木語



   香港弾圧と「小粉紅」

   坂東賢治


   毎日新聞2020年7月2日 東京朝刊


 <moku-go>

 「人肉捜索」。字面を見るとドキッとするが、ネットで個人情報を集めて公開するという意味の中国語だ。日本でいえば「さらし行為」に当たるだろう。新型コロナウイルスの流行の最中、中国で社会の分断を象徴するような「人肉捜索」が繰り広げられ、論議を呼んだ。

 対象となったのは60歳前後でリベラルな考えを持つ文化人ばかりだ。封鎖中の湖北省武漢でブログ上に連日、「日記」を発表して注目された女性作家、方方さんを擁護したことで狙われた。

 方方さん自身、リベラルな知識人の一人だ。「日記」にも情報を隠蔽した地方政府への批判などを率直に書き込んだ。だが、米国やドイツでの出版が決まったことで、中国では「左派」と呼ばれる民族派から欧米の中国批判に利用されると集中砲火を浴びたのだ。

 方方さんの支持者は同じ穴のむじなという理屈なのだろう。日本文化研究が専門で、日本への留学経験もある湖北大学教授の梁艶萍(りょうえんへい)さんも被害を受けた。過去に仮名でネット上に発表した文章が洗い出され、靖国問題など歴史問題で日本に理解を示し、香港デモも支持していると批判された。

 女性詩人で元海南大学教授の王小〓(おうしょうじ)さんも台湾で2014年に起きた「ひまわり学生運動」を支持するような投稿や香港民主派の投稿の転載が問題視された。梁さんも王さんも大学当局の調査対象となり、梁さんは共産党籍剥奪などの処分を受けた。

 リベラル派を支持する声も少なくはない。しかし、大学当局の対応に見られるように民族派の声がより大きくなってきている。1990年代以降の愛国主義教育を受け、中国の大国化への自信をふりかざす若年層が増えているのだ。

 中国語でピンクは「粉紅」。共産主義(赤)の影響を受けた若者という意味で「小粉紅」とやゆされる。だが、彼らが重視するのは共産党イデオロギーよりも中国ナショナリズムだ。香港、台湾の独立論や欧米の中国批判に対して敵意をむき出しにする。

 「戦狼(せんろう)外交」と呼ばれる攻撃的な外交姿勢をネット世論で支えるのもこうした「小粉紅」たちだ。方方さんらは文化大革命を主導した「極左派」と同じと批判しているが、欧米の基準ならむしろ自国優先の右派に近いのではないか。

 昨年の香港デモに業を煮やした習近平政権は香港の「1国2制度」を形骸化させる「香港国家安全維持法」の施行という強硬手段に踏み切った。中国国内でそれを後押しする「世論」が拡大していることは見逃せない現象だ。(専門編集委員)