新型コロナウイルス感染 世界マップ


    累計感染者数の増加ペース
    累計死者数の増加ペース

    


チャートで見る世界の感染状況 新型コロナウイルス 2020年03月31日 公開 2020年04月24日 更新

累計感染者数の増加ペース

国別の累積感染者の増加ペースを見てみる。横軸は累計感染者が100人を超えてからの日数を、縦軸は累計感染者数を示す。縦軸は100、1000、10000と数が10倍ずつ増えていく「対数目盛り」にした。傾きが増加のペースを表す。垂直になるほど増加は速く、水平に近づくほど遅いことを意味する。感染者が100人を超えると、2週間余りで100倍のペースで感染が広がる国が多い。2~3日で倍増ペースだった欧米諸国は、ロックダウンなどの効果でペースが落ちてきた。例えば、米国の増加率は4月5日に10%を下回り、22日は3.4%だ。韓国は比較的早めに増加ペースが鈍った。日本は拡大ペースは他国に比べて緩やかだが、足元のペースの落ち方は鈍い。

累計死者数の増加ペース

国別の累積死者の増加ペースはどうなっているか。横軸は累計死者が10人を超えてからの日数を、縦軸は累計死者数を示す。縦軸は10、100、1000と10倍ずつ増える対数目盛りをここでも使う。死者が10人を超えてから1000倍の1万人に到達するまでの日数はスペイン(26日目)、イタリア(33日目)、米国(34日目)だった。スペインとイタリアは増加ペースの鈍化が見える。米国は3日で倍増のペースが続いた後は鈍っていたが、16日は前日比で16%増と4月7日以来の高水準だった。日本の死者はおよそ10日で倍増する勢いだ。



チャートで見る世界の感染状況 新型コロナウイルス 2020年03月31日 公開 2020年04月25日 更新
 世界の感染状況 経過 [NEXT IMAGE]をクリックすると発生以来5日ごとの世界の感染状況をみられる.


チャートで見る世界の死者状況 新型コロナウイルス 2020年03月31日 公開 2020年04月25日 更新

アジア


累計感染者数の増加ペース

アジアの累計感染者はどのようなペースを増えているのか。横軸は累計感染者が100人を超えてからの日数を、縦軸は累計感染者数を示す。縦軸は数が10倍ずつ増える「対数目盛り」にした。傾きが増加のペースを表す。中国は武漢閉鎖前の1月19日に100人を超え、14日目に100倍の1万人を突破した。インドは30日目で100倍の1万人に到達。4月20日の感染者は1万7000人を超える。シンガポールは移民労働者で感染が広がり、増加が続いている。台湾とベトナムは感染拡大を抑え、早くから傾きが水平に近くなった。感染者はいずれも500人に満たない。


累計死者数の増加ペース

アジアの累計死者の増加ペースを国別に見てみる。横軸は累計死者が10人を超えてからの日数を、縦軸は累計死者数を示す。縦軸は数が10倍ずつ増える「対数目盛り」にした。傾きが増加のペースを表す。中国で急速に死者が増えた様子が見える。インドも増加ペースが速い。シンガポールは感染者が伸びる一方、死者の増加ペースは遅い。感染拡大が抑えられている台湾、ベトナムでは累計の死者が10人に達していない。