ポストコロナの世界




    パンデミックが民主主義を問い直す
    「いまこそ歴史的大局観を」

    フランコパン

    毎日新聞2020年5月23日 19時18分(最終更新 5月23日 19時18分




    
オックスフォード大のピーター・フランコパン教授=写真家のジョニー・リング氏撮影

 「コロナ禍」の歴史的な位置付けから見えてくるものは何か。英オックスフォード大教授のピーター・フランコパン氏に尋ねた。


現実離れした約束をする人物に惑わされないように

 感染症のパンデミック(世界的大流行)は通常、相当数の人が死亡する。14世紀に流行した「黒死病」(ペスト)の致死率は、欧州や中東で35%か、それ以上の高さだった。真の意味で社会変革をもたらすほどの犠牲者の多さだった。あまりに多くの人の命が失われたことによる「人口ショック」で労働者の人件費が上がり、(終息後に生き残った)社会の底辺層の人々は大きな利益を享受することになった。

 これに対して、今回の新型コロナウイルスのパンデミックでは、いくつかの国で数万人の死者が出ているものの、医療当局による介入や感染拡大を防ぐ試みによって、幸いそこまでの(社会変革的な)ショックは与えていない。

 ブレグジット(欧州連合からの離脱)の英国や、国連人権理事会から脱退し世界貿易機関(WTO)を非難する米国のトランプ政権は、「自国第一主義」で他国のことを気にしていないように見える。一方、中国は(自分にも相手にも利益をもたらす)「ウィンウィン」の方針を語る。

 だが、欧米の動きも中国の動きもそのまま受け取るべきではない。英国や米国、他の欧州の国々が他国と進める協力関係は依然として高レベルであり、中国の「ウィンウィン」話をそのまま信じるのは難しい。中国はマスクや人工呼吸器、検査キットなどを世界に提供しているが、多くの国は中国の狙いや意図が分からず、今後何か対価を求められるのではないか、と不安を感じている。

 政治においては、安定が最も重要だ。ブレグジットがあろうと米大統領がトランプ氏であろうと、欧米社会は多くの面で良好な状態にある。問題は、(治安や政情は安定しているのに)実態以上に悪い状況だと思わされることだ。これは危険なことだ。新型コロナの感染拡大以前から、民主主義に対する人々の信頼は低下し、ポピュリスト的な指導者の登場を目にしていた。イタリアの(右翼政党「同盟」の)サルビーニ党首をはじめ、ハンガリーやポーランドの極右、あるいは極左の台頭が欧州一円で見られる。ポピュリストたちが増える「肥沃(ひよく)な土地」があるということだ。

 欧州は今、暗い時期にある。新型コロナの終息後、打ちひしがれて傷ついた人々が高揚感を抱いたところに、誰かがムソリーニやヒトラーのように「明るい未来」や「もう一度国を偉大にする」ことを約束し、過去の黄金時代を取り戻すと訴えたら、困難な状況にある人々は強く魅了されるだろう。

 しかし、我々の世代はこの30~40年、とても良い世界に生きてきた。アフガニスタンやイラク、シリア、サハラ砂漠以南のいくつかのアフリカ諸国でなければ、完璧とは言えなくても一般的には平和で安楽でいられた。もし2020年と第二次世界大戦直後とを比べてどちらを選ぶかと問われたら、(新型コロナの影響で)失業率が高かろうが、ストレスを感じようが、今後生活の質が落ちると予測されようが、私は現在の方を選ぶだろう。

 今の状況がどれだけ深刻なものかを考えるためには、歴史的な大局観を持たねばならない。このパンデミックで多くの人が愛する人を失った。私も友人をなくした。しかし、致死率はそれほど高くはない。困難な時期ではあるが、死者数の規模が異なる(ペスト禍のような)過去のケースと比較すべきではない。状況について大局観を持って見ることで、現実離れした見返りを約束する人物について見定めることができる。そして彼らのそんな約束にだまされずにすむのだ。



アジア「新シルクロード」へパワーシフト加速

 最も大きな衝撃は医学的な面ではなく、都市や国境の封鎖がもたらす経済と政治への衝撃だろう。我々が直面する経済的な衝撃は、とてつもなく大きなものになるだろう。米国では約3000万人が過去6週間、失業状態にあると報じられている。経済的「心停止」状態とも言える。

 今後、何が起きるのか。米国や日本、英国、他の欧州諸国といった先進国がいかに迅速に国内総生産(GDP)を数カ月前のレベルに回復させることができるかが最初の大きな課題となる。

 また、とりわけ民主国家においては、生活水準の回復を求める人々からの政治へのプレッシャーが極めて強くなるだろう。各国の選挙サイクル次第だが、その結果に直接的な影響を与えるだろうし、特に今秋の米大統領選への影響は大きいだろう。

 (国際政治の面では)米中の対決と競争という新たな世界秩序に行き着く。ただし、他の国々を忘れてはならない。世界は中国か米国かといった選択を常に問われているわけではない。ほとんどの国は世界を多極化したものと捉えている。日本には投資先が世界中にある。インドやロシア、資源を持つ湾岸諸国などの国々にも経済的、商業的な場がある。私が関心を抱いてきたアジア各国による「新シルクロード」の結びつきが加速していくと感じている。

 途上国は気候変動や移民、政情安定化の問題などの難題に加えて、新型コロナの終息という課題を抱えることになる。だが、そんな途上国に対する(欧米の先進)富裕国の支援は限定的なものになるだろう。富裕国が新型コロナ危機からの自分たちの回復の方に優先的に予算を割くからだ。国連世界食糧計画(WFP)のトップは、今後1日30万人が死亡する飢饉が来るかもしれないと言っている。世界人口の半数以上に当たる40億人が(トルコの最大都市)イスタンブールより東に集中している。困難にさらされる途上国が欧米各国よりも(経済的な潜在力が大きい)新シルクロードの国々との関係強化を加速させるのは自然なことだ。

 重要なのは「富」「工業収益」「労働コスト」「生産と消費の場所」を考えることだ。過去30年ほど、アジアでは富が増えてきた。人口構造の変化、衛生面や医療の改善、都市化、貿易量の増大などが理由だ。「西」と「東」のどちらが勝ったという話ではなく、(物などの)交換が最も活発な場所が繁栄する、ということを示している。

 西欧と米国がこれほど豊かになったのは、貿易が行われるのに最適の場所だったからだ。これは、軍事力や奴隷の利用、帝国主義国家の成立や低コストによる資源入手によって可能となった。自由貿易を保護してきたのが西洋人と米国人であったのは偶然ではない。だが、(アジアの成長により)状況は変わろうとしている。

 仮に西洋人が貧しくなって職を失い、物を買う余裕がなくなった場合、日本や中国、インドで生産された物は別の市場を探すことになる。その結果、新たな市場がある場所が豊かになる。人口規模が大きく、天然資源が豊富な中国や東南アジアなどはより豊かになるだろう。資源、消費、生産という意味においてアジアは極めて適した場所で、欧州の我々は競うのがとても難しくなる。

 さまざまな分野で西洋人の我々が進んでいるものはある。私のいるオックスフォード大は世界をリードしてきたが、(アジアへのパワーシフトにより)今後は成功が困難になる。世界はより競争が激しくなり、欧州の我々はこれまでと同じ成果を得るのは、より厳しくなる。



市民の政治参加 どう変わるのか影響注視

 強権政治の究極の目的は、政権そのものの生き残りだ。選挙で為政者を選ぶ国とは目的が異なる。(しかし)過去5、6年の間、サウジアラビアや中国ですら、汚職撲滅や透明性確保などの面で多くの進歩が見られてきた。西欧や日本などからすれば完璧とは言えないが、多くの国で明らかに改善されている。

 こういった前進傾向がコロナ禍を経て後退するのか、あるいはさらに寛容で開放的になるのか。一方で、民主国家が異なる(監視強化など人権制限の)方向に行くのか、明確に予測するのは難しい。パンデミックが民主主義にどんな圧力を加え、市民の政治参加に対して新たにどのような方向付けをするのか、今考えているところだ。【聞き手・服部正法】

Peter Frankopan


オックスフォード大のピーター・フランコパン教授=写真家のジョニー・リング氏撮影
 1971年生まれ。東ローマ帝国史を起点に中東、ロシア、中央アジアなどユーラシア広域に研究対象を広げる気鋭の歴史学者。著書「シルクロード 世界の新たな歴史」(2015年、未邦訳)は世界的ベストセラーに。

新シルクロード
 フランコパン氏は「シルクロード」に続き、「新シルクロード 世界の現在と未来」(2018年、未邦訳)を出版した。大航海時代が世界の経済・政治の中心を西欧にシフトさせたのとは逆に、中国のグローバルパワー化や東アジア、中東の国々の発展などによって「西」から「東」へのパワーシフトが起きていると記した。アジア・ユーラシアの台頭を象徴する言葉として「新シルクロード」を用いている。

ペスト禍
 致死率の高い感染症ペストは、古来各地で流行した。中世の欧州では「黒死病」の名で恐れられ、特に14世紀の流行は欧州のほぼ全域を席巻、大量の死者を出した。フランコパン氏は著書「シルクロード」で、ペスト禍は大きな災厄だったものの、急激な人口減が社会構造の変化と経済の活性化をもたらし、18世紀の産業革命の土台作りにつながったと指摘している。