教えて池上彰さん 旬のトピック


   中国式の民主主義とは

     池上彰(ジャーナリスト)ん

    2021.04.13 毎日新聞)


   
 3月18日から開かれた米国と中国の外交トップの会談で、両国は互いに相手を厳しく批判しました。中国は「中国には中国式の民主主義がある」と主張しました。米国と中国の民主主義は、どんな違いがあるのでしょうか。

中国共産党が権力
米の人権批判に反発
秘密貿き議論認めず

池上彰(ジャーナリスト)

 米国のバイデン政権が発足して初めて、米国と中国の外交責任者の会談が行われました。この会談で米国のプリンケン国務長官(日本なら外相)は、最近の中国が、新車ウイグル自治区のウイグル人を迫害したり、香港の民主化運動を弾圧したり、台湾周辺で軍事行動を活発化させたりしていると批判しました。これに対して中国の楊潔廉共産党政治局員は「中国には中国式の民主主義がある」と反論しました。

 米国は政府の国務長官なのに、中国はなぜ中国共産党の政治局員が出て来るのか、と思いませんか。中国にも政府の外相がいるのですが、それより共産党の政治局員の方が、はるかに強い立場にあるからです。中国は、共産党が絶対的な力を持っていて、共産党がすべてを決めているからです。ということは、、「中国式の民主主義」とは、中国共産党がすべてを決める体制のことだとわかります。
 中国は、「米国に民主主義についてお説教されたくない」と反発しました。たしかに米国では黒人差別の問題が続いています。トランプ前大統領の支持者が議会に突入する事件も起きました。中国にしてみれば「人の国の中の問題に注文をつけるな」というわけです。

 問題は「人の国の中のことは他国に言われたくない」ということが通用するか、です。
 新轟ウイグル自治区の問題は、たしかに中国の国内の問題です。でも、ここでは、中国共産党が「共産党の言うことを聞かない」と判断した人を、次々に強制収容所に入れていると伝えられています。ウイグル人には子どもを産ませないようにしているとも言われています。これが本当なら重大な人権問題ですから、他国が口を出すのは当然です。

 中国は「それはウソだ」と主張しますが、海外のメディアに取材させようとはしません。ウソなら全部見せればいいのに、それをしようとしないのですから、借頼できません。

 米国にもいろんな人権問題があり草す。でも、米国は、それを隠そうとはしません。外国のメデイアにも自由に取材させています。そして、問題を解決しようとしています。ここが中国と異なるところです。中国共産党が言う「中国式民主主義」とは、中国共産党の指示や命令に従うことをいいます。香港も中国国内の一地方だから共産党に従うことは当然だ、というわけです。
 また、台湾も中国に言わせれば中国の-部。米国は台湾に武器を輸出したりしていますが、そんなことをしたら、将来中国が台湾を武力で統一することが難しくなります。だから口を出すなと言うのです。

 米国や日本にとって、民主主義とは、抱えている問題をオープンに議論できる政治の仕阻みです。そこが中国と違うのです。