真の危機はウイルスでなく恐れ

     ブレイディみかこさん


     2020年3月12日 10時00分朝日新聞デジタル

     
     ブレイディみかこさん

 学校にコロナを広めるな――。英国在住で朝日新聞オピニオン面の「欧州季評」の筆者・ブレイディみかこさんの息子さんが、地元の中学校で、同級生にこんな言葉をかけられました。新型コロナウイルスの感染はヨーロッパでも広がり、政治家やメディアの発信も恐れや不信を増幅しているといいます。ただ新たに見えてきたものもあると、ブレイディさんは言います。同級生の心ない言葉に、周囲はどんな反応をしたのでしょうか。


     アジア人に「コロナを広めるな」

 英国の公立中学校に通っている息子がこんなことを言っていた。

 「今日、教室を移動していたら、階段ですれ違いざまに同級生の男子から『学校にコロナを広めるな』って言われた」

 これはまたストレート過ぎる言葉だなと驚いた。息子もさすがに引いたらしい。

 「あまりにひどいから、絶句してしばらくその場に立っていた。なんだか、もはやアジア人そのものがコロナウイルスになったみたいだね」

 フランスでは、アジア系の人々がネットで「私はコロナウイルスではない」というハッシュタグを広めていた。フランスの地方紙がコロナウイルス感染の拡大を「黄色い警報」「黄禍?」と報じたため、批判の声が上がり、前述の地方紙は謝罪した。が、大手メディアにも疑問を感じさせる報道があった。ドイツのニュース週刊誌、デア・シュピーゲルは、感染防護服にガスマスクを着けた人がiPhoneを手にしている写真を表紙に掲げ、「メイド・イン・チャイナ」の見出しを打った。英国で編集しているエコノミスト誌の表紙にも、地球に中国の国旗の柄のマスクをかぶせたイラストが使われ、「どこまで悪くなるのか?」という見出しだ。いつもはポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)に慎重な媒体が、どうしたことだろう。社会のこうしたムードが子どもに影響を与えないわけがない。

 デア・シュピーゲルの「メイド・イン・チャイナ」にしろ、エコノミスト誌の世界を覆う中国の国旗柄のマスクにしろ、中国が持つグローバルな影響力への脅威と、コロナウイルスが世界経済にもたらすダメージへの不安が合体したようなイメージだ。差別の構造を語るとき、「無知」を「恐れ」で焚(た)きつければ「ヘイト」が抽出されるという比喩が使われるが、ウイルス感染拡大のニュースが絶え間なく流れている今、まさに「無知」を焚きつける「恐れ」はそこら中にあふれている。

 欧州の右派ポピュリストたちは、この機に乗じて「閉ざされた国境」の重要性を訴える。欧州でコロナウイルス感染者数が最も多く報告されているイタリアでは、「同盟」のマッテオ・サルビーニ書記長が、すでに地中海を渡ってイタリアに到着する移民と新型コロナウイルス感染とを関連づけて語り始めた。そのイタリアと地続きのフランスでは、国民連合のマリーヌ・ルペン党首がイタリアとの国境で出入国検査を行うべきだと呼びかけている。彼らは、感染拡大をまるで多様性が生んだディストピア(暗黒の世界)でもあるかのように語る。

 世界を真の危機に陥れるのは新型ウイルスではなく、それに対する「恐れ」のほうだろう。


     「未知」=「無知」に「恐れ」の火をつけたら

 日本でもトイレットペーパーの買いだめが起こったそうだが、パニック買いは英国でも始まっている。薬局やスーパーの棚から消えて久しいのは手と指用の殺菌ジェルだ。普通のせっけんで頻繁に洗えばそれでいいのだと聞いても人々はやっぱり殺菌ジェルを買いに走る。カンヅメやオムツ、頭痛薬などが品薄になっている店も出てきている。「人が買いだめしているから私もしておかないとという気になって」という友人・知人の声を耳にする。いつもはわが道を行っているように見える英国人でもそんなことを言うのだ。

 人は、未知なものには弱い。新型ウイルス感染が収束する時期もわからなければ、感染している人も見分けられない。だから不安になる。「未知」と「無知」がイコールで結ばれるとき、それに「恐れ」の火を焚きつけられたら、抽出されるものはまったく同じものだろうか。

 しかし、常にそうである必要はない。「学校にコロナを広めるな」と息子に言った同級生の少年は、その後、息子に謝りに来たそうだ。階段で起きたことを見ていた誰かが彼に注意したそうで、「さっきはひどいことを言ってごめん」と申し訳なさそうに謝ったというのだ。

 「僕は黙って立っていただけだったけど、誰かが彼にきちんと話をしてくれたから、彼は自分が言ったことのひどさがわかったんだよね。謝られた時、あの場で何も言わなかった僕にも偏見があったと気づいた」

と息子が言った。

 「偏見?」

 「その子、自閉症なんだ。だから、彼に話してもわかってもらえないだろうと心のどこかで決め付けて、僕は黙っていたんじゃないかと思う」

 きっとこういう日常の光景がいま世界中で展開されている。部数を伸ばしたいメディアや勢力を拡大したい政治勢力が大文字の「恐れ」を煽(あお)る一方で、人々は日常の中でむき出しの差別や偏見にぶつかり、自分の中にもそれがあることに気づき、これまで見えなかったものが見えるようになる。

 知らないことに直面した時、人は間違う。だが、間違いに気づく時には、「無知」が少し減っている。新型コロナウイルスは閉ざされた社会の正当性を証明するものではない。開かれた社会で他者と共存するために我々を成長させる機会なのだ。


 1965年生まれ。保育士・ライター。英国在住。近著「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」でノンフィクション本大賞受賞。