時代の風




    ワクチン接種進む米国 日本も問われる覚悟

    中林美恵子・早稲田大教授

    毎日新聞2021年5月9日


         前田梨里子撮影

 ゴールデンウイーク中に行われた日米外相会談は、バイデン米大統領の初外遊となる6月の主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)に向けた閣僚会合の一環だった。4月末の議会演説でバイデン氏が述べた民主主義と専制主義の競争という課題をすり合わせるとすれば、米国には慎重かつ大胆な外交が求められることになる。

 それにしても米国の大統領が外遊に臨めるのは、やはりコロナ禍の克服が視野に入ってきたからこそだ。インドのコロナ危機に援助ができるのも、途上国にワクチン提供ができるのも、まずは自国が立ち直ってからでなければ、話にならない。バイデン氏は、7月4日の独立記念日までに人口の半分に当たる1億6000万人が完全に接種を完了し、さらに大人の70%が少なくとも1回のワクチン接種を終えるという新しい目標を掲げた。

 一方の日本は、およそ8万人のアスリートや随行者を世界中から受け入れるオリンピック・パラリンピック開催を控えているのだが、ワクチン接種は遅れている。米国の新聞には、開催都市として競ったトルコのイスタンブールより遅いとか、ミャンマーと日本が並んでいるとか、厳しい指摘のコラムが掲載され、米国人の友人がそれらをメールで転送してくるようになった。震災復興五輪の安全な開催はもとより、通常の経済活動が早期に再開できることは日本国民の悲願なのだが、いまだに市民の自粛が頼りという日々である。

 米国民の自粛は緩和され始めている。地域によっては前のめり過ぎる感もあるが、ワクチン接種を終えた者に限り、条件付きでマスクを使用しないことも認められるようになった。レストランの会食制限も緩和され、あちらこちらで活気が戻ってきている。羨ましい限りだが、その米国も、最初からワクチン接種がスムーズだったわけではない。

 かつての同僚を中心とした米国に住む友人たちはすでに2回目の接種を完了した者ばかりとなった。彼らがワクチン接種経験についてメールであれこれ教えてくれた。2月と3月では、接種状況に雲泥の差があったようだ。3月や4月に接種を受けた人たちは、誰もがとても簡単でスピーディーだったと口をそろえる。しかし、2月に試みた人は、予約システムが混乱し、会場での待機時間も異常に長かったという。その混乱に辟易(へきえき)したある友人は2月の接種を諦め3月まで待った。すると、数週間のうちに状況が劇的に改善したので驚いたという。

 2月には寒い屋外で何時間も立たされたのに、3月には接種会場の駐車場の自家用車にタブレットPCを持ったスタッフが回ってきてデータ管理を完璧に行い、車の中に座ったまま接種を受け、副反応の疑いがあればクラクションを鳴らすだけでスタッフが飛んで来るスタイルになっていたのだ。この会場は予約の必要さえなくなり、そろそろ閉鎖されるらしい。接種完了者が増え、大きな会場の需要がなくなったのだ。

 今後は、ワクチンに無関心あるいは懐疑的な人に接種を促す段階に入る。民主主義社会では強制ができないので、ここは本当に知恵の絞りどころだ。接種を受けた人に食べ物を提供したり、合法化された大麻をご褒美にしたりする自治体まで現れた。

 接種の少ない年齢層に100ドル(約1万円)の支給を打ち出したのは、ウェストバージニア州だ。さらに、全国で戸別訪問をして接種を促すほか、近所の図書館や教会などでも手軽に接種を受けられるよう利便性を高めるなど、あの手この手が繰り出されている。独立記念日には可能な限り通常のお祝いができるようにという、バイデン政権の並々ならぬ覚悟が感じられる。

 結局のところ、米国では政治的な覚悟が前例のない手法を編み出す原動力になり、ワクチン接種が進んだ側面がある。日本の政治家も覚悟という言葉を好むが、果たして言葉に行動がついてくるだろうか。バイデン政権は発足早々、198ページに及ぶワクチン接種促進プランを発表し、1カ月以内に100以上の連邦政府管轄の会場を設置し、何千人という医療関係者以外の接種要員をかき集めた。その覚悟のほどは、日本にも参考になる。未知との遭遇や闘いは、今後も次から次へと起こり続けると予想されるのだから。=毎週日曜日に掲載