新型コロナウイルス


    コロナ克服する国家の5条件

    ジャレド・ダイアモンド氏 聞き手 太田啓之

    2020年5月8日 10時00分 朝日新聞


    
    ジャレド・ダイアモンド氏

 新型コロナウイルスは全世界共通の脅威だが、対応策は国によって大きく異なる。国民の命を守れる国家の条件とは何か。この災厄から人類はどんな教訓を学べるのか。生物学、生態学、地理学などの知見を駆使して人類の歴史を解き明かした著書『銃・病原菌・鉄』などで知られるジャレド・ダイアモンド博士に聞いた。

 ――新型コロナはすでに世界中に広がっていますが、国によって感染率や死亡率には大きな差が出ています。何がこうした差をもたらしているのですか。

 「単一の要因では説明ができない。少なくとも五つの理由があると考えています」

 「第一に、海外からの渡航をどれぐらい制限できたか。第二に、感染者に対する隔離をどの程度行っているか。第三に、感染者の行動をたどり、感染者と接触した人々も強制的に隔離しているか。ベトナムで感染拡大が抑えられているのは、それを行っているからでしょう」

 「そして第四に、人口密度が高いかどうか。米国でも、人口密度が高いニューヨーク市では深刻な状況になっていますが、密度が低いモンタナ州ではさほどの感染者は出ていません。第五に社会的な接触の頻度。韓国における最悪の感染拡大は、人々の来訪を許した教会から起こりました。イスラエルでは、『ウルトラオーソドックス』と呼ばれるユダヤ教の戒律を厳格に守っているコミュニティーで大規模な集団感染が起きています」

 ――日本の新型コロナ対策をどう評価しますか。

 「現時点で日本の感染者・死者が少ないのは、早期に海外からの渡航制限をしたからでしょうが、感染拡大のペースが止まらないのは、政府の対策の弱さが原因です。多くの国々のロックダウンの基準は、日本よりもはるかに厳しい」


 ――2019年の著書『危機と人類』で、国家的危機の結果を左右する12の要因を挙げています。新型コロナ危機にあたって重要なポイントは何ですか。

 「第一は、国家が危機的な状況にあるという事実、それ自体を認めること。危機の認識がなければ、解決へと向かうことはできません。中国は新型コロナが蔓延(まんえん)し始めた当初、危機自体を認めなかったためにパンデミックを防げなかった。米国でもミシシッピ州やテキサス州、フロリダ州の知事、そしてトランプ大統領はパンデミックを否定し、それが裏目に出ました」

 「第二は、自ら行動する責任を受け入れること。もし政府や人々が祈るだけで行動しなければ、問題は解決できません。中国は自らの責任を受け入れ、厳しい対策に踏み切るまでに1カ月を要しました。トランプ大統領は米国がなすべきことをする責任をいまだに認めず、中国批判に多くの時間を費やしています」

 「第三は、他国の成功例を見習うこと。第四は他国からの援助を受けること。そして最も重要な第五のポイントは、このパンデミックを将来の危機に対処するためのモデルとすることです」


 ――韓国の対策は世界的に高く評価されていますが、日本では見習ったり、支援を求めたりする動きは鈍いままです。

 「欧州には『有益な助言であれば、例えそれが悪魔からのものであっても従うべきだ』という言葉があります。安倍政権が韓国を見習うのを嫌がっているのが事実なら、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は幸せな気持ちになるでしょう」

 「私から安倍政権への助言は『韓国が嫌ならベトナムでもオーストラリアでも他の国でもいい。対策に成功している国を見習って、早期に完全なロックダウンを実行すべきだ』ということです」

 ――『銃・病原菌・鉄』では、感染症が人類の歴史に大きな影響を与えてきたと指摘しています。新型コロナも現代文明に変化をもたらしますか。

 「このパンデミックは、私たちに『世界レベルのアイデンティティー』をもたらす可能性があります。私たちには『米国人』『日本人』といった国レベルのアイデンティティーはあっても、『この世界の一員』というアイデンティティーはありません。世界中の人々がその存在を認識し、かつ脅威となるような危機が、今まで存在しなかったからです」

 「気候変動問題で人がすぐに死ぬことはありませんが、新型コロナは違う。誰にとっても明らかな脅威です。私たちがなすべきことは、新型コロナが全世界への脅威だと認識し、このパンデミックを通じて世界レベルのアイデンティティーを作り上げること。それができれば、この悲劇から望ましい結果を引き出せます。気候変動や資源の枯渇、格差、そして核兵器の問題の解決に向けて協力することも可能になるでしょう。それが先にお話しした『新型コロナ問題を将来の危機に対するモデルとする』ことの真意です」

 ――しかし、現状では逆に、米国と中国の不和が深刻になりつつあります。

 「現実に起きているのは『対立と協調の混合』です。米国が中国への非難を強める一方、米国で使われているマスクの大半は中国から輸入されています。科学の世界では米中欧の研究者たちが共同論文を続々と発表しています。対立と同時に協力の兆しも至る所にあるのです」

拡大する写真・図版
ホワイトハウスで記者団の質問に答えるトランプ大統領=3月2日、ワシントン、ランハム裕子撮影

 「現時点では、世界レベルのアイデンティティーが実現するかどうかは分かりません。私は慎重な楽観主義者として『実現する確率は51%、実現しない確率は49%』と予測しています」

 ――人類と新型コロナとの闘いの帰趨(きすう)に、何が大きな影響を与えますか。

 「やはり、政治的なリーダーシップです。例えば米国には様々なリーダーがいます。私が住むロサンゼルスのエリック・ガルセッティ市長は、勇気と有能さを備えたリーダーで、必要とあらば、人々の不評を買う政策でも実行をためらいません。カリフォルニア州の知事も素晴らしいですが、フロリダ州の知事はひどいし、ミシシッピ州の知事はさらに悪い。そして私たちの大統領は最悪です。団結こそが必要な時に、彼は世界中に不統一、不和をばらまいているのです」

 「11月の大統領選は非常に重要です。すでに、共和党が優勢な州や自治体では、有権者登録に様々な制約を課して、反対派の人々の投票を妨げようとする動きがあります。トランプ氏は今後、そうした動きをさらに強めるでしょう。彼が再選されれば、米国における民主主義は終わるかもしれない、と危惧しています」(聞き手 太田啓之)



国家的危機の結果を左右する12の要因(「危機と人類」から)

1.危機的状況への合意
2.責任の受容
3.課題を定めるための枠組み作り
4.他国からの物的、財政的支援
5.他国を問題解決のモデルとすること
6.国家的なアイデンティティー
7.公正な自己評価
8.危機の歴史的経験
9.失敗への対応
10.状況に応じた柔軟性
11.国家の基本的価値観
12.地政学的制約からの自由

     ◇

ジャレド・ダイアモンド博士
1937年生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部生理学教授を経て、現在は同校地理学教授。著書は『文明崩壊』『昨日までの世界』など多数。