毎日新聞 土記




    日本型「ハンマーとダンス」

    青野由利

    毎日新聞2020年5月16日 東京朝刊




 「ずうっとこう、低い波のところでダンスをしていただく」

 今週、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が一部解除された時、専門家会議の記者会見で尾身茂副座長が述べていた。

 示していたのは、新規感染者が急激に増え、緊急事態宣言の後にピークを打って下がり、その後再び少し増え、また減る、という模式的な波のグラフ。

 え、ダンスって?と思った人もいると思うが、実はこれ、対策に取り組む専門家の間でしばしば引用されてきた「ハンマー&ダンス」の考え方だ。

 提唱者は米国のトマス・プエヨさん。新型コロナが急拡大しつつある時、取り得る有効な手段は、まず、ハンマーでガンとたたくこと。中国や欧米での強力な都市封鎖はこれにあたる。

 すると、急速に感染者が減るので、その間に医療や検査、疫学調査などの体制を整える。そうしておけば、後は1人が感染させる人数を1未満に抑えつつ、検査や接触者の追跡・隔離、社会的距離の確保、マスクや手洗いといったソフトな手段で感染が制御できる。

 このウイルスの撲滅は難しいが、共存しながら社会経済活動を続ける。これがダンスだ。

 実は、日本の専門家が考えた当初の戦略は、ハンマー抜きのダンスだった(と思う)。クラスターを早期発見し、徹底した濃厚接触者調査で潰す。「三つの密」を避け、手洗いや、せきエチケットを励行する。

 こうした「日本型」の戦略は中国発の流行第1波では功を奏した。しかし、欧米からの帰国者への対応の遅れや、連休の緩みなどの影響で、3月下旬ごろから経路不明の感染者が増え、有効なクラスター対策ができなくなった。

 そこでやむなく使った手段が緊急事態宣言であり、人との接触「8割減」。しかし、これは欧米のような強いハンマーではなく、カナヅチぐらい。それでも感染者は確かに減った。

 尾身さんが示したグラフでは、感染者が一定程度まで減るとクラスター対策が再び可能になる。さらに減ると外出自粛要請が不要になり、ダンスできるようになる。

 もちろん、コロナ前には戻れず「新しい生活様式」は欠かせないが、人々の努力でダンスが続けられるといいということだろう。

 これとは別にほっとしたのは、初歩的な体制不備が改善される見通しがやっと立ったこと。患者情報の共有は手書きファクスからオンラインへ。空き病床や人工呼吸器の使用状況も一括把握へ。ぜひ早い実現を。(専門編集委員)