木語



   中国の意中の候補は?

   坂東賢治


     毎日新聞2020年6月18日 東京朝刊



 <moku-go>

 「中国はトランプ米大統領の再選の方が望ましいと考えている」。米ブルームバーグ通信が中国の複数の政府関係者に対するインタビューを元にこう報じていた。コロナ禍でさらに悪化した米中関係の現状を考えればにわかには信じがたいかもしれないが、中国には以前から存在する考え方だ。

 まず、大統領選の結果に関わらず、米中関係の改善は難しいという前提条件がある。その上での選択ならトランプ氏の方が民主党候補のバイデン前副大統領よりもプラス面が多いという判断だ。

 中国の外交政策策定に影響力を持つ清華大学の閻学通教授は「トランプ氏が米国主導の同盟体制を破壊し、中国を取り巻く国際環境は改善された」と指摘する。

 自国優先を掲げるトランプ氏は多国間主義に背を向け、中国包囲網とも言われた環太平洋パートナーシップ協定(TPP)から離脱した。日米安保条約にも見返りが少ないと不満を示し、欧州では北大西洋条約機構(NATO)加盟国の防衛費負担が少ないと批判して独仏などと対立してきた。

 15日にはドイツ駐留米軍の削減を表明した。国防総省や共和党には反対論が根強く、実現の行方は不透明だが、同盟国の信頼感が低下することは避けられまい。米国との対立を深め、同盟強化を警戒する中露にとっては「オウンゴール」にも映っている。

 バイデン氏は中国への関与政策を支持してきたが、選挙戦が進むにつれ、中国批判のトーンを強めている。バイデン氏が国防総省や米議会の対中強硬論を受け入れ、トランプ氏が傷つけた同盟関係の再構築に動けば、中国にとってはむしろマイナスというわけだ。

 2016年の米大統領選では民主党候補のヒラリー・クリントン元国務長官に関する「フェイクニュース」が流され、ロシアの介入が指摘された。今回は米国民の対中感情が悪化し、どちらが中国に厳しいかが争点の一つになりつつある。「中国が望む候補」という言葉は相手を攻撃する材料にも使える。中国政府関係者が外国メディアに「トランプ氏支持」を明言することには「情報戦」のにおいがしないわけでもないが、その理由はそれなりに合理的だ。

 折からポンペオ米国務長官と中国外交の責任者である楊潔?(ようけつち)政治局員とのハワイ会談のニュースが飛び込んできた。コロナ禍に加え、中国が香港版の国家安全法制導入を決めたことで「新冷戦」の危機も現実化している。「再選」もにらんで転機を探るのか。中国の出方を見極めたい。(専門編集委員)