質問なるほドリ




   中国の「戦狼外交」って何? 
   過激で好戦的な姿勢 コロナ契機に強まる

   回答・岡崎英遠


   毎日新聞2020年7月8日 東京朝刊


 なるほドリ 最近「戦狼外交」という言葉をよく聞くね。どういう意味なの?

 記者 中国外務省高官の過激で好戦的な外交スタイルを表す言葉です。中国軍特殊部隊の元隊員が活躍するアクション映画「戦狼」シリーズにちなんで名付けられたようです。自国への批判に強い表現で反論したり、意に沿わない場合は経済制裁を科したりするような強硬外交を展開し、各国との間で摩擦が生じています。

 Q そんなに各国と関係が悪化しているの?

 A はい。特に新型コロナウイルスを巡ってさまざまなあつれきを生んでいます。代表的なのが中国外務省の趙立堅副報道局長です。今年3月、中国国内では閲覧できないツイッターを利用して、新型コロナの米軍持ち込み説を主張して国際社会で物議を醸しました。また、オーストラリアのモリソン首相が新型コロナの起源に関する国際調査を求めると、「政治的操作だ」と反論し、報復として制裁のための関税を課したことをほのめかしました。

 Q 内外のメディアは、どう報じているの。

 A 中国共産党機関紙、人民日報の系列紙の環球時報(英語版)は今年4月、中国の外交官らを「狼の戦士」と称賛し、「中国が従順な立場である時代は終わった」と主張しました。一方、欧米メディアは、中国は鄧小平から受け継いだ「韜光養晦(とうこうようかい)(実力をつけるまでは能力を隠し低姿勢を保つ外交戦略)」を捨て、習近平国家主席が掲げる「大国外交」へとかじを切ったと批判しています。

 Q 中国国内の反応は?

 A 元外交官や研究者などからは「『戦狼』式のやり方は中国と世界を引き離す」と戒める声も聞かれます。ただ、国民には大国意識が高まっており、強気な外交姿勢は支持されているようです。(外信部)