池上彰のこれ聞いていいですか?


   WHO責任者が見た中国の「すごさ」と日本の力

     進藤奈邦子さん

    毎日新聞 2021/4/11 06:00(最終更新 4/11 06:00)



 ジャーナリストの池上彰さんが各界で活躍する人と対談するシリーズが始まった。初回は、新型コロナウイルスの感染対策に各国と連携し取り組む世界保健機関(WHO)で、責任者として提言をまとめる進藤奈邦子さん。各国の対策をどう見ているのか。ジュネーブ在住の進藤さんを、池上さんがオンラインで直撃した。



人生を変えた弟の死 そしてセクハラ


 池上 医学を志したのは、弟さんの病気がきっかけだそうですね。

 進藤 弟は15歳の時に、脳腫瘍で亡くなりました。


新型コロナウイルスについてWHOシニアアドバイザーの進藤奈邦子さん(左)とオンラインで対談する池上彰さん=2021年3月9日、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」から


 私は昔から大きな建物から感動やエネルギーをもらっていて、建築家にあこがれました。高校生のとき、米国に建築家になるためのいい教育プログラムがあるのを見つけ、留学しました。進学する大学が決まったころ、弟の余命もあと半年ということで、帰国しました。弟の看病をしながら、日本の大学の受験勉強をしていました。

 ある日、弟がこんな話をしてくれました。

 死が怖くなって眠れない時、医師が「検査も治療も頑張ったから、明日はきっとよくなるよ」と言ってくれたお陰で、眠れるようになったと。そして、弟が死期を悟った時、お姉ちゃんに、僕の代わりに僕みたいな病気の人に「明日はよくなるよ」と言ってあげてほしいんだ。

 当時の私には、医者とは聖職で、煩悩の塊みたいな自分には無理だと思っていました。でも、弟が亡くなり、自分の中で弟の言葉がどんどん重くなっていきました。挑戦しないと後悔すると思い、浪人して医学部を受験しました。


 池上 それで医師になったのですね。

 進藤 14年間、臨床現場で働きました。最初に入ったのは脳外科ですが、当時は「なぜ、外科に女が」という雰囲気が強く、重労働です。週1~2回しか家に帰れない、3~4時間以上続けて眠れないという生活でした。それでも、私をちゃんと見てくれる看護師さんらに支えられ、なんとか2年間続けました。

 しかし、疲労が限界を迎えたときに深刻なセクハラに遭い、心が完全に折れました。外科医になる目的であった弟を思い出しても踏ん張れる状況になく、以前から声をかけていただいた感染症の研究室に入りました。

 脳外科に限界を感じたこともあります。ある時、大工の患者さんを担当し、複雑な手術に成功しました。家族に感謝され、勝利だと思いました。しかし、その患者は助かったものの、社会復帰ができない後遺症を負いました。数年後、その患者の奥さんと病院ですれ違った時、「収入がなく、子どもたちを大学に行かせることもできなかった」と聞きました。自分がこの家族の人生を変えたのではないか、と考えました。

 このような話は、脳外科医は必ず通る道です。手術をめぐっては「神の手」と話題になりますが、命を救うだけでなく、社会に戻れるようにすることが、人を助けることだと思います。


 脳外科では患者の手術後、1週間程度は集中治療室で面倒を見ますが、感染で死亡することもあります。細菌やウイルスには関心があり、感染症の分野をやろうと決めました。



番狂わせでWHO職員に


 池上 感染症の専門家になってから、WHOに入ったきっかけは?

 進藤 最初の子どもを産んだ後、内科医を続けながら週2回ほど研究に専念できる日をもらい論文を書き、医学博士号をとりました。2人目の子どもを妊娠中、WHO西太平洋事務局にいた岡部信彦先生(川崎市健康安全研究所長)の講演を聞き、仕事に関心を持ちました。

 産休が明けたころ、岡部先生からWHOの協力センターに指定されている国立感染症研究所にお誘いいただきました。その後、WHOに移籍する予定だった同僚が米ハーバード大に留学することになり、番狂わせで、子ども2人を連れて(WHO本部のある)ジュネーブに来ました。

 池上 WHOに来てから、世界のどこかで感染症が突然拡大すると、夜中にたたき起こされることもあったのではないですか。

 進藤 WHOに着任した直後の2002年から、「感染症のアウトブレークが疑われる。明日かあさってには現地に行け」と指示されましたね。その後は資金調達など組織運営に携わりました。進路選択の機会があったとき、技術系トップになりたいと希望し、今の仕事に至りました。


 
2005年にシエラレオネのケネマ病院でラッサ熱患者の診察に当たる進藤奈邦子さん。10年後、この病棟はエボラ患者の治療施設となる=進藤さん提供拡大

 池上 今の仕事ぶりを教えてください。

 進藤 新型コロナに関する全出版物に出版の許可を出す委員会の議長をしています。どんな情報が世界から求められているかを把握し、緊急に必要な文書を優先して会議にかけ、発行するのが役割です。つまり、新型コロナの全体状況を把握する必要があります。若い職員がたたき起こされて集めてきた情報を見て、いろいろアドバイスもしています。

 毎朝6時ごろ起床し、ヨガや瞑想(めいそう)をします。午前8時から、新型コロナについて各国の状況が報告される会議があるので、それを聞きながら朝食を食べます。午前9時からは、世界中で流行している感染症が報告される会議があります。最近では、コンゴ民主共和国とギニアで起きているエボラ熱、タジキスタンで発生したポリオなどが報告されています。今日はこの会議の後にインタビューに臨んでいます。

 池上 新型コロナにかかりっきりのイメージがありますが、世界中の感染症の報告が日々、入ってくるのですね。

 進藤 感染症だけではありません。ジェンダー平等や、女性に対するドメスティックバイオレンス(DV)など、社会的視点での健康問題も扱います。3月8日は国際女性デーでした。ロックダウン(都市封鎖)中の家庭内暴力、失業など新型コロナと女性という観点で議論しました。健康に関するあらゆる部門が新型コロナに関連します。広い視野で、健康について考えるのが私の立場です。



過去の反省を生かしたアジア


 池上 WHOは20年3月11日、新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行を意味する「パンデミック」にあると位置づけましたが、「中国に配慮しすぎた結果、宣言が遅れた」と批判されました。WHOの内部から、どう見ていましたか。

 進藤 WHOが中国寄りというより、「中国は本当にすごいんだ」と言いたい。初の感染者は19年12月31日にWHOに報告されましたが、わずか1週間後の1月7日に、中国はウイルスの遺伝子解析結果をWHOに提供しました。それを基に診断技術が確立し、世界中で診断できるようになったのです。

 中国は03年に重症急性呼吸器症候群(SARS)の対応に遅れたことを反省に、この20年間に国全体がサイエンス全般で成長を遂げました。その自信から、情報開示や透明性が高まりました。新たな感染症が発生したとき、あれだけ早く対応できるのかと、聞きたい。自分の国ならどう対応するか、各国は検証する必要があります。

 池上 中国にそのような印象はありませんでした。

 進藤 感染制御能力も素晴らしいです。国民一人一人に番号が振られて、感染源を追跡できる。新型コロナは発生確認から6週間で感染が広がりましたが、中国は国境周辺や日本海沿岸の地域で感染を封じ込めた。お見事です。

 私たちはこの20年間、感染症対策強化のために中国を訪れ、トレーニングや努力を重ねてきました。彼らは知らないことを恥ずかしがるより、学びたいという気持ちが出ています。09年の新型インフルエンザ流行時には、上海の1病院に人工心肺装置「ECMO(エクモ)」が40台もありました。英国全体で10台あるかないかの時にです。その時点で、中国と他国の間に、すごく差が付いていたのです。

 池上 当局の公表前に警鐘を鳴らした武漢の医師が処分されました。隠蔽(いんぺい)体質も残るのではないですか。

 進藤 最初はどこでも混乱があり、中国も情報の出し方に慎重な面もあったでしょう。不幸はありましたが、体制の中で情報を早く上層部に上げようと調整したのでしょう。ただ、新型コロナに関する情報を早く開示し、素晴らしい論文も発表しました。中国の功績は大きいです。

 池上 中国に対する認識を改めなければいけないのでしょうか。

 進藤 中国だけではありません。韓国の成長も目覚ましい。韓国は15年に中東呼吸器症候群(MERS)による大きな被害を受け、感染症に関するシステムを徹底的に変えました。だから、今回は大成功者になりました。アジア全体がSARSなどの経験を生かし、新型コロナによく対応したと思います。各国はパンデミックに備えて投資をし、感染症に対する国民の意識も高い。

 一方、欧米は感染症を対岸の火事とみていたと思います。そんな姿勢に警鐘を鳴らそうと、WHOや世界銀行が中心となり、18年に「世界健康危機モニタリング委員会(GPMB)」という組織を設立しました。感染症を政治課題として提言することが目的でしたが、世界を動かすには至らなかった、全うできずにコロナを迎えてしまいました。



「3密」「マスク」は日本発


 池上 日本に対するWHOの評価はいかがですか。

 新藤 大絶賛でした。理由の一つに、感染症に対する国民の理解があります。衛生観念が高く、季節性インフルエンザ対策を通して、感染症に関する知識が豊富です。ウイルスにどのように感染するのかを分かっています。世界では、マスクは医療現場だけで使われるものでした。日本のように「風邪をひいているから、人にうつさないように」と着用する習慣はありませんでした。でも、今は世界がまねています。日本発の習慣です。感染症のように誰もがかかる病気に立ち向かうには、国民の知識と理解が大事。健康や科学に関する基礎知識が教育システムに組み込まれているのが日本の底力と感じます。

 国の対策が基本に忠実だった点も評価されています。詳しい疫学調査を実施し、新型コロナの感染が広がりやすい状況を表した「密閉、密集、密接」の「3密」を見つけました。とにかくクラスター(感染者集団)を閉じ込めればいいと発見したのが日本です。WHOも「3Cs」(密閉空間などを意味する英語の頭文字)と英訳し、発信しています。

 池上 欧米のロックダウンに対し、日本は自粛要請で新型コロナに対応しています。

 進藤 これも日本が評価される大事な点です。日本の感染症法は、らい予防法での反省から、1990年代に改正されました。個人の了解なしに隔離できないという、人権に配慮した先進的な法律です。新型コロナの流行下で強制隔離はできませんでしたが、かえってお手本になったと思います(感染症法は今年2月に改正され、入院措置や保健所の調査を拒否した人に過料が科されることになった)。



マイナス思考はエネルギーを生まない


 池上 ただ、国内では「日本はだめ」という報道が多い。

 進藤 それが残念なんです。日本社会は反省会を開き、だめだった項目を並べます。悪かった部分だけに目を向けすぎると、うまくいったことを忘れてしまい、危険です。ネガティブに陥りすぎるとエネルギーは生まれません。うまくいったことは継承すべきです。国連では成功事例をシェアする会議があります。日本は、戦後の混乱から世界一健康な衛生大国になった経験を生かし、健康に関する知識を世界に発信してほしい。その好例が新型コロナ対策です。



WHOの事務局長ポストには……


 池上 WHOで驚いたことは。

 進藤 気遣いです。私は米国と英国で研修を受けたためか、欧米式で思ったことをズバズバ言うタイプです。しかし、言い方に注意しないと、人種差別になったり、上から目線だと批判されたりするので、ディプロマティック(外交辞令的)に話さなければいけません。日本の感染症の教育レベルの高さにも驚きました。私が一番知っているのではと思うくらいです。海外に出て、日本の大学教育や感染研のレベルの高さを知り、自信がつきました。

 池上 日本は国連への拠出金は大きいのに、国連に日本人職員が少ないと言われていますね。

 進藤 特に管理職以上が少ない。日本は外に出て行く必要のない国だという点が大きいと思います。国連の職員はみな自信を持ち、競争も激しい。簡単な世界ではありません。日本の優秀な人は国内で良いポジションを得ることができるので、わざわざ厳しい環境に来て戦う必要がありません。型破りな人が海外に出て頑張るケースもありますが、そういう人たちを国として応援しているかというと、そうでもないです。

 池上 WHOの事務局長になろうと思いませんか。

 進藤 時代のうねりで、健康問題が政治課題となり、そんなときに新型コロナが発生しました。トップには政治力が必要です。それを真っ向から自分が受け止められるか、そこで自分らしさを出して役に立てるか、分かりません。WHOの幹部になる日本人は、ほぼ全員が厚生労働省出身です。WHOのトップは、官僚や政治家を経験した人の仕事と思います。

 人間は首を切ると死んでしまいます。でもWHOという組織は、頭は次々と代わりますが、骨格が非常にしっかりと組織の神髄を支えている。私は骨格の一部だと思っています。そういう人たちのネットワークがあり、WHOという機関は脈々と続いています。トップになることが幸せなのか疑問です。


桁違いの変化が起きている


 池上 今後、何が求められるでしょうか。

 進藤 世界が一度「開く」、つまり交流再開は待ったなしの状況です。今後は健康被害を少なくすることが重要です。地球は一つの有機体。テドロス事務局長が言うように、「みんなが安全になるまで、誰一人として安全ではない」ということを理解し、協力・協調体制を築くことが重要です。

 21世紀のキーワードは、何事も変化が「桁違い」です。指数関数レベルで変わり、規模も速さも今までと違います。こういうときにこそ、基本に忠実になれるかが鍵です。新型コロナで、日本は基本に忠実に接触者を調べ「3密」という対策のポイントを発見しました。それができなかった欧米は、スマートフォンの(接触通知)アプリに頼ったりロックダウンをしたりして様子を見るだけで、感染を大きく広げました。

 人間が地球環境に与える影響が無視できなくなっています。この地球を子孫に残していくために、人を作る教育が大事です。日本には、モラル大国であってほしい。私が世界各地を歩いていると、「日本製品はすごい、日本人は立派だよね」とよく言われます。私たちは、先人が築いた「高品質国・日本」というイメージの恩恵にあずかってきました。それを守り続けていきたい。高齢化が進み、しぼんでいくかもしれないという危機感があるが、今後もアジアにおける高品質国、モラル大国であってほしいと思っています。


池上さんから 「進藤さんの話は意外」
 新型コロナと闘う世界の司令塔であるWHO。ここで活躍する進藤さんは、憧れの人でした。国際政治の荒波を受ける場所で、どのような仕事をしているのか興味津々だったのです。昨年からの中国の対応については、アメリカのトランプ前大統領の批判もあり、否定的なイメージを持っていた人も多かったはずです。実は私もその一人でした。それだけに中国の対応を評価する進藤さんの話は意外でした。現場の声をもっと聞かなければならないと痛感したインタビューでした。

世界保健機関(WHO)
 「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的に、1948年4月に設立された国連の専門機関。194の国と地域が加盟している。世界各地に6カ所の地域事務局があり、約150カ国に事務所がある。職員は約7000人で、出身国は150カ国以上に上る。感染症対策や保健分野の基準作り、加盟国への技術支援に取り組む。

しんどう・なほこ
 1990年東京慈恵会医科大卒。国立感染症研究所主任研究官を経て2002年からWHOで勤務。重症急性呼吸器症候群(SARS)やエボラ熱などの感染拡大に対応。18年からシニアアドバイザーとして感染症の危機管理に当たる。