演劇散策


    歌舞伎の長期空白埋める動画

      小玉祥子


     毎日新聞2020年4月20日 東京夕刊
    
    尾上菊之助の源九郎狐(左)、いがみの権太(中央)、平知盛=国立劇場提供

 新型コロナウイルス感染拡大と緊急事態宣言を受け、東京・歌舞伎座で、5、6、7月の3カ月間予定されていた「十三代目市川團十郎白猿襲名披露」公演の延期が発表された。3月の歌舞伎座、4月の新橋演舞場での歌舞伎公演も再々の延期の末に、中止となった。松竹による4、5月の巡業、3~7月の東京・国立劇場、6月の福岡・博多座の歌舞伎公演もすでに中止が発表されている。

 大阪松竹座では7月に歌舞伎公演が予定されているが、それ以外の都市では少なくとも5カ月間、歌舞伎が上演されないことになりそうだ。第二次世界大戦下ですら、劇場での長期公演はなくとも、俳優が各地をまわる慰問公演は行われていた。これほどに長期間の歌舞伎の空白は明治以降では初めてだろう。

 その中で歌舞伎ファンにとっての救いは、松竹と国立劇場が、3月に上演予定であった歌舞伎関連の映像をYouTubeで無料配信していることだ。

 松竹は「明治座三月花形歌舞伎」の出演者座談会(26日まで)、京都・南座での「スーパー歌舞伎Ⅱ『新版 オグリ』」の無観客での舞台収録映像(終了)に続き、26日までの予定で歌舞伎座での「三月大歌舞伎」の無観客での全収録映像を配信中だ。

 昼の部の「新薄雪物語」は、中村吉右衛門の幸崎伊賀守(いがのかみ)、片岡仁左衛門の園部兵衛(ひょうえ)、中村梅玉の葛城民部(みんぶ)、中村魁春(かいしゅん)の梅の方の配役。公演が成立していたら、今世紀屈指の名舞台と言われたであろう。夜の部では、松本白鸚が初役で挑んだ平作、松本幸四郎の本役では初めてになる十兵衛による「沼津」や、白鸚の「石切梶原」がある。ぜひ一見をおすすめしたい。

 国立劇場は尾上菊之助が平知盛、いがみの権太、忠信・源九郎狐(げんくろうぎつね)の主要3役をひとりでつとめた「義経千本桜」のA、B、Cの3プログラムを30日午後3時までの予定で配信中だ。こちらも無観客での収録。初挑戦であったいがみの権太の家族愛、入水する知盛の壮烈さ、源九郎狐の愛らしさ。菊之助の3役の演じ分けが見ものだ。