多事奏論


   独裁国家の14億人 中国の買う力世界揺さぶる

    編集委員 吉岡桂子

     2019.11.23 朝日新聞


   
 晩秋の上海で、フランスのマクロン大統領は中国の習近平国家主席とワイングラスを傾けていた。軍う力を外交力に使おうと習氏の肝いりで昨年から始まった、国際輸入博覧会の主賓としての訪中である。ふたりが会場で試飲した赤ワイン、ブルゴーニュのシャトー・コルトン・グランセイなどはさっそく中国で話題を集めている。つまみに仏産の牛肉が添えられていた。

 習氏への手土産は、赤ワインの最高峰ともいわれるロマネ・コンティ。故鄧小平氏が進めた改革開放元年とされる1978年もので、ネットで検索すると1本数百万円。香りすら縁のない値段だった。中国メディアは「美食外交」と持ち上げる。

 6日まで3日間の滞在でまとめた商談を思えば、安いものかもしれない。航空機を売り込んだぼか、仏20杜が鶏、牛やブタの肉を中国に輸出する許可を得た。フォアグラやブタの精液も手続きを進める。中国は農産物を米国との交渉の武器にもしている。14億人の胃袋は国際政治を動かす。

 10年ほど前、当時の仏大統領サルコジ氏がチベット問題に口をはさみ、中国政府から猛烈な怒りをかったことを思い出した。北京五輪を機に中国の人権問題に懸念が高まった時期だった。中国は首脳会談に応じなくなり、仏企業は商談から外された。そのうち、欧州は債務危機に襲われ、中国マネ-の存在感が高まっていく。

輸入博では米国企業の姿も目立った。クアルコム、フェイスブック、ゼネラル・モーターズ、テスラ……。190を数え、国別で最多。安全保障上の懸念から中国経済と関係を断つ「デカップリング」が関係者の間で語られるなかでも、巨大市場を手放せない経済の現実を見せつける。

 輸入博が閉幕した10日夜。ネット通販最大手アリパパ集団が翌日の「独身の日」の24時間セールを控えて、前夜祭を盛り上げていた。舞台には米国の歌手テイラー・スウィフトさんが登場。日本の声優花澤香菜さんはキティちゃんの着ぐるみと一緒に歌って踊る。東京五輪のマスコット2体も現れ、PRに努めた。五輪を観戦する旅行商品も用意された。

 11年目を迎えたセールの売り上げは今年、日本円にして4兆円を超える。日本の小売り最大手イオンの半年分をたった1日でたたき出した。セールの輸入額を国別でみると日本が首位。美容器具のヤーマンを筆頭に、花王、紙おむつのムーニーがブランドベストテンに入った。2位は米国。アップルの・i.Phoneも好調だった。ロシアやアジアの企業も売り込みに必死だ。

 香港やウイグル問題で、中国政府の強硬な対応が続く。マクロン氏も香港について対話を促したという。だが、習氏の耳にどれほど届いただろうか。発言はむしろ激しさを増している。中国の言論や人権の問題は10年前より明らかに悪くなっているのに、先進国の世論の影響力は落ちている。

 中国の輸入額は2兆㌦(約220兆円)を超えて首位米国に迫る。軍事力の脈絡で語られがちな米国の覇権だが、買う力の存在は大きい。相手国の雇用に直結するからだ。「お客様は神様」とすれば、中国の消費者は市場で強い発言力を持つ「神様」に近づいているのかもしれない。意に沿わない広告や発言には、市場から干しあげられるお仕置きを受けかねない。最近も仏などの高級ブランドが香港や台湾の表記をめぐって猛反発を浴びて謝罪に追い込まれた。

 中国の人々が豊かになり、消費を楽しむことを制する権利は誰にもないし、できない。ただ、巨大な独裁国家の消費者は世界をどこへ導くのか。個人の好みにとどまらず、中国の国策に沿った声を発して、多様な価値や歴史観をも買い取っていくのか。

 アリパパのセールの舞台をつんざく歓声に包まれながら、市場を揺さぶる大きなうねりの行方を案じた。