今週の本棚



   『中国が世界を攪乱する』=野口悠紀雄・著

   橋爪大三郎・社会学者


     毎日新聞2020年6月20日 東京朝刊



   
   『中国が世界を攪乱する』
   (東洋経済新報社・1980円)

 中国の「デジタル共産主義」は深刻な脅威だ。ファーウェイを排除し貿易戦争を仕掛け、コロナでも非難を強めるアメリカは、本気で中国を敵視し始めた。潮目が変わった。

 中国経済の質が変化した。在来の輸出向け製造業からデジタル新産業へ。バイドゥ、アリババ、テンセントが快走し、バイトダンス、滴滴出行など新興ユニコーン企業が続く。アメリカをしのぐ分野もある。

 ビッグデータを政府が活用するのも中国の特徴だ。政府は企業に情報を提供させる。アリペイなど電子マネーの取引記録や位置情報、監視カメラと顔認証、身分証の個人番号を繋げ、政府が国民の個人情報を把握できる。信用スコアリングで国民の行動も統制できる。デジタル人民元が始まると、どんな取引も政府に筒抜け。ビッグブラザー顔負けだ。

 人民解放軍は、極超音速ミサイルやドローンの大群で空母を襲う、AI軍事革命に磨きをかけている。

 自由で寛容なアメリカの覇権はやがて終わるだろう。デジタル全体主義・中国の覇権を許容できるか。対抗するには自由と寛容を犠牲にしないとだめか。岐路が迫っている。(橋爪大三郎・社会学者)