geidai2013


風知草




    ワクチン、どうなってる?

    山田孝男


    毎日新聞 2021/5/10 東京朝刊



 「ワクチン敗戦」は「週刊文春」(4月8日号)の見出しだが、連休中、テレビでワクチン供給の遅れについて聞かれた河野克俊前統合幕僚長(66)が、あっさり言ってのけた。

 「戦略が全く疑問」「完全に失敗したと思っています」(BS朝日「日曜スクープ」5月2日放映)

 一昨年まで陸海空自衛隊を率いてきた人の公の発言である。ワクチンはなぜ遅れているのか。今後、どうなるか。同僚や専門家に聞いて理解したことの一端を書き留めてみる。

     ◇

 供給の遅れは、ワクチンに消極的な厚生労働省のせいだ――と厚労省以外の政府関係者は異口同音。「あそこは新しい現実への対応が苦手」。前例踏襲主義の厚労省をあげつらう官邸や外務省の高官の口ぶりには怒りさえにじむ。

 顧みれば、厚労省は数々の薬害に直面し、訴訟を抱え、救済・補償を担ってきた。責任問題に敏感。規制法令を無視し、とにかくワクチンを集めろ――と言われても動かない。

 「ワクチンというのは何かあった時にメチャメチャ責められる。医療関係者ならわかる感覚です」(医師の自民党衆院議員)

 「田村(憲久)厚労相は厚労行政に詳し過ぎ、(厚労省と一体化して)意図的に自ら影を消している」(医療問題担当記者)

 かくして河野太郎行政改革担当相がワクチン担当に指名された。今年1月、菅義偉首相が決めた。

 よくも悪くも常識にとらわれぬ河野が製薬企業と交渉し、5億回分のワクチン入手にめどを付けた。供給不安はひとまず消え、副反応で敬遠されるアストラゼネカ製を除いても、全国民が2度ずつ、2シーズン接種できる計算。これが連休までの情勢という。

     ◇

 接種は連休明けから加速する。非能率で自治体の能力を問う声があるが、目利きはこう見ている。

 「場所と人手が必要な大作業であり、いつ、どれだけ届くか、具体案が示されなければ動けない。全国1700自治体ごとの詳細な通知が4月30日にやっと出た」(総務省OB)

 「予防接種法上、接種の主体は市町村――だと厚労省は考える。石橋をたたいて渡る文化だから『入ってきたら確実に配る』という感覚。詳細通知は河野大臣主導」(医療記者)

 首相の河野指名は当たったが、実務家が首をひねるのが「7月中に高齢者への接種完了」を求める菅・河野の号令である。

 7月23日からの五輪を意識していることは公然の秘密。自治体の反発が強いと見るや、菅は武田良太総務相に陣頭指揮を命じた。船頭がまた増えた。総務省OBの慨嘆が<果断宰相>の死角を指摘して鋭い。

 「大タンカーを動かすには時間がかかる。リーダーはその時間を待てるかどうか。菅さんは待てない。モーターボートのように、右にカジを切れば自治体も右旋回すると思ってる。なぜ動かぬ、何が悪い、早く動かせ――となり、全体が疲弊している……」

     ◇

 民心は緩み、感染者は増え続けている。大阪に続き東京の医療も危うい。

 インドを見よ。夏が来てもウイルスは衰えない。インドと無縁でも感染が増えれば変異は内発する(免疫学者)。政府は複雑過ぎる通知の乱発を改め、意思疎通の簡素化に努めるべきだろう。五輪に未練の号令は論外。さもないと本物の敗戦になる。(敬称略)(特別編集委員)=毎週月曜日に掲載