『リンゴの唄』




     敗北を抱きしめて
     第五章 言葉の架け橋

     ジョン・ダワー


    



第五章 言葉の架け橋 p214,5

 このころを回想した多くの記録によると、希望の光が差し込んだ瞬間は、まさに一九四五年一〇月二日であった。この日、明るいメロディーの『リンゴの唄』とともに一本の映画が封切られたのである。映画の内容じたいは忘れられてしまっているが、歌はみんなの心をとらえた。歌は次のように、他愛のない歌詞ではじまる。

赤いリンゴに くちびるよせて
だまってみている 青い空
リンゴはなんにも いわないけれど
リンゴの気持ちは よくわかる

 歌詞は四番まであり、それぞれに「リンゴ可愛や 可愛やリンゴ」というリフレインがついているのだが、注目すべきは、歌詞がますます他愛のないものになっていくことで、最後は次のように終わる。

歌いましょうか リンゴの歌を
一人で歌えば なおたのし
皆で歌えば なおなおうれし
リンゴの気持ちは 伝えよか
リンゴ可愛や 可愛やリンゴ
(サトウ・ハチロー作詞、JASRAC 出 0102264-106)


 『リンゴの唄』を歌ったのは並木路子という若手の女優で、これによって彼女は歌手としての人生をはじめることになった。並木もまた、彼女のファンと同様、戦争で人生を破壊された一人であった。彼女の母親は一九四五年三月一〇日の東京大空襲で亡くなり、並木自身も空襲後、隅田川から助け出された。そして、父と兄は出征して帰らぬままであった。彼女は松竹のニューフエースのひとりで、自分自身も撮影現場で食べたリンゴの味がどうしても忘れられないと述べている。当時、若手女優の月給は一〇〇円から三〇〇円で、リンゴ一個が五円であった。