田中優子の江戸から見ると
   もし日本が分断されていたら

    田中優子

    毎日新聞2019年9月11日 東京夕刊


 日本の敗戦後の分割統治案は周知のとおり北海道と東北地方はソ連、関東と中部地方はアメリカ、東京はアメリカ・ソ連・中国・イギリスの共同、関西地区はアメリカ・中国の共同、四国は中国、九州・中国地方はイギリスの、各統治案となっていた。もし分割統治になっていれば、その後、朝鮮戦争と同じように日本列島内部で戦争が起こり、共産圏と自由主義圏に二分されていただろう。それが70年近く続いたら、私たち日本人はどうしただろうか?

 今年8月15日の光復節におこなわれた韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の演説の中に、2032年にソウル・平壌共同オリンピックを開催し、45年の光復節までには「一つになった国(One Korea)として世界にそびえ立つことができるよう、その基盤を強く押し固めることを約束します」とあった。昨年の光復節では「政治的な統一は遠いとしても、南北間に平和を定着させ自由に往来し、一つの経済共同体を成し遂げる」と語るにとどまっていたわけだから、統一に向けてかなり具体的なシナリオができつつあることを感じた。その前の部分では、国防費と分断費用をなくして南北の力を合わせるなら8000万人の単一市場を作ることができ、世界経済は6位になり、50年ごろには1人当たりの国民所得7万~8万ドルが可能、という試算まで語っている。共産圏諸国が自由主義経済圏と同じような市場開拓をおこなっていることで、共通の目標は経済発展となり「低成長、少子高齢化の答え」を見つけることになる、ということだ。

 最初の問いに戻ろう。日本が分断された状態で少子高齢化を迎えたら日本人はどうしただろう? 政治体制の違いにあくまでこだわり軍事費を増やし続けるか? 熱望していた統一に向け合理的な理由と方法を模索するか? 江戸から見ると、分割された日本はまるで暗闇だ。そこで、このことをずっと考え続けている。(法政大総長)