シリーズ・疫病と人間




    合理的だったドイツを、ナショナリズムが覆う

    マルクス・ガブリエル氏(哲学者)

    毎日新聞2020年6月14日 東京朝刊




    
多くの結婚式キャンセルに伴い、補償を求め、ベルリン・ブランデンブルク門前に式の飾りつけをして抗議するブライダル業者ら。ドイツでは政府の対応を評価しつつ、デモを行う人々も多い=ベルリンで9日、ロイター


 危機における民主主義や道徳はどうあるべきか。気鋭の哲学者として注目を集めるドイツ・ボン大学教授のマルクス・ガブリエル氏(40)に聞いた。【聞き手・ボン(独西部)念佛明奈】


 ◆合理的だったドイツを、ナショナリズムが覆う 道徳的な新しい世界へ、日本の視点がほしい

 良質な民主主義の下では、自分が賛成している事柄でもあえて批判することがある。私は(新型コロナウイルスの感染が拡大した)危機下において、ドイツ政府がしてきたほぼ全てを支持するが、それでも批判はする。批判は他の選択肢を可視化するためのものだ。現在の危機の中で、新たな種類の社会を創造するためには、もっと批判的思考が必要だ。

 危機の時に人々が支持するのは、良いことをするリーダーだ。富が無限にあるような時は、人々はトランプ米大統領を支持する余裕がある。しかし危機時には愚か者と付き合う余裕はない。その点、客観的で合理的に物事を進めているという「物語」を構築したドイツ政府はとてもうまくやった。

 ドイツではよく「メルケル首相はこの危機下において正しいことをしている。なぜなら、彼女が科学者だからだ」という言葉を耳にするだろう。でも待ってほしい。確かに彼女は旧東ドイツで研究をしてきた物理学者だが、物理学者がウイルスについてすべて知っているわけではない。逆にウイルス学者は量子力学については多くを知らないだろう。科学者がすべての科学について知っているという考え方は、ポピュリズム(大衆迎合主義)である。

 とはいえ、今は事実に基づく科学がすべてを解決するという考えが支持されている。事実を否定する政治家は求められていないのだ。だから(新型コロナを「ちょっとした風邪程度」と軽視する)ブラジルのボルソナロ大統領やトランプ大統領、そして日本の安倍晋三首相は、自らの支持者の信頼すら失っている。


日本のポピュリズム

 今回のコロナ危機では、安倍首相がかなりのポピュリストであり、これまでそれを(国際社会の中では)うまく隠していたことが明るみに出た。彼が東京オリンピックをどんな状況下でも開催しようとしたことが、全世界に伝わってしまったのだ。

 日本という国は、外の人には理解できないほど複雑な言語を維持することによって、ほぼ均質な文化のレベルを保つことができた。もちろん外国人が日本語を学ぶことはできるが、それには日本と恋に落ちる必要がある。(国土も人口も)中国よりはるかに小さい日本の人々は、これまで日本語を学ぶよう世界を説得できなかった。だから結果的に日本国内のポピュリズムを(世界から)隠すことができたのだ。安倍首相は中国の習近平国家主席やロシアのプーチン大統領ほどの悪評は受けていない。だが彼がポピュリスト指導者だということは、日本人にだけは明確に分かるのだ。

 安倍首相は今回、悪い意思決定を地球規模で示すという過ちを犯した。2011年の東京電力福島第1原発事故(の数年後の対応)でも同じだった。だがそちらは既に忘れられ、フクシマと彼を結びつける人はいない。これまでうまく体面を保ってきたが、今回は「(コロナ禍にもかかわらず)なぜオリンピックを開催したいのか。最悪のアイデアだ」と言われるようになった。


ソフトバージョン

 ドイツでは、コロナ対策を経てメルケル首相が所属する中道右派の与党キリスト教民主同盟(CDU)、そして南部バイエルン州のみを基盤とするCDUの姉妹政党キリスト教社会同盟(CSU)の支持率が上がった。そしてポピュリスト政党・ドイツのための選択肢(AfD)の支持率は下がった。

 バイエルン州首相で、与党CSUの党首でもあるマルクス・ゼーダー氏は理性的に冷静に行動する一方、「ドイツは世界最高の医療システムを持っている」と主張し、バイエルン州での感染拡大を隣国オーストリアのせいにした。これは、事態を完全にコントロールできると(大衆に)示すポピュリズムと、彼の州が地球上で一番よい場所であるかのように思わせるナショナリズムのように見える。

 点と点を結ぼう。ドイツで与党支持率が上がった理由は、このようにポピュリズムとナショナリズムの「ソフトバージョン」を活用したからだ。

 ナショナリズムとは「自分が地球上の一番いい場所に生まれた」という思い込みだ。もし「幸運なことに私はドイツにいる。死者がたくさん出る国にいなくてよかった。地中海沿岸の国はなんとなく汚い」と感じ、自分が幸運で、地球で一番いいところに住んでいると考えるなら、あなたはナショナリストである。そして「トランプ大統領やジョンソン英首相を見てみろ。野蛮なナショナリストだ。米国や英国にいなくてよかった」などと言おうものなら、その考え自体も実はナショナリズムの一部である。ナショナリストは自分の国にはいない。外にいる。そう思い込むこともナショナリズム的思考だからだ。これはまさに今のドイツを覆う空気でもある。

 今回のコロナ禍で、ドイツの危機管理の重要な要素は「合理性」を示すことだった。多くの政治家がテレビに出演し、自らの決断を正当化していた。洞察や議論は水準が高く、私を含め多くの人々は「政府はとても合理的だ」と感動した。確かに政治的決定の多くは、哲学者ヘーゲルが「人倫」と呼ぶ倫理的な洞察に基づいたものだ。だがこれは一つの側面に過ぎない。(移動制限などの)規制の緩和については、政府の正式な委員会ではなく、メルケル首相と各州首相らが電話協議で決定した。つまり(客観的な合理性といいつつ)多くの「陰の操作」もあったのだ。


危険な「衛生人種差別」

 感染拡大の初期段階で顕著だったのは、「ハイジェニズム」(衛生的な人種差別)である。これはハイジェニック(hygienic、衛生的)とレイシズム(racism、人種差別)を組み合わせた造語だ。当初は明らかに「中国人がウイルスを持ってきた。ひょっとしたら彼らが作り出したのかもしれない」といった妄想があった。私は多くのアジア人の友人から「自分は(警戒されて)観察されているように感じる」という声を聞いた。しかし同様のことが、実は欧州人に対して米国や中国でも起きた。この現象は、あなたが想像するよりもっと地球規模で相互に起きている。

 ハイジェニズムは有害な差別の新たな形で、完全に不道徳な考えだ。感染しても症状のない誰かが、何かに触る。そしてあなたがそれに触れて、無意識に自分の目を触り、感染する。ここに不道徳的なことは何もない。誰かが感染すれば、あなたは彼らを危険視するのではなく、大丈夫かどうかを心配すべきである。感染者はある意味ではもちろん危険だが、道徳的には危険ではない。必要なのは、新しい種類の思いやりだ。


トリアージは反モラル

 さらに道徳について考えたい。治療のトリアージ(優先順位の決定)の指針で、年齢に上限を設けるといった考え方は基本的に「功利主義」である。15歳の子供を80歳の高齢者より守らなければならないのは、80歳の人は既に多くの歳月を生きているからだともいわれる。だがこうした考えはモラルに反する。本当は「選択」をしなくて済むようになるべきだ。トリアージのシナリオを手にしたとたん、選択は道徳的というより戦略的になり、人々に非倫理的な決定を強制するようになってしまう。モラルの目標は功利主義を避けることだ。トリアージ問題の解決策は、全員のための十分な病床を確実に用意しておくことである。それが唯一の道徳的な選択である。

 ひどいことに英国では「優生学」が議論の一部になった。それが英政府が当初(多くの人が発症し、免疫をつける)「集団免疫」を模索した理由だ。集団免疫は、最も強いものが生き残るという考え方だ。(自然淘汰(とうた)や適者生存について論じた19世紀の英国の生物学者)ダーウィンは人種差別主義者だったともいわれるが、ジョンソン首相はこの「社会ダーウィン進化論者」だと思う。

 ドイツは道徳的には良い判断をした。ドイツのロックダウン(都市封鎖)は人々を強制的に家にとどめるのではなく、「弱い人々や医療システムを守るため、唯一の方法だ」と納得させる方法だった。だがスペインは違った。スペインでは路上で多くの警察による暴力があったと信頼できる情報源から聞いている。スペイン政府は子供にも数週間家にいることを強制した。これは不道徳的な暴力の行為だ。


ソフトパワー支配

 パンデミック(世界的大流行)の初期のころ、私は中国が自らの地政学的な勢いをさらなるイデオロギー的空間を得るために使うと考えていた。しかし彼らは人々の心をコントロールする方法を知らない。彼らは「ソフトパワー」への理解が欠如しているのだ。

 米国がなぜこの惑星を長く支配してきたか。理由は軍事力だけではない。一部は有害であるにもかかわらず魅力的な製品があったからだ。ファストフードなどの快楽主義的な文化で我々を説得できた。子供っぽい文化は簡単に消費できて、愉快だ。

 日本という国も、人間の中の「子供の部分」を魅了することが上手だ。私の5歳の娘は、私自身の「日本愛」に影響を与えている。娘は日本に関することはすべて好きだ。洋服、風景、食べ物、折り紙、そしてニンテンドーは言うまでもない。

 中国は(移動履歴捕捉などの)デジタル監視を進めている。だがそれは人々を納得させることはできない。(監視国家を描いた小説「1984」で知られる英作家)ジョージ・オーウェルのシナリオでは、(監視下でも)市民は自分が「良い人生」を生きていると思っている。このように、もし人々の心を破壊したいのなら「自分たちは楽しんでいる」と人々に信じ込ませることだ。それが米国の強さだ。ソーシャルメディアなど米製品を消費しながら、あなたは自由を楽しんでいると思っている。でも実際は、あなたはそれによって徐々に窒息し始めている。

 米国について、私たちは事実と向き合う必要がある。(野党民主党の)バイデン前副大統領が11月の大統領選に勝利し、モンスターチャイルドのトランプ氏を追い払ったとしても、それは十分な変化ではない。米国人が分別を取り戻しただけのことだ。バイデン氏はひどい大統領になるかもしれないが、少なくとも大統領になろうとはしている。だが現在の米国の悲惨な破壊を見れば分かるように、トランプ氏は大統領(と呼べる存在)ですらないのだ。

 欧州と日本はもっと協力すべきだという結論で締めくくりたい。米国の友人を続けるのはやめよう。世界的に持続可能な、道徳的に進歩した、美しく新しい生活様式を(日欧で)ともに開発するのは素晴らしいはずだ。そのために欧州人には日本の視点が必要だ。欧州中心主義ではなく「普遍主義」が必要だからだ。

    *