政治プレミアタイムライン





    コロナで変わる世界

    中国の初動遅れ「統治力の弱さを象徴」
    歴史学者が分析する強硬姿勢の背景

     岡本隆司・京都府立大教授


    毎日新聞2021年1月4日 09時00分(最終更新 1月4日 09時00分)
    
コロナ禍と中国について語る岡本隆司・京都府立大教授=京都市左京区で2020年12月21日、山崎一輝撮影

 新型コロナウイルスが依然、世界で猛威を振るう中、中国はいち早く封じ込めに成功したが、その強気の外交姿勢などは各国との間であつれきを生んでいる。この中国の姿勢について、京都府立大学の岡本隆司教授に歴史的な視点から語ってもらった。【聞き手・岡崎英遠】


京都府立大・岡本隆司教授

 ――コロナを巡る中国の対応をどのように見ていますか。

 ◆中国は各国から初動対応の遅れや隠蔽(いんぺい)体質を激しく批判されたが、これは中国特有の統治力の弱さが表れた象徴的な事例だと言えるだろう。我々は、中国は一党独裁で社会を思うがままに支配していると考えがちだが、むしろ民衆に言うことを聞かせられないため、力ずく、強制的にならざるを得ない。この民衆に対する統治力の弱さは15、16世紀以降から続くこの国の特徴でもある。

 日本政府は、コロナ対応で国民に「お願い」ばかりしている。中国だったら「お願い」など誰も聞かないだろうが、日本人は従う。つまり日本政府にとって日本人は非常に統治しやすい民衆ということになる。我々が民主主義と呼んでいるような国々は程度の差はあれ、統治しやすいのに対し、強権的あるいは権威主義的とされる国々は概して統治しにくい。それぞれの典型が日本と中国とも言える。

 ――コロナは民主主義や権威主義といった政治体制の違いを鮮明にしました。その中でも中国はコロナの封じ込めに成功しましたが、何か大きな変化があったのでしょうか。

 ◆中国は近年の著しい発展で大国化したこともあり、表面的には大きく変貌しているように見えるが、本質はそれほど変わっていないというのが私の見方だ。民主主義にしても権威主義にしても、その国の体制はその歴史から生まれてくる。中国は最近、「特色ある社会主義」を掲げているが、それも中国が経てきた歴史によって形作られてきたシステムだろう。

 中国の近代史を見ると、さまざまな試みがされてきたことが分かる。中華民国の時期には、日本の天皇制を参考に立憲君主制を目指したり、米仏をモデルとした共和制を模索したりしたこともあった。だが、結局うまくいかなかった。一方、中国共産党が比較的成功しているのは、一党支配の中央集権体制と、皇帝がトップに立つ過去の制度とに通じる面があるためだ。つまり、共産党による統治体制は、連綿と続いてきた王朝体制と親和性が高かったからこそ、中国の統治システムとして受け入れられたと言える。そういう意味でも、中国の政治体制は本質的には変わっていない。

 ――中国はコロナを封じ込めた「勝利」の歴史をPRする一方で、犠牲者遺族の声などは封殺しています。

 ◆中国伝統の「正史」は、為政者が「正しい」と認識することを「正統」として記録し後世に残すのが基本的な役割だ。都合の悪い、逸脱したものを評価して、「正史」と同列に記録に残すということは中国の歴史の筆法からするとありえない。中国外務省スポークスマンの談話や、共産党機関紙「人民日報」の記事など日々の時事的な発言や文章も基本的には同じだ。彼らには、「あるべきもの」と「あってはならないもの」という意識が強くあり、「あるべきもの」は記録されるが、「あってはならないもの」は存在していても記録されず記憶から消えていくことが多い。現代でもその評価基準は全く変わっていない。

 ――「戦狼(せんろう)外交」と言われる高圧的な外交姿勢も目立ちます。

 ◆やられる側は不快そのものだが、今は強く出ておくべきだという判断なのだろう。コロナという非常事態で民主主義国家が軒並み大きな打撃を受けているのを、中国共産党はリアルタイムで目撃しており、内外に自らの弱みを見せられない、優越を示すべきだと考えているのだろう。

 香港問題や人権問題などの課題は、中国政府は当然織り込み済みで、そんな批判を受け入れていたら、それこそ体制全体が崩壊しかねないと彼らは本気で考えている。内外の通謀を極度に恐れていて、国内で締め付けると同時に外に対して強硬姿勢で臨まないと支配体制が維持できないとさえ考えているようだ。

 ――2021年は中国共産党創立100年という節目の年ですが、どのような政権運営が見込まれますか。

 ◆国内をしっかりと引き締めるというスタンスは変わらないだろう。中国政府は経済面では、国内市場を成長のけん引役としつつ外需で補完する発展戦略「双循環」を打ち出している。ただ、外国の状況次第の部分があり、中国にとっては不安定な要素が多過ぎる。

 ――国際社会はどのように中国と向き合っていけばいいでしょうか。

 ◆中国は昔から非常に難しい国だ。かつては付き合い方を誤ったことでアヘン戦争や日中戦争が起こり、双方が傷つく結果となった。我々自身にしても、中国にしても、自分の常識や価値観で相手を測るところがあり、それゆえ相手のことがよく見えていない。なぜ相手がそのように動くのか、少しでも理解できるよう、歴史的に考えるところから始めるしかない。


岡本隆司(おかもと・たかし)さん
 京都府立大学文学部教授。近代アジア史。1965年京都市生まれ。神戸大学卒業、京都大学大学院博士課程満期退学。博士(文学)。宮崎大学助教授などを経て、現職。著書に「『中国』の形成~現代への展望」(岩波新書)など多数。