田中優子の江戸から見ると
   関東大震災の日

    田中優子

    毎日新聞2019年8月28日 東京夕刊


 毎年、終戦記念日には大学のホームページ上にメッセージを載せる。今年はダイバーシティー&インクルージョン、つまり多様性を認め互いに包摂することをテーマにした。国や民族同士のいさかいや戦争は、その理想からもっとも遠いところにあるからだ。

 6月23日の沖縄戦慰霊の日から始まって、原爆投下日、終戦記念日、そしてもう一つ忘れてはならないのが1923年9月1日の関東大震災である。関東大震災は江戸時代の元禄地震とともに相模トラフ巨大地震に分類される。この日私の父は1歳で、その姉が圧死した。母方の祖母は横浜で仕事をしていたが、とんでもないものを目撃した。顔見知りの近隣住民が朝鮮の人を刀で斬り殺したのだ。流言飛語により軍隊や警察まで巻き込んだこの一連の殺傷は、決して忘れてはならない出来事だ。

 地震が起きればうわさが発生し殺人が起こるのか? いや元禄地震でそんなことはなかった。関東大震災の日に起こったこの出来事は、そのずっと前からの差別と恐怖が生み出したものだ。なぜうわさの内容が暴動だったのかといえば、日本人が暴動を恐れていたからだ。1910年から韓国朝鮮は日本の植民地つまり支配下にあった。支配・被支配関係が一方に恨みを、もう一方に差別感をもたらし、双方が互いを恐怖する関係となる。その感情が震災のような不安な状況下で噴出するのであろう。

 特定の2国間の話ではない。世界中でなされてきた虐殺、性暴力、奴隷化と強制労働、ヘイトスピーチ、芸術表現への脅迫と圧殺。それらは現在でも世界中で起こっている。その背景には戦争、暴力、支配関係があった。だとすると、多くの国と企業が賛同しているSDGs(持続可能な開発目標)に従ってそれをなくすことは、日韓どころか世界中が共通に掲げる目標だ。どうすれば目標に向かって克服できるか? それこそを共に考えるべき時だろう。(法政大総長)


田中優子の江戸から見ると