余録

   ウィリアム・テルの逸話のように…

    毎日新聞 2021/6/25 東京朝刊



 ウィリアム・テルの逸話のようにリンゴを頭に乗せた男に周囲から矢が放たれた。全身に矢を受けた男は平然と頭からリンゴを取り、かじりつく。そこにナレーション。「毎日1個のリンゴがあれば、誰も私をだませない」

▲香港の「蘋果(ひんか)(りんご)日報」が1995年の創刊時に製作したテレビCMだ。自ら出演した創業者の黎智英(れいちえい)氏の反骨精神が表れている。2014年の雨傘運動や19年の反中デモでは民主派支持の紙面を作り、中国と対立してきた

▲香港の民主主義のリトマス紙ともいわれた同紙が24日付を最後に発行を停止した。昨年6月の香港国家安全維持法施行後に投獄された黎氏に続き、今月、経営陣や編集幹部が逮捕された。法人の資産も凍結され、経営が困難な状況に追い込まれた

▲軍事独裁体制を敷いたナポレオンは「敵対的な新聞は銃弾より危険だ」という言葉を残した。中国も同じ考えに違いない。「党のノドと舌」と位置づけられた中国メディアと異なり、同紙は共産党批判をためらわない。危険な存在なのだ

▲論調が異なる新聞や雑誌が並んだ街頭の新聞スタンドは、英植民地時代から続く香港の名物だった。それが一色に染まっては「1国2制度」などまやかしにすぎない

▲廃刊を惜しむ市民は雨の中、同紙の社屋周辺に集まった。最後の紙面はその写真と共に「我々はリンゴを支持する」という声を見出しに取った。弾圧によって「だまされまい」と自由な言論を求める人たちの信念を消し去ることはできない。