安置するための厨子を作った。この段階では、厨子は仏像を納める祠殿だったのだ。江戸時代になると檀家制度が始まった。そこから仏壇は様変わりする。各家に仏壇が入るようになったが、仏像に加えて過去帳、家系図、位牌などが安置されるようになったのである。やがて仏像は追い出され、位牌と写真だけになる、という仏壇も。母は仏壇に毎日新しい水を供えるが、釈迦にではなく夫と母親に供えている。

 江戸時代では天皇も将軍も仏教を尊重していたが、明治政府による廃仏毀釈でそれも絶たれた。その後、天皇制国家を確立するために人々を「姓」を持つ「家」に編成し、コミュニティーの鎮守の杜を国家の神道に再編成した。そして、信仰心の基盤は廃れた。(法政大総長)