今週の本棚





      岩間陽子・評 『ドレスデン爆撃1945』
     =シンクレア・マッケイ著、若林美佐知・訳 

      『ドレスデン爆撃1945』(白水社・4730円)

      毎日新聞 2022/8/27 東京朝刊

    
     『ドレスデン爆撃1945』



過去を記憶し、追想する街に学ぶ

 ドレスデンをご存じだろうか、「エルベ河畔のフィレンツェ」とも称される、宝石箱のようなドイツ・ザクセン州の古都である。1945年2月13日夜から14日にかけて、この美しい都市は、英米軍の激しい爆撃に晒(さら)され、灰燼(かいじん)に帰した。その無残な様子は、巻頭の写真が伝えている。バレンタイン・デーは、ドイツに暮らしていればいつも、ドレスデン空爆に思いを馳(は)せる日でもある。

 すでにナチス・ドイツの敗色が濃くなった戦争終盤に、芸術の花咲き乱れ、学問の盛んなこの街に、火をつけて燃やしてしまったことで、ドレスデン爆撃は、今も歴史に残る蛮行とされている。今回調べて意外だったのは、ドレスデンと姉妹都市提携をしている日本の主要都市がないことだった。ドレスデン、東京、広島、長崎は、一直線につながっているのに。


 航空機を使った爆撃作戦は、第二次世界大戦で初めて本格的に行われた。当初は英米は軍事的標的に限定した精密爆撃を心がけ、民間人の犠牲をなるべく出さないようにしていた。しかし、このやり方では効果が上がらないとして、焼夷(しょうい)弾による絨毯(じゅうたん)爆撃方針に切り替えたのが、英国空軍のアーサー・ハリスであった。彼は、多くの民間人が犠牲になるのを意に介さず、ドイツ主要都市を焼き尽くし、ドイツ人の抗戦意欲を削(そ)ごうとした。一連のドイツ主要都市爆撃作戦の流れの中で、ドレスデンも標的となった。

 彼のやり方を踏襲して、日本に適用したのが米軍のカーチス・ルメイであった。45年2月のドレスデン空爆と、3月の東京大空襲は、一直線に結ばれている。そして、民間人の犠牲を厭(いと)わない都市爆撃が当然視されるようになった土壌の上に、ヒロシマとナガサキが起こった。実は、一歩間違えば京都もドレスデンと同じような目に遭っていた。米政権の原爆使用標的リストのトップには、京都の名前があった。もし京都で原爆が使用されたら、それはまた違った痛みを戦後の日米関係に残したであろう。


 著者マッケイは、この世界史的出来事に、ある意味で価値相対的に迫ろうとする。イギリス人を犯罪者扱いしがちな通説的ナラティブに対して、彼女は英軍による空爆が始まるはるか前から、この都市の芸術・科学を支えていたユダヤ人が圧迫され、追い込まれ、殺されていった様子も描いていく。この街の芸術・科学はだれしもが認めるが、そこに多くのユダヤ人が活躍していたこと、6000人以上いたユダヤ人が、45年2月には198人に減っていたことは忘れられがちである。

 当時のドレスデンには、数百名の英米軍捕虜もいた。彼らもレンガの上で効率的に超高温の「火災旋風」を引き起こすよう設計された爆弾の犠牲になった。その爆弾を落とした側のパイロットにも、マッケイの描写は及ぶ。そして、その日がどのように近づき、犠牲をどうやって受け止めねばならなかったかが、市民の視点から描かれていく。

 今、ドレスデンは努力の末、かつての姿を取り戻している。この街では、「過去は現在」である。街自体が過去を記憶し、追想している。それに比べて日本の諸都市は、過去を忘却して、発展へと進んだ。ウクライナが爆撃され過去が甦(よみがえ)る今、ドレスデンを知ってもらいたい。(政策研究大学院大学教授・国際政治)