<活字を楽しむ>

京都・読書之森
歴史戦と思想戦-歴史問題の読み解き方

 山崎雅弘著 集英社新書、920円(税抜き)

 毎日新聞2019年9月15日 京都地方版



 デンマークのオーフス市で8月31日、市出身のベルンハルト・アルプ・シンドバーグ(1911~83)の銅像の除幕式があったと、英国放送協会(BBC)は報じた。

 シンドバーグは26歳だった1937年、中国南京市でデンマーク資本のセメント工場の警備員をしていた時、旧日本軍の南京事件に遭遇し、数多くの中国人住民をかくまい命を救った。功績をたたえ、死後36年たって中国側が像を寄贈。式にデンマーク女王マルグレーテ2世も参列した。

 BBCの報道に対し、ネットでは「日本軍から逃げた中国軍が南京から退く際、住民に危害を及ぼしたのでは」などの趣旨の書き込みがある。

 当時彼は同僚のドイツ人警備員と共に工場周囲にデンマークと独両国旗を立て、屋根にもデンマーク国旗を掲げた。デンマークやナチスドイツと日本は友好関係にあることを明示し、工場に侵入しようとする日本兵を何度も防いだ。彼は友人宛ての手紙に「どれだけの血が流れているか想像もできない」などと書き送っている。

 彼について本書は言及していないが、BBCが伝えた、旗を示すなどの彼の行動は事実として具体的で信頼できる。中国兵の大量退却にからめ「南京事件はなかった」との結論に結びつけるのは強引で無理があるだろう。

 中国側の死者30万人の主張に、日本国内には南京事件そのものをも否定しようとする動きがある。

 本書によれば、昭和天皇の弟で戦時中に中国戦線に派遣された三笠宮崇仁は生前「辞典には、虐殺とはむごたらしく殺すことと書いてあります。つまり、人数は関係ありません」と月刊誌インタビューに答えた。満州の日本軍部隊が中国兵捕虜に毒ガス弾を発射し、虐殺する実写映画を南京の司令部で見たとも話した。

 外務省のサイト「歴史問題Q&A」は「日本軍の南京入城後、非戦闘員の殺害や略奪行為があったことは否定できない」を日本政府の公式見解としている。

 「南京虐殺はなかった」「従軍慰安婦はいなかった」との主張を展開し、韓国や近隣諸国を侮辱する書籍は京都市の書店にも並ぶ。著者の多くは最近「嫌韓」を煽っている人々と重なる。背後に民族・人種差別意識や優生思想、皇国史観も見え隠れする。

 人々が生きる中で事実は積み重なる。放置すれば忘却は進む。事実として何が起こったのか。目を背けず丹念に記録し、原因や、事象を起こした構造と背景を探る作業を進める。同時に論理に矛盾がないか点検する作業も欠かせない。感情に流されず、決して結論を先に固め「はめ込む」ことなく、糸を紡ぐように論理を慎重に組み立てる。事実をねじ曲げることなく、真摯(しんし)に向き合う姿勢が常に問われている。
【篠田直哉】