ショパンコンクール、一級のエンタメに 
   世界が見守った群像劇を解説

    編集委員・吉田純子


   朝日新聞2021年10月21日 14時30分

   
ショパン国際ピアノコンクールの上位入賞者。2位の反田恭平さん(左)、1位のブルース・リウさん(カナダ、左から2人目)、2位のアレクサンダー・ガジェブさん(イタリア・スロベニア、右から2人目)、3位のマルティン・ガルシア・ガルシアさん(スペイン)=2021年10月21日午前2時32分、ワルシャワ、野島淳撮影


 コロナ禍の第18回ショパン国際ピアノコンクールは、健康的な美しさにあふれたブルース・リウさん(カナダ)の演奏に栄冠を与えた。抜群の安定感を印象づけつつ、時に賭けのような思い切ったダイナミクスの解釈を入れ、予選を勝ち上がってきた。一転、本選の協奏曲は浮遊感と諧謔たっぷり。くるくると表情を変えつつ楽しげに疾走する演奏は、音楽がこの世界にある幸福を存分に実感させてくれるものだった。

 今年は日本人の健闘も、とりわけ際だった。2位入賞の反田恭平さんと4位入賞の小林愛実さんは、幼なじみ同士の仲良し。ファイナル直前の3次予選まで進んだ人気ユーチューバー、角野隼斗さんの出場も、大いに関心を集めた。反田さんとともに2位入賞を果たしたアレクサンダー・ガジェブさん(イタリア/スロベニア)と、ファイナルに残ったイ・ヒョクさん(韓国)は浜松国際音楽コンクールの覇者と3位入賞者として、日本でもすでになじみ深い存在となっている。


反田恭平さん「とても幸せ。言葉が無い」 ショパンコンクール2位
コンクールに新風、ユーチューバー角野隼斗さん 「革命児」の師も…

 コンクールに青春を賭ける若者たちの群像劇、恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷」を地で行くかのような、かつてなく華のある布陣がそろった。注目されないわけがない。

 役者のそろった筋書きのないドラマを、世界中の「観客」がリアルタイムで見守った。世界中の音楽ファンが一斉に「審査員」と化し、生まれたての演奏に触れた感興が膨大なコメントを生み、ネット上にあふれかえってゆくのはまさに現代の光景だった。

ショパン・コンクールは繊細さで多くの人に敬愛されている作曲家を冠に戴くがゆえに、極めて保守的な傾向の強いコンクールといえます。今回の結果は彼らのキャリアにどう影響していくのでしょうか。



個性とは色合いが異なる音楽の核

 ひとつだけはっきり言えるのは、今回のショパン・コンクールがもはや、かつてのような「若手の登竜門」ではなかったということだ。ほとんどの国際コンクールが、今や音楽ビジネスにおける重要なエンターテインメントとなっているという現実を今回、ショパン・コンクールは明瞭に可視化した。

 反田さん自身が、そうした時代の最先鋒を行く存在でもある。コロナ禍で困窮するアーティストに手を差し伸べる業界初のオンライン演奏会をプロデュースし、会社、オーケストラ、レコードレーベルを次々立ちあげては独創的な音楽ビジネスを展開している。

 しかし、音楽的な印象は、そうしたアグレッシブな個性とは少し色合いが異なる。反田さんの音楽の核は、ロマン派の楽曲以上に、古典派の粋であるベートーベンのピアノソナタなどに顕著に表れることがある。「悲愴」や「月光」をごく自然に、いまの時代の青年の感傷として何の衒いもなく聴かせる。今回の演奏にも、そうした繊細な反田さんの美質が存分に生きていた。ダイナミックな解釈と緩急豊かなタッチも、オンラインでの鑑賞者を含む多くのファンを大いに喜ばせた。

 小林愛実さんは、音楽業界で最もよく話題にのぼる若手アーティストのひとりだ。早くから確実に才能を開花させ、舞台に立つ経験を人一倍積んできた。前回入賞を逃したことが影響しているかどうかはわからないが、とにかく今回は気迫が違った。楽曲全体を眺望する能力が高く、多くの人を自らの「語り」に引きこむ力も強い。コンクールでの苦い経験を、まっすぐな成熟の糧にするのは並大抵のことではない。この人が重ねてきた努力の質と量を随所に感じとり、胸が熱くなる瞬間が何度かあった。

 2人とも、予選を通過するたびツイッターで思いをつぶやき、ファンとの交流を欠かさなかった。反田さんと角野さんが、「緊張したー!」と屈託のない笑顔で語り合う動画もアップされた。動画のコメント欄には多種多様な国の文字が、それぞれの「推し」を応援するかのようににぎやかにひしめき、踊っていた。

 「闘い」の悲壮感は消えた。時代は変わった。



ショパンから引き出した力強い本質

 もともとショパン・コンクールは、繊細さで多くの人に敬愛されている作曲家を冠に戴くがゆえに、極めて保守的な傾向の強いコンクールである。どこまでエゴを抑え、ショパンの孤独な心を聴衆に伝えることができるかをポイントにする審査員もいる。

 1980年、イーヴォ・ポゴレリッチがあまりにも「個性的」すぎる演奏で予選落ちし、審査員のマルタ・アルゲリッチらが抗議を表明してファイナルの審査をボイコットしたのも、そうした「保守性」という土壌が生んだ事件だった。

 85年に優勝したスタニスラフ・ブーニンの、ジャジーに肩を揺らして超高速で弾きまくるワルツが一大センセーションを巻き起こしたのも、これがやっぱり「ショパン・コンクール」だったから、というのも一因としてあるだろう。

 イタリアの名匠マウリツィオ・ポリーニは、60年のショパン・コンクールで優勝したのち、10年間表舞台から距離を置き、自己研鑽の時間を守った。かつての国際コンクールは、原石を見つけ出し、無名の才能を一躍スターダムに押し上げるものだった。だから、ポリーニに限らず、誰もが結果に対してセンシティブにならざるを得なかった。

 しかし、今回のショパン・コンクールの結果は、もはや彼らのキャリアにはほとんど影響を与えないのではないかと思う。もちろん優勝を望まぬ人はいないだろうが、自分自身の価値を決めるのは自分なのだという確信を、今回の出場者の多くがすでに手にしていたように思う。

 彼らの演奏は、壊れやすく繊細きわまりないショパンという作曲家から、人間性を肯定する光に満ちた力強い本質を引き出し、閉塞感に沈むコロナ禍の世界で、芸術のふくよかな力をあらためて宣言するものとなった。

 「祭り」のあとは健闘をたたえ合い、再会を誓い、そして、それぞれの場所に戻っていくだけだ。入賞は逃したが、端正な表情の中に極めて高い純度を感じさせた古海行子さん、音楽の中心に向かってゆく勇気とひたむきさで聴く者の心を打った牛田智大さん、全身から音楽への献身をあふれさせた進藤実優さんらの演奏も忘れがたいものだった。

     ◇

 コロナは、音楽やバレエなどの国際コンクールの風景をも一変させた。

 昨年、多くが開催中止となった。そして今年、延期されたものも加わり、はからずも国際コンクールの当たり年となった。

 多くがオンラインで配信され、世界中に視聴された。同時期に開催されているコンクールで、同じ人が優勝するという珍事も起きた。映像審査となったバレエのコンクールでは、個々の撮影のセンスやスキルが演技の印象に大きく影響を与えることになった。(編集委員・吉田純子)