外事大事


   習体制とマスク氏の親和性 

   坂東賢治


   毎日新聞 2022/11/26


   
   中国と良好な関係を持つマスク氏=ロイター


 「中国が成し遂げた経済的繁栄、特にインフラは本当に素晴らしい。ぜひ一度訪れて、自分の目で確かめてほしい」。昨年7月1日、中国共産党創立100年を祝う新華社の配信にリツイートしたのはツイッター買収で世を騒がせるイーロン・マスク氏だ。

 米電気自動車大手「テスラ」は3年前から上海で生産を始めた。最高経営責任者のマスク氏は中国指導部と交流してきた。李克強首相との会談で「中国が大好きなのでもっと頻繁に来たい」と語り、合法的な永住資格を付与する「中国版グリーンカード」の提供を持ちかけられたこともある。

   
   昨年の上海モーターショー米テスラのブース=小倉祥徳撮影



 習近平国家主席に次ぐナンバー2の政治局常務委員になった李強(りきょう)氏も上海市党委書記時代に数回会談した。新型コロナウイルス対応で市民の批判を浴びた李強氏だが、テスラ誘致が来春に予定される次期首相就任につながった業績の一つとされる。

 共産党大会後、李氏に代わって上海市党委書記に就任した陳吉寧(ちんきつねい)氏も北京市長時代にマスク氏に会っている。テスラは首都に研究開発拠点を置く。環境専門家の陳氏はグリーンエネルギー分野での協力に期待を示していた。


 マスク氏は「永久凍結」されていたトランプ前米大統領のアカウントを復活させた。一方で米国には、トランプ氏が目の敵にする中国がマスク氏を通じてツイッターに影響力を行使しようとするのではないかと警戒する声もある。

マスク氏は買収資金の一部を中国系ファンドから調達したとされる。バイデン米大統領は国家安全保障上の観点から調査する可能性を示唆した。


   ◇   ◇ 

習主席は共産党大会で李強氏ら側近を重用した。最高指導部の常務委員を除いた政治局メンバーにもその傾向が顕著だが、能力を軽視しているわけではない。高学歴の技術官僚重視も特徴である。

 代表的な一人が先に紹介した陳吉寧氏だ。清華大学で環境工学を学び、英国の理工系の名門、インペリアル・カレッジ・ロンドンに留学して博士号を取得した。清華大学学長から政界入りし、環境保護相(現生態環境相)も務めた。政治局の中で最も若い一人だ。5年後に常務委員会入りする可能性も高い。


 陳氏と同じ58歳組は他に3人。李幹傑(りかんけつ)山東省党委書記は陳氏の後任の環境保護相だった。やはり清華大学で原子力工学を学び、国家核安全局に入った。フランスの放射線防護・原子力安全研究所で研究し、在仏大使館に勤めた経歴もある。党中枢の中央書記局書記に抜てきされており、要職に就く見通しだ。

 張国清(ちょうこくせい)遼寧省党委書記も清華大学出身で経済学の博士号を持つ。中国最大の軍事企業である「中国兵器工業グループ」のトップを務めた。中央宣伝部長に就任した李書磊(りしょらい)氏は14歳で北京大学に入学した「神童」。24歳で文学博士になり、党幹部の教育・研修機関である中央党校で長く教壇に立ってきた。

 他にもロケット工学の専門家で工学博士の馬興瑞(ばこうずい)新疆ウイグル自治区党委書記や公衆衛生の専門家で医学博士の尹力(いんりょく)福建省党委書記、中国社会科学院長を務めた石泰峰(せきたいほう)中央統一戦線工作部長が政治局の新メンバーに名を連ねる。

   ◇   ◇

 高学歴エリートを輩出してきた共産主義青年団(共青団)系の李克強首相や胡春華副首相が政治局から排除されたものの、学歴重視に変わりはないといえる。試験で人材を登用し、皇帝制を支えた科挙制度の名残を感じさせる。

 習氏は科学技術強国、デジタル中国の建設を掲げる。その科学志向も理系人材を積極的に登用する人事政策に表れている。

 米国が中国への技術流出を懸念し、半導体の輸出規制や投資制限を進める中で習氏が打ち出したハイテク振興策の一つが上海や北京での新興企業向け市場の創設である。

 中国版ナスダックと呼ばれる上海証券取引所の「科創板」は3年前に創設された。科学と創新(イノベーション)を合わせた命名である。習氏の指示を忠実に果たした李強氏の業績とされる。しばらくは低迷していたが、今年に入って上場申請が相次ぎ、米国市場を上回る活況を呈している。

 マスク氏は今夏、中国政府系の雑誌に「科学技術が作り出す美しい未来を信じる」と題した論文を発表した。イデオロギーにとらわれずに中国投資を進めるマスク氏は理想的な外国企業家だろう。

 実は中国共産党は高度にハイテク化されたテスラ車から情報が米国に筒抜けになるのではと疑ってもいる。幹部の購入を制限したり、指導部メンバーが夏を過ごすリゾート地北戴河への乗り入れを禁止したりしたといわれる。

 それでもハイテクが未来をもたらすという「科学技術信仰」でつながった習氏の中国とマスク氏の親和性は高い。奇妙な共存関係は、未来の覇権をめぐる競争とは趣を異にする米中関係の一面である。(第4土曜日掲載)